2008-02-06 21:32:43

Cloverfield

テーマ:映画

我が視界 他人事ならぬ 曠野かな 



 日本での上映より一足お先に観させていただきました。と言っても、この「クローバーフィールド」という映画、観た直後は、まさか日本では興行されないだろうなと高を括っておりました。それがネット調査で本国でも上映されることに、あっとオドロキです。
 というのも、映像の拘りでもあるカメラワーク。おそらく撮影者の自己満足で取られた素人のホームビデオの上映会にいやいや付き合わせられ、気分を悪くした人ならお分かりでしょう。三脚なしの手持ちによるぶれぶれ映像に、頭痛や吐き気、悪寒が襲う。まさに、その撮影方法を逆手に取った手法なのですよ。
 しかも出だしのホームパーティさながらの中身が延々と続くのに、辟易されないだろうかという心配。東京への栄転配属が決まったロブのためのサプライズ・パーティですけど、ハンディカメラは、ここだけのシーン撮影と思うなかれ、なんですね。ようは、この気持ち悪いカメラワークこそが、この映画の味噌なんですね。途中で正当なカメラワークに変わると思うなかれ。
 そして、突然の振動と大音響がニューヨークに。何事か、といって、そのカメラが始終回り続けます。外へ飛び出してみれば、自由の女神の首が吹っ飛んでくる。マンハッタンにかかる橋が真っ二つ。簡単に言ってしまえば、日本映画のゴジラのマンハッタン襲撃版と言いましょうか。、実際「ゴジラが原爆やその恐怖のメタファーであったように、現代の恐怖を象徴したモンスターを登場させようと思った」と巨大モンスターの起源について明言されています。
 ところで、私たちは。ゴジラ映画を絶えず第三者の眼で眺めてきました。ゴジラでも人間どもでもない眼。空からでも地上からでも、どこからでも自由なあらゆる場所から眺めてきました。しかし、この映画は、ハンディカメラを持っている一人称の眼なのです。ですので、モンスターの正体もよく分からないのは当然。この眼だからこそ、もう他人事ではない、映画を愉しむための眼ではないんですね。
 そしてさらに、その一人称である人物は結局・・・。このエンディングも極めてアメリカ映画らしからぬ、です。日本にかかる一般的なハリウッド映画として本作品が日本で上映された時、ホームビデオを見せられ胸糞悪いラストを叩きつけられ、大いに戸惑いよろめくハリウッドファンが出てくるんじゃなかろうかと、ついつい危惧しちゃいます。
 まあ、そういう他人事は同でもよろしく、私自身には最高の映画でございました。これこそ、他人事でなく、私事として私の舌を充分に唸らせてくれた絶妙なる味わい深い作品でございました。

 ちなみに、本作品は、エンドロールが始まるまで、一切のサウンドトラックにBGMはありません。でも、エンドロールでの音楽を耳にすると、おおお、日本映画のゴジラがオマージュなるかな、それがひしひしと伝わってきますので、エンドロールでいきなり席を立たれないことを願います。





  

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

shisyunさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■hyoutan2005さま

>視点変えたゴジラ映画として楽しめない人には辛いかもしれませんね。

確かに、そうでしょうね。もうストーリーどころではないかも。

3 ■TBありがとうございました。

賛否両論の作品のようですが、私は面白かったと思います。でも、気持が悪くなってしまう人は、ストーリーを追うどころじゃないわけですから・・・・。
視点変えたゴジラ映画として楽しめない人には辛いかもしれませんね。

2 ■mahboさま

コメントありがとうございます。
そういえば、うちの近所の映画館では、次のような注意書きがありましたよ。

≪警告!≫映画を観る前に必ずお読みください。
『クローバーフィールド/HAKAISHA』は、全く新しいアトラクションタイプの映画です。特別な手法による映像は、ご鑑賞時の体調によっては激しい車酔いに似た症状を引き起こす可能性がございます。
ご気分のすぐれない方、妊娠中の方、乗り物に酔いやすい方、心臓の弱い方、高血圧の方、小さなお子様などのお客様はくれぐれもご注意の上、ご鑑賞ください。
ご覧になられる方は、誠に恐れ入りますがご了承の上でご高覧ください。

1 ■日本で見てきましたが…

最高とおっしゃったけれど…私には最悪の作品でした。お金を出して生理的に気分が悪くなるのがまず我慢ならず…さらにストーリーの展開もキレがなく…かといってドキュメント的なシリアスさもなぁ…という感じ。で…ラストの音楽に来た時はもう、怒り心頭でした。ゴジラへのオマージュというよりも、作品との調和のとれていない不自然な音楽…と感じたのは私の音楽への素養が足りないのでしょうかねぇ…年に一度あるかないかの憤りで一緒に観た方は気持ち悪くなり、帰りは会話がなくなり最悪でした。とほほほほ…なさくひんでしたねぇ…人を不愉快にさせる、というコンセプトなのなら大成功でしたけど。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。