2006-08-02 12:51:42

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

テーマ:映画

船長は 海賊であっても 人間だよ 



 ディズニーランドの人気アトラクション“カリブの海賊”を「パール・ハーバー」のジェリー・ブラッカイマー製作、「ザ・リング」のゴア・ヴァービンスキー監督で映画化したアクション・アドベンチャー大作、というお触れで、2年前に第一作「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」が作られたが、その第2作。
 ジョニー・デップのジャック・スパロウ、オーランド・ブルームのウィル・ターナー、キーラ・ナイトレイのエリザベス・スワン、ジェフリー・ラッシュのキャプテン・バルボッサなど引き続きの出演。本作のエンディングと、エンドロール後の映像を観た方はすぐ分かったと思うけど、第3作があるんだね。最近、映画でもトゥ・ビー・コンティニュー作品、多いねえ。だから、次々と全部を鑑賞しないと語れない、そんな作品も多いけど、でも、そんなこと気にしなくても一作ごとで楽しめるのがエンターテイメント。
 今回の作品の素晴らしいモチーフはローリング・ドリフターズ。あのTBSテレビの俗悪番組でありながら視聴率ナンバーワンでもあったドリフターズの「8時だよ全員集合」を彷彿とさせる、転がる傑作シーンがいいねえ。ジャック・スパロウを神として崇める現地住民とのいざこざの中で、球状の檻が転がるシーン、こいつは愉快だ。そんな前半に対し、後半では、ジャックとウィルたちが争うシーンでの水車が地面を転がりだすのもローリング。こうした笑いの中に、さらにジャックの笑いは、例えば、崖から落ちながらも、途中の引っ掛かる幾つもの吊り橋でのシーン、先だってのナオミ・ワッツがキング・コングであな大変やの崖落ちシーンにさも似たり。普通なら何度死んでも死にきれないはずだが、最終的には大丈夫だろう、と観客を楽しませる。
 もちろん、そうしたところを見所とするのもいいけど、危機シーンでジャック・スパロウ一人がボートで逃げながらも、やっぱり逃げるのやめた、がんばって正義風吹かすところも見所。それを後押ししたのは、「ドミノ」や「プライドと偏見」「ジャケット」のキーラ・ナイトレイ。ジャックに愛を示しながらもフリで、してやったりの役柄。彼女特有のちと子憎たらしい唇の動きが効果的。
 それ以上に、何はなくともデップだわね。やっぱブルームよりもデップやねえ。ジャック・スパロウのスパロウってsparrow、すずめだね。スワロウじゃなく、つばめじゃなく、すずめ。かっこいいのは、ウィルで、臆病な人間であることに終始徹する役柄は、ディズニーランドから食み出したいチョコレート工場のウォンカだよね。最後は勇敢にもタコ親父の化身かや、巨大スダールに挑んでいく、いいねえ、本当かや。すたこらさっさ逃げ出すシーンまでは描かれておらず。次回まで待て。

AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

shisyunさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

18 ■まるみん様

コメントありがとうございます

>エリザベスの場合は、ジャックに傾く恐れ。

うん、ありそうですね。

17 ■恐れ

shisyunへ

> 私は、痛く分かりました。愛しながらも憎むべき相手ですよね。

なるほど、すべてを愛で満たしたいのに、恐れがあるために、憎しみで守るモードのことかあ。
エリザベスの場合は、ジャックに傾く恐れ。

16 ■まるみん様

>作戦とは言え、果たして、自分の愛する人の見ている前で、あんなことできるのだろうか。エリザベスの行動が理解できん。

私は、痛く分かりました。愛しながらも憎むべき相手ですよね。

15 ■残念!

shisyunへ

夏休みはのんびりできたか?
もしかして、ブログの毎日更新は、夏休みの宿題?

さてさて、ようやく、東京で観て来たのじゃ。

> ジャックに愛を示しながらもフリで、してやったりの役柄。

この部分が、ものすごく残念じゃった。
作戦とは言え、果たして、自分の愛する人の見ている前で、あんなことできるのだろうか。
エリザベスの行動が理解できん。
あのキスは、一体誰のため?
もしかして、自分のため?

