キャンバスホームの瀧口です。
 こんばんわ。 
 本日は、ある出会いからの お客様のリフォームのお話。

 T様は、色々なご事情もあり、
 現在 リフォームのお仕事を 依頼されていた工務店さんに 
 とても 不信感をお持ちでした。(=´;3;`=)
 
 また、先代からの 家  屋敷を引き継ぎ、相続され 新たなスタートをされるに当たり
 使い勝手の 悪い部分を ちょっとでも快適に、安全に 安心して暮らして
 いける 住まいにリフォームをしたいと 考えておられたのです。

 そこで、先代からの関連の工務店や、地元の工務店へ 色々とリフォームの
 相談をかけられておられましたが、何かしっくりこない という部分があり
 また、女性であるT様は、 男性相手の交渉事などに 不安も抱えておられたのです。

 リフォームで 失敗したくない 涙
 不快な思いをしたくない。 どうせリフォームするなら おしゃれにもしたい


 そんな T様は、色々と情報を 集められました。
 きっと たくさんの建築会社を 京都でリフォーム 検索 という 感じで 調べられたの
 でしょう。 そして たどりついたのが、 キャンバスホーム でした。
 
 初めの 依頼は クロスの張りかえでした。
 色々と お話をしているうちに、実は… と リフォームしたいところが出てくるものです。

 そして、まずは トイレを直すことになりました。 

 とても小さいトイレスペース 奥行きが1100mm 程のトイレ。

                    
 
  

 二階に作られており、入口にまず 12センチほどの 段差がありました。ウキャー!
 後で増設されたであろう トイレは 天井高も低く、 同じ様にトイレを入替しても
 狭いので なんとか 快適にしたい。 
 前回の業者さんからは 提案がなくて、できない様な事を言われてしまったそうです。
 それは 残念な事です。
                           

 そこで キャンバスホームが提案させて頂いたのが、タンクレス便器です。
 元々の トイレの奥行きが840mm  で、タンクレスにすると 730mm  になり、
 それだけで 11センチも広くなります。

 こちらです。              

  おしゃれに生まれ変わりました。

  

 工事としては、タイルも天井も カベも全部 解体して がらんどう にしました。
 床は、かさ上げして バリアフリーにします。山p
 天井高は、 上げられるところまで 高くして・・・。 

 中を解体したことで、左奥の壁の裏に 約25センチほどの 空洞がありました。キターーー!!!!
 そこで トイレのスペースが より広くなったんですよ
 お金は その分掛かりますが、思い切って 壊して良かったです。

  
クロスも おしゃれです。
T様 とっても 喜んで下さり、 まるで魔法にかかったみたいや~ って。
最高の褒め言葉を 頂きました。

次は、
トイレの 横にある 勝手口扉 
これは、昔タイプの勝手口で、防犯上 心配されておられました。


鍵も 簡単に壊されそうですし、なんせ ガラスがすぐに割られる不安がありますね。

 


そこで、 ご提案したのが、いわゆる カバー工法で 1日で入替ができる商品があるんです。
防犯上も アップできて、風も通ります。山p

こちらです。 
 
   採風タイプの勝手口です。
   通常 アルミサッシの入れ替えは、サッシの枠廻りの壁も
   壊さないといけません。 そうなると、室内外 の壁の補修も出るため、
   工期が掛かります。また、どこまで直すかという問題もあるのです。もちろん費用も
   高くなりますね。

   そういう場合は、壁を触らなくても 入替できる カバー工法が 最適です。クローバー
   今のサッシ枠の上から もう一重枠をかぶせ、扉を納めます。

 
    扉を開けなくても、風が通り、家の為にも良いですね。 
   ネコちゃんも、のぞいていますね。 
   T様が 洗濯物ほしているときも ネコちゃんも 安心です。 鍵も二か所です。

   私個人的にも 良くできた商品だと思います。
    
   着々と、お施主様の 思いが出来上がって行くので、楽しみですね。
   今日は この辺で、次回は、 洗面・和室のリフォームを ご紹介いたします。

   では お楽しみに。ハート
  

AD