やりたい気持ちはあるのに動けない。
現実が全然変わらない。



現実に動きがない時。
意識を動かす時。
だと、しっしーは思っています。



そういう時に何かをやろうもしても、
ぐっと何かが押さえつけらる感じがしませんか?



表現としては、
抵抗感が一番近いかな。



その抵抗に反発すると、
余計なロスを生みます。
あんまり反発すると、
漏れちゃってますます疲れるw



じゃあどうすんのよ!!
文句たれのしっしーは、
何度も心に問いかけ、
ひとつの答えが出ました!



そのエネルギーを
積み立てればいいじゃん!!( ̄▽ ̄)





エネルギーの積み立て貯金!
そう考えると楽しくなってきませんか?




とびだすうさぎ2やる事としてオススメなこと
◎いろんなモノに触れてみる。
◎新しい場所に行ってみる。
◎本を読みまくる。
◎書き出しワークをやってみる。
◎イメージングしてみる。
◎人に会ってみる。
◎人の役に立つもことにフォーカスする。



意識を動かすのには、
身体と心を動かすのがいちばん。
外に漏らさずに、
中をクリアに豊かにするのがポイントです。


ぶっちゃけ、
時間つぶしでもよし!笑



何かに触れて、ムラムラしたらめっけもん。
積み立てられたんです( ̄▽ ̄)!!



音でもつけちゃいましょ。
チャリ〜ンなんて
いかがでしょうか♪



ムラムラチャリ〜ン♪
モヤモヤチャリ〜ン♪
積み立て大成功!!



動かない時は、何があっても動きません。
いざ動くぞ!!というときに、
エネルギー不足になっちゃったら
意味がない( ̄▽ ̄)



エネルギー貯蓄は、
陰徳を積むのとも似てる気がします。



意識エネルギーを積み立て続け、
一定の目盛りを超えたら
ものごとが動き出すんです。
これがいちばん自然なカタチ。



チャリ〜ンチャリ〜ンと
いきまっしょい♡




{B6AC3320-4E21-49AF-B8ED-A4716F00B587}

わたしの自宅は谷根千にあります。
休日は観光客でいっぱいです。



{D7557854-B697-4049-A34D-CDBD2804CE22}

商店街の買い物は楽し♪



みなさまこんにちは!

 

 

秦由佳☆ビジネスコア本講座

2回目レポートその③です。

 

 

 

”駄菓子屋に魅了の秘訣がある”

みなさんもイメージが広がったのではないでしょうか?

 

 

ネチネチしつこいがウリの秦ボスが、

ここで終わるはずがありません!笑

 



{BB30E733-B733-4C47-8F52-A78684A7D63F}

西日が差しても絶好調♡



魅力と魅了について、

さらに細分化して切り込んでいきますよっ!

 

 

 

…それでは参りませう!

 

 

 

  要素なんてしょぼくてもいい!

 

 

image

 

忘れてはいけないのは、

総合的に魅力的かどうか?

 


駄菓子屋の例えでもお話しましたが、

デザインしているものが

マッチしているかどうかです。

 

 

要素の組み合わせによって

どうなるかが大切で、

要素が魅力的かどうかは

どうでもいいんです。

 

 

ここがマッチしていないと、

魅力的なものも魅力的じゃなくなる。

 

 

組み合わせデザインがマッチすれば

要素がしょぼくてもいいわけです。

 

 

 

この意識が大事だし

この意識を自分のビジネスに

落とし込むことができるかどうかです。

そのビジネスの魅力が、

ビジネスを決めてしまうから。

 

 

魅力は探さなくてもいいし

魅力的かどうかはどうでもいい。

全ては使い方次第だから!

 

 

自分の持っている要素は

全て駄菓子だと思ってください。

 

 

み〜んな駄菓子レベルです!笑!!

 

 

 

 

ーーーーーー

 

■しっし〜のつぶやき■

 

 

だ…駄菓子レベル!!!

 


あなたは蒲焼さん?

 

 

 

それともうまい棒?

 

 

しょぼくてもいいなんて

ある意味とても勇気が出る話ですねw

 

 

秦さんはなぜそれでいいと言うのか?

その理由が、次で明らかになるのです。

 

 

 

  誰とも戦わないビジネスを作る

 

 

 

例えばあなたが

お料理ができる”としましょう。

 

 

”お料理ができる”

これがどのくらいレベルなのか?

 

 

上には上がいるし、

下には下がいる。

 

 

ここを考え出したらキリがない!

だから、要素で勝負しちゃダメなの!

 

 

だけど、みんな勘違いしちゃうのね。

しょぼいと思って、ついつい探しちゃう。

 

 

それは探さなくていい。

要素と要素の組み合わせで

総合的に魅了する。

これがいいんです。

 

 

 

私も昔は要素を取りに行ってました。

要素で勝負しようとしてたんだね。

 

 

 

要素で勝負すると勝ち負けになっちゃうの。

私は誰とも勝負したくなかった。

 

 

 

誰の土俵にも上がりたくないから、

持っている予想を組み合わせて、

伝えたいことに合わせて差し引きして、

洗練させて自分だけのビジネスを作ったの。

 

 

ブランディングとは、

そういうものなんです。

 

 

 

コアに基づいた中心的なキーワードがあって、

ビジネスに合わせて統一性をもたせたり、

調和やバランスをとる。

 

 

 

デザインという感覚はそういう事です。

そういう意識を持つといいですよね。

 

  

 

■しっしーのつぶやき■

 

 

秦さんの要素を表現するキーワードを

いくつか教えてくれたのですが、

 

◎怖そう

◎重くない、ポップ

 

怖そうとポップ…?( ̄▽ ̄)

 

 

一見、違和感を感じそうな組み合わせですよね。

この違和感も大切なポイントらしいですよ(コッソリ)

 

 

 

「あ!雰囲気美人もそんな感じ?」

受講生さんの一言にも納得!

 

 

よく見るとそうでもないのに、

美人という認識をしてしまう。

あるあるあるーw

 

 

雰囲気イケメンという言葉もありますが、

あれもまさに組み合わせの妙!

センスの賜物ですね☆

 

 

秦さんによると

「センスは知識量」とのこと!

磨けばなんとかなりそう…かな?( ̄▽ ̄)

 

 

◎まとめ◎

 

ひとつひとつは駄菓子でも、

デザインすれば自由自在。

 

要素は探さなくていい!

 

要素で勝負するのではなく、

組み合わせで自在に魅了する。

 

 

 

 

それは…

勝ち負けの存在しない、

”唯一無二のブランディング”

であり、

”戦わないビジネス”なのです。

なんてぴーすふる!!

 

 

 

 と、いうわけで。

 

 

今回も、

秦マーライオン絶好調!

 

 

 

次回は、

表現のコアです。

 

 

どんなお話が出るのか?

乞うご期待です!\\\\٩( 'ω' )و ////

 

 

 

 

 

 

ビジコア本講座☆レポートはこちらから

 

◆第1回目

アメーバ絶対に、自分の好きなスタイルは諦めるな!

 

◆第2回目

その①

アメーバ集客のことは◎◎に教えてもらうべし!

 

その②

アメーバハタユカ流!!”◎◎の声を聞く方法”を大公開!

 

その③

 アメーバ実際に◎◎に聞いてみたら、次々とみんなに変化が!

 

その④

アメーバお腹すいたの?」これを相手に感じさせるには?

 

◆第3回目

その①

アメーバビジネスを通して、自分の感覚にアクセスせよ!

 

その②

アメーバ魅力≠魅了!その秘訣は駄菓子屋から学べ!

 

その③

アメーバ誰とも戦わないビジネスを生む、たったひとつの方法とは?

(この記事)

 

みなさまこんにちは!

 
 

 

秦由佳☆ビジネスコア本講座

2回目レポートその②です。

 

 

 

濃ゆいシェアタイムが終わり、

いよいよ魅力についての講義です。

 

 

ハタユカ節を、

たっぷりお送りいたします!

 

 

…それでは参りましょう!

 

 

 

 

  魅力≠魅了 要素をデザインせよ!

 

image

 

 

まず大切なのは、

魅力と魅了は違う

ということ。

 

 

魅力は誰にでもあるから

どうでもいいの!

 

魅了する方へ、

フォーカスをしていきたいところ。

 

自分の魅力探しはしない!

してはいけないんです。

 

 

魅力より魅了する方が大切なんです。

ここは明確に分けましょう。
 

 

今の自分の状態で
全ての要素が揃ってます。

 

 

魅力があるかどうかはどうでもいいし、

補う必要もありません。

 

 

魅力は相手の中に生まれるもので、

人の好みだからわからない。

 

 

要素をどう組み合わせ、

どう魅力に感じてもらえるか、

そこをデザインしていかなきゃいけない。

 

 

要素をデザインする。

これが魅了するということです。

 
 
 

ーーーーーー

 

 

■しっし〜のつぶやき■

 

 

魅力≠魅了する力

魅力とは、要素のひとつに過ぎず、

組み合わせて魅了していく。

 

 

まさにパズルのピースだなぁと思いました。

 

 

 

 

 

  駄菓子屋は、なぜ魅力的なのか?

