無料動画ステラ座へは  こちら  から

      過去の小説作品へは   こちら  から

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


ウェッヘン!ウェッヘン!

・ ・・・・・私は貝になりたい・・・

私はモテない。

本当に全くモテない・・・

モテてると勘違いしてたただの馬鹿だ・・・


ウェッヘン!


だが!最後の望みが1人残っている。

しかも、相手は佐江・・

付き合い始めたのも彼女からアプローチしてきたからなのだ。

もともと私はオッパイ星人なので、佐江のようなスレンダーボディには興味が無かった。

まあ、丁度1週間に1人分の空きがあったから付き合ってやっただけだったんだが・・・

こうなっては贅沢は言ってられない・・・

オッパイは我慢出来る・・・

性格は明るくてとてもいい子なんだから・・・


そう、ものは考えようだ。

家庭と云うものは明るいに越したことはない・・・

それには、彼女のような明るい元気な子の方がいいのかもしれないではないか。

残り物には福がある・・・きっとそうだ!

よし!気分がよくなったぞ・・・物は考えようとは良く言ったもんだ・・・

ファイトだ康!


「ごめん、ごめん・・・待った?」


「ううん・・だいじょーV!」


「ハハハ・・そう、良かった・・・」


「悪いな急に呼び出して・・」


「ううん・・全然いいけど・・てか、平日に会えるなんて嬉しい!」



若干、後ろめたかったが今更どうしようもないので封印して話を切り出した。



「今日はちょっと大事な話があって・・・」


「えっ!・・・・・やだ・・・やだよ~~~!」


「あ、え?なんだ?どうしたんだ?」


佐江がいきなり泣き出したのだ・・・


「だって・・だって・・・別れ話でしょ!だから、特別に会って話すんでしょ!・・・やだよ~~~!別れたくないよ~~~・・・」


「アハハハ・・・何勘違いしてんだよ・・・」


「えっ?違うの?・・・・ホントに?」


「ああ・・・違うよ!その逆だよ!」


「えっ?逆って・・・」


「そろそろ、付き合いだして1年だろ・・・だから、いい頃合かなって・・・」


「何?・・・いい頃合・・・」


「ああ・・・佐江、俺と結婚しないか?」


「えっ!・・・・ほんとに?・・・・うえ~~~~~~ん!」


「あ、おい!何も泣くことは無いじゃないか・・・」


「だって・・・だって・・・嬉しくて・・・」


「そうか・・・じゃあ、オッケイだな?」


「うん!もちろん!・・・・よろしくお願いします!」



やった!やったぞ!今回は本当にやったぞ!


私は佐江をそっと抱きしめた・・・

そして、佐江の顔をそっと上に向けて・・・キス・・・その刹那・・佐江が目を見開いた。

いや・・・その目は、佐江のものではなかった・・・


「ふっ・・・な~にしやがる!」



え・・・・何この展開~~~~~~~~!


「何って・・・佐江・・・どうしたんだ?・・・」


言い終わる前に佐江の両手が私の首を締め始めていた・・・


ク、苦し・・・・・


バタン!いきなりドアを開ける音と共に荒々しい男の声が響いた。


「そこまでだ!宮澤 冴!」


「(・д・)チッ!邪魔が入りやがった・・・・ヤッシー・・・次会った時のお楽しみだ!必ず殺してやるからたのしみにしてな!」



何がなんやら・・・・呆然と男二人に連れられて行く佐江を見送っていると、残った男が声をかけてきた・・・


「秋本康さんですね・・危なかったですね・・・あいつは連続殺人犯で一回逮捕したんですが丁度1年前脱走しましてね~~・・ちょっと、署の方で事情を聞かせていただけますか?」


「はい・・・・・」





なんだこりゃ~~~~~~~~~~~!!!!!!!








私はモテない。

多分、この先何十年・・・一生独身だ・・・・・










イヤ・・・・そんなに生かしちゃおかないさ・・・・フフフ・・・俺は宮澤冴だぜ・・・





閑話休題
AD

コメント(8)