台東区谷中のピアノ教室「しらゆきピアノ教室」

日暮里駅より徒歩1分、情緒あふれる谷中の町のピアノ教室です。
ピアノ講師がレッスンで感じたことや、教室のニュースを書いています。


台東区谷中のピアノ教室「しらゆきピアノ教室」


 
NEW更新! しらゆきピアノ教室HPはこちらから

  レッスンの空き状況          
ただ今、若干名の枠がございます。(30分レッスン)
曜日、時間は、メールまたはお電話でお問い合わせ下さい。



テーマ:

今日はRちゃんが「ショパンコンクールin Asia」の地区大会に参加しました。

Rちゃんにとっては初めてのショパンコンクール

小学1年生のRちゃんには初の大舞台で、かなり緊張していました。


結果は銀賞で、めでたく通過することができました。


結果よりも私が嬉しかったのは、

Rちゃんの「心の歌」が初めて聴こえてきたことです。


真面目なRちゃんは今まで、言われた通りに頑張ろう!言われた通りに弾こう!

という気持ちが強くて、どうしても心の歌が聴こえて来なかったのです。


今日の本番、客席で聴いていた私に、初めて、Rちゃんの「心の歌」が聴こえてきました。


それがとても嬉しく、一緒に心の中で歌うことが出来ました。



素晴らしいひと時でした。


音楽は一瞬の芸術。


生徒ちゃんとの心の絆を確認する一瞬でした。


こんな素晴らしい瞬間に出会えた今日に感謝します。


Rちゃん、ありがとう・・・


そして「おめでとう!」




AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:

3月から始まった、ピティナ・コンペティションに向けての練習、


約半年間の長い長い闘いでした。



昨日の本選で、B級のS君が奨励賞、

一昨日の本選で、A1級のRちゃんがやはり奨励賞を頂きました。








特にB級のS君は予選通過の後に本選曲の譜読みに入ったのに・・2週間ちょっとで、よく2曲仕上げて、しかも賞まで頂いちゃって目と感心しています。

優秀賞、奨励賞を頂けるのは全体の4割だそうですので、本当によく頑張ったと思います。

おめでとう!

そして、お疲れさまでした。

ママさん方も、あちこちの会場に出かけて、補助ペダルも持って・・・暑い中、大変だったけれど、コンペを通してお子様方が大きく大きく、見違えるほどに成長されたのが実感出来たのではないかと思います。


音楽って、本来、お点を付けられるものではないのに、そこにお点がついてしまう・・・


その理不尽さを感じない訳ではないけれど、


「コンクール」なのだから仕方ないです。


競争に加わったからこそ、お子様の可能性を存分に引き出すことが出来たのですね。


半年前の皆さんとは、顔つきが違っています。


それは私にもよーく分かりますよ。


大変な努力が必要な事に挑戦し、それを成し遂げると、小さな子供でもこんなにも自信に満ちた顔つきになるのかと、本当に感心します。




実は本選に出場したのは今年初めてで、よって私が本選を実際に聴くのも初めて・・・


わ~お。生徒が出なくても昨年聴いておけば良かったな・・・と思いましたが、時すでに遅し。


実際に聴いてみると、やはり本選は予選とは段違いのレベル、そして審査の基準も良く分かりました。



それにしても、ほとんどみんなが同じ曲を弾くのに、こうも違って聴こえてくるのは、本当に面白いです。


音色も、テンポも、歌い方も、強弱の付け方も、みーんな違う。


コンクールの審査員の先生方って、一日に200人以上の演奏をお聴きになる訳ですが、けっこうあっという間に終わってしまうのではないかしら?


とは言え、1人ずつにコメントを書いて下さるのは、本当に大変な事だと思います。
しっかりとたくさん書いて下さって、これを200人も書き続けるのかと思うと・・・腱鞘炎にならないかしら?と心配になります。


ともあれ、私も昨日ですべての生徒さんの本番が終了して、ホッとしています!


3月からずーっと、同じ曲ばかり弾いてきた皆さんには、好きな曲をやらせてあげる約束をしてあったので、


それぞれ、「妖怪第1たいそう」とか「アナ雪」とか「ソナチネ」とか・・・選ぶ曲にも個性が表れます(笑)


残りの夏休みを思いっきり楽しんで下さい!





AD
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:

もうずいぶん日にちが経ってしまいましたが・・・・

今年も無事に終了しました、発表会。

Le Petit Concert 2014


なぜか意味もなくフランス語なのであるニコニコ

毎年プログラムは私の手作りよん。




今年は、小さいお子さんがたくさん出演下さって、とっても可愛かったのラブラブ
















大きいお姉さん方もがんばりました!




そしておじさんも。



この方は、
「宇宙戦艦ヤマト」を私と連弾しました。
「沖田十三艦長」のコスチュームもバッチリ決まっています。

えっと、マスクみたいなのは、マスクじゃなくて、「ヒゲ」ですわよ!


プロジェクターも借りて、初の「バックに画像」を映してみましたの・・・いかが?





ほんのちょっとミスしちゃったけど、演奏はまあ置いといて・・・


最後に「沖田十三艦長」が、子供たちのために、

「指の基礎練習をしっかりやるとこんな良いことがあるよ!」というお話をしてくださっていますので、お時間あればぜひご覧下さいませませドキドキ





AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード