• 07 May
    • 2017 Turkey trip day 9-Kapadokya day 3

      今日も朝5時半起床私のお部屋114からの眺め曇ってるのが残念だけどたくさん気球はあがっている  ホテルの朝ごはんここはホテルのカフェで食べるのとオーガニックブレックファストっていうのがあって選べるのがよい 今日はホテルのカフェのバフェですこれもほとんど全部オーガニックだと思うチーズ5種類、オリーブ4種類、パン5種類以上毎日微妙に違うパンが出たりしてうれしい  こんな風に出てきた蜂蜜を見るのは初めて!フレッシュ感倍増~!!!どうやって食べていいのかわからなかったので誰かくるまで実は待っててその人の見よう見まねで蜂蜜をとりました  しつこいようだがホテルのカフェからの眺め  今日からプールサイドのお部屋へ移動  程よい広さこの天井のアーチがとてもいい感じ  この刺繍入りのベッドカバーかわいい   バスルームjのアメニティはこのホテルのHamamで使ってるものかな質がとてもよいです  部屋への入り口洞窟感あるでしょ  とにかく坂が多いMardinもGaziantepも旧市街はそうだったけど運動になってよいです ホテルの入り口  今日はオルタヒサルへ行くことにするGoremeのバス停からバスに乗りUrugupの手前で降りるさてこれからが問題なぜかというとこの停留所からオルタヒサルまでのバスは1時間に1本運良く来たら乗ることにしてとりあえず歩きだす 雨がぽつぽつ降ってきちゃった。どうしよう~と思って住宅街を歩いているとバスが~!!!思いっきり手を振ってバスを止めるこのDormusという乗り合いバス結構好きなところで降りられるし、手を振ったら止まってくれるし大好きだ~! そして無事到着  Ortahisar 城前に来たとき同様一番上まではいけなかった危険だからかな?  上の写真、私はどうやら個人の敷地に入ってとっていたらしくおにいさんがそこは僕の土地だけどいいよ~といってくれたそして後でワインのみにおいでと ワイン???  ここへ上るのだが結構急な坂  途中窓風に穴が開いていたのでパチリ  遠くにウチヒサル城が見える  この階段を上るのだが…途中でカップルが上に行くの行かないのともめていたどうやら男の子が高所恐怖症らしい  階段上る途中はこんな感じ高いところ苦手な人はだめかもね~写真下の私の銀のスニーカーを見ると急な坂ってのがわかるかな?  階段狭いし  高いところ好きの私でもちょっと怖かった  無事降りて下のカフェでパチリ  そしてさっき会ったお兄さん実はここの人だっただからワインなのね 内装が素敵なレストラン件ワインセラー  やさしそうなハンサムなお兄さんのお店です  試飲させてくれて欲しいワインもあったんだけどMidyatでシリアのワインを買ってしまったので飛行機に乗ることを考えると買えなかった残念  その後オニキスの工場件お店へ    ここでも欲しいものがあったんだが重くてもって帰れないので買えませんでしたあー、地続きだったらくるまできて買って帰るのにな~  そしておととし四輪バギーツアーでここによったときに寒そうにしていた私に手袋をくれたおじさんのお店残念ながらしまってた  さて帰ろうと思ってバスで着いたところの広場へ戻るとタクシーがない仕方がないので近所のカフェの人によんでもらう事にした Open air museumの近く洞窟いっぱい  この後Open air museumでタクシーを降り美術館のショップをうろうろお店を出て少し歩くとタクシーの運転手が絨毯のワークショップに行きませんか?と聞いてきたまだ時間も早かったしタクシー代を安くしてくれるといったので行くことに 行き先はAvanos中に入るとお店?工場?の人がトルコのじゅうたんができるまでの過程を説明してくれる 糸のかけ方の拡大図  全部自然のもので染めた糸植物の実、葉、コーヒーなどを使って染めているらしい  この絨毯は全部染めてない糸で作られているそうでも色が違うのはなぜ?ってこの地域の羊はしろ、茶、、こげ茶の色がそれぞれいるので染めなくても茶系の色の糸はできるらしいお値段?車が買えるような値段だったよかなり大きいから手織りで何ヶ月もかかるんだろうね 私に絨毯を買って欲しかったようだがアメリカのアパートってもともとカーペットが既に強いてあるからその上に絨毯をひく気にはなれないな~  帰り道はここによりましたきのこの山  このニョキニョキ感がたまらない  そしてLove valleyへ何でLove valleyっていうのかって?このタクシーの運転手によると男の人のあれに似てるからだって私が今まで誰もそんなこと言わなかったよっていったらみんな恥ずかしがりだからほんとのことは言わないんだよ、とぬかすここは女性の天国じゃな~い?だって笑える~!!!   しゃがんだ方が景色が入りやすいとか言われてそうしたがあまり変わりないような…  ホテルのHamamで働いている女の子とキルギスタン出身の彼女、なんとなく日本人っぽい  夕飯に行く途中Uchisar castleをバックに  今日の夕食はNevsehirへ前菜だけですごい量この後たっぷりお肉が出てきました大満足~!!!  

