こんにちは。白金LCの泰三です。

写真は、11月初旬の北海道・支笏湖の様子。

紅葉を過ぎ、外気0度の、とても澄み渡った湖は、すでに冬支度です。

ちゃぽん、と押し寄せる水の音に、何ともいやされました。

 

さて、11/8の白金LCには、前回初参加の さわちゃん、てっちゃんが

いらっしゃり、リーダーのちゃーみーさん、久々のかぼちゃん、

ミヤオちゃん、おみちゃんがいらっしゃり、8名でとっても楽しく

笑いました。

 

アイラさんリードの「あかさたなラフター」では、お尻にボールペンを

挟んでいるかのように「きゅっ」として立ち、順番に「あーはははは」

「かーはははは」と、「あ」の列の言葉に笑いをつけていきます。

「あ」の列はすべて「は」に笑いが移って。最後は「わーはははは」(笑)。

続いて、未来の成功の「扉」を開けて、祝福笑い。すべて適った

イメージで笑います。

 

「○○だから/○○だけど、気持ちが(は)いい」ラフターでは、

良いことはもちろん、つらいことがあっても、気持ち良さは変わらず、

起きていることと、自分の調子を切り話すエクササイズで笑って。

 

「時間がなくて朝食が食べられず、電車も一本乗り損ねたけど、気持ちがいい!」

「今日は友達からほめられたので、気持ちがいい!」

 

どんなことがあっても、それになるべく影響されない、心地いい自分を

キープして、前向きな気持ちですべてに向かう習慣をつけたいですね。

 

最後は座って「蓮の花ラフター」で笑い、久々のハミング笑い瞑想と、

リラクゼーションで心と体を落ち着けて。

 

-----お知らせ-----

NPOラフターヨガジャパン主催

「No. 23 2018年 冬のお楽しみ講座」

2018年2月17日(土)、18日(日) 各10:00-17:00

三鷹市公会堂さんさん館4F (東京・三鷹市役所敷地内)

https://laughteryoga.jp/newbie/event/detail.php?id=525

 

笑い仲間が集まって、一緒に楽しみながらスキルアップします。

今回も下記のような盛りだくさんの2日間プログラムとなっています。

▼踊って笑ってウォーミングアップ ・ 「ラフターヨガよさこいで踊ろう!」

▼「笑いという世界共通語—目と目を合わせる力」

      田所メアリー(ラフターヨガジャパン代表)
▼「笑いと演劇のワークショップ」

     蓮池龍三(声優、俳優、LYリーダー)

▼「インド農村での笑いヨガ、那須の子育てサークルの親子笑いヨガ」 
     三浦孝子(助産師、インド農村支援ボランティア、LYティーチャー)
▼「特別支援学級の子ども達と笑う」  
     古山るり子(鎌倉山ラフターヨガクラブリーダー・元小学校教師) 
▼「放課後デイサービスで特別支援学級の子どもたちと笑う」
     田所孝&メアリー

[詳細・申し込みはこちらから]

https://laughteryoga.jp/newbie/event/detail.php?id=525

-----------------

 

次回は11月15日(水)19:00からです。

初めての方も、久しぶりの方も、是非お気軽にお越しください。

笑ってご自身にごほうびを!

笑顔でお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

 

こんにちは。白金LCの泰三です。

写真は、11/3の、毎年恒例「NPOラフターヨガジャパン バーベキュー

大会」で訪れた、国営昭和記念公園(東京・立川市・昭島市)の

美しい空と紅葉です。 東京ドーム約40倍の広大な敷地には、

たくさんの方が来場され、バーベキューガーデンも大変賑やか

でした。

 

さて、11/1の白金LCには、初めて参加のさわちゃん、てっちゃんが

いらっしゃり、リーダーのキムコさん、ちゃーみー、常連のまーちゃん、

おみちゃん、ヒッチーがいらっしゃり、9名でとっても楽しく笑いました。

チャーミーさんは「ラフターオーケストラ」の指揮を執り、みなさんは

各楽器担当で順に笑って。

キムコさんは、「キャンセル」「ラッキー」をリードし、みんなですっきり

断捨離して。
アイラさんの「ほめ笑いカード」や、「1分間笑い」ですっかり楽しんで

いたら、さわちゃん、てっちゃんともいい笑顔といい声で溶け込んで。

さわちゃんから、こんな感想をいただきましたので紹介させていただきます。

とっても嬉しいです。

 

-----

まったく初めてのラフターヨガ体験だったので、

「全然笑えないかも」「ハイテンションな人たちばかりだったらどうしよう

とドキドキしながら伺ったのですが、杞憂でした。

周りの方につられてついつい笑ってしまい、無理に笑っているという感じが

全然しなかったことに、まずびっくり。

そして、笑っている時は皆さん確かにハイテンションですが(笑)、平常時?は

落ち着いていて、初参加の私を温かく迎えてくださり、とっても居心地がよかったです。

クラスの翌日は、会社でいつもより自然に笑顔になれていたような気がします。

ラフターヨガ効果ですね(^^)」

-----

 

このご指摘は、私自身、2009年9月12日に初めてメアリーさんの東京ラフタークラブへ

訪問する直前に感じていたことで、その後3ヶ月間はなかなか笑いにくいところも

ありましたが、メアリーさん、タドさんにいろいろとケアいただいたことを今でも覚えて

います。

初めて参加される方の「一歩踏み出されたお気持ち」を、これからも大切にしていきたい

と思います。

 

次回は11/8(水)19:00からです。

初めての方も、久しぶりの方も、お気軽にお越しください。

笑顔でお待ちしています。

 

AD

こんにちは。白金LCの泰三です。

写真は、10/28土、29日の2日間、東京・日本橋で行われた

「第8回全国笑いヨガ大会」の様子です。

各地から230人余りが参加、笑いヨガで各地を元気にする取り組みの

発表や、「ツールとしての笑いヨガ」「笑いの表現力」「インプロ力」

「笑いと心身の健康」に関する講演やワークショップ、さらには

インドの笑いヨガ創始者、マダン・カタリア医師夫妻、オーストラリアの

マスタートレーナー、マーヴ・ニールとスカイプと通じて一緒に

笑いました。

次回は2019年9月16日(日)、17(月・祝)に岡山で開催です。

 

さて、10月25日(水)の白金LCには、白金のイベントにはよくいらして

いただき、アイラさん共宰の「お寺ラフター」(原則第1日曜日午前、

東京・豊島区の金剛院「なゆた」で開催)に参加される、なおこさんが、

港区にお住まいで、占いをされているお友達をお連れになり、一緒に

笑いました。

笑いヨガは多少ご存知だったようですが、ラフターヨガがスタートすると

すでにいい笑顔。自然と楽しい笑いの輪に加わっていただきました。

リーダーのキムコさん、チャーミー、常連のまーちゃん、おみちゃん、

ヒッチーも一緒に、9人でほめ笑いカードなどで笑い、いっぱい笑って

体をリラックス。


次回は11/1(水)19:00からです。

初めての方も、久しぶりの方も、お気軽にお越しください。

笑顔でお待ちしています。

AD

 

にちは。白金LCの泰三です。

写真は、前回白金にいらしていただいた、タイ・バンコクラフタークラブを

共宰している、岡本ヒデさんです。半年振りにいらしていただきました。

バンコクラフタークラブは、基本的に第2土曜日にバンコクの中心部で

開催。とても国際色豊かなクラブです。

 

さて、1その0月18日(水)の白金LCには、ヒデさんをはじめ、リーダーの

チャーミー、常連のまーちゃん、おみちゃん、ヒッチー、そして初参加の

まさよちゃんがいらっしゃり、8名で楽しく笑いました。

床に座って「曼荼羅ラフター」で笑い、仰向けに横たわり、皆さんで

頭を寄せ、放射状の状態に丸くなりながら行う「牡牛の目ラフター」で

笑って。

ヒデさんの「りんご」「パパイヤ」「オレンジ」「バナナ」の掛け声で

手をつないで前後左右にジャンプし移動しながら楽しく笑いました。

 

まさよちゃんは、初めてでいらっしゃいましたが、とっても良い笑顔で

楽しまれていました。ヤッター、ヤッター、イエーイ!

