ドキドキInformationドキドキ
本好きが集まる本の紹介サイト「ホンシェルジュ」にて連載が始まりました。
「読むとキレイに近づく一冊」を紹介しています。
https://honcierge.jp/articles/shelf_story/1645
  • 25 Jul
    • オトナの夏休みの課題図書として提案したい一冊

      25日ということで、今月も【ホンシェルジュ】の連載が公開されました♡今回は夏真っ盛り!ということで、『オトナの夏休みの課題図書として提案したい一冊』をテーマに3冊紹介しています。https://honcierge.jp/articles/shelf_story/3673読んでいただけたら嬉しいですPhotographer : Fumitaka OhnukiHair&Make-up artist : Kenya Tadatomo(p-cott)Stylist : Miho Sugimoto

      NEW!

      2
      テーマ:
  • 24 Jun
    • 波乱万丈

      対談好きとしては、即購入した現在発売中の『BRUTUS』。東京で暮らす80歳以上のレジェンド15人へ、野村訓市氏がインタビュアーとなり半生を聞き出している。表紙の横尾忠則氏、湯川れい子氏、田原総一郎氏、谷川俊太郎氏、加古里子氏、、、戦前に生まれ、玉音放送を聞き、高度経済成長期やバブルを謳歌し、今スマホを使用するという何とも波乱万丈な80s。ドラマのない人生なんて無い。レジェンド達の人生は我が道を歩き、読んでいるだけで胸が熱くなる様な半生だ。今回のホンシェルジュ連載で紹介した、岡本太郎著『自分の中に毒を持て』を読んだ時と同じ様なヤル気が湧いてきた暑さに負けず、暑い気持ちになりたい方は是非ホンシェルジュ連載第5回『キャリーバッグに迷わず入れたい一冊』https://honcierge.jp/articles/shelf_story/3327Instagram accounts@shiori_ma_@shiorima_books

      11
      テーマ:
  • 23 Jun
    • キャリーバッグに迷わず入れたい一冊

      ホンシェルジュの連載が更新されました第5回は『キャリーバッグに迷わず入れたい一冊』をテーマに旅に連れて行きたい3冊を紹介しています。https://honcierge.jp/articles/shelf_story/3327是非読んでいただけたら嬉しいですPhotographer / Fumitaka OhnukiHair&Make-up artist / Kenya Tadatomo(p-cott)Stylist / Miho Sugimoto①『読むとキレイに近づく一冊』https://honcierge.jp/articles/shelf_story/1645②『通勤時間別!第一印象をUPする一冊』https://honcierge.jp/articles/shelf_story/2005③『カフェで読みたい一冊』https://honcierge.jp/articles/shelf_story/2475④『続!カフェで読みたい一冊』https://honcierge.jp/articles/shelf_story/2908Insatgaram accounts@shiori_ma_@shiroima_books

      6
      テーマ:
  • 14 Jun
    • ひとりが好き?

      最近HUFFPOSTのツイートでよく目にして、気になる『だからひとりが好き』とのハッシュタグ。今月末に初めて一人旅に行く予定でもあり、寂しがりやなのに気になる“ひとり”の文字。ということで、読んでみた一冊はコチラ田中慎弥著『孤独論 逃げよ、生きよ』。芥川賞受賞の会見のイメージが強い作者の田中氏。受賞作『共喰い』のあとがきにて、瀬戸内寂聴氏との対談は何度も読んでは響いてしまい、私の“あとがき”好きを作った作家さん今作は自らの生き方を例に挙げ、物質的にも精神的にも奴隷(本文から引用)となっている人々を解放する / 自分の道を見つけられるアドバイスが書いてある。会いたくない人に会わず、行きたくない場所には行かず、やりたくないことはしない。それをやり遂げるには生半可ではない覚悟が必要だ。何を言われてもどう思われても自分の道を突き詰めて行くという覚悟SNSで会ったことが無い人とも繋がれる現代。それなのに、夜中に途轍もなく孤独を感じることもある逆に、どうしても一人になりたい時もある。孤独とはただ一人でいることを言うのでは無い。寂しいことを言うものでも無い。“今”の孤独の定義とは何だろうかと色々と考えてしまった。。。人に流されてしまう人やスイスイと読みやすいので仕事が忙しい人、ただ何と無く日々を過ごしてしまいがちな人には一度立ち止まって何かを考えるキッカケになるであろう一冊6月のテレビ東京『スカイ△はいく』は秩父特集!毎週(月)21:54〜22:00。是非ご覧くださいInstagram accounts@shiori_ma_@shiorima_books

      6
      1
      テーマ:
  • 27 May
    • 今、一番欲しい力

      今、ロスに来ています。旅先での新しい経験以外にも、何を着よう?何を持って行こう?と計画している段階からワクワクが止まらない自称本の虫の私は、旅先に持っていく本を選ぶのも楽しいひと時。今回持ってきて早速読み終えたのは、この一冊。池上彰・竹内政明 著『書く力 私たちはこうして文章を磨いた』。この本を選んだ理由は直ぐおわかりいただけるかと(笑)何を隠そう、今!私が一番欲しい力知らない人はいないであろう池上さん×読売新聞「編集手帳」を毎日書く竹内さんという文章のプロフェッショナルが明かす、文章力がどうやったら磨かれるかという一冊。小説などではなく、お二人が得意としているコラムや解説文の書き方について。私も毎月書いている身としては、「なるほど!」と目からウロコが落ちる。落ちる。身近な話とテーマを繋げていく術や、講演の前に聞く耳を持ってもらえる言葉など、文章を書くことがない人でもプレゼンやスピーチの上達のヒントが転がっていて参考になるかと文章力以外にも【伝える】力を備えたい方にオススメの一冊①『読むとキレイに近づく一冊』https://honcierge.jp/articles/shelf_story/1645②『通勤時間別!第一印象をUPする一冊』https://honcierge.jp/articles/shelf_story/2005③『カフェで読みたい一冊』https://honcierge.jp/articles/shelf_story/2475④『続!カフェで読みたい一冊』https://honcierge.jp/articles/shelf_story/2908Instagram accounts @shiori_ma_@shiorima_books

      8
      テーマ:
  • 24 May
    • 続!カフェで読みたい一冊

      ホンシェルジュでの連載が更新されました第4回は『続!カフェで読みたい一冊』をテーマに、カフェへと共に出かけたい3冊を紹介しています。https://honcierge.jp/articles/shelf_story/2908今回からヘッダー写真は撮り下ろし♡先日の【Pacific DRIVE-IN】での作品撮りはこのコトだったのです。サクッと読める(笑)ので是非Photographer/ Fumitaka OhnukiHair&Make-up artist / Kenya Tadatomo(p-cott)Stylist / Miho Sugimoto①『読むとキレイに近づく一冊』https://honcierge.jp/articles/shelf_story/1645②『通勤時間別!第一印象をUPする一冊』https://honcierge.jp/articles/shelf_story/2005③『カフェで読みたい一冊』https://honcierge.jp/articles/shelf_story/2475Instagram accounts @shiori_ma_@shiorima_books

      6
      テーマ:
  • 10 May
    • 名作を読もうブーム

      連載中のホンシェルジュにも書きましたが、名作を読もうブーム中。(自分の中で^^)ということで、今回手に取ったのは、カミュ作『異邦人』。舞台はフランス領時代のアルジェリア。主人公ムルソーは、母が死んだ翌日に女と海水浴に行き、同じアパートの隣人と出かけた際に人を殺し、死刑判決を受ける。というストーリー話がわかりやすく、面白い!という満足度が高い小説では無い。。。でも、カミュの代表作として世界中に名が残っているのは、主人公の行く末の不条理さが私たちにも少なからず共感できる部分があるからの様に思う。解説にこんな一節がある。<生活を混乱させないために、われわれは毎日、嘘をつく。>「確かに。」と感じた人は少なくないはず。家族に、友達に、仕事仲間に。日々、私たちは軽度の嘘をついて生きている様に思う。周りの人にも自分自身にも、嘘というには大袈裟すぎる程の嘘を。例えば、辛いのに大丈夫だと言ったり。旅に出たいのに仕事をしたり。きっとそれは今の生活や未来を守る為の嘘であり、つかなければ間違いなく生活がおかしくなる。主人公のムルソーは嘘をつくことを拒否したが為に崩壊してしまった一例の様にさえ感じてしまう名作となる本の条件とは、自分の考えや今の状況が見えてくる様な、自分を見つめられる一冊なのかなと思えてきた。一通りの読書をしてしまった方にオススメの一冊ホンシェルジュ連載中♡①「読むとキレイに近づく一冊」https://honcierge.jp/articles/shelf_story/1645②「通勤時間別!第一印象をUPする一冊」https://honcierge.jp/articles/shelf_story/2005③「カフェで読みたい一冊」https://honcierge.jp/articles/shelf_story/2475Instagram accounts♡日常生活 @shiori_ma_本専用 @shiorima_books

