美術作家 白濱雅也の関心事 

制作、展覧会、音楽、写真、城などなど
A matter of Shirahama Masaya's concern


テーマ:
こちらのブログでのお知らせを怠っていました。
もう間もなく最終日となります。
おかげさまで沢山の方にお越し頂いています。

丸木夫妻の奇跡の作品とあわせてご覧ください。
私も丸木夫妻の原爆の図に触発されて目を見開かされる思いの一ヶ月でした。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

光明の種 POST 3.11

2016年3月5日(土)▶4月9日(土)

詳細はこちら

http://www.aya.or.jp/~marukimsn/kikaku/2016/2016post311.html

 3.11において絶望の闇を体験し、その余波は今も続いています。3.11を境に世界が変わってしまいました。それは戦後日本の終焉で先の大戦と同じような時代の節目なのです。
 美術家は、同時代の空気の渦中にいて見えざるものをまさぐり、その混沌の先に見えるものに形を与える役目を負っています。3.11に直面して自問した「何をなすべきか」を問いつめ、私たちは高密度に形を与える「結晶化」を見いだしました。それは昨年の東京都美術館で開催された「祭、炎上、沈黙、そして…POST3.11」に結実しました。そのあとに見えてきたものはなにか?
 日常風景が3.11以後変わって見えるように、 あたりまえに感じていた資本主義や民主主義などの戦後日本を疑い、その自明性に抵抗する広く静かな、しかし確かな動きがあります。美術作家も同様な意識で察知し行動し始めています。この展示は五人が3.11以前に察知した予兆とこの先の希望の光源「光明の種」を見いだそうとするものです。

安藤 栄作
1961年東京生まれ、1986年東京藝術大学美術学部彫刻科卒業、1990年福島県いわき市に移住、2011年津波により被災、奈良県明日香村に避難するという状況下で、現実社会の矛盾を見つめつつ、連帯や愛の根源的な力を木彫に託す。2003年リアスアーク美術館にて個展「N・E・blood21 vol6 Eisaku Ando」、2013年丸木美術館にて個展「光のさなぎたち」の他、ギャラリーTAGA、ギャルリー志門などにおいて多数開催。

石塚 雅子
1965年埼玉県浦和市生まれ、1989年女子美術大学造形学部洋画専攻卒業。螺旋や放射などの根源的な形象を用いたモノクロームの抽象的絵画を追求。2000年から写生を始め、震災以後は絶望の闇から光明を垣間みるような境地を拓く。
1993年 INAXギャラリー、TAMAVIVANT、 1998年ギャラリー日鉱 、2001年「遠心力/求心力」うらわ美術館、藍画廊、APS等他、多数開催。

白濱 雅也
1961年岩手県釜石市生まれ、1988年多摩美術大学美術学部卒業。90年代より物語的な不条理絵画や立体を発表、故郷の被災と親類の死を機に、鎮魂と再生の意を込めた木彫神像を彫り始め、2012年より通俗的な木彫像のリノベーション作品「と金」シリーズを発表。2012年越後妻有アートトリエンナーレはつがの家ディレクション担当。2014年帯広に移住、2015年より実験的アートスペースArtLabo北舟を運営。 

半谷 学
1963年北海道帯広市生まれ、1988年武蔵野美術大学 大学院造形研究科修了。自然環境へのアプローチとなる作品を制作している。気仙沼市で牡蠣養殖の妨げとなっていた海藻などの廃材を独自の技法で素材に再生して作品に取り入れている。2013年個展「再生、負のイメージから美のイメージへ」(渋川市美術館)、2015年中之条ビエンナーレ2015年(群馬)、半谷学展 帯広市民ギャラリー(北海道)他、多数開催。

横湯 久美
1966年千葉県生まれ、1991年東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業、1993年同大学修士課程修了。1998年ロンドン大学スレード・スクール・オブ・アーツ大学院彫刻科修了。現在横浜美術大学准教授。家族の老いや死を通じて、その在/不在をいかに受容するのかを探り、現代日本の死生観を見直している。ロンドン塔分館王立軍事博物館リ-ズ作品所蔵。2013年photographers'gallery(東京)個展他、多数開催。 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
ここの所、帯広は良く晴れてますが、最低気温ー13℃、最高気温ー3℃で本州の人間にはなかなかの寒さです。日が出ているときはいいのですが日が陰ったり風が出てるとあっという間に手足がかじかんできます。それでも人は生きてい行けます。

先日積もった雪や木の枝に霜が付き、それが結晶状に成長したのを初めて見ました。いわゆる樹氷というのはこれとはまた違ってて、霧氷というらしいですね。
木に透明な白いサクラが咲いたようになっているものあってとても美しかったです。(写真の樹氷は昼頃でだいぶ消えてましたが)
美しいものを作り出す、鑑賞するという意味でいえば美術なんていらないんじゃないかと思うくらいの美しさです。ほんとに。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
以前何年か続けて年賀状は木版画にチャレンジしてました。練習の意味も含めて。
月映や戦後の版画などの秀作の影響受けてまたやりたくなりました。
でも手間を思うと腰が重く…
以前猫野ぺすかさんに頂戴していた消しゴム版用のハガキ大消しゴムでやってみる事に。
ご挨拶や住所まで一緒に彫れば年賀状出しはラクチン!と彫り出したものの…直ぐに後悔。
濱とか雅とか亀とかどうすんのよ!無理無理。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
帯広の大雪は11月としては観測史上もっとも高い積雪量だったそうです。
積雪後初の農場仕事。仕事場からの風景です。(仕事は外ではなくて屋内での選果作業)
この風景が見たくて来てる気がします。
冬は寒かったり車の運転が難しかったり不便もありますが、その美しさで、気持ちはうきうきします。(携帯のしょぼい画像ですみません)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
時間が経ってしまいましたが、六月の東陽町ダウンタウンレコードでのエレクトロニカライブ演奏の動画です。50分の演奏を30分に編集しましたが、まだ長いですね(苦笑)前半はアンビエントに、後半ノイジーにテンポアップします。

PCを用いたテクノと異なるのは事前にプログラムされたものを再生してるわけではなくて、リアルタイムに即興的にループを作って演奏(?)してます。DJ系ハウスに近い手法ですが音源そのものは既存のものではなく自分で作っています。

弾いているように見えるのは鍵盤状のコントローラーですが、音階は(バイオリンなどのように)境界がないので、平均律的な音階や和声をあまり意識せずに演奏してます。

まあ長いので、ご興味のある方だけどうぞ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


裏稼業「テラピン濱谷」の盛岡での展示予告です。

私のアートへのめざめはロック、とりわけプログレッシブロックとの出会いから始まっています。
プログレアルバムのジャケットデザインは若い頃からの憧れでしたので、死ぬ前にやり残した事がないように自分でやってしまおうという目論見です。それからミュージシャンのツアーのように巡回展もやってみたいことの一つでした。

原画、LPデザイン、ライナーノーツを展示します。
(実在のバンドやミュージシャン名が出て来ますがすべてフィクションです)

この展示は6月下旬に東京東陽町ダウンタウンレコードさんに巡回します。後ほど改めてご案内します。
(関西のレコード屋さんもぜひご紹介下さい)

「もしも… 21世紀の妄想異常LPジャケット展」
6月6日(土)夕方バータイム~ 6月21日まで
水曜日定休 12:00-24:00
場所は自家焙煎珈琲&Barバロックさん、ここは知る人ぞ知る(?)隠れプログレ喫茶です。
盛岡市中ノ橋通り1-10-5さかしたビル2F
(展示をみるのにはオーダーが必要です)

画像のアルバム Redicovery [U.S.A.]
英国の威信を掛けたスーパーバンドU.K.解散後、唯一のアメリカ人テリーボジオがアメリカ版UK、U.S.Aを結成!その予想を裏切るメンバーとは…?ジャケットは新進気鋭の画家マークタンゼイ書き下ろし。
















いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


ここはどこでしょう?
少し前に私が短期バイトして来た工場です。工場と言っても製品などを作っている訳ではなく、砂糖の原料となるビートの苗床を作る工場です。ですからこれは農業です。産業としての農業の姿。
30人くらいの作業する人が機械に張り付いてます。結構な人員が機械を動かす為に働いていてまるで奉仕しているようです。

「労働の非人間化」というような言われ方はひととき随分言われた気がしますが、いまでは当たり前すぎて誰も声高にはいいません。でも無くなった訳ではなく、浸透し不可欠になった結果なのでしょう。私もマシンのようになって働きましたが、短期の仕事でなければ、発狂するのを避ける為に人世を問う事も意識的に忘れ、享楽に没頭するに違いないです。ここに必要なのは真理を探る芸術ではなく我を忘れる娯楽なのです。まあこれは改めて言う程の事もないのですが。

ここでの主役は一見生産物の苗床に見えます。でなければ機械。私が発見したのは、実はベルトコンベアが主役なのではないかということ。いくつかこうした単純労働の仕事をしましたが、生産でも物流でもこのベルトコンベアが必ずあり、それ無しには成立しないプロセスになっています。これによって労働が単純化、細分化され人間が擬マシン化する。本来は命と食の生産と言う農業の豊かな行為も無機質な行為に変わってしまうのです。これは工場だけではなくサービス業やサラリーマンなどでも本質は近いものです。20世紀後半のシンボルの一つはベルトコンベア、21世紀においては縁の下過ぎて見えない屋台骨なのではないかと思いました。

そしてもう一つ空恐ろしいのは、ここでコンベアの上を流れているのが実は私たち人間なのではというアナロジーです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
依田勉三の詳細な伝記、二度の図書館返却の挫折を経てやっと読了しました。600ページ読むのも久しぶりでしたが、この人の人生も苦難、不運の連続で大変なもんです。そして彼が関わった人、出会った人もそれぞれに激動と苦難の人生を歩んでいます。
まだうまく咀嚼できてないのですが…

勉三は、時代の激動に翻弄され、それとの乖離のなかで失敗して行くのですが、親しい人を失い離別し時に孤立し、彼を支えた一族も没落していきます。
しかし、排斥される訳ではなく、彼を支えて行く人も絶えずいて利己を越えた大望を抱き続ける事で後世に実を結ぶ種を残す。
現代で考えれば無謀な妄想家、虚言家となりそうですが、さてこのフロンティアに何を学ぶべきか。

希望と絶望と捲土重来と。
激動する時代のコントラストを高めた舞台が未知なる土地、北海道であったことは間違いなく、歴史(史実)の月日は浅くとも濃度は十分に噛みごたえがありますね。

もう少し咀嚼できたらまた書こうと思います。

それから勉三の廻りにいた同志や女性たちもまた非常に興味深く、もう少し知りたいものです。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ファットバイクって知ってます?
これマウンテンバイクよりも更に太い、バイクのようなタイヤを履いたMTBの事です。
一見おふざけ自転車のようですが、これは実は雪道などの悪路を走る為に開発された自転車なんです。最近、日本でも注目されて来ています。

さて北海道に来て、冬の足が真面目に問題なんです。
まずは車ですが、うちの嫁は運転できません。私が仕事に車で出掛けると彼女は徒歩か自転車になります。東京で乗っていた細めのタイヤの小径車は雪道、氷面の走行はかなり難しいのです。
徒歩でいける所はやはり限られてしまいます。
ということでこのファットバイク、我が家でにわかに注目なのです。



なんと帯広でも所有している方がいるという事で、早速ファットバイク乗って来ました。

今までの自転車とは異次元の乗り心地ですね。タイヤはバイクのようですが空気圧が低く、指で押せば凹むほど、浮き輪がタイヤになってる感じです。タイヤが地面に吸い付く感じというかふわふわ浮いてると言うか。ダブルサスのMTBにもちょっと共通しますが、この浮遊感は独特です。
圧雪の道路どころか、アイスバーンも平気です。ちょっとした凸凹や轍も、雪の残っている小さな山も意にも介さず進めます。アイスバーンでクイックなハンドリングはさすがにひやっとしますが、それ以外は問題なく走行できます。(お借りしたのはスパイクタイヤでしたのでノンスパイクだともう少しアイスバーンは怖いかもしれません)
積雪した所は今は40cmくらいあるので、さすがにそこは走れませんが、10cmくらいならたぶん走れるでしょう。

冬以外は砂浜や荒地、泥地なども走れるでしょう。
高圧で細いタイヤがスピードを追求したものですから、このタイヤはスピード走行向きではありません。漕ぎ出しではタイヤが重く感じますが走り出せば遠心力が働くのかそれほど気にならなくなります。とにかく雪道でも乗れるので嫁も気に入りました。

いま主流の海外メーカーのものは10万円以上、
最近は国産も出て来て6-7万円、
ちょっとなんちゃってなもので3-5万かあ。


と思っていたら
にわかにマイブームのファットバイクのレースイベントがなんと十勝で!ということで行って来ました。いやー十勝は噂に違わずあたらし物好き。あるある様々なファットバイク。凹凸のある雪道コースを周回するというもので、とても楽しそうでした。



この黄色い自転車の方はなんと神奈川からファットバイクツーリングで来た途中だとか。この寒さの中、キャンプで野営とは…すごい人がいるもんだ…。




私も出たかったのですが、参加料と自転車なしなのでちょっと躊躇。みんな10万以上はする立派な自転車で、さすがに私が思ってる数万円のなんちゃってファットバイクの人はいない…

でも次回はチャレンジしたい!
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
人のイメージにインプットされる時に実体以上に大きくよりよく見せようとする欲望が働く。デザインは往々にしてここに大きく加担する。私も仕事としてそこに少なからず加担する事があるしそこに報酬が生まれているとも思う。

しかし、これが実体とかけ離れるとそれは嘘や詐欺に近いものとなる。そんな見え透いた嘘などすぐわかると思いそうだが、実際は巧妙でわかりにくいし、欲望を刺激して来るから判断が鈍る。欲望を刺激されると人間は冷静でいられなくなるのだ。
そして消費する側も騙されていたい欲望があるのではないだろうか?真実など知りたくない、虚構の中で生きていたいという…
おいしいというイメージ、高級というイメージ、高性能というイメージ、美しいというイメージ…
巷にあふれるそうした虚像を信じ込む事は、疑うより難しいことではない。

さて、アートはこの虚構に遠いはずなのに、同様の構図が見える事が多々ある。アートという権威や専門性が入り込むから、事態はより巧妙である。アートのように見えるけど、実体はほとんどない。アーティストと呼ばれているけど、実体は何も考えてない人。

巷に多用されるアートとアーティストいう言葉にそうした実体以上に膨らんだ虚構の匂いを多々感じる今日この頃である。

そしてこの匂いは独特で、あっ!とわかったりする。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。