 

次回は本日10/25(水)19:00からです。

初めての方も、久しぶりの方も、お気軽にお越しください。

笑顔でお待ちしています。

こんにちは。白金LCの泰三です。

先週3連休に、栃木・上塩原の旅館「和楽遊苑」に「ラフター

(笑い)ヨガバスの旅」に行ってまいりました。

バスの中で、早朝に、そして散歩や観光地で笑い、

美味しい食事と大自然に触れてデトックス効果も。

ご主人には3日間マイクロバスでご案内いただき、すっかり

お世話になりました。

 10/11(水)放映の日本テレビ系列「ヒルナンデス」での

笑いヨガは、10/15(日、本日)の関東エリア限定

「日曜ヒルナンデス」でもダイジェストでご紹介いただきました。

「オンナ磨き」をはじめ、笑いの健康効果と、ラフターヨガの

メリットと楽しさが伝わる内容に編集いただき、多くの皆様に

そのメッセージが伝わったのではないかと思っています。

ご協力いただきました皆様に感謝申し上げます。

 

先週の新聞で、「認知症の35%」は予防可能とする研究

論文が7月に英医学誌で発表され、話題を呼んでいる、という

記事がありました。指揮したのは、英ユニバーシティ・カレッジ

・ロンドン(UCL)のジル・リビングストン教授です。

彼女のインタビュー記事によると、喫煙、中年での肥満や

社会的な孤立など9つのリスク要因を改善し、生活習慣を

変えると、認知症予防効果に一定の成果を挙げると米英、

スウェーデン、オランダなど報告されているようです。

では、その認知症予防に笑いはどんな効果をもたらすか、

下記のWebサイトからの記事をご紹介します。

-------------------

■「笑わない人」は認知機能が低下するリスクが高くなる?

 近年では「笑うこと」が脳に刺激を与え、自律神経を整えたり、病気に対する抵抗力をアップさせることが知られるようになってきましたが、その一方で「笑い」と認知症の関係についての研究もおこなわれています。

大阪大学大学院の大平哲也准教授らが、65歳以上の高齢者を対象におこなった研究では、「ほとんど笑う機会がない人」は「ほぼ毎日笑う人」に比べて、2.1~2.6倍ほど認知機能が低下するリスクが高くなるという結果も見られたとのことです。

(「介護ぱど」2016年7月21日「「笑い」が高齢者にもたらす健康効果とは」より)

 

-------------------

笑いの効果として、脳内で記憶や情報を司る「海馬」の萎縮を

止める、という調査結果も報告されています。

生活で笑うことを習慣化することが「生活習慣改善」につながり

ますね。

 

さて、10月11日(水)の白金LCには、リーダーのキムコさん、

チャーミー、常連のまーちゃん、ミヤオちゃん、ヒッチーが

いらっしゃり、7名で楽しく笑いました。

 栃木・上塩原の大自然で人里に下りてくるシカをヒントに

創ったラフター「縄張り」ラフターでは、それぞれの縄張りに

笑って匂い付けし、お互いに笑って威嚇し、攻めて笑い、

後ずさりして苦笑い。

いつも行う「獅子舞」ラフターにも増して迫力がありました(笑)。

 アイラさんリードのラフターでは、ボールを投げて「鬼ごっこ」

ラフター、条件カードを引いての「ほめ笑い」カードなどで、

遊び心とほめ言葉で楽しい時間を過ごしました。

 最後は、笑いバスの旅で、群馬・高崎のリーダー・

井上信子(のぶりん)さんに教えていただいた、指の

マッサージと刺激で体をいたわり、ハミングで共鳴して。

 

次回は10/18(水)19:00からです。

初めての方も、久しぶりの方も、お気軽にお越しください。

笑顔でお待ちしています。

こんにちは。白金ラフタークラブの泰三です。

まずは「ありがとうございます」の言葉から始めさせていただきます。

おかげさまで白金LCは初回の2010年10/4から数えて

350回、満7周年を迎えることができました。

 

写真上は、当日7周年を象った「7」です。

写真下は、10/11(水)(本日)日本テレビ系「ヒルナンデス」

11時55分~13時55分)をご覧ください。

 

「オンナ磨き直すンデス…寒い冬に向かい代謝を上げるのに

ぴったりな変わったヨガを紹介!笑うだけで効果が出る!?

新感覚の笑いヨガとは?」

 

10/4は、まーちゃん、おみちゃんがいらっしゃり、

4人で楽しく笑いました。

最近は、7月に横浜・十日市場LCのおちゃむさん(手塚 幸一さん)

がいらした時にリードいただいた、

「笑っちゃおう」「楽しいな」などといいながら手を叩いて

あちこち歩くエクササイズにはまって、みんなで嬉しい言葉、

楽しい言葉を言いながらスタート。

アイラさんの「ほめ笑いカード」とともに、7周年を記念して

「予祝ラフター」を行い、すでに未来で実現した、皆さんの

叶えたかったことをそれぞれ「祝福笑い」しました。

最後はゆっくりリラクゼーション。
 

8年目のスタートとなる次回351回目は本日10月11日(水)19:00からです。

これからも白金LCは、祝日以外の毎週水曜日夜に門が開いている

「笑いの駆け込み寺」を続けてまいります。

初めての方も、久しぶりの方も、是非お気軽にお越しください。

みなさまを笑顔でお待ちしています。

 

こんにちは。白金LCの泰三です。

写真は、故・古姓幸多朗さんが始められ、鵜殿眞理子(まじょリン)さん

が継がれて10周年を迎えた横浜・青葉ラフタークラブの様子です。

2次会には日本で最初のラフターヨガクラブを始めれたNPOラフター

ヨガジャパン代表の田所メアリーさん、副代表の田所孝さんも

駆けつけられ、皆さんの笑顔があふれました。

9月29日のTBS系番組「ぴったんこカン・カン」に、ラフターヨガジャパン

理事の夏山美樹(ミキティ)さんが出演されましたが、そのお陰で

「テレビを見てきました」と、各クラブに初めての方、久しぶりの方が

いらっしゃったとのことです。

 

・・・・・

 

笑いの効果について、9つのポイントでまとめていたサイトを

見つけましたのでご参照ください。

------------

 

■笑いがもたらす9つのメリット
さて、笑いが健康にもたらす効用をあげてみましょう。
意外にも、多くの効果が指摘されています。

 

(1)免疫力アップ
外部から侵入する病原体を攻撃する生体防御機能の「免疫」。これにかかわる免疫細胞のうち、病原体を直接破壊するNK(ナチュラルキラー)細胞と、抗体を作り出す働きをするB細胞とのはたらきを、活性化させる作用が笑いにあることがわかりました。

 

(2)判断力や記憶力の活性化
笑うことで脳への血流が増加し、海馬や側頭葉といった記憶や判断力にかかわる器官が活性化されます。
同時に、脳の状態をリラックスさせるアルファ波も増加させ、相乗効果で脳の機能が高まることが指摘されています。

 

(3)幸福感や意欲の向上
脳内麻薬ともいわれる「エンドルフィン」や「ドーパミン」。これらは脳内ホルモンとして興奮を助長し、幸福感や意欲性を高めます。笑いはこれらの神経伝達物質の分泌を促進する作用があります。

 

(4)ストレスの軽減
笑うことで、「セロトニン」や「ドーパミン」の分泌が促進されます。セロトニンは心のリラックスに欠かせないホルモンで、セロトニンが減少しているとうつ病などになることがわかっています。
また、ドーパミンには上に挙げた意欲の向上作用だけでなく、ストレスホルモンの分泌を抑制する働きもあります。

 

(5)アレルギーの改善
アレルギーは体内の免疫細胞が自分自身を攻撃してしまう現象です。中でも免疫グロブリンIgEと呼ばれる抗体が原因で起こるアレルギーに対して、笑いはこのIgE抗体を減少させる作用のあるといわれています。
たとえば、アトピーなどはこの例ですが、笑いによってアトピーをはじめアレルギーが改善される場合があるということです。

