シンガポール

テーマ:

シンガポールに移住して1ヶ月半が経ちました。
引越しも落ち着き、決算も区切りがついたので、ふと思い立って実際シンガポールって日本と比べてどうなの?って部分を少しまとめてみようと思います。

 

もちろんいい部分もあれば悪い部分もあり、つくづく物事はトレードオフだなあと思いつつも、非常に満足度が高いのは子育て環境。
引越しもあってドタバタしていて、家での食事よりも外食が続く日が多かったですが、二歳児を連れてレストランに行っても、こちらでは嫌な顔をされる事はほとんどありません。気に食わなければ叫ぶ、食べ物を投げる、モンスターのような二歳児を外食に連れていくのはとてもストレスがかかりますが、どこに行ってもベビーチェアが置いてあるこの国では、申し訳ないですが、子どもも入れますか?とお伺いを立てるまでもなく、スッとベビーチェアが出てきます。子どもが騒いでも、お客さんは笑いかけてくれたり、店員さんはあやしてくれたりします。

日本で子どもと外食に行く時はジョナサンやバーミヤンなどのファミレスしか選択肢がなく、大人が行くレストランに連れて行こうものなら、おいおい、うるさい子供なんて連れてくるんじゃねーよという視線が突き刺さります。僕自身もその空気に慣れていたのか、日本ではちゃんとしないと、不文律を犯さないようにしないと、と気を張って生きていました。極力迷惑をかけないようにして、その代わりに迷惑も許容したくない、僕もそんな気持ちだったのかなぁと。

こちらでは、サービスには期待できませんが、その分気を使う事も少なくなり、ストレスも減りました。

 

また、それに合わせて食環境も不安要素のひとつでしたが、少し高いお金を出せばだいたい解決するよね、というのもわかってきました。すごく高かったらどうしようと思ってたけど、食費で日本比2倍も見ておけばほぼ解決でした。家での食事もローカルスーパーと日本の百貨店をうまく使い分ければ日本と遜色なく暮らせます。けど考えてみると日本の方が異常かもしれません。長い期間デフレが続いているので、物の値段が変わらない事が当然という認識で今まで生きていました。

 

住んでみて色々知るほどに、つくづく合理的で国の運営が上手いなあと感心する日々です。例えば、こちらでは車の価格は日本と比べるとおよそ3倍で、10年で手放さなければいけません。http://tanteiwatch.com/21867

第一印象は高すぎて乗れねーだろ!だったんですが、高いおかげでほとんど渋滞が起きません。渋滞が起きにくい理由のひとつにERPというものもあります。日本のETCみたいなもので、混む主要道路は何時から何時まで有料ねというシステムで、暗にお金払いたくない人は回り道してねと、徹底した合理主義。駐車場も空いてるし、どこに行くのも車は便利。東京では車いらねーと思ってましたが、車の価値そのものを考えると、相対的に高いとも言えないなと。あと悪い点で言えば、いかに車が合理的に進めるかで道路が設計されているので、歩道がなかったりとんでもない回り道をさせられたりします。信号の間隔も渡れないだろ!ってくらい短かったり。車は高い一方で公共交通機関はとんでもなく安いので、そのあたりのバランスは上手です。

住宅価格も最初は高いなと思ったんですが、東京と比べるとそう高いものでもないかなと思えてきました。今住んでる家の家賃は東京に住んでた時の二倍ですが、広さもちょうど二倍、それにプール、ジム、コンシェルジュと付いていて、日本でいう港区みたいな場所なので、相対的には安いという印象に変わってきました。

医療費に関しては・・・これはもう完全に厳しい現実です。日本の保険制度素晴らしすぎる。だから社会保障費が膨れ上がるんでしょうけど、健康で文化的な最低限度の生活を営むためにはそれくらい保障してもらえた方が幸せですね。先輩の子どもが高熱を出して病院に連れてったら、これは絶対安静だと言われて2日入院して5700SGDの請求がきたと。。会社が入ってくれている医療保険でカバーされましたが、医療保険に入っておかないと怖くて病院行けません。

 

とこちらに来てからの印象を色々書いてみましたが、なんと僕は英語が全く話せません。周りの人のサポートのおかげが大きいですが、それでも満足して生活できるって、やはりとても良い国なんだなと思います。英語が話せるようになったら、さらに満足度が上がるんだろうな・・・。

という事で、そろそろ英語の勉強を始めようと思います。

AD