      2
      テーマ:
  • 02 May
    • 2017 Turkey trip day 8-Kapadokya day 2

      朝4時起床。眠いよ~! 気球と一緒に写真を撮りたかったの 朝の5時半くらいからどんどん気球は上がりだし だいたい6時半くらいで終わる   まだ朝日も出てないよ~ これは私のホテルから見える景色 遠くにローズバレーが見える     隣のホテルとテラスが続いているので隣にも出張     曇りなのが残念       そしてホテルのプールサイドへ移動     たくさん撮った中から少しだけ載せたけど この光景はほんとに素晴らしかった         朝7じ 写真撮り終え、お部屋に戻る       8時半ロビー集合 これからオーガニックブレイクファストツアー トラックに揺られて谷をどんどん下っていく 昔はロバか馬で移動していたそう 遠くにウチヒサル城がみえる     谷を降りてトラックを降りるとおばちゃんがパンを焼いている 美味しそう~!     何時もは外で食べるそうだが今日は寒いうえに雨もちらついてきたので中で食べる オリーブ、チーズ、野菜、全部ここでとれたもの そしてなんといっても驚いたのがなすびのジャム 5センチくらいの小さななすびがそのまま砂糖漬けになっていて これをヨーグルトに入れたりして食べる イチジクのジャムの美味しかった   そして去年のVan Breakfast以来病みつきの クルミのジャム クルミの外側が固くなる前に収穫して砂糖漬けにする なのでからも全部食べられるんです     朝食を食べたお部屋の天井 なぜここにダビデスターが?     これがほんとのオーガニックっていうご飯の後は 渓谷の周りを散策 しかし、寒いんです! 朝食で一緒だったベトナム人の家族と     せるふぃ~     お部屋に帰って少し休んだ後は隣町のUrgupへ お気に入りの甘いもの屋さんでケーキを食べる   ここで一言 クレジットカードが使えるって言いな~   この街へ来るまではほぼどこも 外国のカードはカードマシン(たぶんお店が使っているトルコの銀行の設定だと思う)は 使えなかったのよ~     天気も悪いしそそくさとホテルへ戻る ホテルの入り口で     なんか入り口たくさんあるのね、このほホテル     夜ご飯は隣町のAvanosへ Urfa Kababが専門のお店へ行きました 結構な量でしょ お肉がとてもおいしかった     お店の壁に飾ってあったお皿 綺麗なので撮っちゃった     その後Avanosの街を軽くお散歩 Red riverの横にあったモスク とてもきれいにライティングされている     この後、ワインを買って見晴らしのいい丘へ夜景を見に行く 写真、?携帯のカメラでは全然上手に撮れませんでした…   明日は何をしようかな?

