唖蝉坊の日記様より

++ 全転載 ++

◇NWOのプーチン攻撃に、いっそう拍車がかかっていますね。

昨日アレックス・ジョーンズがズビクニュー・ブレジンスキーが死んだと言てっていたような気がしますが、メインストリームではそんな話は出ていません。それが本当なら人類にとって、こんなにいいことはありません。キッシンジャーやジョセフ・ナイなどNWOの中枢が全部逝ってくれたらオバマも頸木から解放され、史上最低の大統領と言う汚名を返上するような善政が出来るかもしれません。



◇オバマを大統領に仕立て上げたブレジンスキーは、常々ウクライナをフィンランド化するべきだと言っていたそうですが、実際にいまその通りになりつつあります。

◇フィンランドはかつてソヴィエト連邦の一部のようになっていました。
独立国としての議会民主制と資本主義の維持と引き換えに、有事の際にはソ連に協力して戦うことを宣言し、国際的には事実上の東側の一員となっていました。見返りは、電力や天然ガスといった重要資源もソ連に全面的に依存することでしたが、マスコミも自主規制が行われ、一般国民もソ連に対する批判は一切タブーとなりました。

◇しかし、ソ連が崩壊するとすぐに西側陣営に接近し、1994年にはEU加盟に合意。2000年にはユーロを導入しています。今はEUとロシアの狭間で外交的中立を保ち、双方との交易でフィンランド経済は目覚ましい発展を遂げているそうです。

◇ブレジンスキーはウクライナの現状を変更したかったようで、親ロシア派のヤヌコビッチさえ取り除けばこの国をフィンランド化することが出来ると踏んだのです。だからCIAや傭兵軍団を送り込んで、ウクライナの春とも言うべき民主化運動を起こし、独裁者ヤヌコビッチを追放したのです。



◇暴動で命からがら逃亡したヤヌコビッチに代わる親米の傀儡臨時政府を立てさせたのはネオナチのビクトリア・ヌーランド国務省国務次官補と、夫でネオコンンの理論的中心人物のロバート・ケーガンでした。ヌーランドはウクライナの臨時傀儡政権の首脳の人選の打ち合わせをしているのをロシア側に盗聴され、youtubeにUPされています。







夫のロバート・ケーガンは2001年、ブッシュ政権で9,11事件をでっちあげ、イラク、アフガン戦争へ米国と多国籍軍を巻き込んでいった中心人物だったと言われています。夫婦そろって酷く人相が悪いですね。



◇ところが、ウクライナの親ロシア派はヤヌコビッチだけではありませんでした。クリミアは住民投票でロシアに帰属することになりましたが欧米主導の国際社会はこれを認めていません。東部のスリヤビンスクやドネツクなどでも多くの親ロシア派がウクライナからの独立を叫んで、軍と戦っていますが、彼等に武器弾薬も与えて、煽動しているのはウラジミール・プーチンであるとNWOはこれを非難しています。ブレジンスキーのフィンランド化計画にとってプーチンは目ざわりで、仕方がないのでしょう。

◇そんな時、突然起きたのがマレーシア航空機の撃墜です。NWOはブラジルで開催されていたBRICS首脳会議に出席していたプーチンの帰国を狙って大統領専用機をミサイルで撃墜するはずだったが、偶然にもプーチン専用機とマレーシア航空機の大きさ、形、色が酷似していたため誤射したのです。

◇しかもウクライナ上空を飛行するマレーシア機に管制塔が高度を3500フィート(1 066.8 メートル)以上の上空の飛行を禁止して、1000フィート(304.8 メートル)の高度で飛ぶように指令を出していたとのこと。そんな低空飛行なら、地対空ミサイル「ブク」を使わなくてもそこそこの兵器で迎撃出来るのではないかと思われます。



(ソース)
l=en&u=http://www.theburningplatform.com/2014/07/19/was-malaysian-airlines-mh-17-accidentally-shot-down-over-ukraine/&prev=/search%3Fq%3DMalaysia%2BAirlines%2Bmachine%2BInstructions%2Bfrom%2Bthe%2BUkraine%2Bcontrol%2Btower%26rlz%3D1C1CHNY_jaJP492JP493%26es_sm%3D93


◇これは明らかにブラック・ウオーターのミスでした。にもかかわらずオバマはミサイル攻撃は親露派の仕業だと言いきっています。


マレーシア機撃墜 制裁対象のロシア企業のミサイル使用か

 【ワシントン共同】ウクライナ東部でのマレーシア航空機撃墜に使用された疑いのあるミサイルは、米国の制裁対象となっているロシア企業によって開発されたことが18日、分かった。
 マレーシア機撃墜にはロシア製のブク地対空ミサイル(SA11)が使用されたと米政府はみている。このミサイルを開発したのはロシアの防空システム製造大手アルマズ・アンテイ。米政府はウクライナ情勢をめぐり16日に対ロシア追加制裁を発表したばかりで、制裁対象に同社も含まれていた。

