偏見的ゴルフクラブの考察

クラブとスウィングについて考える。



テーマ:
インパクトゾーンを長くするためのフラットスポットを作る練習を紹介している動画です。
(フラットスポットについては、以前にも何回か紹介していますね)。



雑誌などでプロのスイング解説を読んでいると、ときどきダウンスィングで手元が低く降りてきている・・・というような表現を見かけると思います。
しかし、なぜ手元が低く降りてくると良いのか?・・・ということは説明されていないことが多いようです。



上体の回転と下半身の伸ばしでリリースすることになりますが、上体の前傾(ポスチュアー)のキープがとても重要になります。

アドレス時の太腿と上体でできる角度は、インパクト以降では伸びていきますが、代わりに上体のサイドベントで肩の回転角度をキープしていくことになります。
また、左腰はボールから離れるように回転させます。



リリースが早いと手元を低く降ろすことはできません。
手元をかなり低く降ろしてきても、グリップエンドが下を向いている限りヘッドは落ちないのでダフリにくくなります。
右腿の前まではグリップエンドが上を向かないようなイメージにするとタメができます(^^;)


ダスティン・ジョンソン





ポスチュアーについては、下の動画で詳しく解説されています。

バックスィングで左肩を下げ、ダウンでは右肩を下げていくということは左右のサイドベントを使うことになります。
これは、センターピボット系のスィングを解説した動画ではよく見られますね。
アーリーエクステンションで悩んでいる人には参考になるかと思います。







AD
いいね!した人

テーマ:
ヘンリックステンソンが毎日やっているというドリル・・・・



体と腕の一体感を出すのに役立ちそうです(^^)。



Extensor Action(The Golfing Machine)は、これに似た感覚かと思われます。
ラグトレのゴムを伸ばす動きに似ていますね。


動画で見られるように、左肩ににかけた紐を引っ張り続けるわけですが、
これは右手で押し続ける動きと同じ感覚になるかと思います。




このとき、右人差し指の付け根がプレッシャーポインントになります。
この部分で押し続けるようにすると、右手首のヒンジがうまく使えるようになりますね。





この感覚がでてくると、この動画の動きもイメージしやすくなるのでは?
                ↓



下の左画像で、Aさんは矢印方向に右腕をプッシュするようにしていますが、
右の画像を見ると、いつもより上体が開きずらくなるようです(^^)
シャフトを寝かせるようにしながら、右人差し指で押すようにすると、ダウンで右手首のヒンジが深くなるのでタメが強くなったようにように見えます。


AD
いいね!した人

テーマ:

Aさんが先輩から借りているM1-430に鉛テープを貼って練習してみました。

 

スライドウェイトをトゥ側(フェード・ポジション)にして・・・・

 

鉛テープをトゥにベタベタ貼りました。

ちょっと厚めのテープなので7~10g近くあるかと思われます。

 

あまりにも重くて振りづらいのでびっくりしてました・・・(^^;)

 

シャフトがATTAS G7の6X。

普段使っているシャフトより軽く、ヘッドを重くしたのでかなり柔らかく感じられると思うので、クラブの慣性を感じながら振る練習をするに良いかと思います。

 

重くて重心距離が長いヘッドはフェースが開きやすく、後ろに倒れやすいということですから、

その特性を利用して、ダウンスィング初期で思い切りシャフトを寝かせようという魂胆です(^^;)

 

打ちはじめは、こんなプッシュスライスやチーピンしかでませんな・・・(^^;)

 

 

そして、ヘッドの重さに逆らわず、できるだけダウンスィングでシャフトを寝かせるようにスィングしていくと(動画①)・・・・・

https://www.youtube.com/watch?v=I9IRWgkeHnM&feature=youtu.be

 

 

こんな感じで低いフェードが出てきました。

シャフトを上手く寝かせられると、重くて振りづらいクラブでもボールスピードが結構出るようですきいろいとり

 

 

ちなみに、練習クラブを打った後で自分のドライバーで打った時のスィングですが(動画の②)・・・・・

ダウン初期でうまく寝かせられず、ダウン後半で寝るような感じになっています。

ヘッドが体の右に降りてくるので、強くインサイドから入ってきています(画像右)。

 

 

急にクラブが軽るくなったためか、フォローで腕を大きく振るのでボールスピードも出ていません 354354

 

 

 

 

そして・・・・

 

あまりにも重いために30球くらい打つと、ボールスピードはガックリと落ちてきました(^^;)

ボールスピードは67~69m/s程度で、大きなプッシュスライスが頻発します。

疲れのほかに、バックスィングでクラブを上げすぎる癖が出てきたのでうまくシャフトを寝かせられなくなったということも考えられます。

 

 

そこで、フェースがターンしやすいように右腕を伸ばすようにしてみました。

 

下の画像は、腕を伸ばすタイミングと方向を今までと変え、アメリカのブログやフォーラムで時々みかけるツィスト・アウェイという動きを入れてみたスィングです(動画③)。

 

腕を伸ばす方向については、以下の動画を参照

Chris Como: Use Your Power Arc To Drive It Longer 

             

 

ボールを捕まえやすくなったようです。

打ち出してから、77発目のショット・・・・・相当疲れているはずです(^^;)

 

かなりヘッドのトウ側を重くしたので、重心がトゥ側に寄り、センターでとらえるとスライス回転がかかるとも考えられますので、自分で練習するときは、軽いプッシュフェードが出ていれば良し・・・としてください。

 

このクラブは、ヘッドの重さを利用するような気持で振らないと、球が捕まらず飛びません。

ユピテルで測定しながら、軽いプッシュフェードで73~75m/s(レンジボール)くらいが安定して出ていれば、うまくクラブの慣性を利用できてきた・・・・と考えてもいいんじゃないでしょうか?

 

AD
いいね!した人

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。