周回遅れでもいいんだよ。

今頃こんなことしてますよ的なブログです。


テーマ:
以前から調子が悪かったノートに続いてデスクトップまでご臨終。
事前にバックアップしといて良かった…。

デスクトップは保障期間内なので修理で対応可能ですが、ノートに関しては買い換えるしかないのです…。個人的にはVAIOのtypeXが気になってますが、記憶媒体がMLCタイプのSSDとゆうのが耐久性について不安を感じてます。
デザインはストライクゾーンど真ん中なだけに、かなり気持ちは揺れ動いているのですが…。

いずれにせよ、PCのない生活は想像以上に不便ですので、早いとこ何とかせねば…。
(T_T)
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
PSP発売当初から出ることになっていたのが、5年もの間ず~っと延び延びになっていたPSP版GTが、ようやく発売になりました。
ホント長かった…。

総評
「遅すぎた名作」。
一般ユーザーには2つ星、GTファン限定で4つ星。


長いレビューとなるので、詳細はつづきをどうぞ。

もし本作がPSP発売当初にリリースされていれば、神ソフト認定できたのです。
GT4が持ち運べるというインパクトは「当時は」絶大なものでした。
しかし、ここまで延び延びになってしまえば、そのインパクトも薄れるもの。
いつでもどこでもグランツーリスモが遊べることに価値を見出せない人には、おすすめできないゲームとなってしまいました。
取扱説明書もわずが7ページと、店舗に置かれたチラシかと勘違いできる手抜きぶりは、昔からのGTファン以外にプレイしてもらおうという意思を感じることができません。
また、本作は、セーブデータがPSP本体に紐付けされているので、当該本体以外でセーブデータのロードができません。
そこんとこは要注意です!

ゲーム内容
800車種だとか25コースだとか、データ量のボリュームばかりが声高に謳われた本作ですが、ゲーム内容はいたってシンプル。
本作ではプレゼントカーの概念がなく、すべての車種をゲーム内のお金で買うことになりますが、1日に買えるのは全ディーラーからランダムで出現する4 ディーラー(1メーカー最大10車種)のみで、全車種コンプリートしようと思ったらお金があっても相当な時間と運が必要です。
コースに関しては最初から全てのコース出現していますが、ゲーム的には(ミッションの進行具合などで)コースが増えるようにした方が、達成感を感じられたかもしれません。

800車種の内訳が珍しく公式で公開されています。
しかし、日本版と欧米で車名や仕様が違う(例:日本名マーチ、欧州名マイクラ。他多数)と別扱いですので、新規収録の車両は数えるほどしか存在しせず、そういう意味では本作は正真正銘GT4モバイル。
各国版GT4に収録されたデータ+@が本作の収録車種と読んで差し支えないでしょう。
しかし、いまさらSDモデリングに注力しても先々に使えないので、開発リソースの割き方としては間違っていないではずです。
もし、PSP版に新規車両大量収録とかなった日には、その分GT5に開発リソース割けと批判が飛ぶでしょう(笑)。
用意されているモードはミッション(昔のライセンス試験)、シングルレース、ドリフト、タイムアタックのみです。
ミッション以外に攻略概念はなく、クルマ集めに価値を見出せない人は確実に飽きが来ます。

マルチプレイ
アドホック対戦と、クルマのシェア、トレードが可能です。
上記にも書きましたが、さすがに全車種を一人で集めようとすると激しく面倒なので、こうした機能は歓迎できるところだと思います。
PS3を用いたアドホック・パーティに対応しているので部屋立ても可能ですから、この点だけ見ればGT5Pより上です(笑)。
なお、UMD版初回特典のクルマはDL版のセーブデータにも適用できますが、トレードもシェアもできないので要注意です。

UMD版とDL版
結局、初回特典&快適なプレイ環境に惹かれて両方買ってしまたのですが(をい)、結論から言えば大容量メモステ持ってればUMD版で充分です。
ただし、データインストールすることが前提で、約1GB必要となります。
また、一家でGTユーザーが2名以上とか奇特な家庭の方にはDL版がお勧めです。
さて、UMD版は売り払ってくるか…。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。