      1
      テーマ:
    • 2017 Turkey trip day 7-Kapadokya day 1

      Gaziantepからkayseriについたのは朝の4時少し前何を考えていたのか私はここからドルムシュ(乗り合いバス)でGoremeまで行こうと思っていたそんな朝早くにバスがでてるわけないじゃんねKayseriのOtogarのポリスステーションのお兄さんにバスって何時くるかなぁ?と聞くと6時くらいといわれる あと2時間も何しよう~ でもThank you got !トルコで買った携帯がインターネットアクセスを可能にしてくれているのでメールをチェックしたり、軽く仕事をこなしている間にあっという間に時間は過ぎた 5時くらいになるとバス会社の人たちが出勤しだしてブースが開くそこで私はNevsehir行きのバスが出てる会社を見つけてチケットを買う 大荷物でうろうろしている私をかわいそうに思ったのかバス会社のおじさんがお茶をご馳走してくれた  6時に来るはずのバスは待てど暮らせどなかなか来ないBatmanから来るバスらしくかなり遅れて6時半ころ着ここからNevsehirまで1時間 Nevsehirに着くとGoreme行きのバスは私たちを待っていたかのようにすぐに出発しかしこのバスすごい遠回りしてるNevsehir-Goreme間は20分くらいなんだけど1時間くらいかかったよが、降りて気づいたのだがバス代を請求されなかったのでサービスのバスだったからいろんなところを回って皆を下ろしていたのね 結局Goremeに着いたのは朝8時過ぎGoremeに着くとホテルからお迎えが来ていて車で5分ほどでホテル着 My roomはこの中  ホテルのカフェからの眺めここはGoremeでもかなりいい位置にあり今まで泊まったところで一番良いホテルだと思う  私のお部屋 1回がリビングとベッド   Gaziantepに引き続きこの部屋も2階建て下がバス・トイレであるずーっと暑いMardin, Urfa, Antepと旅してきたがここはホッとするほど涼しい夜は寒いのでヒーターを貸してくれました  お部屋に荷物を置き、少しだけ昼寝をするホテルのレセプションの男の子がここのHamamはプライベートだというので1時に予約を入れる ほんとにこの広いスペースに私だけなの贅沢~!!!  シャワーのあとにHamamのお姉さんが体をここで洗ってくれるKelebekってトルコ語で蝶だから体を洗ってくれる大理石に蝶が書いてあるのねかわいい 疲れていたのでオイルマッサージを頼んだのだが気持ちよすぎて途中で寝てしまうもったいない~!マッサージのあとここでまた昼寝  部屋に戻りお化粧したあとホテルのカフェで従業員と一緒に昨日 gaziantep で買ったkunafeを食べることにしたターキッシュ珈琲を添えて 珈琲を飲み干したあと左手の女の子が占ってくれました私がほしい物は近い将来手に入るそうです  今日は結構のんびりと過ごし近くのカフェで美味しいご飯を食べ夜景を見に行って終わり明日は気球が上がるのと一緒に写真を撮りたいので朝4時おきですお休み~  

      1
      テーマ:
  • 01 May
    • 2017 Turkey trip day 6ーGaziantep to Goreme

      私のGaziantepでのホテルは繁華街のにぎわっている通りから 小道に入ったところの住宅街にある ホテルというよりアパートを貸しているって感じ     中庭が広くて朝ごはんはここで食べました 晴れていて気持ちがよい     なんともアンティークな感じ でもイスタンブールの建物とはまた一味違う     通りに出るとショッピングモールの前で紅茶をついで売っているおじさんがいました 去年イスタンブールのスパイスバザールではこのレモネードバージョンを見た     ホテルの前の道を下に下ると大きな通りがあり そこで観光案内所を発見 1日しかないけど担当の人にどこを見たらいいかな?とたずねると え~っ! 1日、せめて3日は必要だよといわれてしまった Tripadviserによると1日でじゅうふん、みたいなことがかいてあったのに~! 聞くとGaziantepだけでも見るところがたくさんあるのに 近郊にもいくつかいいところがあるらしい 例えばユーフラテス川沿いのまち、Rumkale, Halfetiなど…行きたかった… 続きはまた来年だな   タクシー乗り場を教えてもらって歩いていくと 運転手がいないタクシーが… でも目線を少しずらすと外に運転手らしい男の子がタバコを吸っている すい終わったところで Gaziantepのメインイベントの世界一大きなモザイク美術館つれて行ってもらう   途中、狭い道で反対方向から来た車が私が乗ってるタクシーに横をおもいっきりすった 絶対に相手が悪かったし、タクシーの運転手がかなり怒るだろうとおもったのだけど  お互い降りて車をチェックして大したことないね~、みたいな感じでことを済ませていた   ありえない~!こんなことアメリカだったらありえない 絶対警察呼んで、保険のインフォ取ってとかなり面倒なことになるのに ほぼ何もなかったように去るなんて!!!さすがトルコである   5分ほどで美術館着 終わったら迎えに来るからと名刺をもらい、いざ中へ         トルコの祝日の入った週末の日曜日なので結構混んでる     かなりいい状態で発掘されたものもそうでないものもあるけど 見ごたえはありました       これはRoman Bathの模型 上からしか見えないようになっている         そしてこの有名なジプシーガールのモザイク 幸せ、でも憂いを含んだまなざしがなんともいえない味をかもし出している     ちなみに本物は細い通路を歩いて中に入った特別な部屋にあり 写真を撮るとき絶対にフラッシュをたかれないように 警備の人が2人見張っていました     その後先ほどの運転手に電話をして迎えに来てもらいランチへ 観光案内所の人にここは公園の近くで気持ちがよいし Gaziantepでしか食べれないものがあるよといわれここへ     写真で見ると甘そうなジュースだったんだが 飲んでみると漬物フレーバーの野菜ジュースって感じで強烈     絶対食べなよといわれた羊の入ったヨーグルトスープをたのみ、付け合せはピラフ そうGaziantepはトルコでもワールドキッチンといわれていて アラブとトルコの両方がうまく混ぜ合わさったここでしか食べられないメニューが たくさんあるのです でも悲しいかな一人だとそんなにたくさん種類を食べられないよ~     食事も終わりまたタクシーのお兄さんに電話をしてホテルの近所 Gaziantep城のあたりへ連れて行ってもらう   てくてく歩く 由緒あるカフェ?らしい     昨日は遅くいったので中に入れなかったので 今日は中を見てみる       この写真を撮ってくれた人 うまくとってくれた へたくそな人だと城がちょん切れちゃったりするのよね       お城の下にはギフトショップがあり、ここでスカーフを発見 このおじさん、なかなか面白かった そして頭にGaziantepの村の女の子風にスカーフを撒いてくれました     巻き方     そしてこんなものを発見!     その後、お土産のピスタチオをさがしにまちへ   途中通りかかった八百屋で トマトの色の見事なこと! アメリカのトマトとは大違いである     そして靴! ここの特産品らしくいくつかお店がありました 手作りの革製でとても履きやすそう     この中はカフェでした 古い建物を改造したところらしい     同細工で有名なこの街 ほしいものいくつかあったんだけど 荷物のことを考えると買えませんでした 車で行ってたらね~…     そして甘いもの屋さんに立ち寄りクナフェをオーダー その場で作ってくれるところが感激!     その後ミニグランバザールみたいなところへ このお店でオットマンスタイルの剣を調達 クィーンが使っていたという小さめのものにしました (大きいのは重いので飛行機に乗ることを考えると買えなかったよ~)   このお店のものはすべて彼の手作り お父さんから作り方を伝授されたそう     買い物を終えホテルへ戻って荷造りしてシャワー 23時のバスでKayseriへ向かうのだ ここのホテルも英語はほとんど通じなかったが みんなよくしてくれました   9時半にタクシーのお迎えが来て皆とさよなら ここではやり残したことがかなりあるので絶対に来年また来る!   GaziantepのOtogarは結構大きい     ここからGoremeまで5-6時間 バスは飲み物付き、テレビ、Wifiありと至れり尽くせりである お休み~

      1
      テーマ:
    • 2017 Turkey trip day 5

      シリア国境近くの大きな街を行く今回の旅 Mardin-Sanliurfaときて 今日はUrfa 最終日 バスの時間までホテルの近所をうろうろ Kunafe 作ってる~! 食べいたいけど時間がないよ。残念     私の泊まったこのホテル、ほんと内装が素敵         ホテルのフロントデスクのスタッフと 英語を話すスタッフは2人しかいなかったが みんなよくしてくれた     そしてタクシーでOtogarへ 来た時は運転手にぼられそうになりもめたが 今回の運転手はおつりはいらないよと太っ腹   Otogar(日本でいうとバスセンターって感じ)では それぞれの会社が行き先を叫んでこっちこっちと客引きをする 私の予約していたバスは2時だったけど 違うバス会社のお兄ちゃんがうちのは1時半っていうからそっちにしたのに 結局出発した時間は2時。(この辺トルコらしい、やられたって感じ)   Uhrfa-antep Diyabakir baris というバス会社 バスは窓際で快適でした 途中検問 ここでみんな身分証明書を見せる     これはたぶんユーフラテス川 途中のBirecik の街を通り過ぎるところで撮りました ここにもよって川辺を散策するといいよといわれましたが 今回は時間が足りなくて無理だった     そして日が暮れる前に無事Gaziantep着 私のホテルに部屋 1階がリビング     2階がベッドルームとバス、トイレ 屋根裏で天井がかなり低い でもとてもかわいいお部屋       さっそく街に出てみる ホテルから出て少し下がっていくと 一番最初に目に入ったのは Gaziantep城     さらに下がっていくと撮影用の場所が…     有名なHamam らしい 女の人は17じまでだって 今18時。残念     ホテルの近くにあったお店 ここ石鹸、コーヒー、チーズ、オリーブオイルなどなど ほしいものがいっぱい! とりあえずピスタチオのコーヒー,チョコフレーバーのTurkish coffeeを買う あ、アレッポの石鹸も     ここはミニグランバザールって感じかな     そしてホテルの隣にあるこのお店 最初に通った時はそんなに混んでいなかったのに 19時半ころ行ったら満席で断られてしまった 後で知ったがかなり有名なお店らしい     1時間ほど待っていくと少し落ち着き座れた     なに飲んでると思う?スープではないよ アイラン!!! こんな大きな銀のボールででてきました     私はSimitというものをオーダー     結構な量である そしてここもパンがおいしい     食後、腹ごなしに散歩をしていると 音楽が聞こえてくる しかも生音! 音に惹かれるようん歩いていくとここにたどり着きました     このおじさんたちが素敵な音楽を演奏していたので ここでお茶することに (ほんとなら飲みたいところだけどお酒は置いていない)     途中FBでLiveしてたらそれを見ていたトルコ人の友人が 曲のリクエストをしてきて頼んだらそれを演奏してくれました もちろんLiveで配信 おじさんの一人がトルコ語で、たぶん、 いっぱいチップ頂戴ね~、みたいなことを言っていたと思う もちろん、チップはお支払いさせていただきました     彼はカフェのマネージャー ここもほとんど英語は通じなかったが わたしのなんちゃってトルコ語で楽しい時をすごしました~      

      1
      テーマ:
  • 29 Apr
    • 2017 Turkey trip day 4ーHarran

      昨日ホテルの人にタクシーをアレンジしてもらい Urfa2日目の今日はHarranへ   行く前にどうしてもキャッシュが欲しかったんだが (ここら辺、イスタンブールと違ってトルコ以外のクレジットカードがほぼ使えない) どこの銀行も円は変えてくれなくって結局ATMから現金をおろすことになる しかしガイドさん根気よくいろんな銀行とか換金所に付き合ってくれて 頭が下がる思い   ウルファからハランまでは結構遠い 約50キロだから車で1時間くらい 最初は一人で行くつもりだったがこりゃ無理 タクシーアレンジしてもらってよかった         平日だったためかほとんど人がいなくってラッキー       この辺はあまり遺跡の保存状態は良くないですね...     そして昔は人が住んでいたというこの地方独特の建物へ 環境客用かラクダが…     中はこんな感じ     天井はこんな感じで天窓から日が差す     ゲスト用のお部屋     部屋のデコレーションがとてもかわいい     ここに泊まってみたいものです     今日のガイドさんと運転手 今日ははすごい風で土埃がまって ここを管理している人がお水を撒いていました     途中羊の大群に横切られたり ロバに車を引かせているアラビア人の家族に会ったりしました     次はここ The Great Mosque and Abraham's Cave Prophet Abrahamが生まれたというところ     素敵なモスク ここのお水はHoly waterで持って帰る人もたくさんいました ボトルもっていくんだった     中も素敵である     その後Urfaの美術館へ gobekli tepeの模型 今回行きたかったのに閉まっていていけなかったので ここで模型だけでも見られてよかった         美術館にいる間に雨が降っていたらしく外に出ると少し蒸し暑い   そしてBalıklı göl 私の泊まっているホテルはこの向かい側     魚にあげる用のえさが売っていて まくと魚たちが寄ってくる   Rizvaniye Mosque 金曜日ですごい人である 後には     Balıklı gölのそばのカフェ     レンティルのスープを飲みました     そして次へ 上にのぼるよ~     Balıklıgölの反対側にあるモスク Halil Ul Rahman Mosque     Sanliurfa castleのほうへ登ってみる     上からは街が見渡せます     Girls !     日本人がかなり珍しいらしくみんな一生懸命英語で話しかけてくれました     私のホテル オットマンスタイルの内装の美しいこと!     奥にはSultanの絵?     上から見るとこんな感じ     せっかくなのでPhoto shoot        

      1
      テーマ:
  • 27 Apr
    • 2017 Turkey trip day 3

      マルディン、2日目Zinciriye medresesi に行ってみる  うろうろしてたらロコの男の子に写真を撮ってあげるから小銭をくれとせがまれ...でもさすが慣れているのかいい写真が撮れました  たまたまホテルが一緒だったこの人この人のおかげでかなりいろいろ助かったイギリス在住のパレスチナじんのおじさん英語が通じたのは彼とほんの何人か彼がアラビア語で通訳してくれたおかげで物事がスムースに行きました(ここってトルコ語、アラビア語、クルド語、イラン語が主流みたい)  Mardin castle ?上まではいけませんでした  Nice view !空気が綺麗なんとなくもやがかかっていて写真だと海っぽく見える  青空とのコントラストがきれい  次はMaridin Museumへ  とても素敵な建物    今日も結構暑いです  もう少しいろいろ見たかったんだけど4時にOtogar行きのタクシーがむかえに来るのでホテルへ戻る 帰り道にこんな子を発見トルココーヒーを挽くクマ  この後はバスターミナルまでタクシーでMardinのOtogarはあまり大きくない バスで揺られること2時間弱Urfa到着Urfaからホテルまでタクシーでもってまたタクシーにぼられそうになりほてるのまえでもめる が、ホテルのスタッフがことを穏便に済ませてくれる チェックインしているとどこかから、”SHIRIN"と呼んでるような気が??? なんと去年ネムルート山であったガイドさんと、ホテルのおーなーUrfaのホテルでばったりすごい偶然 ホテルのフロントの男の子がなんでこのアジア人とクルド人が知り合いなのか?と、不思議そうな顔をしておりました  お互い、近況を語り合い近所のカフェでご飯  今夜からお世話になるホテル  立派なロビー  別館への入り口?  内装もすごく素敵!  今夜はラッキーにもSweetに泊まります  ゴージャス過ぎておひとりさまにはももったいないですね  スナックとコーヒー、紅茶つきである  アメニティもナイス  テーブルには素敵な絵が  お部屋からの夜景も素敵です  今日はぐっすり眠れそう

      2
      テーマ:
    • 2017 turkey trip day 2

      今朝は6じ25分の飛行機でマルディンへ 昨日寝たのが遅かったので朝三時半おきはつらかった タクシーで10リラのところを15と請求されいつもならここで言い合いになるのだが 眠くて15リラ払ってしまった トルコ人の友達が聞いたら笑うだろう   国内線ターミナルは人でごった返していて ケンカを始めるおじさんたちを3人も見てしまった   でも私はすんなりと飛行機に乗り~     飛行機の中でフェタチーズのサンドイッチをいただき マルディン到着 周りは畑しかなくここってかなり町の中心から離れている模様     30分ほどしてホテルに到着 ホテルは丘の上のほうにありくねくねと細い道を上がる 車だときついな、と思っていたら ロバとか馬で移動してる人もちらほら     ほてるのカフェ     とってもアンティークな内装、素敵!       今夜の私のお部屋 どのベッドに寝ようかな?       部屋の天井も素敵     ホテルの受付にいた男の子に行きたいところを伝えると ツアーをアレンジしてくれることに 私のなんちゃってトルコ語と彼のなんちゃって英語で話がまとまったところに驚き!   最初に行ったのはここ       地下に入るとこんなに深い 3階分はありそう     次はここ     サングラスを忘れ、まぶしくてしにそ~!     中には今日は入れませんでした 残念     眠そうな顔でごめん     次はここである       ここへ来て初めてまともに英語を話す人に遭遇 この牧師さん、LAの隣町バーバンクにすんでいたらしい     礼拝をするところかな     まぶしい、そして暑い     石造りがなんともいいかんじである もう少しまともな服を着てたら絵になる写真が撮れたのになぁ~     ここは写真を撮るスポット     そしてMidyatへ     ここも建築がすごく素敵~! そして空の青が綺麗 映画の撮影で使われたらしくトルコ人の観光客もたくさんいました     ここで銀細工のアクセサリーが欲しかったんだが どの店も現金しか取らない やっぱりイスタンブールでもっとキャッシュおろしとくんだった 両替所もあまりないし、ATMは全部トルコ語(イスタンブールだと英語の機械もある)   そしてこの街、私が行ったのは2時ころだったと思うんだがどの店も電気がついていない 聞くといつものことだそうで5時くらいになったらつくかも?とかのんきなことを言っている   ちょっとぶらぶらしているとソラマメみたいなのを食べてる男の人がいた それ何?と聞くと英語が帰ってきた ここへ着て3人目のまともに英語を話せる人だ~ ソラマメはアーモンドのが熟す前のもので カリカリとしてりんごみたいな食感 私たちが普段食べているアーモンドは熟してからが硬くなったものの 中身らしい   Midyatの街を見下ろす     せっかくMidyatまで来たんだからMor Gabriel Manastırıに行きたかったんだが ガイドはしまっているという (直感で彼は行きたくなかったからそういったと思った、結構ここから遠いし…) ​​​ 気を取り直してつぎはここ     荘厳な感じでしょ     ここでは結婚式をした後のカップルが写真を撮ってました 絵になるもんね         ツアーを無事終え、ホテルに戻る ロビーで一人旅のロンドン在住のパレスチナ人のおじさんと出会う ご飯は一人より二人のほうがおいしいよね、ということで一緒にレストランへ   カフェからの夜景 Mardin castleが上に見える       ごはんはおいしかった ワインがない(お酒がない)のが残念だった ここでも一人だけ英語を話す人がいた     ワインが飲めないエリアではいつもアイランをたのむ 、こんなのに入って出てきて感激!     さて明日は早起きして街を散策しようっと