 米国防総省のカービー報道官は18日の記者会見で、16日の制裁の直後の17日にマレーシア機が撃墜されたのは「偶然か」との質問に「制裁は(ロシアの)プーチン大統領の行動と意思決定を変えるのが目的だ」と述べ、制裁と撃墜とは無関係だと強調した。(共同)


http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/140719/wor14071907520005-n1.html




マレーシア機撃墜 米大統領「ミサイルは親露派から」明言 安保理は国際調査へ


【ニューヨーク=黒沢潤、キエフ=佐々木正明】ウクライナ東部でマレーシア航空機が撃墜された事件で、国連安全保障理事会は18日、関係当事者に対し、「完全かつ独立した国際的調査」の受け入れを要求する声明を発表した。ロシアも発表に同意したことで、国際的な調査が実現することになった。ロイター通信によると、欧州安保協力機構(OSCE)のメンバーら約30人の調査団が同日、墜落現場入りした。

 オバマ米大統領は同日、声明を発表し「ミサイルは親ロシア派支配地域から発射された」と明言、即時停戦を呼び掛けるとともに、武器を供給し続けているとしてロシアを非難した。

 ウクライナ東部ドネツク州上空で17日に撃墜された、アムステルダム発クアラルンプール行きのマレーシア航空機には、189人のオランダ人を含む乗客乗員298人が搭乗。ウクライナのポロシェンコ大統領は「テロ行為」と非難した。

 旅客機は親露派が支配しているドネツク州一帯の草原などに墜落。180体以上の遺体が確認された。現場では親露派勢力の戦闘員が旅客機のフライトレコーダーを回収。ブラックボックス2個はウクライナ政府側が回収したという。

 同政府は18日、事態究明のための調査委員会を設置。報道によると、親露派幹部は調査団を受け入れる用意があると表明したほか、OSCEを仲介役に政府と停戦に向けた話し合いを始めたことも明らかにした。

http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/140719/wor14071902060004-n1.html



◇こうして、国際世論は形成されされて行くのですね。


マレーシア機撃墜 米英独が対露制裁強化を協議

オバマ米大統領は18日、キャメロン英首相、ドイツのメルケル首相と相次いで電話協議し、マレーシア機が撃墜されたウクライナ東部で、親ロシア派支援を続けるロシアへの制裁強化の可能性を話し合った。ホワイトハウスが発表した。

 米国は親露派が撃墜に関わったとの見方を強めており、撃墜原因の調査作業の先を見据え、ロシアへの圧力を遅滞なく強化できるよう準備に着手したもようだ。

 米国は16日にロシアの基幹産業の主要企業を対象にした制裁を発動しており、今後は産業全体への制裁拡大が焦点。撃墜でオランダ人多数が犠牲になっており、本格制裁にこれまで消極的だった欧州が同調することを米国は期待している。その場合、米欧とロシアの緊張が高まるのは必至だ。(共同)


http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/140719/wor14071911250025-n1.html



◇G7はNWOが作ったグループで、最初からロシアの力を削ぐことが目的ですから意見はすぐにまとまるでしょう。
しかしドイツのメルケル首相とフランスのオランド首相だけは微妙に違った動きをしているようです。


マレーシア機撃墜 追加制裁可能と警告、ロシアに英国防相


ウクライナ東部でのマレーシア機撃墜に絡み、英国のファロン国防相は対ロシア関係で「(他にも)さまざまな制裁が可能だ」と指摘し、ロシアの関与が確認された場合は制裁強化を辞さない姿勢を示した。英紙デーリー・メール(電子版)が19日、伝えた。

 ファロン氏は、米欧が科している対ロ制裁がロシア経済に打撃を与えている「多くの証拠がある」と指摘。ロシアがウクライナ東部の親ロ派への支援をやめない場合は「さらなる措置を取ることができる」と警告した。

 一方、キャメロン英首相は20日付英紙サンデー・タイムズに寄稿。親ロ派がマレーシア機を撃墜したのであれば、「ロシアが主権国家を不安定化させ、領土の一体性を損なった結果」であり、真の責任はロシアにあるとの認識を示した。その上で、ロシアの行動が変わらない場合は、欧州は「対ロ関係を根本から見直さなければならない」と指摘した。(共同)


http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/140720/wor14072011110010-n1.html




マレーシア機撃墜 米、調査妨害に懸念 ロに影響力行使要求
ケリー米国務長官は19日、ロシアのラブロフ外相とウクライナ東部のマレーシア航空機撃墜について電話協議した。米国務省によると、欧州安保協力機構(OSCE)の調査が墜落現場で親ロシア派に妨害されているとして深い懸念を伝達、調査団の「完全、即時、自由な立ち入り」を可能にするためロシアが影響力を行使するよう求めた。

 ケリー氏は犠牲者の遺体や機体の残骸に手を加えたり、現場から持ち去ったりする行為が伝えられていることにも強い懸念を表明。親ロ派への武器供給を止めるなど、緊張緩和に向けた措置をロシアが直ちに取るよう訴えた。

 ロシア外務省は、両氏が透明性の高い独立した国際調査の必要性を確認し、調査団の立ち入りを保証するため努力することで合意したと発表。全ての物的証拠を調査団の手に委ねるべきだとの考えでも一致したとしている。(共同)



http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/140720/wor14072008190004-n1.html




マレーシア機撃墜 親ロ派が証拠隠滅と非難、ウクライナ政府


ウクライナ政府は19日に発表した声明で、マレーシア航空機が撃墜された同国東部の現場から、同地域を実効支配する親ロシア派組織が機体の残骸や遺体などを持ち出し、証拠隠滅を図っていると非難した。地元メディアが報じた。

 一方、ウクライナ国家安全保障国防会議の報道官は19日の記者会見で、墜落機の飛行データなどを記録したブラックボックスを政権側が回収したとするロシアメディアの報道を否定。親ロ派は政権側要員が現場に入ることは許可したが、残骸の回収などは認めず、調査を妨害していると批判した。

 ウクライナ政府の声明によると、親ロ派は墜落現場から犠牲者38人の遺体を運び出し、独自に検視を行っているという。

 欧州安保協力機構(OSCE)の国際監視団メンバーも18日に現場を訪れたが、親ロ派武装勢力に制止され限定的な調査しかできなかったとしている。(共同)


http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/140719/wor14071923400058-n1.html



◇自分でやっておきながら他人のせいにするのが謀略の基本ですね。

例を挙げるなら、満員電車の中で屁をひっておきながら鼻をつまんで「あっ臭いな!屁なんかこきやがって!!」と言いながら現場を去る奴


マレーシア機撃墜 現場で窃盗行為か 親ロ派、犠牲者の所持品

19日付の英大衆紙サンは、マレーシア航空機が撃墜されたウクライナ東部の現場で、親ロシア派の民兵らが犠牲者の所持品をあさり、持ち去っていると報じた。現場で目撃したフリーランス記者の話として伝えた。

 同紙によると、犠牲者の荷物などが散乱する現場で、民兵らがバッグやスーツケースの中身をあさる光景を記者が目撃。民兵らが立ち去った後にあらためて確認すると、空になった財布などが放置されていたという。

 墜落現場は親ロ派が実効支配する地域。欧州安保協力機構(OSCE)の監視団も容易に近づけない状況が続いており、現場保全も困難となっている。親ロ派によって墜落原因の究明につながる証拠の隠滅行為が行われているのではないかとの懸念も高まっている。

(共同)


http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/140719/wor14071922250057-n1.html



◇日本人には理解出来ない厭な話です。


マレーシア機撃墜 オランダ首相がプーチン氏に即時行動要求

ウクライナ東部でのマレーシア航空機撃墜で犠牲者が最も多かったオランダのルッテ首相は19日、同国のハーグで記者会見し、親ロシア派支配地域の現場で遺体の回収が遅れていることを受け「(ロシアの)プーチン大統領は手助けの意思があることを示す時だ」と強調、直ちに親ロ派へ影響力を行使するよう要求した。

 ルッテ氏は、会見に先立ちプーチン氏と電話で「激しいやりとり」をしたと説明。親ロ派が犠牲者の所持品をあさっていると伝えられていることに「むしずが走る」とも述べ、強い怒りをあらわにした。

 同機の撃墜後、これまでルッテ氏は極めて抑制的な態度を示してきた。ロシアとの貿易の多いオランダは、ウクライナ情勢をめぐる対ロ経済制裁に消極的だったが、国民感情も踏まえ、態度を転換する可能性がある。(共同)

http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/140720/wor14072008050002-n1.html



◇欧米のNWO勢力が口をそろえって親ロシア派がやった、それを支援しているのがロシアであり、プーチンであると非難し、米国のケリー国務長官は親ロシア派の仕業でないなら「その証拠を示せ」と言っています。

では、「親ロシア派の仕業である証拠」も示してもらいたいものです。ついでに、プーチンがマレーシア機を撃墜しなければならなかった理由も教えてもらいたいものです。一体何のために、無関係のマレーシアの民間機機を撃ち落とさねばならなかったのか、教えてほしいですね。


◇しかし、中には停戦協定を一方的に中止して内戦を再開させたNWOの傀儡ポロシェンコを非難する人もいます。


「チョコレート王の領空で起きた」キューバ前議長がウクライナ批判


2014.7.19 13:02 [ウクライナ]


 キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長はウクライナ東部のマレーシア機撃墜について「チョコレート王ポロシェンコ(大統領)の好戦的な政権の領空で起きた」として責任がウクライナ政府側にあると批判するコラムを18日、共産党機関紙グランマに掲載した。

 ポロシェンコ氏は、撃墜がロシアからの武器供与を受けた親ロシア派によると非難している。「チョコレート王」は菓子メーカーの経営で財を成した同氏の異名。


 フィデル氏は11日にハバナを訪問したロシアのプーチン大統領と会談、ウクライナ介入をめぐりロシアと対立する米国への対抗姿勢を共にアピールしたばかり。(共同)


http://sankei.jp.msn.com/world/news/140719/amr14071913020006-n1.htm



◇ウクライナとは関係ないかに見えるイスラエルのガザ侵攻でこちらでも死者300人以上という悲惨な戦闘が起きています。

ネタニヤフというユダヤの殺人鬼には人間的な感情など持ち合わせがなく、対抗手段のないパレスチナ人を空爆やミサイル攻撃で女子供の区別なく虐殺していますが、イスラエルの守護神、米国では非難の声も上がりません。


ここでやっと役立たずの国連、潘基文事務総長がパレスチナのイスラム原理主義組織ハマス停戦仲介という名目で圧力をかけているようです。

パレスチナ人が何万人殺されようとアメリカも国連もイスラエル批判は一切しません。それどころか、パレスチナ人を守るために存在するハマスを国連の権威でねじ伏せようとしているのです。いくらパレスチナ人がイスラエルに迫害され、殺されても逆らうな。さもなくばパレスチナ人は米国も国際社会を敵に回すことになるのだぞ!と言うのです。
正義の味方は概ね「強きを挫いて、弱きを助く」ものですが、潘基文は「強きを助け弱きを挫く」まさに韓国人丸出しの措置ですね。



イスラエル・ガザ侵攻 調停外交が活発化 死者300人突破


【カイロ=大内清、ニューヨーク=黒沢潤】イスラエル軍によるパレスチナ自治区ガザ地区への地上侵攻をめぐり、国際社会の調停外交が活発化し始めた。19日には国連の潘基文事務総長が中東訪問へ出発、フランスなども停戦に向けた働きかけを強めている。

この日もガザとイスラエルの境界線付近で同軍とイスラム原理主義組織ハマスが激しく交戦するなど戦闘が続き、8日の軍事作戦開始以降のパレスチナ人の死者数は310人を超えた。


 潘氏は中東訪問中、イスラエルやパレスチナ自治政府の首脳らとエジプトによる停戦仲介案などについて協議する見通し。自治政府のアッバス議長は、無条件での戦闘停止を求める同案に賛成の立場を取っていることから、潘氏は自治政府を通じてハマスに停戦を受け入れるよう圧力を強めたい考えとみられる。


 その一方でアッバス氏は、停戦を実現するにあたり、ガザからの過激派流入を警戒するエジプトの懸念を和らげるためとして、ガザ南部のエジプト境界線付近に自治政府の治安部隊を再配備する考えを示しているとされる。



http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/140719/wor14071921220054-n1.html



◇ネタニヤフがヒットラーと同じことをしていると、冷めた目で見ている人もいます。この両者が共通するのはやはり同じ民族の血がながれているからでしょう。



「ヒトラーより野蛮」 イスラエルにトルコ首相


 トルコからの報道によると、同国のエルドアン首相は19日、支持者への演説で、パレスチナ自治区ガザ攻撃を拡大するイスラエルについて「ヒトラーを昼夜非難する者が、野蛮さでヒトラーを超えた」と激しく批判した。

 ヒトラーによる大量虐殺の被害者であるユダヤ人が建国したイスラエルの反発は必至。

 両国関係は2010年にイスラエル軍がガザ支援船を急襲してトルコ人乗船者を射殺した事件で極度に悪化。イスラエルのネタニヤフ首相が昨年、エルドアン氏に謝罪したことで正常化に向かいつつあったが、再び冷え込みそうだ。

 エルドアン氏は8月の大統領選に出馬を決めており、有権者の反イスラエル感情に訴えることで支持を広げる思惑があった可能性もある。(共同)

http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/140720/wor14072011210014-n1.html



◇いったい何時までNWOダークカバルの身勝手な暴挙が続くのか・・・

それにしてもユダヤ人・中国人・韓国人と言うのは拝金主義、独善的、排他的、傲岸不遜、虚言癖、盗癖など、その習性には驚くべき共通性があります。彼らはアヌンナキが遺伝子操作をして作った時の失敗作だったのではないかと思われます。




++ 全転載 終わり ++


AD