動物のお医者さんブログ 

開業獣医師のブログです。
動物と健やかに楽しく暮らすためのヒントになれば、
皆さんのお役に立てたらとおもってやってます!
よろしくお願いします!!


テーマ:

 

ラプロスの画像を使いまわしです。

 

猫の腎不全の治療に関して、

「今まで」と「これから」

を考えたいと思います。

 

今までは

「皮下点滴」

「点滴」

「腎臓食」

「セミントラ」

「ACEI」

「腹膜透析」

ぐらいですね。

 

ただ、「生活の質」を考えると

どこまでやってあげるかを考える必要があります。

まあ、どこまでできるかとも言えますよね。

 

猫によって性格は違いますし、

どこまで手間やコストをかけられるかも

人それぞれです。

 

あと、どこまで猫にストレスをかけるべきかも

考えてあげないといけませんね。

 

穏やかな性格であれば治療を受け入れるのですが、

それがどれぐらいストレスになっているか。

 

病院に行くのもストレスだと思いますし。

 

今当院では

「皮下点滴」

「療法食」

の組み合わせが多いです。

 

「セミントラ」は個人的に最近使っていません。

食欲がなくなったときなどで使用を止める場面もあり

飼い主さん側でのその判断が結構難しいんですよね。

 

人それぞれ、獣医師それぞれで考え方は異なりますが、

自分としては今後

「療法食」

「ラプロス」

をメインに、

時々「皮下点滴」で来院していただいて、

体重チェックするという形をとり、

「来院回数」を少し減らそうと考えています。

 

腎臓機能の低下を含め、

「生物としての限界」は絶対にあります。

無理なく、ストレスが少なく、

一緒にいる時間が少しでも幸せであるために。

この考え方も医療の一つの形だと思います。


 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(3)

グンマーの獣医師 さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。