下町ボブスレーオフィシャルブログ

下町ボブスレーは大田区の中小零細町工場が中心となり、世界の舞台で戦える国産マシンの開発をしようというモノづくりプロジェクトです。


テーマ:

イベント初日は夕方まで曇り空だったので、日差しも少なく快適でしたが・・・

 

 

2日目は,湿度こそ低いものの朝から快晴。

強力な紫外線と気温上昇の予感を感じながら展示の準備に取り掛かりました。

 

 

 

展示準備完了!展示スタッフ一同、多くの来場者をお待ちしております。

 

 

今回のイベントでは下町ボブスレー協力企業の光写真印刷様のご協力で、

OneLoveJamaicaFestival2016限定アイテムとして

このようなステッカーや絵葉書、コースター、缶バッチなどのセットや、

 

 

ジャマイカの選手が写った、記念撮影用パネル、展示ブース装飾用のシートなど、

多数のプロモーショングッズをご提供いただきました。

 

 

最終日はお客様も多く、ミス・ジャマイカ(ウォーターハウス)も展示ブースにお越しいただき、

展示スタッフも大はしゃぎ。

 

 

お昼にはメインステージにてジャマイカ大使よりご挨拶。

そしてステージ上には細貝ゼネラルマネジャー、松原大田区長の姿も・・・

 

 

ジャマイカ大使に完成した応援メッセージを手渡しました。

 

 

そして午後になると、強い日差しや高い気温にもかかわらず・・・

 

 

始まりましたノリノリのダンス!

 

 

やはりカリブ海に浮かぶ国の人々、太陽との相性は抜群です。

 

 

日焼けが痛み動きがぎこちない我々とは対照的に、

軽快に踊る人々を羨ましく思いながら、

早めの撤収をさせていただき、初の国際交流イベントを終えました。

 

by ショー・シマオ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年1月に下町ボブスレーがジャマイカに採用決定後

ジャマイカとの国際的な交流が始まりました。

そのご縁が広がる中で5月28日と29日開催されたイベント

One Love Jamaica Festival2016」のジャマイカ大使館スペース内にて

下町ボブスレーの展示をさせていただける事になりました。

 

イベントの会場はお台場。

ダイバーシティ東京のガンダムを過ぎるとイベント会場が見えてきました。

 

 

設営準備中の会場内からはフジテレビがどーんと見えます。

 

 

ステージからは大音量の音楽が響き

ジャマイカ料理のジャークチキンや

ラスタカラーの服飾品などの販売ブースが軒を連ねていて

フェスっぽい雰囲気が漂ってます。

 

来場者には外国人も多く、さすが国際交流イベントといった感じ。
映画クールランニングもその意外性が面白かったのですが、

雪が降らないジャマイカのイベントにボブスレーの展示は

ちょっとミスマッチ!?

 

 

今回、二日間のイベント中に下町ボブスレーの展示ブースにお越しいただいた方に
ジャマイカの選手への応援メッセージを書いていただきました

 

 

お昼が過ぎて来場者が増えて来るに従い、

隣のジャマイカ大使館ブースからの音楽が大きくなってDJプレイが始まると・・・。

 

 

レゲエかっこいいし、心地いいです。

 

 

少し時間が経つと大使館ブースにいたスタッフらしき人が踊り出し・・・

 

おっ?段々人が集まってきます。

 

 

えっ?ダンスの乗りがすごい。

 

 

はぁっ?!

続々人が集まって来て踊りの連鎖が始まり、野外ダンスフロア状態に・・・

 

 

メインステージ前も熱かったですが、ジャマイカ大使館ブース前も熱い。

 

 

ボブスレーの説明が困難になるほどの騒ぎになりました。

この盛り上がりは夕方に私たちが撤収するまで続けられ、

その後も夜まで続いていたそうです。

 

 

音楽踊り

言葉いらずのコミュニケーションの実力を知った初日の展示でした。

 

by ショー・シマオ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

下町ボブスレーとジャマイカのコラボTシャツデザインコンテストが開催されました。

 

下町ボブスレーとジャマイカとのコラボレーションTシャツを作りたい。

それを着て、たくさんの人に知ってもらい協力や支援の輪を広げたいけれど、

デザイナーの力を借りないといいものはできない。

 

