*ある日常 6*


「ア・ナ・タ♡♡ご飯よ♪」


「ああ・・・今行く~」


「早くぅ~、お味噌汁冷めちゃうわよ~」


「ああ、ちょっと待って、今良い所なんだ。」


「もう!・・・・何してるの?」


「あ、うん・・・マイ・ベストDVD作ってんだ。」


「マイ・ベストDVD??何それ?」


「あ・・・いや、いいんだ。すぐ行くからお茶淹れといてくれ。」


「・・・・なんだか怪しい~~~!」


「何言ってんだ。何も怪しくなんかないよ。」


「そお?・・・まあ、いいわ、早くしてね。」


「ああ、分った。」


ふ~、危ねえ。不意に聞くから口が滑った・・・・


これを、ここに入れて、こっちはもうちょっと後ろに入れた方が良いかな、で、これをアップにして・・・


「・・・・何やってるの?」


「うわっ!!いきなり横に居るなよ!びっくりするじゃないか!」


「何よ!私が横に来たのも気づかず何熱中してるのよ。」


「いや、だから、何でも無いってば・・・」


「あやし~~~~い、見せて!」


「いや、だから、違うって。」


「だから、何が違うのよ!私、何も言ってないじゃない!」


「いや、だから、お前すぐ勘違いするから・・・・」


「勘違いなんてしないわよ。いいから見せなさいよ!」


「・・・・しょうが無いな~・・じゃあ、ちょっとだけだぞ。」


「うん・・・早く。」


「じゃあ・・・スタートっと。」


チャララ~♪♪♪


「あら?何?音楽ビデオ?・・・」


「音楽ビデオって・・・今はMVって云うんだぞ。」


「ふんだ!どうせ私は遅れてるわよ~だ。」


「ぷぷぷww、まあそういじけるなって。」


「ふんだ!もういい、早くご飯にしましょうよ。」


「ああ、わかったって。すぐ行くからお茶淹れて待っててくれ。」


「わかった。早くね。」


「ああ・・・・」


ふ~~~~!危ねえ~、最初にダミーでMVひとつ入れといて良かった~!じゃあ、続きっと・・・


・・・こうして、ホイっと・・・出来た!!完成~♪どれどれ、出来はどうかな~♪


「おお!やっぱり可愛いなぁ~・・・おお!こちらもやっぱり・・・・」


「キィ~~~~~~~~!!!!やっぱりそんな事だったのね~~~~!!!」


「おわっ!!!な、なんだお前、いつのまに・・・」


「怪しいと思ったからず~っと隠れて見てたの!!何よ、何がエムブイよ~~!!!AVじゃない!!!」


「ば、馬鹿!!何を言ってるんだ!!!AVなんかじゃないぞ!!ただのグラビアアイドルのDVD作っただけじゃないか!」


「キィ~~~~~~~~!!!!何よ!!そんなに女の裸が見たいの!!!私の裸見ればいいじゃない!!!」


「・・・だから、裸じゃないってば!水着とか綺麗なランジェリーとか・・・美を鑑賞してるだけだよ。」


「何よ!!私の裸は綺麗じゃ無いって言ってるの!!」


「あ~~~~もう!いつもいつも!誰もそんな事言って無いじゃないか~!」


「じゃあ、なんでそんなDVD作らなくっちゃいけないのよ~!」


「いや、それは、え~っと・・・」


「何よ~~~~!!!!やっぱり私の裸は綺麗じゃ無いって事!!」


「だから、そうじゃないって!お前の裸は綺麗だよ、ホントちゃんと作ってあるから。」


「キィ~~~~~~~~!!!!作り物だって言いたいのね~~」


「あ・・・いや、そうじゃなくて、あ~もう!面倒くさい!!!作り物は作り物じゃないか!」


「キィ~~~~~~~~!!!!何よ~!!!あなたなんかチンチンも付いて無いくせに~~~~!!!!」


「がぁ~~~~!!!またお前はそれを言うか~~~~!!!」


「何よ!!!作り物って馬鹿にしたのはア・ナ・タじゃない!!!」


「あ・・・いや・・・だから、そうじゃなくて、こ、これは、そう、会社の後輩に頼まれて作っただけなんだ。だから俺の好みとかそんなんじゃないんだ。」


「嘘!!!だっていつも可愛いって言ってる有村架純ちゃんが今、写ってるじゃない!ほら!それ、有村架純ちゃんだもん!!!」


「えっ?あ・・・いや、その後輩がファンなんだよ!」


「ホントにぃ~~~???」


「ホント、ホント。そいつが好きでさ~~。俺はお前が一番好きだし、他の女なんかどうでもいいさ~。」


「あら・・・ポッ♡♡・・・何よ、もう、照れるじゃない。やだもう。」


「なんだよ、照れなくてもいいじゃないか。」


「だってぇ~・・・」


Chu Chu♡♡


「やだ・・・もう、・・・ご飯にするわよ・・」


「ああ・・すぐ行くよ・・・」


ふ~~~~~~!あっぶねぇ~~~~!!!!


(しかし、その瞬間苦心して作ったエンドロールが・・・・)


*マイ・ベストDVD、誰よりも可愛い、おれの天使の彼女たち ♡有村架純ちゃん、西内まりやちゃん 他♡*・・・・


「キィ~~~~~~~~!!!!キィ~~~~~~~~!!!!嘘つきぃ~~~~~!!!!」


「あ・・・・・し、しま・・・・・」



ニュー・ハーフとおなべちゃんの戦いは夜明けまで続くのであった・・・・




閑話休題
AD

コメント(2)