城 新 聞

-Japanese castle press-
Trying to find dreams are more precious!
I walk to the horizon and there I find another,
It all seems so surprising and then I find that I know.


テーマ:
photo:01

1221年、承久の乱後、中原親能の一族である藤原親実が安芸国守護も兼ねた新たな厳島神主となり、宮島の対岸に海城として築いたのが始まりです。しかし藤原親実は幕府の要人でもあり、厳島に下向して神職を務めることはなく、実際には代官による支配であったそうです。時代が下り、幕政が混乱すると藤原氏が下向して桜尾城に入城し、直接支配するようになりました。室町時代に入ると安芸国守護の武田信賢が厳島神主家の社領に侵入し、1441年には桜尾城も包囲されるも撃退。その後は大内氏の傘下に入り、桜尾城も一時は平穏となりましたが、戦国時代になると家督を巡って一族で争いが起きました。長い内紛の結果、友田興藤が家督を継承し、桜尾城を新たな居城としました。しかし、今度は、大内氏が家督に介入してきたため、興藤は尼子氏と通じて1541年に大内氏を離反。そのため大内義隆に攻撃され桜尾城は落城し、大内家臣の杉隆真が佐伯景教と名乗って新たな当主となりました。これにより約320年間続いた厳島神主家の藤原氏は滅亡しました。大寧寺の変後は、陶家臣の江良賢宣などが城番となっていましたが、1555年の厳島の戦いの前哨戦である防芸引分で毛利軍に敗北。桜尾城は毛利元就の支配下に入り、桂元澄が城主として入城、厳島の戦いでの後方支援を担いました。戦いの後に自害した陶晴賢の首実検もこの城で行われたと伝えられています。その後も桜尾城は桂元澄の居城として続きますが、元澄の死後、毛利元就の四男の穂井田元清に与えられ、その居城になりました。1587年から豊臣豊臣秀吉が九州に向かう途中、桜尾城に立ち寄り、厳島神社を参詣したそうです。1600年、関ヶ原の戦いの後、安芸国は福島正則の支配地となり、この時に桜尾城も廃城となりました。

photo:02

写真は、城跡の小高い丘から撮影した風景で瀬戸内海は望めませんでしたが、築城当時は三方を海に囲まれた海城であり、江戸時代までは、城跡はほとんど手付かずの状況であったそうです。近代になると近隣の海岸は埋め立てられ、造成などの開発にさらされました。最終的に城跡は桂氏の末裔である桂太郎の寄附により桂公園として整備されたため、残念ながら遺構はありませんでした。


【近隣の高校】
広島県立廿日市高等学校

1915年に開校した「佐伯郡立工業徒弟学校」を前身とし、2010年に創立95年を迎えました。2000年から広島県教育委員会による「学力向上重点校事業」とそれに引き続く「進学指導重点校事業」、「チャレンジハイスクール支援事業」に継続して指定されている進学校で、国公立大学現役合格者数が5年連続で100名を越え、2009年度大学入試では151名となる進学実績をあげています。1学年次から進路指導がしっかりしていて、毎年11月に大学ナビゲーションセミナーを開催し、昨年は2部構成で1部は、広島大学入学センター長杉原氏の講演、2部からは学問分野別説明会を行いました。さらに毎年、3学期終業式には卒業生による進路講演会も開催するそうです。また、文武両道の校風でもあるため、生徒の約80%が部活動加入、校内行事として、1、2学年対象に宮島で毎年2月にマラソン大会を開催しているそうです。


読者登録してね

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

城新聞さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

同じテーマ 「広島県」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。