 

(6)糖尿病・リューマチ・心臓病の予防
漫才を見て爆笑した後に食後血糖値を測定すると、その上昇を抑えることができたという知見があるそうです。また、間接リューマチを悪化させる「IL-6」も、大笑いした患者さんが短期間で値を下げることができたとか。さらに、心臓病についても心拍数や血圧の上昇を抑えることが笑いには可能です。
このように、病気の予防にとって笑いが果たしてくれる役割がいくつか認められています。

 

(7)血行の促進
適度な運動や入浴などと同じように、笑うことで横隔膜が刺激され、腹式呼吸となって血管を広げ、副交感神経を刺激します。その結果、血行が良くなります。

 

(8)筋力を高める
顔もお腹も身体も、笑うことで筋肉を動かすことにより、筋力を高め、あるいはしっかりと筋肉を引き締めてくれます。とくに顔の場合、しわやたるみの予防にもなるといわれています。

 

(9)ダイエット効果
笑うことで消費するカロリー(10分間)は、軽い笑いの場合10キロカロリー程度、思い切り笑ったら30~40キロカロリーにもなるといわれます。
ウォーキングの場合27キロカロリーほどなので、笑うことの消費カロリーはバカになりません。また、上に挙げたような筋力アップの結果、基礎代謝がアップすることも笑いの効用かもしれません。
笑いにはダイエットに資する一面もあるというわけです。

 

(「Mocosuku」 2017年8月27日「笑うことで健康に! 「笑い」が生み出す健康効果」記事)

------------

 

さて、9/27の白金LCには、リーダーのきむこさん、チャーミー、

ミヤオちゃん、おみちゃん、ヒッチー、そして初参加のはなちゃんが

いらっしゃり、8名でたくさん笑いました。

きむこさんは「キャンセル」「ラッキー」ラフターをリードし、チャーミーの

ワンダフルラフターで笑って。そのままワンちゃんの「はなちゃん」と

ともに「お散歩ラフター」でお出かけ。

ほめカードでのほめ笑い、手遊びの「汽車ぽっぽ」で楽しんで、

リラクゼーションでゆっくり体を休めました。

はなちゃんは、ご友人の方からラフターヨガを教わり、「ヤッター、

ヤッター、イエーィ!」もご存知だったので、最初から柔らかい

素敵な笑顔で楽しんでいただきました。

 

次回は10/4(水)、350回目で7周年の節目です。

いつものとおり19時から実施。

初めての方も、久しぶりの方も、どうぞお気軽にお越しください。

笑顔でお待ちしています。

こんにちは。白金ラフタークラブの泰三です。

先日、東京・港区の三田いきいきプラザでアイラさんとラフターヨガ

を実施させていただきました。リーダーのチャーミーさん、常連の

まーちゃんも応援に駆けつけてくれて、とても心強かったです。

当日お集まりの30名近い方々のうち、3~4割は男性。そのうちの

お一人は、最初から「早く体験したくてウズウズしている」と仰って

いただき、実際にエクササイズが始まってから皆さんとも大笑い。

今回企画いただいた三田いきいきプラザの係の方が、以前

神奈川・相模原でラフターヨガを1回体験されていらしたので、

ご縁をいただくことに。

初めて体験される方々の表情が、最初はびっくりしながらも

だんだんと自然の笑顔に変わる様子を目の当たりにできるのは、

本当にインストラクター冥利につき、我々も参加者の皆さんから

勇気と元気をいただけました。

終了後のノンアルコールビールの美味しいこと!(笑)

 

ところで、ラフターヨガ愛好者の規模はどのくらいなのでしょうか。

急速に世界に広まっているので、なかなかつかみにくいのですが、

共同通信の記事に下記のようなデータが出ていましたので

ご紹介します。

-------------

 

笑い・命さざめく

インド 高らかにヨガの呼吸でハッハッハ

 

■体操として笑う

 手拍子を打ち、大きく息を吸って、演じるように笑い転げる健康法「笑い(ラフター)ヨガ」。

6月下旬にドイツ・フランクフルトで、初の世界大会が開かれた。移民の若者も散歩の途中で、笑いの渦に吸い込まれた。「おかしくなくても、ヨガの呼吸で体操として笑おう」と、カタリアは訴える。「幸せはその後で生まれる。ハハハ」

 

■世界を席巻

 腹式呼吸でゆっくりと吐く息に、笑いを乗せる。さらに息を吸って酸素を十分に取り入れる。15分以上繰り返す。まず体がリラックスし、後で気持ちも軽くなる。周囲も楽しい気持ちになる。

 「おかしいから笑う」だけでなく「笑って幸せになる」。発想を転換した時、ヨガ発祥の地に、世界を席巻する新風が生まれた。

 伝統ヨガの指導者たちは「不真面目だ」と批判したが、口コミや報道で、各地へ広がっていった。

 次々と“伝道師”が現れ、米国を皮切りに2000年代以降、世界106カ国・地域に草の根で普及。愛好者は一説に25万人以上(米誌ニューヨーカー)とも。生真面目な社会性が共通するためか「特に日本とドイツでの勢いが強い」とカタリア。日本にはクラブが約800、愛好者が約3万人いるという

 

(毎日新聞朝刊 9月9日 地方版掲載記事 より)

-------------

 

いずれの数字も「少なくとも」という言葉がつくと思います。

世界の国の数は、日本の外務省が現在認めているのが196か国ですので、

すでに半数以上の国にラフターヨガが広がっていることになります。

 

さて、9/20の白金LCには、早稲田ラフタークラブ主宰のイクターマン、

リーダーのチャーミー、常連のまーちゃん、おみちゃん、ミヤオちゃん、

ヒッチーが参加され、7名で大笑いしました。

頭だけ楽笑クラブ新宿のじゅんさんがいらっしゃり、アイラさんは所用で

「アフター」の途中からいらっしゃいました。

 

「獅子舞ラフター」では、、数珠繋ぎに二組になり、対抗戦のように

「威嚇笑い」対決(笑)。

ミヤオちゃんは武道をされていたことがあるとのことで、迫力満点の

ポーズを披露してくれました。

その後は早稲田ラフタークラブのイクターマンに進行をお任せし(笑)、

「内緒話」「ペンギン」などをリードいただきました。

最後はハミングの笑い瞑想とリラクゼーションで体をゆっくり休めて。

 

次回は9月27日(水)19:00からです。

初めての方も、久しぶりの方も、是非お気軽にお越しください。

笑顔でお待ちしています。

 

 

こんにちは。白金ラフタークラブの泰三です。

写真は、先月の東京、代々木の「国立オリンピック記念青少年

総合センター 」からの眺望です。明治神宮の美しい緑が

眼下に広がります。

さて、この頃話題にさせていただいている「ストレス」について、

2つほど記事を見つけたのでご紹介します。

-----------------------------

「仕事で強いストレス」が6割 

 仕事で強いストレスを抱えている労働者は59.5%と6割近くに上ることが7日、厚生労働省の2016年労働安全衛生調査で分かった。15年の前回調査と比べ3.8ポイント増加した。一方、メンタルヘルス対策に取り組む事業所の割合は56.6%と同3.1ポイント低下し、厚労省は「中小企業を中心に支援を充実させていきたい」としている。

 調査は昨年10月末時点の状況について、無作為で抽出した約1万4千カ所の事業所と、約1万8千人の労働者を対象に同年11月に実施。事業所9564カ所、労働者1万109人が回答した。

 労働者に強いストレスの原因を3つ以内で答えてもらったところ、「仕事の質・量」が53.8%で最多だった。人手不足で1人あたりの業務負荷が高まっていることなどが原因とみられる。「仕事の失敗、責任の発生など」が38.5%で続いた。

 メンタルヘルス対策に取り組む事業所は、労働者50人以上の事業所では8割を超えていたが、30~49人は62.5%、10~29人は48.3%と小規模事業所で実施率が低かった。厚労省は小規模事業所に、ストレスチェックの実施を促すなど、労働者の心のケアに取り組むことを求めていく。
[日本経済新聞 2017年9月7日朝刊]

