新選組研究会「史誠会」

1999年、新選組を学ぶために結成。以来、月に一度勉強会を開催し、年に数回、史跡見学会を実施してきた。勉強会は、西村兼文の『新撰組始末記』をテキストとして始まり、子母澤寛の『新選組始末記』を経て、現在は、木村幸比古の『新選組日記』をテキストとしている。


NEW !
テーマ:
 たばこと塩の博物館では現在、「細密工芸の華 根付と提げ物」展を開催中です。~7月3日(日)。

http://www.jti.co.jp/Culture/museum/exhibition/2016/1604apr/index.html

 江戸時代には当たり前のことであっても、現代では当たり前ではないことっていろいろあるのですが、根付と提げ物もそのひとつですね。

 会場はけっこう込んでいましたよ。ただ、このテーマで込むとは、僕にとっては意外でした。

 展示品、中でも根付には、超絶技巧という言葉しか思いつきません。小さいのに、ものすごく凝った細工が施されているんですねえ。あぁ、このあたり、僕の語彙の貧しさから、適切な表現ができません。
 
 素材をくり抜き、中に仕事中の桶職人を彫っているなんて、まったく、どうやったのかが不明なくらいの作品です。中には、蓋をあけると抱き合った男女が横になっているような春画の要素のある作品があったり、一部が動くからくり細工なんかもあったりして、驚きっぱなしの1時間でした。

 この展示、江戸の男性ファッションの理解の一助になりますよ!

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
 24日の夜に函館で食事をともにした某氏から、25日開催の「碧血碑慰霊祭」の模様が掲載されている新聞があったらコピーがほしいといわれたこともあって、26日に函館新聞と北海道新聞を購入。さっそく開いたところ、函館新聞にけっこう大きく取り上げられていましたよ。

 当日は、同行者のために「碧血碑慰霊祭」が行われた実行寺の最前列、しかも、センターが用意されていたため、僕も最前列に座らせていただいたところ、しっかり背中から上が写っていて、びっくりです。

 僕は、この「碧血碑慰霊祭」に参列するため、ジャケットを着ていたんですねえ。荷物を少なくするため、ジャケットを着たまま史跡巡りをしていましたが、今後、土方歳三が激戦を繰り広げた二股に登るという方は、ジャケット着用は避けた方がいいことをご案内しておきます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 国立公文書館では現在、「平成28年度 第1回企画展 栄典のあゆみ―勲章と褒章―」を開催中です。~7月2日(土)。

http://www.archives.go.jp/exhibition/index.html#ex02

 江戸時代でも幕末をテーマにした展示でもありませんが、見たいなあと思っている展示です。でも、今回は時間がとれないため、たぶん、行かないと思います。

 僕が明治時代を見る際、よく思うのは「こんな時代を作りたかったのか?」というものです。

 平和な時代が長く続いた徳川幕府を倒し(それも、流さなくてもいい血をたくさん流したのではないかと思っています)、新たにできた明治政府。しかし、大名に代わって、雄藩の下級武士が豪壮な屋敷に住んで妾をはべらす。さらに、爵位制度を設けて、ヨーロッパのような階級社会まで作ろうとした……。

 この展示を見ることで、徳川幕府を倒した人たちのやりたかったことの一部がわかるのではないかという気がしています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
◎7月23日(土) 見学会:新選組ゆかりの板橋宿を歩く
 徳川幕府が整備した五街道のうちの中山道は、文久3年、外国の艦船が近づく東海道を避け、新選組の母体となった浪士組が利用しています。慶応4年には、近藤勇が処刑までの数日間を中山道の板橋宿で過ごしています。
 浪士組が通過し、近藤勇が数日間過ごした板橋宿とは、どんな場所だったのでしょうか。板橋宿については、ボランティアガイドの方にご案内をお願いしています(無料)。
■集 合:13:30都営地下鉄三田線板橋本町駅←詳細は申し込まれた方にのみお知らせします
■内容(予定):縁切り榎→板橋→大聖寺→石神医院→遍正寺→いたばし観光センター→観明寺→東光寺→新選組諸隊士供養塔、17:00JR板橋駅解散予定
■締切り:7月20日(水)

