周回遅れでもいいんだよ。

今頃こんなことしてますよ的なブログです。

ぼちぼちやってますので、更新頻度は遅めです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

日本のゲームパブリッシャーは日本のユーザーに対して
ゲームを遊ぶためのデバイスを自由に選ばせてください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


$周回遅れでもOKなんです!

$周回遅れでもOKなんです!


ひとりひとりが、それぞれの立場で。
明日はわが身。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


新規でOneDriveを利用される方、リンクを踏んでいただくだけで使用可能容量が0.5GB増えます。

テーマ:

という訳でファミスタクライマックス(以下本編)を買ってきました。

本編とは趣味が合わない可能性もあるので念のためパッケージ版です。


 

購入に至った経緯は極めてシンプル。

 

ファミスタレトロが

単体で動くから

 

これですね。

決定的ですね。

正直、ファミスタレトロのために買ったといっても過言じゃありません。

仮に本編が微妙でもファミスタレトロが確保できるのは極めて大きい。

今日はサクッと触った感じをレビューします。

 

 

ベースになってるのは、たぶんファミリースタジアム'88。

この辺りは詳しい人に任せたい。

画面表示は「ノーマル」「ドットバイドット」「フル」の3モードですが、セーブできないのでノーマル以外を選ぶ人は毎回切り替える必要があります。

個人的にはドットバイドットのクッキリ感が好きなので、このくらいはセーブさせて欲しかった。

バンナムさん、アップデートお待ちしています。

 

収録チームはプロ野球12球団(NPBライセンスがあるので実名)、A(アメリカチーム)、そして定番のナムコスターズの合計14チーム。

ファミコンじゃないので4文字制限はありません。

ナムコスターズには「やまもも(山本昌)」も加入していますよ。

球場は全部で4つ、「どうむ」「すたじあむ」「ちほう」「かせんじき」が選べます。

あと、エディットチームも作れますが'88と同じ仕様なのでステータス合計があり、かつ、セーブできません

 

ゲームモードは一人用のみで対戦なし、WATCH(観戦モード)もあり。

ダウンロードプレイで2P対戦できたら最高だったんですけどね。

そっちは本編でやってください、ってことかな。

 

 

とりあえずこんな感じです。

画面表示設定とエディットチームがセーブ出来たら申し分ない出来でしたね。

さて、時間ができたら本編(ファミスタクライマックス)に手を出してみるかな。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
自分はiPhone5sなんですが家族はiPhone6sを使っています。
ところが、昨年秋にiPhone6sの一部機種でバッテリーの不具合が発覚。
該当機種かどうかは製造番号で調べる事ができます。
とりあえず様子見をしていましたが、最近になってiPhone6sだけWi-Fiの電波が掴まらない等クレームを貰っていたので先日、サポートに連絡してiPhone6sの交換をして貰うことにしました。


これが地雷でした。
かなり久々だったので『バックアップパスワードを忘れる』という大問題が発覚。
これを忘れるとiTunesにバックアップしても復元できず何の意味もない。
いろいろ試したけど全部ダメ。
時間をかけてバックアップしたのに無意味になって凹みつつ、新しいiPhoneとして泣きながらセットアップするしかなくなりました。
アプリやサービスのパスワードは1passwordが便利です。
iCloudに保管できるので万が一の際も安心。
有料ですがオススメのアプリ。


そして致命的だったのが

交換した本体が
ハズレ(不良品)だったこと

ヘッドフォン端子が常時差しっぱなしと誤認されて音が出ない。
さらに電話や無料通話のときなど、こちらの音声が相手に届かない。

時間をかけてセットアップしたのに交換の手配するところから全部やり直しですよ。
かなり凹みました。
フィルムも貼り直しですしね。


そんなこんなで何とかセットアップしましたが以前の環境に戻るのは大変なはず。
今回はホントに申し訳ない事をしてしまったよ。
自分がテクニカルサポートするのがスマホ持ってもらう条件なんです。
これからもしっかり支えていかないとな、と改めて思いました。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

次のグラボはGeForce買うの止めるわ。

人によってはそういうレベルのニュースです。
 
 
Project ScorpioがFreeSyncをサポートする、という内容のニュースです。
(出典:Eurogamer)
PCモニタ派の自分にとってはうれしいニュース。
nVidiaのG-SYNC
AMDのFreeSync
どちらもVsyncにまつわる諸問題を解決する技術で詳しい事は専門のHPを参考にしてください。
記事も長くなりますし。
一言でいえばティアリングや映像のちらつきを防止する技術です。
例えば、PS4で開発中のGT Sportで盛大にティアリングが生じています。
ゲーム機にとっても無縁の問題ではないんですよね。
※画面中央の『GRAN TURISMO』の文字が見事にぶった切られています。
 
