川の近くの家がダメなわけ

テーマ:
川の近くの家はよくない、と以前ブログを書いて以来
沢山の川近くの方からご相談を頂きました。


検証を重ねてみると、やはり川の近くはダメだという
確信を得ました。


では、なぜ川の近くはダメなのか?


簡単に言うと、川は24時間365日永遠に絶えず
流れづけているので、家の持つ運のすべてを
流し去ってしまう様です。


電車の線路や道路を川と例えて鑑定することが
ありますが、川はその比ではありません。

電車や車は途切れることがありますが
川はそうなりません。



では、川の近くとは、どこからどこまでを言うでしょう。

これも、概ね理解ができてきました。


ずばり、以前、河原であった部分はダメ です。


河原は川が氾濫したりしたときの
セーフゾーンです。

つまり河原の位置は、イコール川なのです。


現代では建物を建てたいがために
本来河原である位置をうめたて
堤防にし、川ギリギリに建物を建てたりしますが
自然界ではそんなことは自然におきません。


そこに建物を建ててしまうということは
川の中に家を建てたのと同じです。

つまり、何もかも根こそぎ持って行かれてしまうということです。


逆に言うならば、概ね河原でない位置であれば
川の影響は、そうそう受けないでしょう。


太古、大河の近くに文明が栄えておりますが
それは河原を避けた開けた土地の辺りです。


すなわち、そういう土地は問題は見受けられないでしょう。



ただ、川が極端に曲がりくねっている内側や
川の外側の曲線の辺りは
場合によっては要注意です。


川の近くにお住まいで、何か問題がある方は
遠慮なく私までご相談ください。





AD

予兆 と その対処実例

テーマ:

久しぶりの記事の投稿となります。




昨年末、私のクライアント様のところで

とても興味の引かれる実例が発生しましたので

クライアント様の許可を頂いた上で

本日は、それをお伝えいたします。




そのクライアント様は、とても業績好調で

昨年対比120%以上の成長をし

資金的にもある程度潤沢な会社でした。


ところが、昨年の秋口から

急に資金難になり、私のところに相談がきました。



物件は私が鑑定しておりましたので

鑑定どおりで、全く問題がありませんでした。



色々とヒアリングしていくと、

ある事象がとてもきになりました。



それは、資金難になるちょっと前くらいから

財運を上げるために

設置した水槽(実際はアクアポンプ)3台のうち

2台が次々と故障したそうです。




そこで、私は財をあげるための「水」の

量の減少が問題ではないかと思い

新品のウォーターポンプ2台を購入してもらい

奇門遁甲を用いて択日を行い

設置する日時に新たに増設してもらいました。



その直前に、出入り口付近のウォーターポンプも

故障したため、新たに1台購入してもらい

同じく択日を行い

していた日時に設置してもらいました。



すると、翌日、申請していた融資が通った他

新たに、新規の資金調達先が数件現れ

すっかり資金難から回復しました。



あまりにもジャストタイミングで

ちょっと鳥肌が立ちましたが

結果として風水の効果がでたわけです。



水槽の故障で、資金難になるというのは

私の鑑定の中でも初めてだったのですが

物理的に水の量が減少ということに加え

やはり卜占として、水槽の故障は

難からかの「予兆」として現れていたのだと思われます。




なので、風水の処置したオブジェクトに

何らかの現象が現れた場合は

対処が必要かもしれません。


その場合には、どうぞ、私までご相談下さい。


AD

私が鑑定を引き受けているクライアントの中に

1件だけ何をやっても効果がでない物件があります。




この物件は、360度を24方位に分けた時の

ちょうど線の上に出入り口が向いてしまっております。



要するに「空亡」した物件ということになります。




方位を測るのに、方位磁石や羅針盤、はたまた

GPSを使った方法など、様々なやり方で

測定してみましたが、

1~2度の範囲で、その線の上に出入り口の方向が向きます。




風水の古くからのテキストにも

この様な物件は大凶とされておりますが

本当に効果がでません。



水をおいても、山を作っても効果がありません。




ただ、悪いことも起きません。



いたって平凡です。




考えを変えれば「山」=健康運、人間関係運は利くようです。



財運が全くと言っていいほど利きません。




この様な物件に当たってしまっている方も

遠慮なく私まで御連絡下さい。




AD

要注意物件

テーマ:

最近は本業、副業共に忙しく

ブログを更新する時間もない日々でした。



言い訳になりますが、長々更新せず

申し訳ございません。




その分、かなりノウハウを溜め込みましたので

今日はそのうちの幾つかをお知らせしたいと思います。




ここ2年ほど、室内のレイアウトとしての風水が

悪くないのに、極度の体調不良や、家庭内での

トラブルなどという事例がいくつも続きました。




最初は、全く原因が分からなかったのですが

複数鑑定をしているうちに、一つの共通点が

浮かび上がりました。



それは「川(河川)」です。


川と言っても、小川は問題ありません。


2級河川以上の大きな水の流れがあるものを指します。




川は水の流れなので、室内の風水からみて

「水」すなわち財運の方位にあれば「吉」となり

問題はないのですが

川が「山」すなわち健康運、家庭運の方位にあると

その部分が大凶になります。



川が真っ直ぐな場合は、川のある方位だけをみれば

いいのですが、自然にある川は真っ直ぐではありません。



川の流れにぶつかるような物件は大凶。



川が家を囲むように流れている場合は

様々な方位に影響を与えるので、これも大凶。



私の鑑定の中では結果として、川が隣接している物件は

概ね大凶で、何かしらの問題が発生しておりました。




ただ、川があるが、家からは直接目視できない場合は

多少、効果は軽減するようです。




現代の風水では、川よりも、「道路」「線路」といったものが

川の効果を出すといわれておりますが

私の鑑定の中では、川の方がリアルに影響を与えておりました。




道路や線路は、その曲がりの外にある物件だけを

注意すればいいようですが、川は

流れの内外に関わらず影響するようです。




対処方法としては、川から遠い場所に寝ることです。



風水で使う鏡をその方向に向けるとか

クリスタルのような光を分散させるものを

窓に吊るすというのも効果的です。




もし川の近くにお住まいで

何かしら問題を感じている方は

遠慮なく私にご相談下さい。



鑑定を通して分かること

テーマ:

風水の鑑定をしていると

本当に中国占術の制度の高さに

驚かされることばかり。




特に寝る位置と 背の高い樹木や観葉植物

水槽、トイレ・お風呂の位置は

かなりの高確率で同じ結果をもたらします。




たとえば、寝てはいけない位置に寝ていると

不健康や夫婦仲の悪化など

特定の症状がでます。



水槽も置く場所を間違えると

家の中にある悪い場所の象意が

でやすくなります。



顕著なのは、夫婦仲の悪化です。




また動くものがあってはならない場所に

動くものがあったりすると

やはり悪い象意がでやすくなります。



私も自身の家で様々実験してきましたが

同様の結果がでました。




そして、悪いことは出やすいが

良いことは中々出辛いということも

経験上分かっております。




良いも悪いも50:50なのですが

物体の投げ上げ運動と一緒で

下る(悪くなる)は引力に導かれて

下がっていくので力は要りませんが

上がる(良くなる)は引力に逆らうので

かなりの力が必要なるということです。




なので、風水を使うときは

まず悪いことが出ないような処置をしつつ

良くなる時期をある程度待つということになります。




しかし、風水を適切に処置している家にいれば

してない家にいるよりは全く違う結果になるのも

経験上において確かなことですし

100%とは言い切れませんが、大抵は

良い結果に成ることとなります。

失せ物 実例

テーマ:

2012年7月11日 

午の刻(11時~13時)に

相談者より着信があった。



14時30分頃折り返してみると

携帯電話を失くしたとのこと。




早速、奇門遁甲の盤を

見てみると以下の通り



風水診断士 紫雲オフィシャルブログ   五行の奏(かなで)



日干は癸(みずのと)

時干は戊(戊)



癸が相談者、戊を落し物と見る。




すると、癸と戊が、五行金の兌宮と乾宮の

天盤にある



また乾宮では、癸と戊が同宮



加えて、天盤地盤の三奇の状態も良い


更に、兌宮には、開門と天心星

乾宮には休門が同宮



以上から、すぐ出てくるであろうと

言うことを推察




落とし物=戊が兌宮にあることから

方角は落とし主からみて「西」から

でてくると推察



加えて兌宮と乾宮は五行が金

金は夕方を意味するので

総合的に相談者に以下のように述べた。



「落し物はあなたからみて西の方角から

すぐ出てくると思う。

時間で言うと、本日の夕方3時~5時位だと思う」




その電話を切った40分後

相談者から西の方角から

出てきた。



時間は凡そ15時20分くらい




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


上記の例は、奇門遁甲の盤が

如何に精度が高くあてになるかを

表しています。



奇門遁甲は卜占以外にも

使い道は沢山ありますが

本当に古代中国人の叡智には

いつも驚かされるばかりです。


鑑定が立て込み立て込み

全くブログを更新できない日々が続いておりました。



世の中が夏休みとなったおかげで

ようやく少し時間が取れました。



以下の内容は、実際にあった事で

風水のロジックが如何に正確かということが

分かる事例であります。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

某日、依頼者より相談を受ける。

何でも旦那様の他に、彼氏が二人いるので

その彼氏との相性を見て欲しいとのこと。


旦那様とは2年ほど前から家庭内別居状態


住所からインターネットで建物の形状をしらべ
部屋の大枠の縮尺図を作成。

玄空飛星のロジックに基づいて
間取り図を作成

7運の建物で、艮向 坤座


会話の中で、夫婦不仲が悪く
旦那様にも浮気相手があったので
32、23の位置に水槽があるのではと推察。
的中。
2年前からその位置にメダカを飼っているとのこと。

また旦那様がギャンブルで多額の借金が
あるというので、59の位置にバストイレがあり
玄関は77の位置であると推察。
場所、的中
相談者に浮気相手が多数いるということから
相談者の寝ている場所は、14の位置と推察。
1年前からソファーで寝ているとのこと。的中

