清水公一医師
「真っすぐに患者さんと向き合う清水先生」


糖尿病って食べなければ必ず良くなる病気です。

でも、問題なのは体に悪いとわかっていながら
食べることやお酒を飲むことをやめられないことなのです。

今までその原因をお医者さんは患者さんの問題と思っていました。

なぜなら、お医者さんはどうして糖尿病患者さんが
悪習慣をやめられないかという本当の理由を知らなかったからです。

しかし、ようやく本当の意味で糖尿病を治すお医者さんが現れました。

そのお医者さんが新板橋クリニックの清水公一先生です。

清水先生が他のお医者さんと違うのは
糖尿病という病気だけを見つめるのではなく
健康というものがどういうものなのかを知っていることです。

多くのお医者さんは病気でなければ健康だと思っています。
糖尿病でいうなら血糖値が正常ならば健康だと思っているのです。

でも、それは本当でしょうか?
実際、私は必死に食事制限をして血糖値をコントロールしていましたが
その当時、どんなに血糖値が正常でも全然糖尿病が治った気がしませんでした。

いつも空腹でイライラしていて
いつ爆発するかわからない自分の食欲を恐れていました。

でも、糖尿病の本当の原因はメンタルなんだと気づいて
偶然に卒業できたのです。

その経験から観ると
清水先生は患者さんの肉体だけでなく
心(精神)の状態を診てくださります。

そして、体と心を一つのものと考えて
健康というものがどういうことか
糖尿病の人の心の状態がどうなっているのかを教えてくださります。

そして、どの方向に向かえば健康になれるのかを
教えてくださります。


その清水先生が
真の健康とは何なのかを学べる
「はむたんくらぶ」を始めるようです。

糖尿病に限らず病を根本から治したい人
真の健康とは何なのかを知りたい人
人間関係に悩んでいる人
自分のことが好きになれない人
などにお勧めです。


詳しくは清水先生のブログをご覧になってください。



今日も最後まで読んで頂いて
ありがとうございました。


まーこ
AD