メロメロパーク
2006年08月28日(月)

退院後~1ヶ月検診まで

テーマ:0~1ヶ月

 

 

 

こんにちは 

 

リリ子の誕生に対し、 

 

たくさんのかたからのお祝いのメーッセージをいただき

 

大変うれしく思います。 

 

時間がかかると思いますが 

 

メッセージをいただいた方みなさんに 

 

お1人ずつお返事のメールを送りたいと思います。

  

ほんとうにありがとうございました。     

 

 

さて、今回は退院後から1ヶ月検診までの大まかな様子を書きたいと思います。 

  

 


 

★授乳

    

リリ子は入院中から 『よく飲み、よく出し、よく眠る』 赤ちゃんでした。

  

ワタシが一番心配というか、寝れないと覚悟していた2~3時間おきの授乳も

 

予想とは違い、毎日4~5時間は寝てくれました。

 

今は、授乳の時間が決まっていて

 

午前1時

午前7時 (授乳前に体を拭いて着替える)

午後12時

午後4時

午後8時 (入浴後の授乳)


だいたい上記の時間前後に飲んでいます。

 

ただ、寝る時間は長いのですが

 

授乳に時間がかかり

 

両方のお乳を5~6分吸った後ウトウトし、

 

そのままベットに寝かせて(置くと目を覚ますので)

 

起こしてから飲みなおしています。

 

こうするとタ~ップリお乳を飲んで、グッスリ眠れるようです。

  

搾乳⇒オムツ交換⇒授乳⇒ウトウト⇒授乳⇒搾乳 

 

といった流れなので平均1時間はかかります。

 


★沐浴

 

最近リリ子はオフロ大嫌いなんです。 
  

おそらく、大きくなったリリ子の頭をうまく安定いしてあげられなくなったことや

    

乳児湿疹の真っ最中なのでワタシがスミズミまで洗うのを嫌がっているようです・・・・・。

  

そこで、先日ベビーバス用のネットを購入しました。 

 

すると驚くことに入浴中にウトウトするようになったんですよ!

 

家に帰るとワンくんが家にいないときはヒトリで入浴させないといけないので

 

ネットは必需品になりそうです。 

 

これはオススメです!

 

 

★表情 

 

1ヶ月を迎える頃から泣き声がしっかりしてきて

 

機嫌のいいときには声を出すようになりました。

 

また、ワタシ達の声掛けにジ~ッと耳をすませるようにもなっています。

 

1ヶ月検診後から母が朝の授乳前に外気浴をしてくれていますが

 

明るいほうを見ると眩しがったり、いつもと違う気配にホ~ッとした表情を浮かべます。

 

 

★ねんね

 

以前は授乳後すぐに寝ていたのですが

 

最近はキョロキョロしながら声をだしたり、ダッコしないと寝てくれなかったり

 

ベビーベットで寝るのを嫌がるようになりました。

 

ベビーベットに置くと目を覚ますのですが、ワタシのベットに置くと爆睡するんです・・・・・。

  

なので、寝そうにないときにはワタシのベットで熟睡したのを確認してからベビーベットに移しています。

 

赤ちゃんにも好みがあるのでしょうね。

 

 

  

★1ヶ月検診 

  

最近じゃ長い時間目を開くようになり、顔つきも変わってきました。  

   

生後1ヶ月・・・・・相変わらず100パーセントワンくん似のリリ子です。 

 

生まれたときから、イエイエ・・・エコーの写真を見た時からワンくんに似ていました。

 

リリ子を見た人み~んながワンくんに似ていると言います。

 

ワンくん、とってもうれしそうです(笑)

          


  

生後2週間くらいから乳児湿疹だらけになり、

 

顔やお腹にお肉がついてと~っても大きくなりました。

 

この1ヶ月で体重は1kg、身長は4㎝大きくなっていました。

 

一番心配だった乳児湿疹ですが、

 

検診の際に先生から自然に治るので清潔にしておくようにと言われました。 

 

兄や姉の子ども経験したそうですが

 

治るとはわかっていても心配です(ノ_・、)

  

 

★ワタシ

 

出産で骨盤が開いたことから生じる恥骨あたりの痛みが消えないまま退院しました。

   

歩くと痛いのでなかなか思うように動くことが出来ず、

 

母に随分助けてもらいました。

 

1ヶ月たってやっと普段どおりの生活ができています。

 

治療というか、対処法として入院中からニッパーをつけていましたが

     

1ヶ月検診でガードルで固定するようにと言われました。  

 

痛みが続くと整形外科に行くようにとのことですが、

 

回復しているのでその必要はなさそうです。

 

ワタシは、出産よりも産後のほうがタイヘンだったように思います。

  

2ヶ月半の安静生活で筋肉は衰え、

 

その体での子育て・・・腰痛になりました。

 

あと、縫合したところの違和感が残っていて、

 

検診の時の内診は・・・・・苦痛でした(泣)

 

傷は治っているとのことですが、この違和感はなんなのでしょう・・・・。

 

とてもじゃないけど夫婦生活なんてできやしません(笑)

               

 

★ワンくん

 

ワンくんの父親ぶりは後日書きたいと思います。

 

母から分娩室前で感動しているワンくんの話を聞いてなんだか恥ずかしくなりました。 

 

まるでTVドラマのようでした(*´∇`*)

 

 

 


  




 


  

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2006年08月17日(木)

入院生活

テーマ:0~1ヶ月

 

 

 

こんにちはくもり   

 

 

まずは娘のお披露目をラブラブ 

 

生後3日目の娘、リリ子(シリリの娘なのでリリ子にしました)です。  

 

よろしくお願いします。

  

 

 

では、今日は入院生活のお話を・・・・・

   

以前に書きましたが、

 

ワタシがお世話になった産院の特別室はツインタイプのお部屋なので

 

付き添いの人が自由に宿泊できます。

 

ワタシも予定通り、特別室をお願いしました。 

 

7月23日・日(宿泊者=ワンくん)

       出産後、病室にて睡眠

          

7月24日・月(宿泊者=ワンくん) 

       母子同室スタート 

       シャワー開始

       膣・傷の洗浄(点滴&麻酔をしてから処置が始まったので全く記憶にない )

       傷口が腫れていてものすごく不快

       恥骨が痛い(退院後1週間は痛くて歩行が困難だった)  

         

7月25日・火(宿泊者=母) 

       貧血検査 

       子宮が痛くてたまらない(子宮収縮の飲み薬の夜の分を減らし、朝・昼の分は痛み止めと一緒に飲む)

       

7月26日・水(宿泊者=母) 

       沐浴見学(洗い方を教わる)

       

7月27日・木(宿泊者=なし) 

       お乳が張り始める

       赤ちゃんは新生児室へ

       沐浴実践(小さいし、おとなしいので案外ラクに入れられる)  ←今はタイヘンン

           

7月28日・金(宿泊者=ワンくん)

       退院後の生活について看護師さんからお話を聞く

       栄養士さんによる食事の指導  

           

2月29日・土 正午に退院

         

ワタシのほうはこんなカンジで入院生活を送っていました。 

        

 

一方、娘の方は・・・・・

 

血液型の検査=O型

 

黄疸の検査(2回)=普通)

  

先天性代謝異常検査=正常

 

MBII測定(耳の検査)=正常  

 

ビタミンK2内服  

 

といった検査などを行ったようです。

 

あとは、ほとんど寝てました。 

                      

 

入院中はほとんど出なかった母乳ですが、

 

退院後からドンドンでるようになり、 

 

2週間前くらいから完全に母乳のみになりました。

 

出なくても、ひたすら銜えさせてきたかいがありました・・・・(;´▽`A`` 

  

 

次回は退院後から1ヶ月検診まで書きたいと思います。






AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006年08月12日(土)

母になりました♪ (随分前に・・・)

テーマ:0~1ヶ月

   

 

 

 

※ 思い出したことを青の字で書き足しています(*´∇`*)

 

                     

 

こんにちは!! 

 

すっかり更新をサボっていました・・・というか

 

母が産後21日は字を読んだり水仕事をしたりしてはいけないと言うので

 

PCを封印していたんです。

 

そして、今日解禁したということは・・・・・

 

産後21日経ったんです~音譜 

  

前回の更新のあと、

    

 

7月23日(日)、午後10時27分

 

2908グラムの女の子を出産しましたドキドキ  

  

   

出産後、ワンくんに言った言葉は・・・

 

『 もう1人くらい産めそう 』

 

でした。

 

つまり、思っていたより安産だったと思います。

  

 

さて、早速出産までのお話を・・・

 

7月22日(土)、週末だったのでワンくんがワタシに会いに来てくれました。

 

そろそろ予定日でしたし、子宮口も開いていたのでイチオウ長く泊まれる準備をしてきてもらったんです。

 

そして、その日の深夜・・・

 

7月23日、 

 

午前2時      お腹の張りと軽い腰痛で間が覚める

            張りと腰痛の間隔はイキナリ5~7分

   

午前4時      5分間隔の陣痛が続いたのでワンくんを起こす

  

午前5時      両親を起こして産院へ連絡

            入院準備をしてスグ来るように言われ、チョット興奮    

 

午前6時      車で5分もかからない産院へ6時に到着

            準備に手間取り時間がかかる

 

午前6時午後4時  

            陣痛が軽いことと、子宮口がまだ2センチしか開いていないので病室で待機する

            陣痛の合間に、朝食、シャワー、分娩着に着替える、昼食、昼寝をしながら過ごす

            

午後4時30分   ケッコ~痛いな~と思うようになる

 


午後5時      腰をさすってもらわないと(腰が)痛くてたまらないが、話はできる 

            母に腰をさすってもらうと落ち着くが、ワンくんでは・・・ということで母に頼む(笑)

            助産師さんによる子宮口の開きチェックにて、6センチほど開いていることがわかる

  

午後5時30分   陣痛室へ移動  

            意外と普通に歩いて行けたので これからが陣痛との戦いだ! と気合を入れる  

    

午後6時       これまでは座って腰をさすってもらえば話せたのに、陣痛中は話せなくなる  

             痛みの最中は母の語りかけがうっとうしくなる

       

~午後7時30分  ベットに座り母に腰をさすってもらいながら過ごす

            

午後7時30~    痛みが強くなり、座っていられなくなったのでベットに横になって腰をさすってもらう  

             腰をさする係りを母からワンくんに交代してもらう

             チカラを入れてもらったほうが落ち着くので今度はワンくんで(笑) 

             陣痛の合間に眠ってしまう      

                 

午後8時30~    鋭い痛みが短い間隔で襲ってくるのでベットの枠を握り締めて過ごす

             ワンくんは分娩監視装置を見ながら腰をゴリゴリさすってくれる

             子宮口8センチ

               

午後9時       助産師さんにいきみたい感覚を我慢できなくなったら呼んでくださいと言われる             

 

午後9時30分    オシリをゴシゴシさすってもらわないと耐えられない

             イキミたい感覚はわからいないが産道にズンズン響く感覚を感じるようになったので助産師さんを呼ぶ

             本格的な陣痛はこんなもじゃない! と思っていたら子宮口は全開になっていた! 

             そのまま歩いて分娩室へ行く

              

             破水しないので人工破膜の処置をする(チョロチョロ羊水が出てきた)

             強烈な痛みが襲っては来るが、

             陣痛の合間には、看護師さんや助産師さんの分娩準備を眺めながめたり

             分娩室の様子を観察して分娩準備が終わるのを待つ余裕がある 

             (導尿・血管確保のための点滴)

              

イキミ中        キマス!   ←陣痛が来るという合図   分娩監視装置があるから言わなくていいのですが・・・・・

             イキマス!  ←いきむという合図      これは助産師さんが助かったそうです

              

             初めのころは陣痛の合間に呼吸をすることで精一杯だったが、            

             慣れてくると陣痛の合間は看護師、助産師さんと会話できるので

             TVで見る分娩シ~ンって大げさだな~ と思う 

             

              

午後10時27分  ベビー誕生 (へその緒の長さ65センチ)  

                     

その後~       胎盤が出てくる(胎盤・へその緒を見せてもらう)

             切れたところを縫う(チョコットダケ切れたと言われる。。。ホントかどうかはいまだ不明)

             (基本的に切開しない方針の産院なので

                             分娩中ず~っとマッサージをしてやわらかくしてくださいます)

             体を拭いてもらう&フットバス

             カンガルーケア♪ (お乳をすわせる&ワンくんと母が分娩室に入る)

              

ワンくん・母・ベビー退室後~

             子宮のチェック

             (お腹をグイグイ押されてものすごく痛かった・・・)

 

車椅子部屋へ    子宮を収縮させる点滴をするのだが、あまりにもお腹が痛いのではずしてもらう

             母は家へ、ワンくんはそのまま泊まってくれる(ツインタイプの部屋を選択)

             ワンくんは安心したのか、とっても熟睡しているが、ワタシはなかなか眠れない

             ・・・・・下半身が自分のものではない感覚?痛くはないがすごく不快

 

 

分娩時間は18時間でしたが、

 

ワタシが陣痛~出産を感じた時間は陣痛室に入ってから出産までの約6時間ほどでした。

 

以前にも書きましたが、ワタシの子宮口の開きがよく、あとはいきみが上手だったからだそうです。

     

『2人目は早めに産院来ないといけないでしょうね~』 と言われました。 

   

思っていたよりカナリの安産でしたので、これから出産される方々に安産菌を置いておきます(*´∇`*)もらってくださいね♪

 

あと、ワタシの場合、出産のほうが辛かったです。

 

その話はまた後日・・・・・。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。