人生时尚のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
すのが目的じゃないだろう。だって、あの場に月先生が来るかどうかなんて――

「あっ」

 そこで、夏彦は別のことにはっと気づいた。

「律子さん!」

「ひぃ! ど、どしたの?」

「例の黒木って男のトレーナーというか教育担当が月先生だったってことでいいんですか?」

「え、う、うん。そうだよ?」

 となると、そっちもアリだな。
 そこからでも調べられる。prada イタリア

 しかし今はこっちだ、と夏彦は切り替える。
 首の問題だ。どう考えても首を狙う合理的な理由は見つからない。
 黒木が首にこだわりを持っていた、という妙な理由でもない限り――

 それだ。
 頭で理解するよりも早く、夏彦はそれが正解だと思った。同時に、今までの黒木の人となりについての証言が浮かんできて、勝手に頭の中で結びついていく。
 少ししてから、ようやく夏彦はそれがどういう意味なのかを理解した。

 そういうこと、か。
 けど、これは憶測だ。根拠にも乏しい、勘で作った物語だ。
 それに、そう考えると新しい疑問が湧いてくる。prada 店舗
 
 いつ、どこで?
 いや、それは決まっている。しかし、じゃあどうやって?

「な、夏彦……君?」

 考え込んでいる夏彦に、おどおどと律子が近寄ってきた。

「え――ああ、どうしたんですか?」

「あ、その、電話、鳴ってる?」

「え――あっ」prada 財布 人気

 携帯電話が着信音を鳴らしているのに、考えに没頭しすぎて全く気がつかなかった。
 慌てて電話に出る。

「もしもーし、サバキです」

「ああ、サバキ、ひょっとして、もう何か分かったのか? 早いな」

 さっき協力を頼んだばかりなのに。

「いやー、それがさー、調べようと思ったことのひとつが、凄い簡単に解けちゃったからさー。どうして公安会が動くかってやつ。実は、俺のクラスメイトが外務会にいるんだけど」

 サバキはエリートクラスだ。クラスメイトがどこの会にいても不思議はない。
 ということは、俺は本当にうってつけの人物に協力を依頼したわけだな。
 夏彦は自分のことながら感心する。

「そいつに訊いたらさー、どーも、外務会が公安会に警告してたみたいなんだよねー。今回の新入生が起こす事件には気をつけろーみたいなことをさ。詳しいことは分からないけど」

 ――繋がった。
 夏彦は、自分がある程度事件に迫ったことを確信した。

「そうか、なるほど」

「ま、引き続き調べてみて何か分かったら連絡するhttp://www.shpmedal.com/ prada 財布 アウトレット
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード