僕は、威張って言う事じゃないけど…全くモテない。


ワケがわからないほど全くモテない。


いま迄…生まれてこのかた、
一度たりとも女の子からチョコと云うものを、
ただの一度も貰った事がない。


自分で言うのもなんだが、結構イケメンだし、勉強も学年でトップクラス。
スポーツだってそこそこイケてる。


なのに…なんでこんなにモテないんだぁ~。


誰か教えてくれぇ。


今日は、一年で最悪の日、バレンタインデーだ。


バレンタインさん!
あなたは、なんでこんな日をお作りになったんですか~!!
(作ったのは、バレンタインさんではないよ)


ああ、学校行くのが憂鬱だ…。


「けんちゃん、時間よ…遅れるわよ」


わかってるよ…母さんは、この気持ちわかんねーだろ~な~。

「は~い、行ってきま~す」


ああ、教室に入るのがほんとにヤだなぁ。

「おはよー!」


「ああ、おはよー!」

隣の席の佐江ちゃんか…可愛いなぁ~チョコくんないかなぁ~。義理でもなんでもいいからさ~。


さ、席についてっと…ん、寒かったせいかトイレに行きたい。ど~せ誰もチョコくんないから行ってこよ。


ああ、スッキリした。どれ、教科書机に…えっ!…カバンにチョコが…チョコが入ってる~!!


うぉ~!チョコだ!生まれて初めてのチョコだ!


やった~!!
おっと、顔に出したらいかん。内緒でカバンに入れたんだ。きっと恥ずかしいだろ~!
落ち着いて、平静を装わないと…。


一体誰なんだろう…。


「ただいま!」

なはは、つい声が浮ついてしまう。
たった一個だったけど、ついに、ついにチョコもらったんだ。


ああ、誰なんだ。気になるなぁ~。

「けんちゃん、帰ったらまず勉強しなさい!」

「は~い。」

いつもは、うるせーが返事だが、今日はつい優しい気持ちになるなあ~!!


「けんちゃん、晩ご飯何がいい?」

いつもは、なんでもいいからさ~。が、カレーになる。
嬉しいんだもん、仕方ないだろ。

ああ、でも本当にだれかなぁ。

「佐江ちゃんだったら嬉しいなぁ~。」


「どうしたの?けんちゃん、顔が赤いわよ…。」


「なんでもないよ」


「そう?ところでけんちゃん、お母さんにお礼は?」


「えっ…なんのだよ」

「何って、チョコのお礼よ…」


【☆★☆★☆★☆】


あんたか~い!!


俺はモテない。


最悪だ…!!
AD

コメント(8)