閑話 天使 #1

テーマ:
突然頭の中に、言葉が飛び込んだ。

あちこちから、同時に…。

様々な言葉で溢れ返る。

余りに突然の事に、佐知は驚愕と恐怖で悲鳴さえも挙げる事が出来ない。


「畜生!あの野郎、ぶっ殺してやる!」

「あー、このおんなと早くヤリてー!」

「マジ、ムカつく!キモ男、どっか行け」

「コイツ、金だけは持ってんだよねぇ~。チビちんのクセして、… キャハハ!」

「死にたい。死にたい…」

「あー、人、殺してみてー、… やっちまおうかなぁ~!!」



【怖い!なに?なんで…。助けて…。】


佐知は、頭を抱え耳を塞いだ。

勿論、効果はない。


そうしている間にも、次々に言葉が頭で舞い踊る。


【気が変になりそう!誰か、誰か助けて…】


そこへ一人の少年が…、


つづく
AD