 

 

image

 

 

 

駄菓子屋は、

なぜ魅力的なんでしょうか?

 

突然ですね 笑。

でも、思い出してみて欲しいんです。

 

 

駄菓子屋の良さってなに?

あれはあれで魅力的じゃない?

 

 

色々ありますよね。

好きなものもあるし、

ええっ?!てものもあるし。

 

 

(これぞ駄菓子屋!)

 


 

もしも駄菓子が、

真っ白の内装でスタイリッシュな店内に

陳列されてたらおかしいよね(笑)

 

 

image

 

(おかしいですねw)

 

 

 

あと、

わたしは蒲焼が好きなんですよ。

 

 

 

 

これは、このデザインだから良いのであって、

ローマ字でKABAYAKIとか書いてあって、

デザイン料込みで1枚300円!

…だったら買わないよねw

 

 

駄菓子には、

唯一無二の良さがあります。

 

 

でも駄菓子屋を構成する、

1個1個の駄菓子がすごいかと言えば

そうでもない。

 

 

単純に言うと、

魅了するってそういうことなんです。

 

 

ーーーーーー

 

■しっし〜のつぶやき■

 

 

 

  唯一無二!!

 

駄菓子屋のマッチング力を

見せつけられたしっしーでした!!

 

 

チープさと親しみやすさ。

全体的に統一感がありますよね。

 

 

ちょっと頑張って300円の蒲焼さんを

イメージしてみました。

 

 

なんかすごく変…( ̄▽ ̄)

 

 

わたしのスタイリッシュは

これで限界のようですw

ごめんなさーい!!

 

 

ーーーーーー

 

 

◎まとめ◎

 

merlion魅力≠魅了する。

私たちがフォーカスするのは

魅了することである!

 

 

merlion駄菓子屋の良さは、

唯一無二の良さ。

 

でも駄菓子屋を構成する、

1個1個の駄菓子がすごいかと言えば

そうでもない。

 

要素の組み合わせと

マッチングが大切。

   

 

 

なぜ要素を組み合わせることが大切なのか?

ここから、話がどんどん深くなっていきます。

 

気になる続きはこちらから!

  

 

 

 

 

みなさまこんにちは!

 

秦由佳☆ビジネスコア本講座

アシスタントのしっしーがお送りする、

3回目のレポートでございます。

 

 

 

 

 

今回のテーマは

魅力のコアについて。

 

 

全ての人には、かけがえのない魅力があります。

しかし、魅力を”うまく表現できていない”

人の心は動きません。

 

魅力とは何か?

人はどうしたら魅力を感じるのか?

(ビジコアHPより)

 

 

 

 

ぜひ聞きたいお話ですよね。

・・・ですが、その前に!!

 

 

 

まずは恒例のシェアタイムからのスタート!

「前回からの1ヶ月間をどう過ごしたか?」

 

 

 

さてさて。どんな質問と、

金言が飛び出すでしょうか?

 

 

 

image

 

 

 

 

 

① Hさんのシェア

 

 

ニコニコ人が寄ってくることは
わかっていたのですが、

 

需要と共有がずれている感じが、

ずっとしていました。

 

 

ビジコアを受講して、

お客様が欲しいと思ったものを

見せてあげられてなかったし、

入りづらいビジネス設計に

なっていたことがわかりました。

 

 

前回の商品の声を参考に、

ワークショップを開催したら

今までにない反応の良さでした。

 

 

集める概念がなく、

必要な人が来た感じです。

 

流れの中でやることをやって

必要なことをしたら、

うまくいってみんなも喜んでいた。

 

今まで感じたこのない満足感でした。

 

 

 

 

image

 

merlion今の感覚は良いですね。

これが定着すると集客する概念がなくなっていきます!

 

 

需要(お客様の望むもの)

供給(自分のやりたいこと)

この中でビジネスを作っていく。

 

需要の中に好きなようにやること、

自分の好き勝手にやるは違うんです。

 

お客さんを満たすだけのロボットにならない。

だけど好き勝手にやるのは違う。

 

 

イメージ的には、”お付き合い”

関係性の中で自己表現をしあうと気持ちいい。

 

 

何を表現したい?

何を求めているか?

 

 

お客さんとのお付き合いの中で

自己表現をしていくんです。

 

 

その感覚を掴んだら、

魅力がここに生まれるんだと、

どんどんわかりますよ。

新しいつながりと感覚です。

 

 

 

 

 

 

② Iさんのシェア

 

ニコニコブログがなかなか書けなくて、

色々と向き合い方を

試行錯誤していました。

 

 

 

 

image

 

merlionブログの向き合い方を変えましょう。

 

 

わたしがブログを書くのは、

書くとわたしの求めている感覚に

つながりやすいからなんです。

 

 

 

Iさんは、趣味でパズルをやるのが

楽しいんですよね?

