「息子の部屋」以来、長編新作の話題が
トンと聞こえて来なかったナンニ・モレッティ。
カンヌで新作を出品していたみたいですね。

アメリカでは「We have a pope」という題名で
ユニバーサルが配給するようですが、日本では
いつ頃公開になるのかな~?

シチュエーションとしては
「英国王のスピーチ」や「アナライズ・ミー」を
彷彿とさせますが、モレッティファンとして
注目すべきは、モレッティ自身が悩める主人公を
演じるのではなく、カウンセラー(精神科医)として
登場するところでしょうか。

「親愛なる日記」しかり「エイプリル」しかり
悩み混乱する主人公はいつもモレッティ自身が
演じてきましたが、予告編をちらりと見るかぎり
このW主人公体制も期待できそうですね。

親愛なる日記 [DVD]/ナンニ・モレッティ

¥5,040
Amazon.co.jp

ナンニ・モレッティのエイプリル [DVD]/ナンニ・モレッティ,シルヴィオ・オルランド,ピエトロ・モレッティ

¥4,935
Amazon.co.jp

「親愛なる日記」のサントラを手がけたニコラ・ピオヴァーニは
「ライフ・イズ・ビューティフル」の美メロを作った人なのか!
輸入盤しか買えませんけど、オススメですよ。
Dear Diary (”Caro diario”) (1994 Film)/Nicola Piovani

¥1,140
Amazon.co.jp

しかし秋から冬にかけてのシーズンに聞くには
ちょっと寂しすぎるサウンドかも汗・・・
AD