ペダルlifeにまっしぐらン♪

現在、ページ改装中です。少しずつ整えていきます。


テーマ:
6/18はJBCFの栂池高原ヒルクライムに
参戦してきました。


サイタマサイクルプロジェクトからは
E1に福原(だいさん)、佐川、髙橋の3名が参戦。

前日入りの様子とレースレポです。



【6/17(土) 移動と受付と試走と】

10:00頃に浦和に集合して出発。
関越で軽く渋滞したのと、
高速のICを降りて、Googleさんの指示に従ったら、
とんでもない道を案内されたw以外は
割と順調なクルマの旅。


途中、小川村のこくや食堂さんで
くるみだれうどんをば。


くるみだれは秩父のほうでも食べたけど、
こちらもなかなかです(´¬`)

会場には15時前に到着。
前日受付を済ませ、宿に向かいます。


今回、お世話になる『シャンツェ』さん。
だいさんが昔からお世話になっているホテルで
コース沿いにあって、受付会場からも、
ものすごーく近いとこにあります。



部屋に荷物を置いて試走へ。


栂池は今回が初でして、
一応、YouTubeで走行動画などを見ましたが、
イマイチよく分からず(´-ω-`)

コース確認のため、全長17km中、
10km地点あたりまで、ゆったり登りました。


前日お天気はとても良く、
北アルプスの山々がスッキリ見渡せました。


気持ちよいぞ~ヘ(゚∀゚*)ノ


一旦ホテルのところまで下り、
さらにスタート地点まで下りました。

自分たちのホテルがあるのは、
栂池スキー場の宿泊施設街の入口で、
スタートから約3km地点。

ここまでの序盤の区間は
全体の中でも勾配がキツいところ。

ホテルのあるあたりは
少しの間だけ下りが入るので、
ここまでがレースで最初にポイントとなる区間。



試走を終えて、宿に戻り、
お風呂に入ってから、夕飯です。


ホテルの周辺で手に入る食材を中心に
いろんな珍しいメニューが
たくさん運ばれてきました(・∀・)

美味しかったのと、このへんの地元の食材を
堪能した感じがして、大満足でした(σ・∀・)σ

この日は、あとは部屋でマッサージなどして
早めに就寝しました。



【6/18(日)レース当日】

5:30に起床し、6:00にホテルで朝食。


自家製酵母パンを中心に、
サラダやオムレツ、ヨーグルトなどのメニュー。

レースの朝は、コンビニで買った
パンやおにぎりなどで済ますことが多いので
こんなちゃんとした朝食を取るのは
かなりレアっすね(笑)



スタートは9:00。

7:30過ぎから、ストレッチや
アップオイルにてマッサージ。


ローラー台でのアップは、
始めの5分はゆるく回し、
次の10分は軽めのギアのまま、
回転を徐々に上げてって、心肺を起こす感じで。

最後の5分は、ダウンとして流し、
計20分でローラー台を終了させました。



昨日の試走とローラーをやった感じだと、
直前までの脚の疲れは残ってなく、
脚の動きは意外と軽いほう。
睡眠も取れていたので体の調子は良さそう。

ただ、昨日から少し食べ過ぎていたので
直前では65kgを切ってましたが、
おそらく65kgを上回ってたかも。



8:45で下山用荷物の預かり〆切なので
8:30頃に3km下のスタート地点へ出発。


荷物を預け、検車と出走サインを終え、
スタート10分前にE1の列の
最後尾付近に並びました。



E1のレーサーリストを見ると、
メジャーなヒルクライム大会でも
表彰台クラスの名前がチラホラ。

これでも例年に比べると
メンツは薄いほうとのことですが、
最初の3kmのキツい区間は、
おそらく、自分の全力ペースでも、
先頭集団に付いていくのは厳しそう。

とはいえ、3kmを耐えれば、
下り区間でひと呼吸整えられるし、
タイムもかなり稼げるはずなので、
全力一歩手前あたりで登って、
先頭集団に付けずとも、
視界には入れとけるくらいの差で
クリアしたいところです。



んで、いよいよスタート。

やはり先頭はいきなりのハイペース。
弱ペや強豪選手らがグイグイと。
見るとだいさんもそれに乗っていて
みるみる差ができます。

自分は縦に伸びた集団の後ろのほう。
ちょうどそこに佐川さんもいたので
とりあえず後ろについていきます。



そのまま3km区間を過ぎて、緩い下り。

佐川さんを先頭にした自分たちの集団は
先頭集団からやや遅れたところ。

ここで先頭の佐川さんは下りを緩めずに前を追走。
しかし、自分の前に居た2人ほどの選手は
それを追わずにやや休憩モードで中切れ状態。

と言う自分も、
それに合わせて、ひと休憩してしまい、
佐川さんは単独で行っちゃいました(;^_^A

ここは付いていくべきだったんだろうけど、
結局、そこで中切れした集団からも
このあとに遅れ出したので、
自分的には△というところですかね。



宿街を抜けて、スキー場へ。

途中、前の選手が変速不調で速度が落ちたところに
前輪をハスらせてしまい、ペダルを外して
大きくバランスを崩すのは防いだものの、
後ろの方にだいぶヒヤリとさせる場面も。
申し訳ないです。

スキー場に入り、ゴンドラ乗り場のところで
自分を含めた3人だけのパックに減ってました。



ここで序盤の仕事を終えた弱ペの選手が
一旦落ちてきましたが、
後に、3分後スタート?のE2の上位選手と共に、
ものすごーいペースで、再度上がっていきましたw



しばらくその3人パックで距離をこなしましたが、
ペースに多少の上げ下げが入って走りにくかったので
2人と少し距離をあけて、その距離を保ちながら
一定ペースで走る。



12kmあたりだったかな?
前の2人のうち、1人が落ちていきましたが、
もう1人は、さらに前から落ちてきた選手とくっつき、
ペースを上げて行ってしまいました。

前後に誰もいなくなってしまったので
自分はそのままマイペース走行。

後ろから次々にやってくる
E2やE3の上位選手に抜かれつつ、
勾配の緩いとこでは、それらの選手について
わずかな間ながらも、ペースアップしたりしつつ、
残りの距離をこなします。



残り3kmあたりで、
ここ最近の悩みのタネである
腰に違和感が出そうな感じになりつつも、
なんとか走りに影響が出ない程度のまま、
走りきってフィニッシュ。


結果は、

1時間3分8秒(38位/54人)



1時間は切りたいと思っていたのですが、
全く届かなかったです。

脚質的に平坦系でスプリンター寄りなので
上りの勾配がキツいほど、距離が長いほど、
ニガテ度が増していきます。

栂池は勾配に関しては、
一定でそこまで厳しいところはなく、
走りやすい部類の上りでしたが、
距離が17kmと長かったです。

うーん、というか、
17kmで1時間程度のヒルクライムは
割とありがちな長さではあるのですが、
過去を振り返ると、
1時間程度のヒルクライムレースに出たのって
一昨年の赤城あたり???

この前のあざみは2日目の大井に向けて
そこまで追い込んだわけじゃなく、
激坂続きに、ただただ脚がしんどいヒルクラだったので
キツさの種類が少し違いました。

栂池に向けて、少し前から
長めの上りを練習してましたが、
今回のレースを走って思ったことは、
全くもって強度が足りていなかったなと。

減量しきれてないなどのマイナス要素もありましたが、
そもそもレース想定の強度での練習不足でした。

レース編の冒頭でも書いたとーり、
トータルとして調子は良いほうだったので
今回の結果が、自分のヒルクラの現状のようです。

実業団レースを中心にで走るようになって、
ヒルクラのイベントに殆ど出なくなり、
JBCFのヒルクラステージに出るつもりもなかったので
ヒルクラに対しては、
若干、捨てていた感がありました。

短い上りやアップダウンなどは
基本的な登坂力とは別の力を強化して
カバーしていたので
もしかすると、今回みたいなちゃんとしたヒルクラは
実業団で走り出す前よりも遅くなっているかも。



SCPの他の2人は、
57~58分台でレースを終えました。

片や海外経験もある元JPT選手、
片や数年前の栂池のE2で優勝経験者、
自分との実力差と実績の違いは明らか。

とはいえ、
今回、2人ともピークの状態ではないし、
脚質もクライマーではないわけでして、
同チームで、しかも同じクラスで走ってる身としては
5分以上の差という結果は、
情けないというか、恥ずかしいというか。



今回の結果を受けて、
7月の三峰ヒルクライムレースにも
参戦しようと思います。

去年DNFのリベンジを果たしたい石川は
やや上りが長くて厳しくて
登坂力を誤魔化しきれないところがあるので
ちょいと気持ちを入れ替えます。

練習の中身も、もうちっと考えないとな。




さてさて、レース後ですが、
腰はヘーキでしたが、
右の足の裏がめちゃくちゃ痛い。
走行中は感じなかったですが、
しばらく歩くのがツラいほどの痛みでした。
どーやら少しシューズを締めすぎたようです。

しばらく足の裏をマッサージしたあと、
下山タイムです。



ゴール地点から少し下ったところに
ゴンドラ乗り場があって、
途中からはそれに乗って下山します。


前輪だけ外して、ゴンドラに乗り込みますw


昨日は晴れて良い景色でしたが、
本日は残念ながら曇り空。


でも、雨は降らなかったし、
昨日は暑いくらいだったので、
ヒルクラ日和な気候だったのかなw?


下に着いて、計測タグを返して帰り支度。



帰りは白馬駅に寄って、近くでお昼を食べました。


立ち寄ったのは、『そば神』さん。


自分は海老おろしそばを食べました。
天ぷらサクサクで美味しかったーヘ(゚∀゚*)ノ


帰りは軽く渋滞に巻き込まれながらも
無事に浦和に到着。



栂池はちょっと遠かったけど、
良いトコだったなー (。・ω・。)

レースのほうも、
コースはそんなにクセがないし、
来年も休みが合えば、今回のリベンジも含めて
また参戦したいと思います。



栂池を走られた皆さん、お疲れさまでした(_ _)






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先週末は栂池ヒルクラだったのですが、
その前に金曜日のフラサイのお話。



フラサイは仕事の勤務サイクル的に
3週に1回しか参加できないので、
昨日はかなり久しぶりのフラサイとなりました。

前回はあざみで、
その前も何かあって出れなかった気がするので
1ヶ月半ぶりだったかな?



管理橋には少し早めに到着。
人数は15人ほどと盛況で、
定刻5:30にスタート。

この日はホーム側で弱いながらも
向かい風が吹いてました。
必然的にバック側は追い風です。




最初に2人が先行するも
向かい風なので、すぐに吸収。

集団のペースはゆったり。
なので、早速アタックをかけることに。
カマキリ丘で踏んでのファーストアタック。

カマボコゾーン後半で後ろを見ると
2人がブリッジをかけてきてる様子。

先行するのが複数になると
集団もやる気を出してしまうので
ここは1人で逃げたいところ。

クランク前の丘で、再度踏み直して
ブリッジに来た2人を引きちぎりました。



バックに入ってもそこそこ踏めて、
終盤で後ろを振り返ると、距離は十分。
もう逃げ切りSP1確定かなと
次周に備えて緩めて調整。

が、しかし、
次に後ろ振り返ると、いつの間にか1人が
ロックオンな位置にいる。

実はバックを逃げてる最中に
中盤あたりでウチらとは別で走っている
サイクリストをパスしたんですが、
最初に振り返って集団を確認したとき、
ちょうどその人が集団の少し前くらいを
走っていた・・・と思ったのですが、
それが追走を始めたkimuraさんだったみたいで、
すっかり油断してしまいました(-ω-;)

急いでスプリントに入るも
時すでに遅しで、ぐっさりと差され、
2位通過でSP1ゲットならず(o_ _)o



SP2はバック手前からsanoくんが逃げて、
自分は集団の中程で待機。

集団のペースが上がらず、
このままだとsanoくんに逃げきられそうってとこで
中盤過ぎからmatsuiさんが追ってくれて
自分はその後ろにつく。

あと50mくらいこのままでいれば
前に出てsanoくんまで届きそうと
思っていたところで
matsuiさんの加速が頭打ちになり、
その後、間もなく交代のサイン。

そっからスプリントして追うも、
ケツに届くまでで、差しきれず。
またも2番手通過。

matsuiさんの追走の緩みを
もうちょい早めに察知して
前に出てれば差しきれたかもっていうSPでした。

確かこれがSP2だったはず。
SPが7つもあると、どれが何周目だか
覚えきれません(;^_^A



SP以外のところは、1周目のアタックほど、
大きな逃げにはならなかったものの、
たまに飛び出したり、他の人の飛び出しに反応したりと
まー、ほどほどな感じで。



SP3、SP4は展開は忘れましたが、
sanoくん、kimuraさんが獲得。



5周目は、matsuiさん?、matsumuraさん?、
sanoくん?のどなたか2人が
バック入りから先行し、
自分は集団の中で追うカタチ。

中盤過ぎでkimuraさんが追っていったので便乗。
もう少しで追いつくってところで
距離をやや取ったまましばらくペースを維持???

