官能的小説 カノン

テーマ:
暖かい日差しが、木洩れ日となってベッドに降り注いでいる。

私は、いつもの様に首すじへと指を走らせた。

「あっ…、」

冴子は、誰よりも敏感な身体をしている。

「あん、…、★☆」

まさに、【打てば響く】そのもの。


私は、首すじから、背中へと指を滑らせる。

「あ…、そこ、気持ちイイ~。」

「あん、あ、あ…」

冴子の、見事なまでにくびれたウエストへ指を滑らせながら耳元で、そっと呟いた。

「上を向いて…」

私の言葉に恥じらいながら、冴子は全裸の身体を私に晒した。

冴子の身体の上に掛かる、薄いバスタオル一枚が、唯一、冴子の恥じらいの場所を隠している。

首すじから胸元へと指を滑らす。

「あ…、あん、気持ちイイ~。優しくして…。」

私の指は、次第に、その速度を増し、強さをも増した。

「あん…。」

冴子が、恍惚の表情を浮かべている。

私の指は、遂に冴子の太股へと辿り着いて…、

「あっ、あっ~ん」





「冴子様。どうも、いつもありがとうございます。」

「次回のご予約は、来週水曜日の午後3時でよろしいですね?」



エステサロン 【カノン】 又のご来店、お待ち申し上げます。



休題
AD

コメント(3)