白い猫のハートの足跡

ハートフルな本が好き



ハートフルな人が好き



ハートフルな生き方が好き


テーマ:
私が少女時代から読み続けている名木田恵子先生の本を
ご紹介させてください。

「ラ・プッツン・エル 6階の引きこもり姫」

ラ・プッツン・エル 6階の引きこもり姫/講談社

¥1,512
Amazon.co.jp


私が10代の前半から、ずっと大好きだった名木田先生。
 
名木田先生が描く世界は、
生きるのが苦しかったり、一生懸命生きているからこそ、
傷だらけになってしまう少年少女たちの気持ちを救ってくれる小説世界です。 

生きるのが苦しい時代に、それを理解してくれる大人がいることは
どれだけ救いになることでしょう。
 
 
今回の本も、名木田先生が、自らの心身を消耗して書いてくださったと感じさせてくれる
渾身の一作です。 
 
簡単なあらすじです。
 
中学二年生の涼(女の子)は自分のことをラ・プッツン・エルと呼んでいます。

魔王と呼ぶ、威圧的な父に体を張って闘い続けた涼。

荒れ狂う涼を置いて、家族は家を出てしまいます。
それがお互いのためだという名目の上で。

 
暗いクローゼットの中で寝起きする涼。
家の中は荒れ果て、物は壊れ、まるで災害の後のような状態です。
 
 
生きるために暴れるしかない涼の気持ち。
私にもジンジンと伝わってきました。
 
 
人間の生命力はこれで終わる訳がない。
 
 
涼は一人のホームレス、カラス男爵をお風呂場の小さな小窓から発見し、
密かに応援し始めるのです。
 
 
そして、いじめにあっている少年(レオ)を見つけ、
その少年の後ろ姿を応援することで、生きる力を湧きあがらせるのです。
 
レオがいじめにあっている現場を見て、助けたい!と心が動いた涼。

自分の内側に向いていた意識が、外に向かった瞬間です。
 
誰かを助けようと思う時、人は命を輝かせるのですね。
 


自分の目線で見ている風景と、上から俯瞰した風景は違う。
真実を知った時、レオも、涼も甘えている自分から脱することができるのです。 
 

この世の中が自分の思うほどひどいものなのか、もしくは救いがあるのか。

生きていないと確かめられない。

読みながら、誰もが通る思春期の苦しさに共感しながらも、
読後感が爽やかで、清々しい気持ちになれる一冊です。
 

そう、私たちも、生きていないと確かめられないのです。

せっかく授かった命。

誰かのために、自分のために、生かしながらも、
その目で生きている証拠のようなものを確かめながら、
毎日を「生きていると実感しながら」生きていきたい、と思わせてくださった一冊です。
 

大人が読んでも、感じることがたくさんある、勇気をもらえる一冊です。
 
是非読んでみてくださいね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。