そこでTシャツデザインを学生に応募してもらい

そのデザインを採用し、これから世にでていくデザイナーの作品と併せて

プロジェクトの取り組みを広げていけないか。

 

その想いをプロジェクト初期からのスポンサーであり

地元大田区の専門学校である日本工学院様に相談した所

快く相談にのってくださり今回の企画となりました。

 

デザイン審査会は6月20日に蒲田校で行われました。

 

 

応募総数はなんと186件

日本工学院の3校(蒲田校・八王子校・北海道校)の

在校生が応募してくれてました。

 

グラフィックデザイン科の学生の作品はとてもかっこよくデザインされてましたが、

他にも一級自動車整備科、建築学科、建築設計科、放送・映画科などからも

応募いただきました。ありがとうございます。

 

 

 

下町ボブスレーのメンバーをはじめ

日本工学院の先生も一緒になり全部の作品を一点一点見せていただきました。

学生の本気さやユーモアなどが伝わり、楽しくかつ真剣に作品を見ていました。

 

 

その中から票数の多かったものを選ばせていただきまして

ホワイトボードに貼り付けます。

 

 

学生のみなさんがコラボTシャツの意図を汲んでデザインしてくれておりました。

このデザインコンテストの為にかけてくれた時間、アイデア。

審査員達は深く受け止めさせていただきました。

 

 

これからプロのデザイナーとして活躍する原石の方々の作品を

選んでいくには本当に皆で何度も悩んで迷いました。

 

 

そして186作品の中から、

最優秀賞1点、優秀賞2点、入賞18点、GM特別賞1点が決まります。

 

 

最優秀賞はグラフィックデザイン科の西さんの作品。

近々このTシャツはジャマイカボブスレーチームにプレゼントされたり

実際のTシャツとしてつくられ、様々な場面で着て行きます。

 

ボブスレー部分や氷上のデザインが

ジャマイカの地形になっているメッセージ性に唸らされました。

下町ボブスレーの漢字とカタカナのロゴも入っていてコラボ感もでていてポップ。

 

デザイン応募用紙の右下にかかれたTシャツデザインに込めた想いやこだわりなどの考えがかかれたコメントは審査をする上でとても参考にした部分です。

 

 

 

優秀賞は2点あります。

グラフィックデザイン科の原島さんの作品。

デザイン性にすぐれて見た目のインパクトもありかっこいいという声が多数ありました。

 

 

優秀賞。グラフィックデザイン科の玉川さんの作品。

JamaicaのJ。JapanのJ。Jをソリにしたこだわりにはセンスを感じました。

 

意味を付加すると日本にも来日したジャマイカの女子パイロットはJazmine。

ゼネラルマネージャーはJunichiです(笑)

上位作品は売っていたら欲しいし着たいと思うものでした。

 

 

細貝ゼネラルマネージャー特別賞は1点。

グラフィックデザイン科の清水辺さんの作品。

GMの心意気で急きょ決まった特別賞。

実際にTシャツにしてくれるようです。

 

 

そして表彰式は6月27日に日本工学院蒲田校で行われました。

審査会からの短期間で実際にTシャツを製作してきてくれたのは

下町ボブスレー公式Tシャツを初期からつくってくれている

大田区下丸子にある(有)ウェディアの森田さん。

 

 

 

入賞した学生さんやその友達、先生が集まり表彰式が行われました。

 

 

細貝GMよりご挨拶。

 

 

入賞は18点。

メンバーの西村さんより賞状や下町ボブスレーグッズが贈られます。

 

 

 

優秀賞のプレゼンターは國廣さん。

賞状とスポンサーであるひかりTVさんのポイントやカエサルくん人形

下町ボブスレーグッズセットなどをプレゼントさせていただきました。

 

 

GM特別賞は実際にTシャツが製作されて

デザインしたご本人にお渡ししました。

 

 

最優秀賞にはひかりTV様より

iPadmini64GBが贈呈。

ひかりTVポイント他、カエサルくん人形。下町ボブスレーグッズを賞品に。

実際に製作されたTシャツもご本人にお渡しできました。

 

最優秀賞の西さんは自分が長く着たいと思うものを考えたとコメント。

 

 

このような機会を企画していただいた

日本工学院専門学校の関係者の皆様ありがとうございました。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

浅津選手一行は欧州パイロットトレーニング遠征も最後の地である

ドイツのケニクゼー(Koenigssee)へやってきました。

 

 

ホテルテラスからの景色がのどか。

浅津選手や川崎選手はこの景色をみながら休息してたようです。

 

 

ケニクゼーではボブスレーワールドカップ最終戦が行われており

翌日からの滑走に向けて見にいったそうですが

観客の数がめっちゃ多いじゃないですか!