 史誠会では、随時会員を募集しています。入会金・年会費・参加費などは不要、例会に参加された際の実費のみをちょうだいしています。気になる方は、一度覗いてみてください。よろしくお願いします。
 ただし、例会開催中の喫煙はお断わりします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 2泊3日の函館の旅から、先ほど帰ってきました。いやあ、さすがに現地の大物と親しい人と一緒だと違いますね。結局、3日とも車を出していただいたため、個人ではなかなか行きづらい場所などへも連れて行っていただき、大助かりでした。

 あいにく天候には恵まれませんでしたが、移動の車中でケータイにメモし、史跡巡りでは久々写真も撮ったため、ゆっくり旅の記録をまとめたいと思います。

 今回知り合った方々と、今後もつながっていければいいなあ……。

 車を出していただいた方の日記に、しっかり「史誠会の●●さん」と出ていました。気になる方は検索してください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 明日の朝、函館の碧血碑で行われる慰霊祭のために、新幹線で函館に向かいます。すぐに行ける場所ではないこともあって、最近では珍しく、写真を撮るつもりです。

 地元の郷土史家ともお目にかかることになっていますから、行きの新幹線の中では、箱館戦争関連の本をしっかり読むつもりです。せっかく郷土史家と会えるわけですから、きちんとお話をうかがえるようにしておかないと、もったいないですからね。ですから、「週刊プロレス」を読んでいる場合ではないのです。

「週刊プロレス」は、帰りの新幹線の中ですね。

 函館の史跡巡りについては、現状、ブログに書くかどうかは不明です。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
 AKB48のオワコン化がいわれて久しいのですが、原因のひとつは確実に、大島優子の卒業以来、センタ-を固定していないことにあるのではないかと思います。

センターって、グループの顔じゃないですか!その顔が固定されていないと、世間の認識も薄くなって当然でしょう。国際プロレスが複数エース制を採用したものの、結局崩壊したのがいい例ではないでしょうか。ですから僕は、大島優子の卒業後は、渡辺麻友をセンターにと主張してきたわけです。

 今回の選抜総選挙で指原莉乃が1位になったのですが、アイドルグループとしてのAKB48のセンターは、指原じゃないよなという違和感を拭うことができません。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 鎌倉・吉兆庵美術館では現在「江戸の娯楽と雅び」展を開催中です。~7月3日(日)。

http://www.kitchoan.co.jp/site/web/index.cgi?c=museum-2&pk=305

 江戸時代の大衆文化の代表格である歌舞伎と相撲、そして、上流階級で育まれていた遊戯文化を紹介する展示とのことです。

 行きたいんですけど、とても時間がとれませんので、紹介だけしておきます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 今年も無事、「沖田総司忌」が終わりました。僕は今回、講演会場のお手伝いをさせていただきました。これで、4月の「近藤勇忌」、5月の「土方歳三忌」と続いていた新選組の春のビッグイベントがすべて終わりました。

 まあ、いろいろありますよね。例年よりも参加者がちょっと少なかったものの、懇親会に参加された方が多かったとか。何人もの出版社の方が告知に来ていたりとか。

「歳三忌」に続いて、沖田家の方が参加されたのはきわめて珍しいことですが、撤収作業をしていましたら、沖田さんがわざわざスタッフひとりひとりに声をかけ、「ありがとうございます」と丁寧に頭を下げていただいたのには、心の底から恐縮してしまいました。こんなこと、なかなかできることではないと思いますよ。

 でも、今でも沖田総司のことを大切に思っている人が大勢いるということを知っていただけただけでも「総司忌」を続けている意味があるのではないかと思います。

 主催者からは「前に出て喋らなくてもいいの?」と言われましたが、今回はお断わりしておきました。僕は、隊士の子孫ではありませんし、研究者でもありませんから……。

 予定外の懇親会にも参加させていただきました。だって、撤収作業をしていたところ、ある方から「先に店で待っているから」といわれたのです。その方に来いといわれたら、行かざるをえないわけです。まあ、声をかけていただけるだけありがたいと思っています。

 しかし、懇親会の席上、菊地明さんからお孫さんの写真を渡されましたので、左の方に「回覧で~す」と渡そうとしたら、「回覧じゃねえよ」と、怒られてしまいました。かわいいお孫さんなんだから、多くの人に見てもらってもいいのにと思いませんか?

 菊地明さんから怒られたのは、これが初めてではないでしょうか。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 アイスリボンと我闘雲舞、というか、アイスリボンとさくらえみは、なぜ絡む必要があるのでしょうか?これって、だれが見たいのでしょう?

 こんなことを続けていると、アイスリボンが嫌いになるぞ!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。