白い猫のハートの足跡

ハートフルな本が好き



ハートフルな人が好き



ハートフルな生き方が好き


テーマ:


名木田 恵子, 三村 久美子
赤い実はじけた

この本に出会ったのは、もう、5年以上も前のこと。
「赤い実はじけた」
タイトルからは中身が想像できなかったのですが、読んだ後、ストンと私の中にその感覚が根付いてしまいました。

今まで何とも思っていなかった男の子だったのに。
恋は突然、パチンと音を立てて胸の中ではじけるのです。

知らなかった一面を見た瞬間。
もっと知りたいと思った瞬間。
昨日までと同じ人なのに、自分の中での位置が大きく変わっていく瞬間。
赤い実ははじけるのかもしれません。

その人のことを思うだけで幸せな気持ちになったり、悲しくなったり。
恋って切ないけれど、好きな人がいるだけで幸せなことだなと思うのです。

光村出版の小学校の教科書に載ったこのお話ですが、恋の話が小学校の教科書に載ること自体、ものすごいことだと思うのです。そのニュースを目にして私は舞い上がるくらい嬉しく、また驚きました。
そう、恋って悪いことじゃないんだよね。
恋をして、そこから沢山のことを得て素敵な大人になっていくんだよね。
そう思ったら、今の子供たちは恋する気持ちを肯定できて幸せだなと思い、嬉しくなりました。

この本には、複数の短編が収録されています。
幸せな話もあれば、ちょっと辛いお話もあります。
読む年代、時期によって本から感じるメッセージは違うと思います。
良かったら親子で読んでみてくださいね。

私も近々、息子と一緒に再読してみようと楽しみにしています。(息子はまだ読んだことがありません → どんな感想を抱くか楽しみです)

~名木田先生のお誕生日(11/28)に愛をこめて~
私は先生の本を読んで、赤い実がはじけるような思いをしたことが何度もあります。
切なくなって涙を流したことが何度あったことでしょう。
(最初に泣いたのは「夜明け前のさよなら」でした)
これからもあらゆる世代の読者のために、素敵な本をこの世に出してくださることを楽しみにしています☆
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:



ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
ガタカ [SUPERBIT(TM)]

この映画の評判の高さを聞いて、ずっと観たいと思っていました。
そして、観た後で、評判の高さを実感&納得しました。

観ている間も目をそらせない緊張感がありましたが、見終わった後も、そして今も、「ガタカ」の世界の余韻を少し引きずっている感覚です。

簡単なあらすじです。

近未来の日本。
遺伝操作で生まれた試験管ベイビーこそ、優秀な人間の証。
神の子と呼ばれる、自然に生まれた子供は病気も発生しやすく、能力も高くないため、就職も難しい世の中になっています。
イーサン・ホーク演じるヴィンセントは、神の子であることを隠し、エリートの集まる宇宙局・ガタカに勤務し、エリートであるべく、必死に努力する毎日。
夢の宇宙航海まで後少し。そんな時、事件が起きるのです。


涙ぐましいヴィンセントの苦労と、緊張の毎日に、観ている方も固唾をのんで見守るしかありません。
単なるSF映画に留まらず、人間の能力とは何か、頑張るって何だろう、夢って…。
そんなことを色々と考えさせられる映画でした。

努力すればするほど、冷静になり、格好良くなるヴィンセント(イーサン ホーク)は素敵です。

知名度は高くありませんが、かなりいい映画だと思います。
時間を置いて、繰り返し観たい映画の1本です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


ワーナー・ホーム・ビデオ
ペリカン文書

期待しないで観たせいか、面白かったです。

ドラマの「24」「エイリアス」などが好きで観ているせいか、ハラハラするサスペンスに慣れつつありますが、10年以上前のこの作品は古さを感じさせず、やっぱりドキドキしました。

あらすじは、法学部の学生であるダービー・ショーが、判事の連続殺人について仮説を立て、それを文書にして恋人である教授に渡したことから、命を狙われることになるのです。

ジュリア・ロバーツと、彼女を助ける記者のデンゼル・ワシントンも好演でした。

サスペンスミステリーがお好きな方は是非、観てください!


ちょっとネタばれ






ハッピーエンドなので安心して観てください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ファミリータイズ

知る人ぞ知る、マイケル・J・フォックス主演の30分ドラマ。
「ファミリータイズ」

この作品が出世作となり、バック・トゥ・ザ・フューチャーの主役に抜擢されたとか。
残念なことに、東京12チャンネルで当時放送していた時のことを、おぼろげにしか思い出せないのです。

大好きなドラマ、「フルハウス」とかぶっているけれど大きく違うのは、フルハウスは嫌みなことが出てこない、仲のいいファミリードラマですが、この「ファミリータイズ」はもう少しだけ、シニカルさを加味したドラマでだと記憶しています。
マイケルの軽快なおしゃべりとジョークに魅了されました。
詳しい筋書きが思い出せないのですが、恋人役のトレイシーが両親との仲で悩んでいた時に、励ましたマイケルは素敵でした。

当時、吹き替えの声をした宮川一朗太さん。マイケルといえば、宮川さんとなりましたが、現在、マイケルはご存知の通り、役者としては引退しています。
宮川さんはどうしているのでしょうか?

DVDも発売になっていないので、現在で観れるとしたら有線放送のみ。
DVDが発売になることを願っています。

以下、データをコピーしました。
恋人役のトレイシー・ポランは奥さんになったのは有名な話です。

原題 FAMILY TIES
データ 1984~86&87~89年/アメリカ/COL/二カ国語/30分/91本
出演 マイケル・J・フォックス(声・宮川一朗太)/マイケル・グロス(声・富山 敬)/コートニー・コックス/トレイシー・ポランほか
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:



アレクサンドラ モス, 阪田 由美子
ロイヤルバレエスクール・ダイアリー (3)パーフェクトな女の子

待望の3巻です。

パリから来た転校生、イザベルは、パリオペラ座最高! という憎らしい優等生。
言うだけあって、本当に完璧。スタイルもバレエも抜きん出ています。

でも、豪に入れば豪に従えということわざがあるのに、イザベルはロイヤルバレエをバカにして、みんなと馴染もうとしません。

嫌な子! と思いながらも、優しいエリーは、イザベルの心を開こうと一生懸命努力するのです。
そして、頑なイザベルの淋しさを知ったエリーは、その頑な気持ちを溶かして行くのです。

私が好きなシーンは、イザベルがエリーにバレエを教えるシーンです。
温かで適切なアドバイスを受けて、エリーは格段に上達します。友達同士っていいな、同じ夢を持っている同士って素敵だなと感じました。

さて、発売が伸びていた4巻ですが、11月22日に発売されたようです!
今日あたりアマゾンから届くでしょうか。
楽しみです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


荻原 浩
神様からひと言

先日読んだ「あの日にドライブ」に次いで、私の作者2冊目となる本です。

軽快でテンポある文章はとても読みやすく、笑ったり納得したり。
でも、自分と重ねられないのは、主人公が男性だからか、構成があまりに上手過ぎるからでしょうか…。

あらすじは以下です。

同棲した彼女に振られ、勤めていた代理店も辞めて、老舗の「珠川食品」に再就職した凉平。
本来のきかん気な性格のため、首切り部署でもある「お客様相談室」へ左遷されてしまうのです。

お客様相談室でのクレームの嵐に最初は辟易するのですが、彼がすごいのは、学ぶ力があること。
そして、めげないこと。
この2つは生きる力そのものです。

いつしか、クレーム処理のコツも掴み、その成果を買われて本部に戻る光明がさすのですが…。


クレームの数々と、謝罪の要領など、参考になることが多々ありました。さすが作者はサラリーマン経験者ですね。
主人公は負けん気が強くて、損も多いけれど、同僚には好かれる一途なタイプ。
この主人公にも好感が持てました。

飽きずに最後まで持って行って、ラストも爽やか。
作者の意図に乗って、読まされてしまいましたが、それもまたいいのかなと思います。

確かに地雷が埋まっていない日本です。色々なことを選ばなければ食べるに困ることはないでしょう。(多分)
そう考えれば、悩むことも迷うことも少なくなるはず。シンプルに生きよう。大事なものだけを離さないようにして。
そんな作者のメッセージが心地よかったです。

2作読んで思ったのは、荻原さんは社会人を経験しているので、視野も広くて常識人。
だからこそ、安心して読める作家さんです。


次は何を読もうかな!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
12月11日深夜からNHK-BSで「エイリアス シーズン2」を短期集中放送するようです。

http://www3.nhk.or.jp/kaigai/alias2/index.html

見逃した方はこの機会に是非!

ようやく待ちに待ったシーズン3が 12月20日に発売されますね。本当にどのくらい待たされたことか…。

しかも、あまり宣伝もしていないし、売るつもりがあるのかなと私の方が心配になってしまいます。

既に完結しているシリーズなのですし、早く全部をレンタル&発売して欲しい! と願うのは私だけではないはず。
理由は今イチ分からないのですが、何か契約上の問題があるのでしょうか。

まあ、何にしても楽しみではあります。




ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
エイリアス シーズン3 DVD COMPLETE BOX
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
子供の頃から海外ドラマが大好きだった私!
でも、なぜか英語は大の苦手。
なので、今も吹き替えで観ているのです…。

最近のお気に入り海外ドラマは…。

 シーズン3がようやく発売になる、「エイリアス」

シニカルなコメディ「デスパレートな妻たち」

ハードな話だけど先が気になる「プリズン・ブレイク」

一度みたらはまってしまう「24」  シーズン5はまだ観ていません。シーズン1~3はボックス買いしてしまいました。限定版ですがお得ですよ。

この巻数なら納得かも。何しろレンタルで観ていて、次の巻がなかったらすごいストレスになりそう…。
 


20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
24 -TWENTY FOUR- トリロジーBOX (初回限定生産)

その他、途中で打ち切りになって大ショックだったのが「ダーク・エンジェル」 ジェシカ大好き☆

30分ドラマだけど、「フルハウス」「奥様は魔女」も好き☆
両方ともNHKで放送中です。 奥様の方はBSで深夜に放送していますよ。

これから観たいと思っているのが、「LOST」「スーパーナチュラル」
両方とも、レンタルでチェックしているものの、借りられていて観れていません。

大昔(っていつのこと!?)に好きだったドラマも沢山あるのですが、また次の機会に聞いてください!
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
デスパレートな妻たち シーズン1 DVD Complete Box

現在NHK BSでシーズン2を放送中の、シーズン1のDVDボックスです。
ホームドラマなんて…と思っていたにも関わらず、観はじめたら中毒症状のように病み付きになってしまったドラマです。

大筋の主人公は4人。
挿絵画家でバツイチのスーザン。 → おっちょこちょいだけどスタイル抜群。優等生的な娘あり。
色気たっぷりの元スーパーモデル ガブリエル → セレブ丸出しの彼女だけど、憎めないキュートな熱い人
潔癖性の完璧主婦 ブリー → 完璧で潔癖な彼女だけど、なんか笑えるユニークな女性。
元キャリアウーマンの髪振り乱す主婦 リネット → 主婦だけど、所々に元キャリアウーマンの味が出てます。

こんな4人以外にも、自殺したメアリー・アリスとその夫、息子。
引っ越して来た配管工、マイク。(マイクをめぐって恋の騒動あり)
色っぽくて女に嫌われるイーディ。
人の秘密を握って強請る隣人などなど。

キャラクターも生きてますが、ストーリーも面白い。
ミステリーあり、友情あり、恋愛あり、家族愛あり。

シニカルな味付けで、ブラックユーモアたっぷりの、アメリカドラマです。

数話みたら、続きが気になることでしょう!
お気に入りのドラマです。

現在、HNK-BSではシーズン2を放送中です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


李 恩成, 朴 菖煕
許浚〈上〉医の道に辿りつく



李 恩成, 朴 菖煕
許浚〈下〉心医の域に達する

NHKのドラマ「チャングムの誓い」の大ファンの私は、同じ監督の医療ドラマがあると知り、ネットで調べました。そこで知ったのが、この、ホジュンという実在の人物をフィクションを加えて作成されたドラマでした。

最近、韓国系の有線で放送していたり、DVDも発売されているようですが、まず、その前に本を読んでみました。

分厚い本に二段組にびっしりと入った文字。それが上下巻ですから、かなりの読み応えがあります。
でも、面白くて、長さを感じることなく、ぐんぐん引き込まれて行きます。

韓国の和訳ですので、多少名前や役職など分かりづらいこともあるかもしれませんが、読み進めていくうちに、気にならなくなると思います。

ストーリーは、ホジュンという身分の低い若者(昔の韓国は身分制度があり、それは絶対的な力がある)が、自暴自棄になって暮らしていたところ、将来の妻と出会い、その縁で名医と名高い師匠に出会うのです。
師匠や先輩たちに、やっかまれ、意地悪されて、踏まれても、踏まれても、起き上がるホジュン。
その努力や根性には頭が下がります。

いつになっても自分はまだまだの人間だと謙虚で、勉強熱心で努力家。
病人を放っておけず、お金に関係なく、診察してあげる優しさ。

読んでいて、ハラハラしたり、ホジュンの人の良さにイライラすることもあるのですが、とても面白かったです。

ただ、残念なことに、この本は未完です。
作者が下巻の最後の章の直前に、急逝してしまったとのこと。残念です。

下巻の半ばあたりから、ストーリーに味付けが少なくなり、あらすじのようになっていきますが、それはやむを得ないことと思います。

本当に面白くて、読み応えがある本ですので、長期休暇中にでも、ゆっくり読んでもらえたらと思い、お勧めします。

ちなみに、新刊は、結書房さんから直接販売のみのようです。

http://www.yuishobo.com/company.html
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。