相談内容から、引っ越してきたのは2004年で
それ以前は、借金もなかったのでは?と聞くと、
これも的中


また水槽を置いたのが2年前と聞いたので
そこから、夫婦仲が悪いのだというと
それも的中


以上より、以下の間取り図を作成。 風水診断士 紫雲オフィシャルブログ   五行の奏(かなで)
その後、水槽を指定した日時に
68の子供部屋に移動

相談者には86に頭をいれて寝るように指示。
また、同位置に植物を設置


玄関に黒いマットを置くように指示


この処置の後、2週間後に
1年ぶりの夫婦の会話があり
そのまた1ヶ月後に
沖縄に家族旅行をするまでに家族仲が回復。


相談者も浮気相手との関係は解消された。

・・・・・・・・・・・・・・
以上より、風水のロジックは
かなり確率高く事象がおきるということを
示しております。
仕事運、金運、家庭運などを
あげたいと思っている方は
遠慮なくご相談下さい。


色の脅威

人、それぞれ生まれ持った「八字」があります。



これはWeb上にある四柱推命のサイトで

簡単に調べることができます。




そこで出てきた八字のうち

日柱の天干(上の字)が

個人の五行を示します。




問題は、その八字から「用神」を

選び出すことです。



この捕らえ方を間違えると

処置が効きません。



ここで術師の力とセンスが問われることになります。



例えば五行が「木」の人に対して


1.直接、「木」を強める

2.「水」を強め、間接的に「木」を強める

3.「火」を強めて、「木」の力を弱める

4.「土」を強める

5.「金」を強めて、「木」を剋す。


と、5パターンの処置があります。



身弱(自分の五行が弱い人)は

基本的には、上のパターンだと

水か木を強めればよいのですが

当然、五行の相関関係にも影響がでます。



水を強めれば、食神を剋すことになり

木を強めれば、財を剋すことになる、と


簡単には処置が決まりません。



この選定だけで2時間以上費やすことも

しばしば。



一番簡単な選定方法は

処置にあった色の下着をつけてみること。




木・・・青、緑 

火・・・赤

土・・・黄色、茶色、金色

金・・・白、銀色、ねずみ色

水・・・黒



今まで見てきて統計的に

分かっていることは、人は

自然と自分にあった色を

身に着けるということ。


自分の五行を「木」として説明しますが

タレントの様な仕事をしている人は

自分が輝いている必要があります。

そういうタイプの人は、

「黒」や「青、緑」を選ぶ傾向にあります。



また、八字風水でいう「官」(自分を剋すもの)

「木」に対しては、「金」 となりますが

ここが強い人は「我慢強い」という特性もありますが

「束縛」や「剋される」ことを好む傾向にあるようです。


自然と「白」や「銀色」等、「金属」の色を選択している

傾向にあります。


占いとしては、自らを剋すものは

お勧めしないのですが

何が幸せなのか、ご本人でないと

分かりません。



なので、その方のライフスタイルにあった

色の処置を私はお勧めします。



これは、五行がどうの、格局論がどうの

という問題ではありません。



教科書一辺倒の術師や占い師は

ここで間違った判断をしてしまいます。



しかし、一度、用神が決まれば

その後は、極めて順調になります。



私は「茶色」を身に着けてから

物凄く順調な状況になりました。



色のもつパワー


皆様もお試し下さい。




ジオパシックストレス

テーマ:

どうにも風水が効かない物件というのがあります。




風水のロジックはばっちりなのに効かない。





そんな物件を、風水とは違う技法で

しらべてみると、ある原因に突き当たります。



それが、ジオパシックストレス




地中にある断層や水脈等から

発生するといわれている

電磁波のようなものです。




それが人体に影響を与えたり

風水の効果を妨げたりします。




その分野の研究においては

癌の発生や難病の発生の原因に

なるとのことです。




先日、ダウジングを使って

ジオパシックストレスの発生部分を調べて

封じたところ

難問がピタリと止まり

風水が効き始めました。




なんとなく気になる方は

遠慮なくご相談下さい。

植物

テーマ:

植物がよく育つ部屋、育たない部屋が

存在します。



細かく言うと

同じ家の中でも

よく育つ場所と

すぐ枯れる場所

となります。



一般的によく言われることですが

やはり、植物がよく育つ場所は

「気」の流れがよいのです。




私の知っている例では

よい場所に置かれた

「胡蝶蘭」がなんのメンテナンスも無しで

2ヶ月以上 買ったままの状態だったケースもあります。




玄空飛星で、山となる場所に

植物をおきますが

もし、その植物がすぐ枯れてしまうとしたら

風水の効果もないと思って良いでしょう。



また、植物が枯れてしまうケースとして

五行が影響することもあります。



例えば、植物の近くに

目立った金属物があると

長く持ちません。



これは、金属が木を剋す 関係にあるからです。



私が知っている例でも

枯れそうな木の近くにあった

金属のオブジェを取り除いたら

しばらくして木が息を吹き返した

ということもありました。



なので、お部屋に植物を置いて

長く持たない場所には気をつけてください。