第一作では、逆境にもめげず、強く引き合ったはずの二人なのに、
果たしてこのあと、一体どうなるのじゃろう。

それにしても、ジョニー・デップは、あらゆる役をこなせる役者さん。
『シザーハンズ』と同じ人が演じておるとは、とても思えんわな。

追伸:
投稿詩のコーナーがスパム攻撃に遭っておるぞよ。
cgiの出力先を変更して、ファイル名を変更したほうがいいかも。

14 ■kaz-net poteto様

コメントありがとうございます。

確かにティア・ダルマの存在感は、キーラ・ナイトレイ以上でありますな。
あの神秘性、次回で大団円、面白い展開を是非!

13 ■奈緒子と次郎さま

コメントありがとうございます。

ドリフがオリジナルか否か、ちょっと定かではありませんが、笑いの原点は似ているような・・・。

12 ■TBありがとうございました。

ジャック・スパロウという海賊の魅力と、ティア・ダルマという神秘的な女性の登場は、とっても楽しめました。
しかし、お預け状態で、来年まで待たなくてはいけないというこのモヤモヤ感はどうしたら…。
これだけ引っぱっておいたのだから、上手くまとめて欲しいです。

11 ■TBありがとうございます♪

転がるシーン、大好きでしたが、
ドリフがオリジナルだったんですね~。
早く、続編が見たいです(^o^)

10 ■エミ様

コメントありがとうございます。

おお、マザーグースでしたか。なるほど。
私は、てっきり舌切り雀かと・・・(うそうそ)。

9 ■まるみん様

コメントありがとうございます。

>大ヒットしてる映画って、あんまり観に行かんじゃろう?

でも、ジョニデとキーラですからねえ。

8 ■キサ様

コメントありがとうございます。

ううむ、ほんまに3作でおわるんでしょうかあ。まさか、4作・5作・・・、007みたいに役者も変わって。変わっちゃあ、あかんよね。

7 ■TBありがとうございます♪

今作は前作以上にコミカルでしたよね。
そのコミカルな演技をするジョニデも素敵過ぎです!!
私の中でジャック・スパロウのスパロウって言えばマザーグースの
Who killed Cock Robin?(誰が駒鳥を殺したの?)
I, said the Sparrow,(私よ、と雀が言った)
With my bow and arrow,(私の弓矢で)
I killed Cock Robin. (駒鳥を殺したの。)
に出てて来るSparrowですね。
・・・で、まさかデヴィー・ジョーンズの心臓を弓矢で撃つなんてことはないよな???と不安に思っているのですが、どうでしょう?
「3」までのお楽しみですね。

6 ■いいなあ

shisyunへ

アロハ~。

この映画、まだ観に行けてないので、観に行けた人たちがうらやましい。
一作目を観たときは、すぐにもう一回観たくなったけど。

でも、shisyunがこの映画を観に行くとは、正直、思っていなかった。
『バンテッドQ』が好きと言っていたから、shisyunの中ではこういう映画もアリなんかなあ。
大ヒットしてる映画って、あんまり観に行かんじゃろう?

> ジャックに愛を示しながらもフリで、してやったりの役柄。

ええっ? 今回は、そういう役柄なのか?
前作では、ウィル一筋だったはずなのに。

> 彼女特有のちと子憎たらしい唇の動きが効果的。

shisyunは、この手の唇が好きじゃよねえ。
shisyunの書いた、同じ塾に通っていた女の子の創作を思い出す。

5 ■TBありがとうございました!

とにかく笑わせてくれましたよね~。
3作目でホントに終わるの!?ってくらいに色々あったので
とりあえず来年の公開が既に待ち遠しいです。

4 ■にら様

コメントありがとうございます。

うんうん、ドリフってすごいですねえ、あはは。
「海賊だよ全員集合」、いいタイトルですね。

3 ■海賊だよ全員集合

まさしくドリフ、でしたね。

この映画でブラッカイマーたちが2時間半掛けてやったことを、1時間番組の1コーナーでしかも生放送でやってたわけですから、ドリフってすごい(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。

2 ■AnneMarie様

コメントありがとうございます。

>上映前に第3作の前売り券のCMが流れたんですよー。

へえ、そうなんだあ。私が見た劇場ではなかったなあ。エンドロールの後の映像はあったけど。

1 ■TBありがとうございます

はじめまして、アンマリーといいます。
上映前に第3作の前売り券のCMが流れたんですよー。それで続きがあるってことを知りました。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。