桜花賞→オークスを振り返る

テーマ:
競馬ルーキーのワタシは良くも悪くも知識がない。騎手で知っているのは武ブラザーズくらい。岡部さんは・・・引退したの?

馬券を買うまでの思考過程なんて「ロジカルシンキングをぶっ飛ばせ」方程式なので、もう滅茶苦茶のワヤ。唯一許されているのは、「反省会」くらいなものでございます。

そこで初ウィンズのレース(馬券は買っていない)桜花賞を振り返り、オークスをもう一度考えてみると・・・

★桜花賞レース結果
1.レジネッタ(12番人気)
2.エフティマイア(15番人気)
3.ソーマジック(5番人気)

チキンハートのワタシは絶対買えなかったであろう組み合わせで、単勝が¥4,340なんて凄まじい。せいぜいソーマジックを複勝で買うか?といったところだけど、最初は単勝しか買えなかったんじゃマイカ。ちなみに人気馬は

1.トールポピー(池添):8着
2.リトルアマポーラ(幸四郎):5着
3.オディール(あんかつ):12着

おそらく人気順で3頭を買って総外しだったら、その後の競馬人生はなかったでしょうね。多分・・・(´`)=3

そうそう、このときは武豊のポルトフィーノが出走取消でしたね。何か、いろいろ思い出してきましたよ!

いやしかしエフティマイアという馬は根性ありますね。競馬新聞でもほとんど予想外だったような。
AD