-----------------------------

 

自律神経の乱れをセルフケアで整えよう

 

ストレスにより過度の緊張信号が続くと、視床下部の働きに狂いが生じて自律神経系が正常に働かなくなる。本来、胃や腸のような消化管は、副交感神経の働きによって活発に働くが、自律神経のバランスが崩れていると、仕事をするなど本来、交感神経が働いているときにも、消化管が活動して腹痛、下痢などをもたらす。

 

 生活習慣を工夫することでも自律神経のバランスの乱れを整えることができる。これは自分に合いそうだ、と思うものから試してみよう。

 

1.仕事帰りに寄り道する

 日常のストレス解消では、オンとオフの切り替えが重要。せっかく仕事を終えたのに気持ちがオフにならないときは「寄り道」がお薦め。カフェでコーヒーを味わったり、書店で新刊書を立ち読みしたりするだけでも、オフのスイッチになる。

 

2.笑う、号泣する

 笑いが自律神経にもたらす効果は、世界の研究で明らかにされている。おかしくて大笑いできればいいが、ニッコリ「つくり笑い」でも効果があるという。そして同様に効果があるのが泣くこと。泣くことで副交感神経が優位な状態に切り替わる。

 

3.ウオーキングなどの運動をする

 神経伝達物質のセロトニンには、副交感神経の働きを高めて自律神経のバランスをとる作用がある。セロトニンを増やすのはリズミカルな運動で、ウオーキングがその代表だ。それ以外の運動全般にも、終えたあとに副交感神経を高める効果がある。

 

4.ぬるい風呂に入る

 入浴には、いくつもの健康効果があるが、自律神経との関わりでいえば40℃の湯が1つの目安だ。このぬるめの湯が副交感神経を高めてリラックスさせてくれる。30分の半身浴なら全身がしっかり温まる。入浴後は湯冷めしないうちに布団へ。

 

5.コーヒーは控えめに

 コーヒー、紅茶、緑茶に含まれるカフェインには、交感神経の活動を高める作用がある。日中の気分転換にはいいが、自律神経失調症の人は日常的に交感神経が優位になっているので、あまり飲みすぎないように。就寝前には飲まないほうがよい。

 

[日経ヘルス 2016年12月号長く続く不安や不調 それは自律神経失調症かも」より]

-----------------------------

 

仕事場でのストレスの増加傾向はなかなか変わらないようです。

その「自衛」のためにも、「笑う」や、ほかの生活習慣を試す価値が

ありますね。

 

さて、9/13の白金LCには、リーダーのチャーミー、久しぶりにいらした

かぼちゃん、2回目のダンちゃん、ミヤオちゃん、常連のヒッチーと、

初参加のダンちゃん友人、ツキちゃん、そして特別に ともきさんと

武田さんがいらっしゃり、10名で楽しく笑いました。

「あいさつラフター」で始まり、ミルクセーキ、請求書、お金がない、

ラウタークリーム、宝くじ、はすの花など、基本エクササイズを中心に

実施。

アイラさんの「王様の耳はロバの耳」ラフターでは、ストレスやら

何やらを「ジブリッシュ」(ちんぷんかんぷん言葉)で地球の中心に

言い放ち、それを光に変えて。

「ほめ笑いカード」では、引いたカードを一旦歌に乗せて回し、

自分のところへ来たカードを、右隣の方に読み上げてほめ笑い。

最後は、引いたプラカードをもちながらいろいろなほめて笑って。

ハミングでの「笑い瞑想」では、久しぶりにかぼちゃんの、「伝染

大笑い」がノンストップではじけて。そのまま3分笑いに移行して

全員で大笑い。

 

