☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*
読者になる読者登録歓迎です





ウサギ玄米ご飯(大根葉とじゃこの佃煮)

ウサギ一口がんもと小玉葱のデミグラス煮

ウサギ小松菜菜花のコンソメマスタード浸し

ウサギ海老フライレモン添え

ウサギひじきパスタ(ドライトマト)

ウサギ春夏金平(内容非公開)

ウサギ味噌汁(内容非公開)

海老を丸く揚げると、収まりはいいのだけれど、
蓋を開けたときに

おお!海老だ!

という感じが欲しくて、
あえて長く揚げました。

デミ煮がソース味に近いので、
下味しっかりでレモンを添えて、
ソースはなしで。

にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ

AD
☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*
読者になる読者登録歓迎です





ウサギ玄米ご飯(大根葉とじゃこの佃煮)

ウサギレタスのカレー風味浸し

ウサギハムエッグ

ウサギひじき豆


ウサギ玉葱ステーキ

ウサギビーツオレンジマリネ

ウサギ味噌汁(内容非公開)

朝のツイッター指導では、
もう5mmほど、ハムエッグを前に、
レタスをもっとたっぷりと、とのことでした。

右奥に葉ものをいれたときに、
きゅうきゅうにつめるクセがあるので注意しないと。

設計したときは、こんなでした。




ですが、実物を目にすると、

黄身の切り口を見せた方が楽しい、と感じ、

そこを変えたために、
ビーツのマリネのオレンジは見せずに、オレンジ果汁にしました。

オレンジが3箇所になると、
視点がばらけるから。

ひじき豆の人参の配置も悩ましかったです。
斜めラインの黄身に対して、
人参が八の字になるような位置にならないよう。

頭の中で、
3Dでシミュレーションできるように、
訓練しよう。

でも書き出すのは、いまのところ、
自分には有効です。

にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ

AD
☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*
読者になる読者登録歓迎です



ディオール様に製品をいただき、モニターに参加しています

ディオール アディクト フルイド スティック
の、カラー754 PANDORE パンドラをいただきました。



DIORのロゴが入ったパッケージは、
中身をリップスティックの形にくりぬいて
リキッドを入れているので、
見た目、口紅みたいにみえて、かわいい♪

754 PANDORE パンドラは
蛍光色にちかい、
あざやかな朱赤です。

「パンドラ」とは、パンドラの箱のパンドラのことで、
「禁断の魅力を約束する」レッドルージュ、のイメージ。





初めて、リキッドタイプのルージュが発売された頃、
一度使ってみたことがあるのですが、
唇自体が染められる感じで、
渇いたときにパリパリするような、
違和感があったんですよね・・

技術は進歩していて、

このディオール アディクト フルイド スティックは、

口紅+グロスとは違った、
鮮やか、つややかな仕上がりです。



塗って少し時間が経つと、
少し水分が飛ぶのか、
唇に密着した感じがします。

普段の自分メイクでは、
やや、色が強いので、
軽くティッシュオフして使っていますが、

良い感じにいろが残るので、
使いやすいです。

時間が経つと、
少し乾燥が気になる気がするので、
メイクなおしのときには、
グロスをプラスするといいかも。

他の色も試してみたいですね。
ベージュ系のような、おとなしめの色を
たっぷりつけてみたいな。

にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ


AD