下町ボブスレーオフィシャルブログ

下町ボブスレーは大田区の中小零細町工場が中心となり、世界の舞台で戦える国産マシンの開発をしようというモノづくりプロジェクトです。


テーマ:

浅津選手一行は欧州パイロットトレーニング遠征も最後の地である

ドイツのケニクゼー(Koenigssee)へやってきました。

 

 

ホテルテラスからの景色がのどか。

浅津選手や川崎選手はこの景色をみながら休息してたようです。

 

 

ケニクゼーではボブスレーワールドカップ最終戦が行われており

翌日からの滑走に向けて見にいったそうですが

観客の数がめっちゃ多いじゃないですか!

ワールドカップとなると欧州では価値があるんですね。

 

 

 

売店や屋台、ブースもあっていい雰囲気。

 

 

男子二人乗りボブスレーで韓国が優勝。

年間総合ランクでもトップだったみたいですね!

2018年の自国開催に向けて強化がうまくいっているという事。

アジアでもやれるんだというのを示してくれていてすごい。

 

 

ゴールで喜びあうワン・ユンジョン選手ソ・ヨンウ選手

アジア史上初の金。おめでとうございます。

クライマックスに立ち会えて、その空気感を感じれたでしょうか。

 

 

そして女子の年間トップ選手。

ケーリー・ハンフリーズ選手と記念写真を取る浅津選手と川崎選手。

嬉しそう。刺激をもらったようです。

トップ環境に触れる事は競技を続けるモチベーションになりますよね。

 

 

ケニクゼーでのパイロットトレーニング。

もうさらにワンステップ学ぶために

コーチのハルトル氏(2014年1月に来日して下町ボブスレーに乗った)の

https://youtu.be/UcYJGxT457s ←【その時の映像】

後ろでブレーカーをやってコーチングを受けました。

 

 

 

ハルトル氏は自国のコースなので

浅津選手にとってはいろいろ気づきがあったと思います。

 

 

 

ソリのセットアップを一部変えて調整します。

実際に滑走した感覚でセッティングを自ら調整するハルトル氏。

 

 

 

ハルトル氏と共にソリの調整を行う川崎選手。

 

 

ドイツ連盟のトレーニング施設を借りて

ボブスレー選手は身体の強化も怠りません。

 

 

前回のインスブルック編で紹介した

専用のチューブを使ったバックキックトレーニングをやってますね。

 

 

ウエイトトレーニングもやって筋肉補強。

 

 

滑走前の集中タイム。

浅津選手、手がハンドルを握ってます。

 

 

スイス、オーストリア、ドイツの3ヶ国を計23日間まわった

長いパイロットスキル向上トレーニングおつかれさまでした!!

下町ボブスレーを使ってくれてありがとう。

 

 

AD
いいね!(13)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

浅津このみ選手一行はスイス・サンモリッツでの

滑走トレーニングを終えて次のオーストリア・インスブルックの地へ!

イグルスへ向かう道のりではアルプスがパノラマ絶景で見る事ができます。




下町ボブスレーはインスブルックのイグルスへ2度訪れています。


2013年春のシニアヨーロッパカップ出場。
http://bobsleigh.jp/europapokaldersenioren


2015年春の4号機改造検証。
http://bobsleigh.jp/innsbruck2015


の2回です。


浅津選手一行が訪れたのは
年に一度のソリ競技大イベントである
世界選手権が行われた後。


その後片付けや掃除を率先して行う浅津選手一行の姿。
この写真が送られてきて心が洗われました。





滑走トレーニングの様子は動画が届いたので
下町ボブスレーオフィシャルYouTubeチャンネルにアップしてあります。

https://www.youtube.com/user/shitamachibobsleigh


いつも笑顔がいいね。




パイロットのスキルアップと共に
ボブスレーアスリートはジムでトレーニングは
世界中どこへいってもかかせません。


このチューブをビョーーーーンとしているのは
バックキックトレーニングといいます。

浅津選手を支えている古谷真人先生という方が推奨している方法で
股関節の開発がアスリートが強くなるには効果があるそうです!!


なんでも骨盤の左右のズレを正し、全身のバランスを良くしたり
もっている力を効率良く使えるようになって能力の底上げも出来るとのこと。



現地のコーチにアドバイスもらったりして
コミュニケーションを大事にしてます。




ここで男子の中村選手は帰国。
浅津選手と川崎選手は次のドイツ・ケニクゼーの地へ向かいます。


AD
いいね!(16)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

下町ボブスレー合同会社に所属している浅津このみ選手は
志願して欧州でのパイロットスキル向上のための武者修行に旅立ちました!


これぞまさにチャレンジャー魂!


ボブスレーのタイムは選手の身体能力やソリの性能も影響ありますが
それらを活かすのもソリを操縦するパイロットにかかっています。


ただパイロットは一朝一夕になれるものではなく
海外のボブスレーコースで経験値を積む必要があるとのこと。
それぞれコースに特徴があったり、難易度なども違うようです。


まずは空港についてレンタカー手配。
競技だけではなく、コミュニケーションや言語能力も求められますね。




オーストリアのウィーンに到着後、レンタカーを運転し
スイス・サンモリッツのホテルに到着。
ボブスレーを運ぶから荷台付き。




スイス・サンモリッツはボブスレー界では伝統ある天然のコース
森の自然の地形に合わせたり、自然冷却の氷で作られているとのこと。
(長野などは人口冷却装置が使われている)


ベルニアアルプスに囲まれた高級マウンテンリゾート地で
ウインタースポーツの聖地
ボブスレー関係者なら一度はいってみたいところですね!






コース内を歩きながら滑走のイメージトレーニングをしている浅津選手。
いつもスマイル!




スタートのトップ地点。
オーロラビジョンらしきものもありますね!





下町ボブスレーもボブスレーの聖地にやってきました!
浅津選手のパイロットスキル向上と共に
下町ボブスレーの検証も同時に行います。





今回欧州遠征にやってきたのは新5号機
"新"がつくのは昨年5号機のシャーシを一新したからです。
シャーシの塗装の色もメタリックカラー。




滑走前には集中して
何度もイメトレして、精神統一。




ブレーカーは男子の中村選手と川崎選手に帯同していただいてます。



パイロットとして成長過程にある浅津選手と共に
下町ボブスレーもレベルアップしていきましょう。

ちなみに時差は-8時間です。


AD
いいね!(10)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
大田区産業プラザで行われた第20回おおた工業フェア町ボブスレーを展示させていただきました。



おおた工業フェア
は大田区の優れた技術、技能を広くアピールする為の展示会で、出展企業の展示の他、


全日本製造業コマ大戦 大田区場所

などのイベントやセミナーが開催されていました。



下町ボブスレー
の展示ブースには、マスコットキャラクターの
おおたちゃんも登場、


人気ドラマ
下町ロケットのロケで使用された佃製作所の看板や、
出演者のサイン入りポスターなども展示されました。



そして
何と!このおおた工業フェアをのもようを
J:COMさんのテレビ生放送されると言う事で、
体操のお兄さん、
佐藤弘道さんが
下町ボブスレーの展示ブースにいらしてくださいました。



松原大田区長
も登場




佐藤弘道
さんに
下町ボブスレーに搭乗していただきました。



ジャマイカ
人のお客様もボブチョロQに興味津々



ボブスレー女子日本代表の
浅津選手
ブースを訪れてくださいました。



その他、ブースにお越しいただいた様々な方の
応援の言葉や募金を頂戴し、
本当にありがたい
感謝の一日となりなした。

by ショー・シマオ
いいね!(13)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

1月18日(月)

長野から東京へ戻り、大田区産業プラザで記者会見。

リカルド・アリコック駐日ジャマイカ大使や松原忠義大田区長も駆けつけてくれました。

ここまでのジャマイカ来日記
1.ジャマイカボブスレーチームとの出会い
http://ameblo.jp/shitamachibobsleigh/entry-12120664642.html

2.ジャマイカ代表採用決定まで
http://ameblo.jp/shitamachibobsleigh/entry-12120667055.html





大勢のメディアや関係者に集まっていただきま
当日から新聞やテレビ、ラジオなどで
下町ボブスレージャマイカ採用の情報がまたたく間に配信されました。

ジャマイカは残りのシーズンの大会に下町ボブスレーで出場し
次の製作に活かすデータを取り設計。
来シーズンに向けて3台のソリを製作して無償提供。
五輪シーズンにはさらに3台のソリを製作するなど
協力体制が発表されました。





この写真。
真ん中がリカルド・アリコック駐日ジャマイカ大使。
右側が今回ジャマイカと日本の橋渡しをしていただいた
日本レゲエ・シーンの立役者の一人といわれている石井志津男さん。

ジャマイカ音楽のルーツを辿るドキュメンタリー映画の監督であり(作品はコチラ
様々なジャマイカのミュージシャンを日本に呼んでイベントを開催したりする等
ジャマイカと長年つながりをもっている方です。スケボーを愛するという一面も。



下町ボブスレーの横田さんと音楽で交流のあった
DUB MASTER Xさん(下記写真右)が
石井志津男さんに繋いでくれてジャマイカ大使館訪問が実現しました。
ダブマスターXさんはサウンド・エンジニアやDJシーンで活躍されている方です。
※DUB MASTER Xさんについてはコチラ(公式サイト)


プロジェクトは11月の日本代表不採用後に
(株)フルハートジャパンの國廣さんが中心となり
ジャマイカへ正式にオファーに向け動きました。

そこではメンバーの持てる人脈をたどり活路を求めて一丸となり
ジャマイカへのオファーへ動いた経緯がありました。

ジャマイカで下町ボブスレーを使ってもらおうという壮大である夢を応援するべく
迅速に松原大田区長が推薦状を書いてくれたり
スポンサーである伊藤忠商事様が英文添削を手伝っていただいたり
他にもたくさんの方々にご尽力いただいき(見えないファインプレーの連続でした)
今回の夢のような協力関係が実現しました。




人と人と出会いはプロジェクト発足当初から不思議な縁で導かれているようです。
大田区にボブスレー競技で五輪に4大会出場した選手である脇田さんが住んでいて
ボブスレー競技とはどういうものなか教えてもらったりしました。


記者会見後には地元小学校の5年生が作ってくれた応援旗をバックに
写真をとってくれたジャマイカチーム。
このポーズからしてサービス精神に溢れてます。




ジャマイカ採用の"ニュース以前"から地元の取り組みに関心をもって
応援してくれていたのが大田区立おなづか小学校の子たち。

このニュースをきいて飛び上がって喜んでくれたというのだから良かった!
これをきっかけにジャマイカのことをさらに調べていくそうです。


このジャマイカと日本のつながりが
文化の面やサブカルチャー、ビジネス、スポーツなど
あらゆる面で波及していくと夢が広がります。




当日NHK首都圏ニュースの生中継もあり
細貝ゼネラルマネジャーが出演。
優れたアスリートであるジャマイカ選手と日本のものづくり技術を注ぎ込んだ
下町ボブスレーのタッグで上位進出を目指したい等意気込みを語った。




夜は蒲田でメンバー行きつけの居酒屋で食事。
ジャマイカと日本の友好。



翌1月19日は終日東京を観光。
その夜には羽田空港でお別れです。





今回パートナーシップを結べた根底には
ジャマイカと下町ボブスレーのあいだに
同じ夢を持った友達のような関係性ができたからのように思えます。
想いは深く、ノリは軽くというフィーリングが似ていました。




下町ボブスレーのロゴが入ったボブTを着てくれているのも嬉しい。
(東京観光している間もきてくれていたようです)



日本に来てくれてありがとう。
共にまた近いうちに会おうを再会を誓いました。



見送る下町ボブスレーメンバー。



下町ボブスレーのメンバーは別れを惜しみながらも
すぐに次の事を見据えて(アメリカへのソリ輸送やソリ開発についてなど)
羽田空港のカフェで深夜まで打ち合わせが続きました。


そこではジャマイカと共に世界を変えるための
新たな挑戦が始まっているようでした。

いいね!(14)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。