      9
      テーマ:
  • 26 Apr
    • アートのお勉強

      ホンシェルジュの〆切後は、「待て」していた本を読む時間♡美術館に行くのが好きな私としては、惹きつけられていた一冊。週刊ダイヤモンドの『美術とおカネ』。オークションのシステムや日本のアートの歴史、画壇や学芸員などについて詳しく知らなかったことが書いてあって、「なるほど〜」の連続。勉強になりました。こういう裏側や仕組みがわかる一冊は大好きカフェで一人読みたい本を読む時間は私にとって至福のとき。4月20日にオープンした【Toast Sandwich Bamboo】にてグリーンペッパーポークと自家製ジンジャエールをいただきながら(^^)大満足の時間なのでしたお知らせ♡毎週月曜日にテレビ東京にて放送している『スカイ△はいく』。来月も毎週出演します。5月1、8、15、22、29日 21:54〜22:00。是非ご覧ください・ホンシェルジュ連載中「カフェで読みたい一冊」https://honcierge.jp/articles/shelf_story/2475Instagram accounts @shiori_ma_@shiorima_books

      8
      テーマ:
  • 25 Apr
    • カフェで読みたい一冊

      ホンシェルジュでの連載が、本日更新されました。第3回は「カフェで読みたい一冊」をテーマに、エピソードも交えつつ書いています♡https://honcierge.jp/articles/shelf_story/2475読んでいただけたら嬉しいですおまけ♡先日撮影で伺ったカフェ。七里ヶ浜にある、Pacific DRIVE-IN。パンケーキ&コーヒーをいただいたのですが、美味しかったです♡テラス席でコーヒーを飲みながら本を読みにまた行きたいカフェです。Instagram accounts @shiori_ma_@shiorima_books

      7
      テーマ:
  • 03 Apr
    • ニューヨークに脳内トリップできる一冊

      本日紹介させていただく作品は、スコット・フィッツジェラルド著、村上春樹訳『グレート・ギャッツビー』。舞台は1920年代。にも関わらず、自分が旅をした時に目にしたニューヨークの街並みが思い浮かんでしまう。決して色褪せないストーリーなのは、原作が持つパワーなのか。それとも翻訳の素晴らしさなのか。あとがきにて、翻訳を手掛けた村上春樹氏がこだわったのは「現代の物語にすること」だと記していて納得した。レオナルド・ディカプリオ主演『華麗なるギャッツビー』のイメージが強い方も多いと思う。私も読みながら、何度も映画のワンシーンを思い出した好きだから、振り向いて欲しいから、何処までも守ろうとする愚かさ。その場で自分を幸せにしてくれる相手を選ぶズルさ。全てを捨てきれず自分を肯定する弱さ。ギャッツビーの世界は極端だ。でも、心が疼く様な本質が描かれているから愛され続ける名作なのだと思う。今まで一番好きになった人とじっくり話をした様な、そんな気持ちになったお知らせ♡本日よりスタートする新番組、テレビ東京【スカイ△はいく】。4月は都心から近く世界一の登山客数を誇る高尾山特集です。http://www.tv-tokyo.co.jp/smp/program/detail/201704/24466_201704032248.htmlドローンやヘリからの空撮を駆使した新感覚の登山・ハイキング・トレッキング番組。初回は22:48〜22:54是非ご覧ください(^^)Instagram accounts♡@shiori_ma_@shiorima_books

      8
      テーマ:
このページをご覧いただくには最新のFlash Playerをインストールし、JavaScriptを有効にする必用があります。

Calendar

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Readers

読者数: 61

読者になる

    Ameba芸能人・有名人ブログ

    芸能ブログニュース

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み