Heaven #2

テーマ:
美味いメシだ。こんな美味いもん喰った事がない。
いい酒だ。
ほろ酔い加減になったところで、次は勿論女だ。

おお!!こりゃあ、とびっきりの上玉だぜ!
躰中が、手に吸い尽く柔肌だぜ。こんな女お目にかかった事がなかったぜ。

最高だぜ!アッハハハ!



【それから、俺は毎日やりたい放題の日々を送った。

しかし、1ヶ月が過ぎ3ヶ月が過ぎ半年が過ぎると、流石にウンザリして来た。
あれほど美味ったメシも飽きた。
酒は飲んでも飲んでもグラスから減る事はない。
女は、次から次へと俺の体を貪る。まるで俺の方が、抱かれている気分だ。】

おーい、爺!聞こえるか?ちょっと出て来い。

「ふぉっふぉっふぉっ… 何か用か?」

「ああ、そうだ!爺、流石にウンザリして来たんだ。ちょっと一人にさせてくれ。」

「ふぉっふぉっふぉっ…ふぉっふぉっふぉっ… 何を抜かしておるのじゃ、このタワケが!! 貴様に自由などありゃあせん。貴様は、永遠に目の前の糞と小便を飲み食いし続けて、鬼から犯され続けるのじゃ。ふぉっふぉっふぉっ…」

★!!★!!★!!

「な、な、何?」

【目の前の豪勢な食事は糞に、酒のグラスは、尿瓶に、女はおぞましい鬼に変わっていた。】

「ウワッ!!」

「ふぉっふぉっふぉっ… やっと現実が見えた様じゃの。ふぉっふぉっふぉっ… 此処が何処か、気にしておったのう。教えてくれるわい。此処は地獄の三丁目じゃ!!」

爺の姿が閻魔に変わった。

「グオー!」
鬼が襲って来た。

「ウワッ!!うぁぁぁ…」
俺の断末魔が、地獄に響いた。

休題
AD

同じテーマ 「Heaven」 の記事