沖縄の旅、泡盛を学ぶ!

テーマ:

みなさん、ほんとうにご無沙汰です。


けっこう会う方々に、「最近、ブログ更新まだだよ!・・・」と声を掛けられる、今日この頃です↓。


さて、先般、2泊3日で人生初の沖縄の地へ。


目的は沖縄伝統の蒸留酒、「泡盛(あわもり)」の勉強ということで、


上質な泡盛古酒を製造する創業明治15年の老舗、神村酒造さまにお世話になりました。


ブランド名は守禮(しゅれい)」「暖流(だんりゅう)」


白くま泰平社長のつれづれブログ
左より中里専務、伊澤治平社長、神村社長の背中。

ブラックのシャツには「暖流」の文字。

奥の白い建物が泡盛の製造蔵。


白くま泰平社長のつれづれブログ
蔵の中の貯蔵酒。「暖流」はオークの樽でじっくり熟成させた古酒!


白くま泰平社長のつれづれブログ
製造および蒸留工程をじっくりと事細かく、丸一日中滞在して、勉強させてもらいました!


白くま泰平社長のつれづれブログ
左より神村社長、弊社の蔵人頭の鏡君、私こと白くま泰平社長、
神村酒造の渡久地工場長。

皆、若いですね!


白くま泰平社長のつれづれブログ
工場敷地内にあるギャラリーへ。

売店や喫茶スペースや試飲コーナーのほか、地下にはマイ古酒預かり貯蔵してくれる、
ワインセラーのような泡盛古酒のセラーがあります!

白くま泰平社長のつれづれブログ
右より、製品の香りをチェックする、まるで風呂上がりのような格好の伊澤治平社長、中央が神村社長、左は中里専務。


白くま泰平社長のつれづれブログ
2泊3日の沖縄ツアーを朝から夜中まで、すべてご案内いただきました
中里専務と熱い握手を交わす白くま泰平社長。

心はもう義兄弟です。体型も似てます。

「琉球のクマ!」と命名しておきます!


白くま泰平社長のつれづれブログ


地下の泡盛古酒セラーでは、「お客様の思い出づくりのお手伝い」をしておりました。

記念の写真やメッセージを添えて一升瓶の古酒と一緒に、長期間のお預かり。

これこそまさに、「究極の顧客管理!!!」

いやはや、頭が下がりました。勉強になります。


白くま泰平社長のつれづれブログ

子供3人の写真は、中里専務のご子息達とのこと。

お子様の成長とともに古酒(クース)も成長していくことでしょう!


白くま泰平社長のつれづれブログ

お預かりしているクースの量にも圧巻。こんな棚が多数、地下いっぱいに広がってました。


白くま泰平社長のつれづれブログ
伝統的な酒質の「守禮(しゅれい)」は3年、5年のほか、10年もの、
15年もの、20年物、もっとそれ以上・・・と、
古酒(クース)の楽しに溢れておりました。

前日の夜より古酒の試飲の連続で、お昼もいっぱい飲んで
終日イイ感じのホロ酔い加減!


ロックも水割りもせずに、そのままちょびりちょびり少量づつ飲むのがオススメです。

特に、夕食後の食後酒としては最高で、食べ過ぎた胃腸も完璧にスッキリさせてくれます。(沖縄の夜で実体験済み!)

そしてゆっくり少量づつ飲みますので、強くは酔いません。


特に、神村酒造のクースはとっても洗練されていて、

上質なバニラのような甘い
やさしい香り!。

バランスのとれた、まろやかな酒質。
飲み口はすっきり爽やかでも、深いコク・・・があります

今回の旅で泡盛の古酒(クース)に開眼!

クースは実は、とってもしいお酒でした!


今もブログを書きながら、15年もの(43度)を飲んじゃいました。

沖縄ツアーの楽しい思い出がフラッシュバックして来ました!


白くま泰平社長のつれづれブログ
仙台勝山館の日本料理「醇泉(じゅんせん)」では、
こちらの甕(かめ)貯蔵の5年古酒と、守禮の15年古酒の2種類を提供することにしました。(只今、準備中!)


白くま泰平社長のつれづれブログ
泡盛の古酒は地元の荒焼陶器壷詰めで貯蔵すると、
更に美味しさがアップするそうです!


荒焼の陶土には鉄分とマンガンが多く含まれており、
泡盛の貯蔵に最適なのだそうです。


白くま泰平社長のつれづれブログ

ということで、早速、“現代の名工”新垣榮用(あらがきえいよう)さまの「榮用窯」へおじゃまして、

日本料理「醇泉」の店舗内での貯蔵用に荒焼の壷を購入!


白くま泰平社長のつれづれブログ
新垣榮用さま、とっても元気でおちゃめな方でした!

一緒に記念撮影!(中央はデカいシーサー!)


右で手を広げているのは、白くま泰平社長の双子で兄で、
“ハム平”こと、亮平(りょうへい)先生。
整形外科のお医者さまです。


「榮用窯」では壷のほか、風格のある大小様々のシーサーもいっぱい焼いてありました。


白くま泰平社長のつれづれブログ
「沖縄そば!」 豚足デカすぎて、麺が見えませ~ん!

すんごく美味しかったです!!!

沖縄そばの魅力に取り憑かれてしまいました~っ!


白くま泰平社長のつれづれブログ
世界文化遺産の斎場御嶽(せーふぁ うたき)。

琉球王国最高の聖地です。


写真はそのうちの拝所の一つの三庫理(サングーイ)。

神聖かつ凝縮したパワーの気が漲っておりました!!!


白くま泰平社長のつれづれブログ
斎場御嶽(せーふぁ うたき)の入口(出口)から望む沖縄の海。

天気も快晴で気分は最高!


左より二人目が沖縄旅行中にずっとお世話になりました、
神村酒造の中里専務さま。

本当にありがとうございました。

このご恩は必ず・・・、仙台の国分町でお返ししま~す!。

それでは、また晴れ

AD

コメント(6)