速度差をつけて、
一気に前の2人をかわす動きだったんすかね?

後ろにいる自分をチラチラと確認しつつ、
一気に加速して2人を抜き去り、
そのままスプリントへ。

SP1のお返しwとばかりに
しっかり後ろに付き、最後に差しきって
無事にSP5をゲット。



SP6はなんだか中途半端なカタチで
終盤に飛び出しましたが、
shinoharaくんにぴったり付かれたため、
少しだけ先行したあと、早々に諦め。

そのままshinoharaくんは飛んでいきましたが、
この日、土日にトラックのレースで
慣れのためTTバイクで来ていたfujitaくんに
最後にガッツリ差されて、
取りこぼしたご様子w



SP7は完全に忘れました(笑)

中盤からmatsuiさんの番手にいて
そのまま順当にスプリントして
危なげなく?SP7を取れました。



今回はSPを2つ取りましたが、
1周目のSPは完全にミス、
3?4?周目もどちらかといえばミスなので
4つは取れていたところ。
ちょこっと反省です。



フラサイの皆さま、お疲れさまでした(_ _)



この前の雨rideに追加して
なかなかのダメージです(笑)

なので、帰りはゆったりまったりと
クルクル系で帰りました。




ちなみに前回、水が浸入して止まったと思われるサイコン。
今朝は盛大に曇ってました(*_*;
電源は付くけど、途中で止まったし、
もうダメかな、こりゃ。


ささっ、栂池に向けて回復回復ヾ(・ω・`;)ノぁゎゎ


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先週末、JBCFは那須2連戦、
あとは、富士ヒルなどの大型イベントがあり、
どこも盛り上がったよーですね。

自分は残念ながら、お仕事でした。

土日ともこちらは暑さを感じる良い天気。
仕事明けにちょこっと物見山周辺を走りましたが
恐ろしいくらいに自転車乗りがいなかったっすね(笑)



さてさて、今週末なんですが、
JBCFの栂池高原ヒルクライムに参戦します。

短めの坂くらいならこなせものの、
長い上りはニガテでして、
ヒルクラには消極的なワタクシ。

今の自分の登坂力では、
実業団E1のヒルクラに出たところで
良い成績なんて望めるわけもないので
最近まで実業団のヒルクラには出たことがなく、
前回のあざみが初ヒルクライム。
(あざみに出たのも大井のため、仕方なくw)



ただ今シーズンは、休みが合えば
積極的にヒルクラに参戦しようと思ってます。

というのも、
ちょくちょくヒルクラのレースを入れていかないと
山トレに全くもって気合いが入らなく、
減量意識もどこへやら。

去年は確か、
一度もヒルクラの大会に出なかったせいか、
ベストが63kgを切るくらいであるところ、
真夏のrideで干からびた等を除くと、
シーズンを通して一度も65kgを
下回らなかったと思います。

結果、石川では上りに苦しみDNF、
宮杯などでも上りにだいぶ苦しめられました。



というわけでして、
今シーズンはヒルクラをコンスタントに入れて
上りに対する意識を高めていき、
石川などの去年苦しんだレースに
リベンジしようと企んでるわけです( ・ω・)ノ

ヒルクラにあまり気合いが入っていないとはいえ、
やはりレースとなるとモチベは上がるし、
出るからにはグダグダな走りはしたくない。
危機意識から夜のお菓子もストップw

職場では6時前に夕食をとって
深夜2時近くまで起きていてからの
仮眠というパターンが多いので、
休憩処のテーブルに置いてあるお菓子の
誘惑レベルがハンパないのですよ(T_T)



ただ、どーせ成績はあまり望めないレースに
お金を払うなら、
完走ポイントでも稼いで行こうと
実業団のレースに限定ですw



前回のあざみと同じく、
栂池も初めて走るコース。

いくら意識アップ&完走ポイント狙いとはいえ、
それなりに目標を持って、
課題を見つけられるレースにしたいと思います(σ・∀・)σ




話しは変わりまして
昨日のできごとですが、
火曜ということであさサイに行く予定でした。

ただ、天気が怪しい感じ。

3:30に起きて、
布団の中で雨雲レーダーを覗くと
さいたま市のあたりに弱い雨雲が。

まー、行き帰りに降らなきゃ、
あさサイ中に降る分には気にならないかなと思い、
布団から出て準備を始めます。

と、その前に玄関を開けて確認してみたところ、
外はそこそこの雨で、路面も完全にウェット。




・・・うーん。



・・・寝よう (。・ω・。)



というわけで、就寝w



そのまま9時くらいまで寝て、
雨も止んでいて、路面も乾き始めていたので
10時過ぎに遅めの走り出し。

物見山を抜けて、横松郷へ。



ここ最近なんですが、
休んでも疲れが抜けない感じが続いていて
足の調子は良さげなのに、
心肺が全くついてこない(-ω-)ウーン

睡眠時間は足りているのに
泊まり仕事明けの寝不足状態で走ってるよう。



横松を登って、斜め松郷を下って
さらに表松郷を登りますが、
この時点では、変わらず調子が良くない。

松郷峠を抜けると、
それまでポツポツ程度だった雨が
本降りになってきて、路面も一気にウェット。



真夏のカッコでしたが、
そこまで寒さは感じなかったし、
ウェット路面の下りも走りたかったので
予定していたルートをそのまんま進みます。

落合橋を通過して、定峰方面へ。

定峰に向かってる途中、
脚が良く回ってきて、出力も上がり、
体も軽くなってきた感じが出てきました。

そのまま表定峰を登りましたが、
どーやら気のせいではなく、
ここんとこの上りでの苦しさが和らぎ、
タイムも13分台とそこそこにまとまりました。


裏定峰の下りも、引き続きウェット。

ウェット路面、特に下りになると、
去年の夏の笹郷線での落車を
まだ引きずってるようでして、
なんかギクシャクします。

テクニックどうこうではなく、
おそらく同じような路面コンディションを
より多く走って、馴れるしかないと思うので
再度落車のリスクもありますが、
雨で下りを走る機会も少ないので
大事に集中して下っていきます。



下りでも、そこまで寒さを感じなかったので
裏定峰を下ったところで、
350mlコーラを1本いっときました。

ただ、先ほどの下りは
登坂で上がった体温のおかげで
寒くなかっただけみたいでして、
完全に油断して買ったコーラのおかげで
体はすっかり冷えきりました(笑)

定峰から次の上りの林道丸山線までの
平坦区間が今日イチで寒かったです。

それもそのはず、サイコンを見ると
気温はひとケタペンギンペンギンペンギン
腕出し脚出しで走る気温じゃないな(笑)



丸山線を登り出して、体温もアップ♪


棚田付近で雨は一瞬だけ止んだけど、
その後はずっと雨でした。



序盤は冷えきっていたせいで
脚が全く動きませんでしたが、
その後は定峰同様、程良く走れ、
タイムも、この前、あさめし練の後に
登ったときよりも1分程早い38分台。


先の大野峠からは白石経由で下り。


この時点が本日の最低気温で8.7℃。


白石から田中の交差点までも
めっさ寒いのかなーと思ってましたが、
そこまでの寒さは感じなかったです。

やはり、定峰-丸山線間の体の冷えが異常でしたw

そのまま物見山ルートで無事に帰宅。



走り始めは、調子が悪いまんまだったので
週末マズいなーという感じでしたが、
途中から上向き?になってきたので
まー、栂池はなんとかなるかなと(;^_^A

昨日はショック療法的な狙いもあって
雨の中、そこそこの強度で走ってみましたが、
今回は成功したようです。

週末にかけて、もちっと上がってくれると
いいんだけどなー (。・ω・。)

とりあえず残り数日、うまく調整して、
レースに臨みたいと思います。




【おまけ】

帰ってからサイコンを見ると、
何やら大変なことに(´-ω-`)


確か本日の獲得標高は
1700mちょいなはずでしたが、
18675mと(・ω・)

気温も0.6℃だし、
いくら我が家が埼玉ののどかなほうと言っても
標高3168mとマチュピチュをもはるかに超える
そーんな秘境ではないです(T^T)



落車か落としたのか、原因は不明ですが、
本体の繫ぎ目にクラックが入っていて
防水のために接着剤で塞いではいましたが、
雨の日のあとは、画面の内側が曇るし、
GPS機能がおかしくなっていて、
ルートログや地点指定の自動ラップが
機能しない状態でした。

そろそろ本格的にダメかなー(-ω-;)ウーン

また出費がイタイなー(-ω-;)ウーンウーン

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。