 
最近のゲームはPCのように可変fpsを採用するタイトルが増えていますしFreeSync対応は正直言ってありがたい。
残念ながらPS4ProはFreeSyncに対応していませんが今後のゲーム機はProject ScorpioのようにFreeSyncを採用する事例が増えてくるかもしれません。
現在、ニンテンドースイッチ以外の据置ゲーム機はAMD製APUを採用しているので、現在のアーキテクチャを継承するならFreeSync一択になるんですね。
また、G-SYNCはモニタ側に専用チップを仕込まなければならない(当然製造コストが上がる)などハードルが高いという事情もありますし。
PCのことだけ考えるならGeForce持ってるからG-SYNC対応モニタにしよう、と言えるのですが、ゲーム機のことも考えるとグラボをRADEONにしてモニタもFreeSync対応にしようかなぁ、という選択肢が生まれてくるわけです。
GeForceがFreeSyncに対応してくれれば問題ない話なんですけどね。
 
 
次に買い換えるべきモニタの仕様が見えてきました。
4k、HDR、そしてFreeSync。
今、量販店に行っても『4kチューナーが付いてない4kテレビ』しか売ってないので今は買い換えるべきときではないんですよね。
※4kテレビ放送の規格が定まっていないのが原因とされる
あとは価格の問題もあるのですが、自分ならまずは上に挙げた3点を備えるモニタ(テレビ)が出てくるのを待ちます。
それまでは現行の環境で頑張りますよ。
個人的には4kよりHDRの方が重要だと思っていて、今、HDR対応テレビを買いに行くと4kテレビしか選択肢がないんですよね。
しかも先述の通り『4kチューナーが付いてない』という話にならない状態。
繋ぎで2k(フルHD)、HDR対応テレビを出してくれるメーカーさんありませんか?
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
{86D19706-E5A0-4F68-A678-6B266C6BD283}

発売日は7月29日に延びました。
まぁ仕方ないかな。

個人的に気になっていたニンテンドースイッチについて言及なし。
とはいえ、今日の発表でスイッチ版について明言しなかった以上、最低でも後発は間違いないし最悪スイッチ版の発売は無いかもしれません。
スクエニにはPS3版ラストレムナント、という前科がありますから。

グラフィックは重視していないし、ドラクエならではのストーリーが楽しめればいいので3DS版にしようかなぁ。
というのも

{41E166B0-0778-46B8-9CD7-AA3F63EB499E}

値段が3,000円近く違うんですよね。
PS4版が高すぎる。
また、PS4版は後でPC版が出たら特徴が無くなってしまう、という理由もあります。
今のスクエニは収益になる事なら何でもやるのでPC版は後発ですが充分にありえます。
あと、ゼルダを知ってしまった今となっては壁に登れないとか自由度が低いとか色々気になってしまいそう。
だったらドット絵がある3DSかなぁ、というわけ。
3DS版は3DS版でDQ6でさえ動いていたドット絵のアニメーションがない、とか気になる点もあるのですが。

そもそも発売日をスルーしようかなぁとも考え始めています。
3DSのすれ違い通信が盛り上がるなら迷わず3DS版を買いたいですが、最近3DSを持ち歩いてもあまりすれ違いが発生していないので。

ただ、オリジナルキャストが集うドラクエ本編は制作期間を考えれば最後だと思うので、どんな形であっても遊びたいとは思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こないだの続きです。

遂に発表された「Project Scorpio」のスペック。

Forza Motorsport6が4k/60fpsで既に動作しているみたいですが、その秘密は

 

GPUコア側の「Command Processor」へDirectX 12をハードウェアレベルで統合することで,Draw Callの数を低減し,CPU側のレンダリング負荷を半分にできている(出典:4gamer

 

これですね。

実際にゲームが4k/60fpsで動作している以上、CPUがRYZEN(新型)だろうがジャガー(旧型)だろうが最早どうでもいいこと。

ユーザーはゲームが楽しめたらいいんです。

 

 

その性能もさることながら、あくまでXboxOneの上位機種ということで

従来のタイトルに関しても恩恵がある、とされています。

実際、ONEの360互換でも実機より画質が良かったりfpsが安定していたりするので、あながちハッタリでもありません。

 

 

1:パフォーマンスの強化

従来のタイトル(ONE/360)で可変解像度や可変fpsを採用していた場合、その上限(1080p/60fps)に固定できる。

PS4Proのブーストモードと同じですね。

 

2:テクスチャフィルタリングの強化

ONEでは最大4倍とされていますが、これが最大16倍にまで強化されます。

さすがにオリジナルを大幅に超えることはありませんが、そのゲームが本来持っていたグラフィック性能が再現可能になるわけです。

 

3:「GameDVR」機能

4k/60fpsで動作するタイトルでも4k/60fpsで録画可能。

当然SSも保存可能。

さらっと書いてますがゲームプレイで相当重い処理(4k/60fps)をしているのにOSが安定しているってすごいことです。

 

4:ロード時間の短縮

本体性能が上がったことによりロード時間も短縮されて快適なプレイが可能。

メモリバスが高速化されているのが大きいですね。

 

 

これは楽しみだ。

とことんまでゲームを楽しめる本体になってる。

ONE Sをスルーしてホントに良かった。

あとは日本できちんと発売されるかが最大の焦点ですが、そこはMicrosoftを信頼するしかないので。

何はともあれE3が楽しみです。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。