だったら、パズルをやる感覚と

ブログを同じにするんです。

 

 

 

パズルをやる時はどんな感覚?

何かのピースを組み立てていくことですよね。

ハマる事をつなげて、

パパパパーン!とはまる感覚。

 

 

 

ブログという手段を通して、

そのパパパパーン!になればいい。

ペースが落ちてもいいので、

承転結を意識してパズルを

組み立てるようにブログを作っていきましょう。

 

 

 

人それぞれに感覚は違いますが、

やることは同じです。

 

 

ブログを書くことも一緒

家事をすることも

皿を洗うことも一緒

コアにつながっていると、

ぶっちゃけ手段はなんでもよくなる。

 

そうなるとすっごく楽しいよ!

 

 

全部にやるんです。

ビジネスについて考えることも

集客も魅力もね。

自分の感覚にアクセスする。

 

 

それができるようになると

自分の中にイメージが湧き

自分の中に臨場感が湧き

形にできるんです。

 

 

 

■しっし〜のつぶやき■

 

深〜い!!!

まだシェアタイムなのに!

 

あまりにも面白かったので、

詳しくご紹介させていただきました。


求める感覚をビジネスに入れていく。

潜在数秘術ビジネス講座の内容とも

通じるお話ですね(o^^o)


(潜在数秘術ビジネス講座は、

秦さんが作った講座ですので当然と言えば当然!)


 活気あるシェアタイムでした!

 

 

◎その①まとめ◎

 

 

merlion需要(お客様の望むもの)

供給(自分のやりたいこと)

この中でビジネスを作っていく。

イメージ的には、”お付き合い”

関係性の中で自己表現をしあうと気持ちいい。

 

 

merlion手段を通して、

自分の感覚にアクセスする。

自分が好きな感覚を

全てに入れていくこと。

 


 

次の記事は講義編です!

こちらからどうぞ♪

 

 

 

 

 

 

しっしーです。

 
 
久々の「ちっちー書店コーナー」です。
 
 
{B0144B3E-709D-4EC9-86E8-87616A70465B}

この漫画を一晩で読破しまして、
いたく感動しました。はい。
 
 
 
何にいちばん感動したかというと、
「人類は進化する反調和である。」
って言葉です。
 
 
 
 
わたしは小さい頃から、
人間として生きるという事自体に
矛盾を感じていました。
 
 
 
人は何かあるとすぐに
ずる賢く違う人格になる!
なんなんだオマイたちはー!!
 
 
 
人のことを言えないくらい
わたしもずる賢く残酷である!
ズブズブに黒いじゃねーかよ!
なんなんだ自分はー!!
 
 
 
身体は不自由だし
心は不安定だし
意志なんて弱っちいし!!
 
 
 
そもそもなにこの世界?
めんどくさいんですけど!
 
 
 
何かしら憤りを感じていました。
LP33っぽい憤りですね( ̄▽ ̄)
 
 
 
 
心理学や潜在意識を学び、
心には陰陽どちらもあり
どちらもあっていいんだと知りました。
 
 
 
それでも、やはり。
人は揺れ動くものであり。
調和にはほど遠いものだと。
 
 
 
 
人間である事の虚しさよ…( ̄ー ̄)
何のために人は存在してるんやろか?
 
 
 
そんな問いがあるからこそ、
「人類は進化する反調和である。」
この言葉が響くのです。
 
 
 
人間はやはり、
調和には最も遠い存在なのかもしれない。
 
 
 
調和と平穏を望みながら、
それを遠ざける矛盾を持ち合わせている。
 
 
 
 
反調和でこそ、人間。
調和でないからこそ、わたしなのだ。
 
 
 
 
調和でないからこそ進化し、
なおかつ、
調和を感じる事ができるではないでしょうか。
 
 
{48175DB4-7A09-4128-AB8B-04DA21CDA99C}
このシーンも好きです♡
 
 
 
わたしの中の
何かが癒され、勇気付けられました。
 
 
何回も読みたかったので、Kindleで購入しました。
便利な世の中になったもんだ( ̄▽ ̄)
 
 
 
。。。。。。。
 
 
 
 
心理学のゼミに通っていた頃
「人間は生まれた時から死に向かう。生きているというとこは死に向かうこと。生きていることは矛盾で、人間はみんな孤独なんだ。」
先生の言葉にも大泣きしたんやけど。
 
 
 
 
拮抗して、相反するものに
しっしーは魂を揺さぶられるみたいですねぇ。