2006-10-03 12:18:22

フラガール

テーマ:映画

フラダンス ダンスが済んでも 踊ろうよ 



 もちろん、常磐ハワイアンセンターの成立物語は凄い重要だと思います。これまでの、日本が推し進めてきた産業、資源である黒いダイヤモンドなる石炭に関わる仕事にいらっしゃる人にとって、リストラあり、新たな事業の勃興あり、そういう時代背景の中で、変われない人々と変わらざるを得ない人々の中で、積極的に新しい時代を生きようとした人たち(しかも女性、炭坑ではありえない社会)。
 変わらない人間は悪くない、変わる時代が悪いのだ、そういうコメントもありましたね。今や、会社あるいは一つのビジネスモデルの寿命は10年だと言われています。リストラも名前の意味なんかそっちのけで、直ちに解雇みたいなものですね。それが良いのか悪いのか、それだけをここで語るにしては、世の中が、あるいは地球に生きる人々が何処へ向かおうとしているのか、そんな宇宙船地球号の観点で話さねばならなくなります。
 そういう問題からすれば、ここでいう常磐ハワイアンセンターのような新たなビジネスモデルを作れない企業も悪いんでしょうね。でも、それを理解できない労働者も考えるべき。まあ、そういうことも含んでいるでしょうが、それよりも、ここでは、変われない男ども(情けない)の中で、自分たちの仕事や生き方を見いだしていく女性たちの人生の悲喜交々を一生懸命観るべきでしょう。
 さて、東京では借金塗れで逃亡するしかないダンスの先生、そして、炭坑の女性たちは、変わろうとする人たち以外は生活のためなどの理由が参加の動機です。して、先生も同じ穴のムジナ。仕方なしに教える平山まどかを演じる松雪泰子、そして、昔の女性の代表である富司純子、その二人の狭間に蒼井優が好演をしています。もちろん、蒼井優は、岩井監督の「花とアリス」でご存知の方もいらっしゃいましょうが、バレエ経験があり、踊りは抜群です。でも、そんなことよりも、彼女を中心とした先生、母親、兄(豊川悦司、彼、こういう役のがこれから当たりかも)の関係がいいですね。
 でも、何がいいって、昭和40年以降の歴史観や周りの人々とのギャップよりも、彼女を中心とする、当初ずぶの素人で始まった常磐ハワイアンセンターのダンスガール、いわゆるフラガールたちの結束ですよね。その中で、南海キャンディーズの静ちゃんも結構重要なポイントじゃないですか。
 実は、この映画鑑賞と同じ頃に「夜のピクニック」というのを観て、極めて同質の感動を得たんですよ。こちらの方のが華々しく、「夜のピクニック」は極めて日常的でおとなしく素人臭いのですが、感動の源がいっしょであることに気がつきました。
 私たち人間って、被害者意識があると何も変われないんですね。変わりたくなければそれまででしょうが、例えば自分は何がしたいのか、そういう時に、時代の流れを加害者にしてしまえば自分は被害者です。学校の行事も主催者を加害者にしてしまえば自分は被害者です。よくよく考えれば、被害妄想って、今の自分を守りたい、変わりたくない、いや、むしろ、誰かから与えられたことで生きていくことに仕方なしのヨシとしている、そういう人たちが多いのではないでしょうか。「夜のピクニック」という静かな映画でもそうでしたし、この「フラガール」のように感動で涙塗れになる映画もそうですけど、そこで自分が何に気づき、何にトライし、何を得るか、それに尽きると思うんです。
 この映画の見所は、母親の変貌です。最後にフラガールたち、特に娘の蒼井優の熱演に観客が沸く、それを母親が体感する、蒼井優の涙いっぱいの笑顔。その踊り、ずっと終わらないで欲しい、そう思って観ていました。私たちは、映画を観て、物語の初めから終わりまで、自分がどう影響し感化されていくか、そのプロセスの素晴らしさに、また映画を観に行きたくなるのですよね。
 そうそう、ついでですが(ごめん)、岸部一徳にも拍手。先生役の松雪泰子にラストの方でボソッと言う一言、とっても効いてました。
 いい映画はいっぱいあります。いいえ、つまらない映画なんて、ひとつもないと思います。私はそうして、映画を観ています。