ワールドカップとなると欧州では価値があるんですね。

 

 

 

売店や屋台、ブースもあっていい雰囲気。

 

 

男子二人乗りボブスレーで韓国が優勝。

年間総合ランクでもトップだったみたいですね!

2018年の自国開催に向けて強化がうまくいっているという事。

アジアでもやれるんだというのを示してくれていてすごい。

 

 

ゴールで喜びあうワン・ユンジョン選手ソ・ヨンウ選手

アジア史上初の金。おめでとうございます。

クライマックスに立ち会えて、その空気感を感じれたでしょうか。

 

 

そして女子の年間トップ選手。

ケーリー・ハンフリーズ選手と記念写真を取る浅津選手と川崎選手。

嬉しそう。刺激をもらったようです。

トップ環境に触れる事は競技を続けるモチベーションになりますよね。

 

 

ケニクゼーでのパイロットトレーニング。

もうさらにワンステップ学ぶために

コーチのハルトル氏(2014年1月に来日して下町ボブスレーに乗った)の

https://youtu.be/UcYJGxT457s ←【その時の映像】

後ろでブレーカーをやってコーチングを受けました。

 

 

 

ハルトル氏は自国のコースなので

浅津選手にとってはいろいろ気づきがあったと思います。

 

 

 

ソリのセットアップを一部変えて調整します。

実際に滑走した感覚でセッティングを自ら調整するハルトル氏。

 

 

 

ハルトル氏と共にソリの調整を行う川崎選手。

 

 

ドイツ連盟のトレーニング施設を借りて

ボブスレー選手は身体の強化も怠りません。

 

 

前回のインスブルック編で紹介した

専用のチューブを使ったバックキックトレーニングをやってますね。

 

 

ウエイトトレーニングもやって筋肉補強。

 

 

滑走前の集中タイム。

浅津選手、手がハンドルを握ってます。

 

 

スイス、オーストリア、ドイツの3ヶ国を計23日間まわった

長いパイロットスキル向上トレーニングおつかれさまでした!!

下町ボブスレーを使ってくれてありがとう。

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

浅津このみ選手一行はスイス・サンモリッツでの

滑走トレーニングを終えて次のオーストリア・インスブルックの地へ!

イグルスへ向かう道のりではアルプスがパノラマ絶景で見る事ができます。




下町ボブスレーはインスブルックのイグルスへ2度訪れています。


2013年春のシニアヨーロッパカップ出場。
http://bobsleigh.jp/europapokaldersenioren


2015年春の4号機改造検証。
http://bobsleigh.jp/innsbruck2015


の2回です。


浅津選手一行が訪れたのは
年に一度のソリ競技大イベントである
世界選手権が行われた後。


その後片付けや掃除を率先して行う浅津選手一行の姿。
この写真が送られてきて心が洗われました。





滑走トレーニングの様子は動画が届いたので
下町ボブスレーオフィシャルYouTubeチャンネルにアップしてあります。

https://www.youtube.com/user/shitamachibobsleigh


いつも笑顔がいいね。




パイロットのスキルアップと共に
ボブスレーアスリートはジムでトレーニングは
世界中どこへいってもかかせません。


このチューブをビョーーーーンとしているのは
バックキックトレーニングといいます。

浅津選手を支えている古谷真人先生という方が推奨している方法で
股関節の開発がアスリートが強くなるには効果があるそうです!!


なんでも骨盤の左右のズレを正し、全身のバランスを良くしたり
もっている力を効率良く使えるようになって能力の底上げも出来るとのこと。



現地のコーチにアドバイスもらったりして
コミュニケーションを大事にしてます。




ここで男子の中村選手は帰国。
浅津選手と川崎選手は次のドイツ・ケニクゼーの地へ向かいます。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。