白い猫のハートの足跡

ハートフルな本が好き



ハートフルな人が好き



ハートフルな生き方が好き


テーマ:



牧阿佐美バレヱ団, 牧阿佐美バレエ団=
DVDで覚えるシンプルバレエジュニア〈Lesson1〉ストレッチからバー・レッスンまで



牧阿佐美バレヱ団, 牧阿佐美バレエ団=
DVDで覚えるシンプルバレエジュニア〈Lesson2〉センター・レッスンとバリエーション

バレエ関係の本は目につくと借りたり、購入したりしているのですが、元々、バレエのDVDは高いと思います。需要が限られているので仕方ありませんが、5000円~1万、有名バレエ団の公演DVDだと、万以上でしょう。

ところが、「本」として出版され、DVDが付録である場合、とても安くいいものが手に入るのです。
日本はバレエをする小さな子どもはとても多いため、初心者向けの教則本は需要があるのかもしれませんね!

このDVD(本)は初心者向けではありますが、とても丁寧に作られていて、ストレッチからバリエーションまで網羅しています。
このDVDだけで自己流で勉強することはお勧めできませんが、教室と併せて復習に使うのならとてもいいと思います。

女の子の憧れのバリーエーションを見て、頑張ろう! と思えたら素敵ですね。
お手本のお姉さんはとても綺麗です☆
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
著者: 山岸 凉子
タイトル: 舞姫(テレプシコーラ) 7 (7)

私の大好きな山岸 凉子さんの、またまた大好きなバレエ漫画「テレプシコーラ」の新刊が出ました!

本屋さんに行く時間がないので、アマゾンで購入。

こういう時って、アマゾンの存在は助かります。(他にも本を購入。2500円以上じゃないと送料が無料にならないので)

次がいつでるのか待ち遠しくて、1巻~6巻まで読み返して待っていた私です。

ストーリーは現在進行形ですが、バレエ教室を運営しているお母さんの元で生まれた、千花と六花の姉妹。

千花はたぐいまれな才能と勘の良さで、教室ではナンバー1の実力。

六花は、バレエをするには気になるのが股関節の形成障害。(普通の生活には支障はないけれど)

それもあって、あまり母親からは期待されていないのですが、2人ともバレエを踊るのが大好きなのです。

千花は、プライドが高く、ものすごい努力家。

バレエが大好きで、人に負けるのが嫌いな勝ち気な性格。

六花は、自分に自信がなくて、大事なものも、人に譲ってしまうような人の良さがあるけれど、バレエは大好き。

そんな性格の違う姉妹と、取り巻くバレエ教室の友人、コンクールの場面、発表会など、現実そのものをリアルに書いています。

また、六花の元クラスメートで、天才的な才能ある空美ちゃんという女の子の行方も気になります。(7巻の時点では、失踪したまま行方が分からないのです)

六花の中学での新しい学校生活や、友人関係にも色々とあり、それが上手くバレエを絡み合って、話を盛り上げてくれています。

山岸 凉子さんは、構成力もあるのです。すごいなあ。

こんなバレエ漫画は、後にも先にも出ないんじゃないかと思います。

同じ山岸 凉子さんがデビュー当時に書かれたバレエ漫画「アラベスク」もとても面白くて、その当時ではセンセーショナルな程、リアルだったということですが、現在の日本のバレエ界を書いているこの「テレプシコーラ」も、本当にすごいと思います。

さて、発売されたばかりの7巻ですが、怪我をした場所がまた悪くなってしまった千花ちゃんのことも気になるし、振り付けの才能を発揮する、六花のことも気になります。  

既に8巻を心待ちにしている私です。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


タイトル: F(エフ)

大好きな恋愛映画を紹介させてくださいね!
元々バレエが好きっていうこともありますが、数年前、深夜にこの映画がテレビで放映された時にたまたま観て、一目惚れ(この映画に)してしまいました!
その後、自分でも購入して、何度も観ています。

恋愛映画ってそんなに好きではないのですが、これは結構、私のツボにはまってしまったのです☆

今は多忙で映画出演する余裕もないような熊川哲也さんですが、この映画はちょうど彼が日本でメジャーになってきた頃に撮影されたもので、主演が熊川哲也さんでなかったら、相手役が羽田美智子さんでなかったら、こんなにいい雰囲気の映画にならなかったかもしれないと私は思っています。

原作は 鷺沢萠さん「F 落第生」 です。
でも、借りているのはタイトルとその主旨だけで、内容は全く別物です。

この映画のあらすじを簡単に。
ロイヤルバレエで活躍している日本人バレエダンサーである郁也こと「F」が、足の指を骨折して、日本に一時帰国します。
その間に日本で売りだそうと、マネージャー(戸田菜穂さん、かなりのキーポイント! 積極的でユニークな役柄です)が郁也をフォローするのです。
羽田美智子さんこと、ヒカルには恋人(野村宏伸さん)がいて、2人はこのまま結婚するような流れ。
郁也とヒカルは偶然出会い、お互いに一目惚れしたものの、たった一回の、しかも短時間の出会いだったため、ヒカルはその気持ちを抑えようとします。
でも、郁也はスルー出来ずに、覆面のラジオ番組で彼女を呼びかけるのです。

正直、こういう「運命の恋」の映画に魅力を感じる私って…と思うのですが、本当に素敵なんですよ~。

でも、私が一番好きなシーンは、少年がバレエを踊るシーンがあって、留学前の若き郁也(演じているのは別の少年)で、それを中学生時代の羽田美智子が偶然見ていたという運命的な伏線があるのです。
その少年の踊るシーンがなんとも綺麗で大好きなのです。

ゴテゴテの恋愛映画ではなく、コメディの味わいもあり、友情を感じさせる優しい映画です。癒されたい時にお勧めです!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


著者: 木村 公香
タイトル: バレエを習うということ

ネットでバレエの本を色々と検索して、見つけたのがこの本です。
東京バレエ団のプリンシバル 斉藤友佳理さん(ユカリューシャ)のお母さんです。
バレエ教室を主宰し、沢山のバレエダンサーをこの世に送り出した先生でもある、木村公香先生のエッセイは、とても読みやすく、バレエへの情熱と、バレエを目指すお子さんへの愛情にあふれていました。

木村先生のお教室では、ワガノワ流で指導されていて、基礎をしっかり教え込まれているようです。教室内で進級制度をとっていて、それが生徒さんたちのやる気にもつながっているとか。

テクニックを上手くするとか、派手に踊るだけでなく、もっと大事なものを指導していこうとなさっている姿が、文章から伝わってきました。
年齢的にはもう若くはない方ですが、その熱意はすごいものがあり、生徒さんたちは厳しいながらも、いい指導をした頂いているんだろうなと感じました。

心打たれた箇所はいくつもありました。

まず、バレエと、勉強と、家庭の手伝いなどの両立を勧めていることです。
バレエも一生懸命やって、勉強も頑張らなくてはいけない。家のお手伝いも責任をもってするなど、困難に見えることを成し遂げられる人ほど、バレエでも成功されているようです。文武両道といいましょうか、どちらも比例して上達する物なのかもしれませんね。
バレエをしているから勉強はしなくていいとか、自分は才能がないからやめると、簡単に言うことは許していないそうです。

やめるに当たっても、簡単にあきらめていいのか、もう一度考えるように説得しているとのこと。
DNAや骨格、向き不向きがあるので、それはどうしょうもないことだけど、やはり最終的には努力することが一番の要因だとか。
すぐに諦めてしまうと、その人の人生において、いい思い出にならないので、とにかく苦しい山を乗り越える経験をさせてあげたいとのこと。
その山を乗り越えてやめるのなら、いい人生勉強になったと、送り出してあげられるとの思いに胸を打たれました。

次に、その子、その子の個性を大事にしていること。
上達が遅くても、早くても、一概にどちらがいいとは言えないので、親は温かく見守ってあげて欲しいとのこと。私も耳が痛かったです。
奥手の息子をもっと長い目で見てあげたいと思いました。

ちなみに、やはりバレエのレッスンでは、人の注意も自分の注意と思える人が一番上達するそうです。でも、のんびりしていても、自分だけの世界で上達することもありえるとか。もちろん、進歩は遅いかもしれませんが、人と競争するだけの人は上達がある所で止まる場合もあるとのこと。
最終的には自分との戦いのようです。

そして、礼儀作法についても厳しく書いてありました。

親に出来ることは、子供を自立させること。
それが一番の愛情だとあり、実際にそれを実践された木村先生の言葉は説得力があります。

バレエ好きな人も、また、子供に何か一芸と思っている人も、バレエを習いたいと思っている人、習わせている親御さんに、是非読んでもらいたいなと思いました。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。