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

12 ■通りすがり様

コメントありがとうございます。

>このことばに感動しました。素晴らしいです。

ありがとうございます。どんな映画も、ほんとうに私にはつまらないと思えることがないんです。

11 ■カオリ様

コメントありがとう。

>人生そのものを否定するのではなく、こういう生き方もあると肯定していくことから、スタートできるのかもしれないですね。

ですよね。この世界に生きている限り。

10 ■無題

>いい映画はいっぱいあります。
>いいえ、つまらない映画なんて、ひとつもないと思います。
>私はそうして、映画を観ています。

このことばに感動しました。素晴らしいです。

9 ■時代は変わる・・・

こんばんは。
「何故自分たちが変わらなければならないんだ」という言葉、結構耳に残ってます。
それを象徴していたのが夕張に行った早苗の父だったなあと思いました。
人生そのものを否定するのではなく、こういう生き方もあると肯定していくことから、スタートできるのかもしれないですね。
TBさせていただきました~

8 ■Cyber様

コメントありがとうございます

>失業した後も『自分が一家の大黒柱』として振舞っていかなければならないのに、娘が自分の代わりに一家の稼ぎ頭になっていくところに、惨めさを感じ、娘に体罰を与えてしまったのではないかと考えます(深読みかもしれませんが…)。

深読みってことないですよ、同感です。高橋克実さん、いい役柄演じていますよねえ。

7 ■jamsession123go 様

コメントありがとうございました。

この映画、もっと軽いタッチかと思って観に行きましたけど、期待以上でしたね。

6 ■コレコ(仮) 様

コメントありがとうございます

>女優陣の演技やダンスも素晴しかったですし、脇役の演技も光っていました。

うん、みんな、いい役、いい演技でしたねえ。

5 ■hal様

コメントありがとうございます

あれから四〇年、常磐ハワイアンセンターの先生、今でもご健在のようですね、素敵です。

4 ■TB有難うございます

TB有難うございます。

富司純子さんの、娘たちの頑張る姿に変わっていくところも勿論ですが、何気に、高橋克実にも注目していました。
頑固一徹の父親にとって、娘が(彼から見て)ふしだらな姿になっているところを見てしまったのは勿論のこと、失業した後も『自分が一家の大黒柱』として振舞っていかなければならないのに、娘が自分の代わりに一家の稼ぎ頭になっていくところに、惨めさを感じ、娘に体罰を与えてしまったのではないかと考えます(深読みかもしれませんが…)。

何故変わらなければならないのか? でも変わらなければ一家が路頭に迷う。華やかにステージに舞うフラガール達の裏側で、そういった男たちの『苦渋の決断』というのも垣間見れる作品だと思います。

3 ■ブログにTBありがとうございました。

こんにちは、jamsession123goです。
ブログにTBありがとうございました。
期待以上の感動の名作映画に仕上がってましたね。
今年の邦画ランキングの上位入り確実ですね。
こちらからもTBさせてもらいました。

2 ■無題

初めまして。「気まぐれ961部隊!」のコレコ(仮)と申します。
フラガールのTB、ありがとうございます。こちらからもTBさせて頂きましたので、よろしくお願いします。
「フラガール」はとてもよい作品でしたね。
女優陣の演技やダンスも素晴しかったですし、脇役の演技も光っていました。
何よりも、実話がベースになっている、という部分に感動しました!
たくさんの人に観てもらいたい作品ですね!

1 ■TBありがとうございました。

いい映画でしたね。ビジネスモデルの寿命は10年ってとこなんですね。そう考えると常磐ハワイアンセンターはますます凄いですね。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。