      3
      テーマ:
  • 24 Apr
    • 2017 turkey trip day 1

      2017Turkey Tripのはじjまりで~す 初日、余裕をもって用意したつもりがやっぱりバタバタしてしまった うちから空港へは初めてLiftを使ってみました タクシーだと20ドルくらいなんだけどリフトだと10ドル お得ですね   待ち時間はぶらぶら このスクリーン、LAから飛んでる街のイメージがでるみたい ちょうどチューリヒからイスタンブールに変わったところ     6時になったら水滴だったスクリーンが時計に変わり 時計の中で人が踊ってる~!!!         空港へ着いたのは1時間半前でやばいかも、 と思ったが離陸の時間が予定より1時間遅くなったらしく余裕だった     満席のフライト 最初に映画のチェック この映画見たかったの アメリカでは上映されなかったからね 結構よかった 3回くらい泣いた     トルコの白ワイン このごすぐご飯が出てくるはずが 急に揺れだしごはんが出てくる前に酔っぱらう       サーモンがメイン 美味しかった~     つくのは夕方なのにあさごはんが出てくる チーズとパンがおいしい     ついたらイスタンブールの空港は激混みで 友人との待ち合わせに遅れる しかもWIFIつながらず...   が、前回来た時のクレジットが電話に残っていて電話できて助かる   無事友人と出会いご飯 LahmarcunとAyran 美味しかった~     今日は明日4時起きなので空港の近くのホテルをとりました 友人が間違って隣のホテルに私を下して チェックインするとここではないよと言われ焦ったが 歩いて50メートルだよということでほっとする   広い~!たった7時間しかいれないのが残念     お風呂もあったので旅の疲れが少し取れました     16階から見る夜景も素敵    

      3
      テーマ:
  • 23 Apr
    • 4月のClub cleopatra

      わ~、トルコに行く前でバタバタしていてこの記事アップし損ねてました~   毎月恒例のクラブクレオパトラです 今回は恐ろしいことにレストランのオーナーがショーの4日まえに 23日はショーはできないよといってきた もっと早く言ってくれ~! ばしょ探すのも大変だけどダンサーさんとお客さんに場所が変わったっていうの 大変なのよ。   ここのマネージャー時々こういうことするのよね~ ラテン気質でのんびりしているからなのか? ラッキーにも空いている箱があったからよかったものの…     とりあえず無事ショーができて良かったよ     お気に入りの衣装 春はこれが着たくなる     トルコ製です     来月のショーはトルコから帰ってきてからのものになります 楽しみ!

      1
      テーマ:
  • 14 Apr
    • ロックな夜

      LA通の人なら下の写真を見たらどこのことかわかるはず  が、あんまりロックでない私は名前は知っていたしここの前を昔は散々通っていたけど入ったことがなかった昔はどっちかといえば黒い系の音楽のほうが好きだったのでHouse of bluesのほうに通っていた  今日はたまたま音楽関係の友人が誘ってくれて初めていくことに そしてバンドはQueenのカバーバンドロック好きでなくても彼らの曲なら知っていたし何曲かは好きな曲もある  客層、年齢層高し  VIPだから2階から見ることもできたんだけどやっぱりライブは近いほうがよいよね~  お店はそんなに広くないのでかなり前のほうで見れたので臨場感ありありで感激!  私のスマホだからあんまり音はよくないけどボーカルは結構よかった  しかもこのライブはテレビで生放送だったのでかなり緊張感もありました  おじさんもおばさんもスマホで写真とったりビデオとったりかなりの盛り上がりぶりでした  しかし私が一番盛り上がってたかも連れは全曲一緒に歌っていた...  初ロックのライブ、すっごく楽しかったです次はデヴィット・ボウイのカバーバンドいこうかな

      1
      テーマ:
  • 10 Apr
    • 4月のTales of the seven veils

      今年2回目のTales of the seven veilsはトライバルフュージョン系のダンサー多し!北カリフォルニアから来たRASAは切れのある踊りで見ごたえがありました  Angela & me  今日のダンサーさん  エジプト人のSinger, tabla player- AhmadLAの80年代、ベリーダンスの黄金時代を知っている彼いろいろと楽しいお話が聞けました  こんな事して遊んじゃう 手作り衣装で~す!   

      2
      テーマ:
  • 27 Mar
    • 3月のクレオパトラ

      毎年恒例のMy birthday bash今年は友人のDr. Samy Farag(彼も3月生まれ)と合同でやりましたFarag氏がロシアとエジプトからダンサーさんを呼んでくれていつもよりも豪華なショーになりました そしてきているお客様も豪華ある意味大先輩、大御所が多く来ていたので少し緊張 肺活量には自信があるので一気に吹き消したよ!   Jillinaはじめ、Fatihem, BDUCのAtlanticeも来てました  友人からお花をいただきました  Dr. Samy Farag & me Jillina & me Paula & me Atlantis(BDUC), Laila from Cairo & me プレゼントもらったよ~  そしてお家へ帰ると家の前がこんなことにこんなNiceなサプライズははじめてだ~!!!ありがとう!  閉めのポーズ!今年のお誕生日は今までに無い素敵な1日となりました 

      テーマ:
  • 22 Mar
    • 誕生日のクレオパトラ

      3月は毎年恒例の私の誕生日パーティを兼ねてのクラブクレオパトラ   今年はカイロナイツ(ベリーダンスのCD)のプロデューサーのDr.Samy Farag氏から 誕生日パーティ一緒にやってもいいかな?(彼も3月生まれ)と連絡があり 合同でやることに   Farag氏からのプレゼントとして シアトルからLeilah Farid, ロシアからInnahを招いてくれました     地元ロサンゼルスからはベリーダンススーパースターズの最初のキャスト、Rania. BDUCのチャンピオン、Jasmina,私の生徒さんたちDesert Secrets,And more... 素敵なダンサーさんたちを迎えての素敵なショーになりそうです        

      テーマ:
  • 17 Mar
    • アメリカンバレエシアター

      今日はアメリカンバレエシアターの.Whipped cream を見に行ってきました ダンサ-の質の高さはもちろんだったけど、衣装、舞台セット、音楽ともにすばらしかったです 結構木曜にしてはこんでるでしょオーケストラは舞台の前の狭いところでかわいそう…バレエの時は舞台のエリアの温度設定をダンサーさんのために上げているので暑いらしいみんなそろってカーテンコール!!! せっかくだから黒ビールを片手に記念撮影 

      テーマ:
  • 14 Mar
    • 最後のショー

      先日友人のDonavonのスタジオで最後のショーがありましたこのビルのオーナーがここを売ることにしたためDonavonのスタジオもなくなってしまうのですとても残念 私はここでたくさんのダンサー、ミュージシャンに出会い、Gamal Gommaから生のTablaで踊るためのクラスを受けたのも最初にライブで踊ったのもここでした たくさんのダンサーとミュージシャンに惜しまれながらの最後のショーはとってももりあがりましたよ~!     今日のフルキャストDonavonとのツーショット またこんな素敵な場所が出てくると良いなぁ~

      テーマ:
  • 01 Mar
    • クラブクレオパトラ9周年記念パーティ!

      なんとついに9年目毎年思うことだけど同じ場所で毎月ショーがてできていることに感謝そしてたくさんのダンサーさんがここで踊ってくれてお客様が来てくれることにも感謝!!! 今回も個性的なダンサーさんが出演してくれてとっても盛り上がりました 10周年を目指してがんばります!皆様よろしくお願いします  

      テーマ:
  • 24 Feb
    • ロサンゼルス、トラベルショー

      今年も踊ってきました、ロサンゼルストラベルショー各国、そしてアメリカ国内から旅行会社やエアラインが参加するこのショー、グローバルビートステージでは毎年様々な国からのダンスが披露されます これは台湾のダンスの1部 インドネシアのダンス インドネシアでもファンを使ったダンスがあるんですね~ そしてマウイのブースではフラが~ 私のTroupe,デザートシークレットのメンバーとスリランカのダンサーの女の子 今年もとても楽しいショーでした! 

      2
      テーマ:
  • 06 Feb
    • 今年はじめのTales of the seven veils !

      今回のショーはスーパーボウルと重なってお客さん来るの???と不安だったが以外にも盛り上がりました !バレンタインショーだけあって衣装は赤とピンクが多いですね 

      1
      テーマ:
  • 23 Jan
    • 1月2個目のショー!Mystique Orientale

      今年に入って2個目のショーはMystique Orientaleこのショーは随分昔に私は始めたショーだったんだけどパートナーのアンジェラに引き渡していたもの今回は私もパートナーとして参加 大雨にもかかわらずお客様が来てくれて感謝! ダンサーさんもいろいろなスタイルで踊ってくれてとても楽しいショーとなりました次のショーは2月5日、楽しみです 

      1
      テーマ:

プロフィール

Shirin

自己紹介:
ロサンゼルスでベリーダンスを教えつつ、毎月ショーを開催しています

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

旧ランキング

習い事
6601 位
DJ・ダンス
2377 位

ランキングトップへ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。