次回は9月20日(水)19:00からです。

初めての方も、久しぶりの方も、是非お気軽にお越しください。

笑顔でお待ちしています。

こんにちは。白金ラフタークラブの泰三です。

写真は先週末に実施されたNPOラフターヨガジャパン「秋の

お楽しみ会」の様子。

LYティーチャーでアンバサダーの池田信子さん(いけちゃん)が、

6月にドイツ・フランクフルトの「第1回グローバル・ラフターヨガ

・カンファレンス」で紹介されたエクササイズのいくつかを紹介

してくれました。皆さんとも楽しそうな笑顔。

 

さて、先般「ストレス」に関する時期を本ブログで紹介しましたが、

ご存知の方も多いかと存じますが、下記の興味深い記事を

紹介します。

 

----

「病は気から」の仕組み、マウスで解明 北海道大

 

ストレスで胃腸の病気や突然死を招くメカニズムを、北海道大の村上正晃教授(免疫学)のチームが解明し、15日付のオンライン科学誌イーライフで発表した。ストレスで起こる脳内の炎症が関わっていた。「病は気から」の仕組み裏づけられたといいが、ストレス性の病気の予防や診断への応用が期待される。

 

 チームは、睡眠不足など慢性的なストレスをマウスに与えた。そのマウスのうち、自分の神経細胞を攻撃してしまう免疫細胞を血管に入れたマウスの約7割が、1週間ほどで突然死した。一方、ストレスを与えただけのマウスや、免疫細胞を入れただけのマウスは死ななかった。

 

 突然死したマウスを調べたところ、脳にある特定の血管部分にわずかな炎症があることを発見。炎症はこの免疫細胞によって引き起こされ、通常はない神経回路ができて胃腸や心臓に不調をもたらしていたことがわかった。

 

 村上教授は「同じストレスを受けても、この免疫細胞の量や脳内の炎症の有無によって、病気になるかどうかが分かれると考えられる」と話している。

 

(朝日新聞、2017年8月15日)

----

「これは、ストレスが臓器の機能不全を引き起こす理由を示す世界で初めての発見であり,
同じ程度のストレスでも病気になる人、ならない人の違いが脳内微小炎症の有無によって決まる可能性を示唆しています。」

(北海道大学プレスリリース https://www.hokudai.ac.jp/news/170816_pr.pdf )

----

 

経験値で何となく知っていることが、科学的に裏づけされる

ことは非常に嬉しいことです。

 

さて9/6の白金LCには、ティーチャーになられた そうこさん、

リーダーのきむこさんと

久々のチャーミー、常連のまーちゃん、おみちゃん、カンコさん、

そして白金LCは初めてで、ラフターヨガは4年ぶりという 

みやおちゃんがいらっしゃり、9名で楽しく笑いました。

 

そうこさんは「まちがえた!、まちがえた!」といいながら笑顔で

練り歩くラフターをリード。基本エクササイズ40の「グルラフター」

でも、自分と人の失敗から学んで笑うものがありますが、

間違えても笑って受け流して。

チャーミーは、北海道、ニセコで体験された、「フライ・フィッシング」

ラフターを披露。大自然に囲まれて、川と風の音を聞きながら

川中の魚たちと対峙する姿は、とても憧れます。

きむこさんは久しぶりに「キャンセル」「ラッキー」ラフターを

リードしみんなで楽しんで。

 

アイラさんリードの「獅子舞」ラフターでは、二組に分かれ、それぞれ

つながった「獅子」がにらめっこ笑いをし、負けたと思ったら

順番を入れ替わり、改めて対峙。

みなさんとても豊かな表情に大笑い。

そして、「成功の実現」などを著した思想家・中村天風氏の

「クンバハカ」で腹を抱えて大声で笑って。

 

ハミングではみなさんが美しい和音でハモり、その後

ゆったりした笑いで落ちつき、アイラさんのリラクゼーションで

体をゆったり休めて。

 

----------------------

10/7土~9月・祝

源泉かけ流しの栃木・上塩原温泉へ

貸切マイクロバスで

ラフターヨガの「修学旅行」

詳細はこちら

https://ameblo.jp/shirokanelaughter/entry-12302794520.html

*9/15申込締切

----------------------

 

次回は9月13日(水)19:00からです。

初めての方も、久しぶりの方も、是非お気軽にお越しください。

笑顔でお待ちしています。