台東区谷中のピアノ教室「しらゆきピアノ教室」

日暮里駅より徒歩1分、情緒あふれる谷中の町のピアノ教室です。
ピアノ講師がレッスンで感じたことや、教室のニュースを書いています。


台東区谷中のピアノ教室「しらゆきピアノ教室」


 
NEW更新! しらゆきピアノ教室HPはこちらから

  レッスンの空き状況          

現在の空き状況
月曜日 15:00~15:30
金曜日 15:00~15:30

お気軽にお問い合わせお待ちしております。

テーマ:

皆様こんにちは!

日暮里駅から徒歩1分、台東区谷中の「しらゆきピアノ教室」です。


先週、ピティナのセミナーの一つ、

『室内楽体験~夢の1Dayトライアル~』



に参加してきました!




参加者は、現役のピアノの先生ばかり9名でした

私のように室内楽に初挑戦の方もいれば、経験豊富な先生もいらして、みんなそれぞれ演奏したい曲を選んで、参加しました。


「室内楽」と一口に言ってもいろいろありますが、


今回は、ヴァイオリンとチェロとピアノのトリオ、
または、ヴァイオリン、あるいはチェロとのデュオ

に限定です。

ヴァイオリンは「田辺秀樹先生」



チェロは「小澤洋介先生」


お二人ともプロの演奏家です。
しかもお使いの楽器が、なんとお二人とも1700年代のヴァイオリンとチェロ・・・

ベートーヴェンが産まれる前に作られたものなんだそうです!

大変に貴重な物で、その価値は億以上の単位だとか・・・


そしてピアノは、最近人気の「FAZIOLI」(ファツィオリ)


ホールは、昨年オープンしたばかりの、
「海の見える舞台」で話題になった「豊洲シビックセンターホール」です。

(実は、私の教室の今年の発表会はここでおこないますビックリマーク

こんな素晴らしいチャンス、滅多にあるものではないと、すぐ参加申込をしました。


そして、舞台上で公開レッスンをして下さる講師の先生は
今年のピティナコンペティションの課題曲セミナーの講師もされた「金子恵先生」です

公開レッスン風景です。









私の曲は、

クレンゲル ピアノトリオOp.35-2 第1楽章
エルガー 愛の挨拶(小山和彦編曲ピアノトリオ版)

でした。

何しろ公開レッスン当日が、初めて弦楽器の先生と合わせる「ぶっつけ本番」だったので、
めっちゃ緊張しました。

コッチコチになっていて、初めはチェロの音が全く聴こえず、

金子先生にも、「チェロの音、聴こえました?」なんて質問されちゃって、聴こえてないのがバレバレでした。
というか、「金子先生、さすが~」と思いました。


チェロはピアノの陰にいるし、音は前面(客席側)に飛ぶので、本当に耳を研ぎすませていないとチェロの音が聴こえて来ません。

ピアノの音は弦楽器に比べてとても大きいのです。

チェロに対してヴァイオリンは、とても良く聴こえて来ます。

座る位置の関係と、高音はやはり聴き取り易いように感じました。

トリオというのは、見た目的にもこのように配置されるので、これに慣れることが必要です。



初めに合わせてみた印象は、ピアノのソロとは全く違うし、

声楽の伴奏はかなりやって来ていますが、それともかなり違いました。

例えば、楽譜にf(フォルテ)とあっても、ソロのfとは違い、「3人でf」にしなければいけないのです。
ですからかなり音量は抑えぎにみにします。



・・・と、この公開レッスンの一週間前に、1人で金子先生のレッスンを受けに行った時に言われたのですが、


いざ舞台で演奏してみると、今度は音を抑え過ぎて、「かけあいの部分はもっと出しても良い」と言われてしまいました。

音量の加減が難しいと思いました。



1人15分ほどのレッスン終了後、全員通しでコンサートです。







1部、2部終了後、金子恵先生のコンサートがありました。
シューベルトのピアノトリオを演奏して下さいました。
本当に素敵で、ため息が出ました。
弦楽器と合わせつつ、ピアノの音色にまで神経を使った演奏、職人芸だな~と思いました。




参加者全員と、裏方でお手伝いして下さった方も全員一緒に記念撮影ラブラブ


久しぶりに緊張感を味わい、初めての室内楽のチャレンジで、とても満足な演奏というわけにはいきませんでしたが(汗)
大変貴重な機会を得たと思います。

最後に、私のアップが少々お見苦しいですが、良かったらご覧下さい。
ピアノは・・・アレですが・・・弦楽器の先生が素晴らしいので(弾きながらうっとりしました!)1700年代の弦楽器の音を中心にお聴きくださいねっ(笑)




AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
日暮里駅から徒歩1分

今日は春休みなので、新中学生になる2人で弾き合い会をしました。

{4F91B9BD-BC90-4A09-BD66-52A541CF63DC}

2人が会ったのは久しぶりでした。

なぜなら

1人は受験で一年近くお休みしていたのですが、無事合格したので、この 2月からまたピアノを再開することに。


1人は受験せず、私立校の持ち上がりの中学にあがるので、ピアノも休まず続けていました。
しかし、今度は中学校の勉強が大変になるから、との理由でこの4月でしばらくお休みするとこに…

ということで、この春休みがお互いに会える最後のチャンス…

ピアノレッスンを辞めてしまうきっかけは、

「受験の準備のため」
「中学校入学を機に」

というのが一番多いようです。

もし、本当にあなたが音楽を愛し、ピアノを弾くのが好きなら、できれば高校生までは続けて欲しい…

そうすれば、多分その先もずっとピアノを楽しめる。

小学校いっぱいで止めてしまうと…
それまでどんなに一生懸命やっていたとしても、
多分大人になるまでにほとんど忘れてしまうでしょう。

もちろんゼロにはなりません。
脳は弾き方をちゃんと記憶してはいます。

しかし、それを再生するには時間が経ちすぎているし、身体も大きく成長してしまって、ピアノを習っていた頃とは違いすぎるのです。

ピアノは最低でも10年は続けると良いでしょう❣️

5歳で始めたら、15歳まで。

丁度、中学卒業くらいになりますね。

憧れのショパンもベートーヴェンも、
10年くらい真面目にレッスンを続けたらきっと弾けるようになるはずです。

さらに続けたら、大人になっても素敵な曲が沢山弾けるようになりますよ✨✨✨

さて、この2人の弾き合い会の後は、
私と3人でケーキと紅茶で楽しいティータイムをして終わりました☕️☕️☕️

私はイチゴショートケーキを頂くのが久しぶりでしたが、とっても美味しかった

たまには、こんな小さな弾き合い会も良いものですね(^ ^)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
✨皆様おはようこんにちは✨


昨日はスタインウェイの納品調律でした。

納品されてから3か月め、新しい環境に楽器が馴染んだ頃に調律をします。

もうあれから3か月、なのか、 

まだ3か月、なのか?

私の中では、
「もう3年くらい経つ気がします」


そのくらい、この楽器が私の一部みたいに思えます。

たとえ、若い頃のように指が回らなくても、

昔は暗譜で弾けた曲がすっかり弾けなくなってしまっても、


美しい音の響きを聴いているだけでウチは幸せなんだす‼️

  あさが来た、見ながら書いてます(^_^)すんまへん。

{27D96BEC-EBC4-42B9-B40B-E85F96A32BF1}

男性が座ると、ピアノが小さく見えますなあ。

{47D4407C-040F-45F9-B34C-808B9BE26A9F}

{120217D9-C791-43E6-A671-3F6271E3BAA2}

{F0E5EDE3-3A9D-4E91-971F-9E085986121D}

3か月くらいでは、それほど音の狂いもないように思いましたが、

調律の後の音は、音域による音質の差がなくなって、引き締まった響きになりました。

やはり、調律すると全然違いますね‼️

松尾楽器の田中さん、素晴らしい調律をありがとうございます。

ウチはもっと練習せんとあきまへんなあ…


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。