Heaven #1

テーマ:
夜の街に繰り出し、一杯ひっかけた。

いい気分でぶらぶら歩いていると、いきなり後ろから女の声がした。

「死ね」

ドン!

女が俺にぶつかってきた。

その瞬間激痛が体を駆け巡った。
刺されたのだ。

「誰だ?クソ!…」

気が遠くなりかかっていた。どうやら、刺され所が悪かっ様だ。

気を失う寸前に、女の顔が目に映った。

ああ、あの女か!

確か昔、恋人といるところを、仲間三人で拉致って廻した女だった。

思えば、ロクデナシの人生だった。
有りとあらゆる悪事が俺の人生の全てだ。
悪い事は何でもやった。楽しくて仕様がなかった。
薬は飴玉の代わりで、女はただの人形だ。
ヤリタイ女は、さっさと犯した。
嫌いなヤツは殺した。
まあ、今死んだ所で後悔はない。
行き先は、どうせ地獄だろう。


【ブラックアウト】


いきなり目が覚めた。
だだっ広い部屋のド真ん中のソファーに座っていた。
目の前のテーブルには、あらゆる料理が並んでいる。
両隣には、絶品の女。
此処は何処だ?
…どういうことだ?俺は死んだんじゃ無いのか?
頭の中を、?がぐるぐる駆け巡った。

「ふぉっふぉっふぉっ…」

突然、目の前に白髪の爺様が現れた。

「ふぉっふぉっふぉっ… 頭は、悪くなさそうじゃの!その通り。貴様は、死んだのじゃ。」

何だこの爺!
ん?
どうして、俺の考えている事が解りやがるんだ?

「ふぉっふぉっふぉっ… 此処はあの世じゃ。言葉なぞいらぬ。どうじゃ、ワシじゃとて喋っておるわけじゃなかろう!」

確かにそうだ。爺はニヤニヤ笑っているだけだ。
だとしたら、此処は何処なんだ。
俺の行き先は、地獄以外に考えられないだが…。

「ふぉっふぉっふぉっ… 貴様でも、行き先が気になるのか?何処でも良かろう!今、此処におる事が替えられる訳でもないしの!」

まあそうだな。此処が何処だろうとかまやしねえや!

「ふぉっふぉっふぉっ… そうじゃそうじゃ、さ、好きにするがよい。」

最後の言葉が終わらない内に、爺の姿が消え失せた。

「あっ!おいっ爺!何処行きやがった。」

ふぉっふぉっふぉっ…用がある時は呼べ。ふぉっふぉっ…

頭の中で声が響いた。

「ハハハ、 ハハハ、アッハハハ!こりゃあいいや!アッハハハ!神さん、俺の行き先、間違えたんだな!アッハハハ!だったら好きにさせてもらうぜ!」

つづく
AD

同じテーマ 「Heaven」 の記事