台東区谷中のピアノ教室「しらゆきピアノ教室」

日暮里駅より徒歩1分、情緒あふれる谷中の町のピアノ教室です。
ピアノ講師がレッスンで感じたことや、教室のニュースを書いています。


台東区谷中のピアノ教室「しらゆきピアノ教室」


 
NEW更新! しらゆきピアノ教室HPはこちらから

  レッスンの空き状況          
生徒募集を再開しました!
現在の空き状況
月曜日 15:00~
金曜日 15:00~、15:30~
お気軽にお問い合わせお待ちしております。

テーマ:

こんにちは。
日暮里駅から徒歩1分、台東区谷中の「しらゆきピアノ教室」です。


昨日はこれに行って来ました。

ピティナ主催の「トークコンサート祭り」
その第1部「ショパン!Chopin!」

{38B5928D-1C6F-4C4B-A0BC-4B4573A961AD:01}

{B397462F-B3A1-4BCC-85AB-62B5F673733B:01}


{C508D37A-D664-46B5-A9A4-EEEBA5DB188B:01}

{535C3B5C-8482-4BC6-A9D0-05A9AD4AA46C:01}



4名の先生方が15分ずつ、楽しく勉強になるトークを交えながら、演奏を披露してくださいました。

宮谷理香先生は、

「ショパンは音に様々な感情を込めることがとっても得意でした。
これから弾くバラード1番にも、色々な気持ちがたくさん込められています。
時には優しく、時には激しく。
この曲は、ショパンからのお手紙だと思って聴いて下さい。」


わ~~♡
ショパンからのお手紙なんて、素敵ですね~~。



続く江崎昌子先生は、
ショパンのワルツについてでした。

「ワルツは円舞曲と書きます、その名の通り、円を描くようにくるくるまわりながら舞う曲です。
19世紀にヨーロッパで大流行しました。」

なんと江崎先生は、ご自身の結婚式をポーランドで挙げられたそうです。(ご主人はポーランド人??)

その披露宴では、まず新郎新婦がワルツを踊るのだそうです。「私たち結婚しました!」ということを踊ることでお客様に披露するのだそうです。素敵ですね~~

そして披露宴は朝まで続き、朝まで飲んだり食べたり、そしてワルツを踊り続けるそうです。

花嫁もよれよれになるまで踊るそうですよ!
日本とは大分違いますね。


続く佐藤勝重先生、
「拝啓、ショパン様」というタイトルで

ショパンに影響を与えた作曲家、ジョン・フィールド、
ショパンに影響を受けた作曲家、グリーグ、スクリャービン


のお話をして下さいました。

グリーグは「北欧のショパン」
スクリャービンは「ロシアのショパン」

と言われているのだそうです。

ショパンにとても影響を受けて、ショパンのようになりたいと思っていたのだそうです。
たしかにロマンティックな作風はショパンに似ていますね。
スクリャービンの「左手のための小品から ノクターンOp.9-2」を弾いて下さいましたが、とーっても素敵でした!

左手のための曲って結構あるのですね。
少し前にテレビで「左手のピアニスト舘野泉」さんの番組を見ましたが、とても感動しました。

ジョン・フィールドは「ノクターン」と言うジャンルを最初に作った人です。
ショパンはそれに影響を受け、「ノクターン」をたくさん作りました。



最後のミハウ・ソブコヴィアク先生、

ショパンの曲をジャズ風にアレンジして演奏して下さいました。
とてもカッコ良かったです。
ひょうきんで面白い先生でした。


夏休みの自由研究にピッタリな催しでしたよ。

教室の生徒さんにも事前に紹介しましたので、行った人もいるようです。


行かれなかった人はぜひ来年行ってみましょう!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

こんにちは。
台東区谷中の「しらゆきピアノ教室」です。

今年もピティナ・ピアノコンペティションの季節まっただ中です。


A2級のSちゃんと、



A1級のRちゃんが予選通過しました!



おめでとうございますクラッカー


夏休みが始まったけれど、まだ本選があるから頑張らないとね。

毎日暑いけど・・・

もう一踏ん張り、私も頑張ろう!!アップ


通過出来なかった生徒ちゃんたち、決してがっかりしないでね。

いままで頑張ったことはムダにはならない。

それは保証するビックリマーク

コンクールは運もあるし、
まだ準備ができてない小さい身体で、少し背伸びした曲やテクニック・・・
もう少し成長すればすんなりうまく弾けることもある。

練習も、たくさんしたつもりでもまだ足りなかったのかもしれないよ。


いくつか予選を見たり、話を聴いたりして、

会場によって多少レベルの差もあったな。


運悪く(?)ハイレベルの会場に当たってしまった生徒もいて・・・


でも終わった子はみんなすがすがしい顔で次のレッスンにやって来る。


なにか一つ仕事をやり終えた大人も、きっとそんな気持ちなんだろうな。


そうやって、熱い夏を超えて、またひとつ大きくなるんだね。


コンペに挑戦したことが、みんなの良い思い出になりますようにラブラブ

















AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

こんにちは!

台東区谷中の「しらゆきピアノ教室」です。


さて、またまた100マスシート完成した生徒ちゃんがでました。




曲にマルをもらうと一マスぬれます。


また、コンクールに参加して優秀賞や奨励賞などの賞をいただいたり、

ピアノステップに参加したりすると、一度に何マスもぬれたりします。


そして、この100マスシートが完成すると、私の教室では


トロフィーがもらえます!
ちゃんとネーム入りですよ!
ト音記号でとってもかわいいんですよ。
ピアノの上に飾れるように、小さめのサイズです。

今日、トロフィーをもらった生徒ちゃんは1年生のYちゃん。


ピアノを始めて1年と少しですが、今年は頑張ってピティナ・コンペにも参加しました。


キャリアがまだ少なかったので予選通過には至りませんでしたが、来年に向けて今年は様子見でチャレンジしました。

でも難しい曲をがんばりました。


コンペに参加すると、1年分くらい一気に上達するし、ピアノに対する意識も変わるようで、とても良かったですね。

これからもがんばりましょう。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