まだ、内定の段階ですので、具体的な日程の明言は避けますが、「2017年1月の畿内路衣装体験旅行」(仮称)の内容が内定しました。

旅程に関しては、一応、2017年1月のとある週の金曜日から日曜日と言う内容になります。 金曜日に関しては、夫には予め夕食の費用を渡して、夫の朝食が終わって、夫が出掛けてから私自身が準備を行って出掛ける事になります。

形の上では、往復の羽田空港と伊丹空港との航空券は確保していて、宿泊施設も2泊分確保しています。

簡単に旅程を書くと、1日目に羽田空港発の便で伊丹空港に向かってからは、路線バスで甲子園駅に向かって、甲子園駅から阪神電鉄に乗り換えて打出駅に行って、「女人舞楽原笙会」にて3着分の衣装体験を行ってから、神戸市内の宿泊施設に向かいます。 2日目には、内定を頂いているとある場所にて平安装束の衣装体験を行ってから、京都市内の宿泊施設に向かいます。 3日目には、午前中に「スタジオモニカ」にて「3着プラン」の衣装体験を行ってから、「STUDIO心」に移動して古式花魁の衣装体験を行ってから、伊丹空港に向かってから帰路に付く形になります。

現時点では、これ以上詳細の事は書けませんが、内定を頂いているとある場所の平安装束の衣装体験が確定してから、再度、旅行の正式名称と詳細の旅程を発表させて頂きたいと思っています。
AD
こちらは、最後まで迷った事になりますが、「2017年1月の畿内路衣装体験旅行」(仮称)での1日目の衣装体験を何処にするかと言う事ではありましたが、結果的には、「女人舞楽原笙会」に行く事になりました。

こちらの店舗は予約が必要にはなりますが、私が、飛行機で訪問する旨を伝えて、飛行機が欠航になった時に品川駅から新幹線の乗り継ぎにて向かって衣装体験の開始時間を遅らせて行うと言う旨を伝えると快諾頂けた事になります。

具体的な日程は伏せさせて頂きますが、2017年1月の何処かの金曜日と言う事になります。 歌劇の衣装と迷いましたが、やはり、平安装束を最優先の順位にしたいだけにそう言った衣装体験の店舗で予約を取る事が出来て良かったと思っています。

平安装束としては、十二単と、袿、蛮絵装束の3着を着用する事になりますが、満足の行く衣装体験になれば良いです。
AD
「2017年1月の畿内路衣装体験旅行」(仮称)では、羽田空港から飛行機に乗るのですが、到着先が伊丹空港になります。 そうなると、伊丹空港に近い場所で衣装体験を行いたいと言うのがあるのですよ。

伊丹空港からの最寄りと言う意味では、宝塚大劇場の中にある「サロン・ド・タカラヅカ」のステージスタジオになりますでしょうか。 それもメイクステージでは既に希望している日程は予約のキャンセル待ちの状態で、仮に、キャンセル待ちの予約が成立しても今度は、飛行機が欠航になると時間が間に合わなくなってキャンセル料の支払いの件になりますので、実際に行くともなれば、予約の概念が存在しなくて自力でメイクを施すショートステージでの衣装体験になりそうです。

他に行く事が出来る場所と言う意味では、少し遠くなりますが、大阪市内に向かうバスに乗って、大阪市内の衣装体験の店舗に行っての衣装体験でしょうか。

こちらの場合も予約が不必要でキャンセル料が掛からない場所に限られますが、ある程度の候補は考えていたりします。

どう言った場合にしても、どこかの店舗で衣装体験は行いたいと思っています。
AD
クレジットカードの締め日の絡みで、敢えて遅らせていた事になるのですが、本日、2016年12月5日に、「2017年1月の畿内路衣装体験旅行」(仮称)の為の交通手段と宿泊施設の確保を行いました。

現地での宿泊は2泊分で、1泊分は場所が京都市内と言う関係上でかなり前から宿泊施設を予約をしていましたが、もう1泊分に関しては比較的予約が取れやすい地域になりますので、楽天トラベルのANA楽パックで往復の航空券と1泊分の宿泊施設を予約する事になりました。

例年、1月と言う時期は、京都市内以外の場合は閑散期になるのか、有名な高級ホテルでも閑散期の料金で予約が出来たと言う感じであります。 そのホテルは京都市内にも系列ホテルがありますが同じ条件の客室の場合では料金が3倍以上になっています。

具体的な日付までは、とある場所の衣装体験の参加決定の通知が来るまでは伏せさせて頂きますが、2017年1月の何処かと言う事で御理解頂けると有り難いと思っています。
近年、急速に韓服の衣装体験が出来る店舗が減少しています。 東京の新大久保では過去に2店舗存在していたようですが、それらの店舗が閉鎖になって、関東地方ではほぼ絶滅危惧種と言っても良いです。

流石に、大阪の鶴橋のコリアタウンの韓服の衣装体験の店舗が絶滅すると言う事は無いと思いますが、日本国内全体としてはかなりの減少傾向になっています。

理由は「韓流ブーム」が過ぎ去った事や、日本と韓国との国際情勢の悪化の絡みであろうと思われますが、私の場合は、「韓流ドラマ」に対しては特に強い思い入れや嫌悪感が無くて、鉄道で言う所の「葬式鉄」のような形で、急いで現存している韓服の衣装体験が出来る店舗や博物館の制覇を行っていると言う感じです。

一応、店舗系の場所は殆ど行っていますが、「スタジオモニカ」がまだでしたので、2017年1月に行きますし、その事で、日本にある店舗系の韓服の衣装体験に付いては制覇が出来るのではと言うのがあります。

そんなに韓服に興味があるのなら購入すればと言う意見も出て来ますが、昔話の絵本にも何かと登場していて、日本の昔話と切り離せない関係にある漢服と違って強い思い入れは無いと言うのがあります。
「2017年1月の畿内路衣装体験旅行」(仮称)では、「スタジオモニカ」でも「ベーシックプラン」の形で衣装体験の予約を行っていました。

ただ、現代花魁の衣装体験用の背景が変更されていると言う事を知りましたので、「3着プラン」に予約の変更の可否を聞いていると予約の変更が可能になったと言う事で御厚意に甘えさせて頂く事になりました。

その事もあって、「スタジオモニカ」では「3着プラン」の衣装体験で、韓服が2着と現代花魁が1着と言う感じになります。

それに加えて、「STUDIO心」での「庭園撮影プラン」での古式花魁の衣装体験と、とある場所での平安装束の衣装体験でしょうか。

全部で6着分の衣装体験になりますが、2017年1月は存分に愉しんで行きたいと思っています。
「2017年1月の畿内路衣装体験旅行」(仮称)は具体的な日時は現時点では伏せさせて頂きますが、衣装体験の日時は内々定の段階までは決まりました。

ただ、とある場所の平安装束の衣装体験の十二単の一部が修繕中と言う事もあって、スタッフの方には、「その状態でも宜しいのでしたら。」と言う事で参加の内々定を頂く事になりました。

一応、そのとある場所の平安装束の衣装体験には十二単の衣装体験に関しては修繕に出している物に代わる物を自宅から持参して行こうと思っています。

これにて、後は、現地までの交通手段と宿泊施設の予約になりますが、2泊分のうちの1泊は京都市内になりますが、そちらに関しては幸運にも大浴場付きのビジネスホテルの予約を行う事が出来ました。

再々編後の新ウェブサイトへの出費がある関係で宿泊施設には出来る限り費用は掛けたくありませんが、もう来月の話になるだけに何とか予算内に収まる場所を探して確保したいと言うのがあります。
私は既に、他所で独自ドメインを取得していたのですが、「Jimdo」の再々編後の新ウェブサイトで対応させようともなると約2箇月待ちと言う事もありましたので、仕方が無しに追加料金の無い末尾が「.net」の同じ名前の独自ドメインを取得して「Jimdo」の新ウェブサイトに対応させる事になりました。

この事で、当初の新ウェブサイトのURLとは少し異なる物になりましたが、末尾のみ「.net」に変わっただけですので、このまま運営を開始して行きたいと思っています。

新ウェブサイトでの最初の作業としては、TOPページの制作を行いましたが、その次の作業として写真数やページ数の少ない、「西洋装束探訪記」の内容を新ウェブサイトに移築させようかなと考えています。

今後、こちらの本家ブログの更新頻度が下がる可能性もありますが、その時には仕事中か作業中と思って下さって構いませんので何卒宜しく御願い致します。
昨日、2016年12月3日の夜ですが、再々編後の「Jimdo」のウェブサイトの有料プランの契約を行いました。

クレジットカードに請求されて来た料金を見ていると、約30000円掛かるようで、大きな出費であるのかなとは思いましたが、広告も消せて、何よりも制作中のページをパスワード制限の非公開ページの形で編集が出来ると言う事で、その点ではかなり役立っています。

良く見ると、「Jimdo」の有料プランの契約をする時に独自ドメインを決めるようになっているようで、他所で取得した場合は取得後、2箇月後の移転になるようで、その点では悩んでいたりもします。

「Jimdo」の独自ドメインは通常は無料で使用出来るようですので、その点では、早計であったかなと言う感じです。

新たに独自ドメインを獲得するか、2箇月待つのかで迷いますが、費用の面で問題が無い場合は、末尾を変更しての独自ドメインの取得も考えていたりします。
当初、2016年12月6日に再々編後の「Jimdo」のウェブサイトの有料プランへの契約の変更を行おうと思っていたのですが、職場のシフトの変更で2016年12月5日が休みになった関係で、作業を行える時間が増える事になりました。

その関係で、締め日が1箇月分早まりますが、本日、2016年12月3日に再々編後の「Jimdo」のウェブサイトの有料プランへの契約の変更の作業を行いたいと思っています。

予定よりも早い時期での契約の変更になりますが、有料プラン専用のデザインが存在していたり等で、「善は急げ」的な要素もありますので早く作業を行う事になりました。

今から夕食に出掛けますが、夕食から帰って来たらその時にでもその作業を行いたい物であります。

今後は、移転や取り纏めの作業が続きますが、今年は喪中の連絡が多くあって年賀状の作業が遅れる為、作業の順序を変えてと言う事でもありませんが夕食後に作業に取り掛かりたいと思っています。