2013年12月20日

太陽光分譲42円案件シオン枠をついに押さえた!!

テーマ:国内太陽光発電


先日のブログ↓
でお伝えしました通り、私が購入した太陽光発電業社へ交渉して、

シオン枠として42円案件を20区画押さえました!!!

しかも、

シオン紹介枠だと割引の交渉にも成功!!!


「これだけの人数を紹介するんだから、もちろんシオン枠値引きは考慮してくれますよね!?」

と前のめりで打診しました!


でも、42円案件だと売り手市場なので、ここがかなり難航して、何度か条件についても交渉続けたんですが、

ある条件付きで42円案件の枠と、値引き対応の承諾を得ました!!


値引き交渉は、関西人のシオンの腕の見せどころだったので、自分含め、皆さんにもメリットを出すことができました!!

我ながら、42円案件を値引きするとはすごいでしょ~とちょっと鼻高々(笑)


条件のうち1つは、今回は20区画しかないので、セミナー形式にして、参加いただける方のみへのご案内となります。

先日の、「42円案件をGETする方法!」で申し込まれた方とは別枠で20区画を押さえています。

今回の42円案件は●●県の案件で、日照量も期待できますね!
もちろん、私も購入します(融資次第)。


セミナーについてもかなり内容の濃いものを依頼しました。

業社の社長だけでなく、パネルメーカーの幹部まで来てもらうように依頼中です。


さらに、セミナー終了後の懇親会もお願いしました。

私と一緒に太陽光発電に取り組んでる仲間も来るので、懇親会で購入者から生の情報を引っ張って情報収集してください。

シオン的には懇親会での情報が一番リアルで信用できるからです。


買取価格も来年4月からの経産省申請分は32円に下がったので、42円案件(来年4月から43.2円)ははますますプレミアです。

でも、シオンはみなさんを煽るつもりはありません。知っている人はその価値を知っていますし。。


他にも42円案件を持っている業社は少しだけありますが、

・アプラスなどの提携ファイナンスがなくて、地銀か公庫でご自分で融資引いてくださいとか、
・地権者とのトラブルで工事が中止に追い込まれたりとか
・定期借地権なので、土地の名義がオーナーでないと融資が出ないとか


まだまだ太陽光発電はH24年から始まったばかりの業種なので、業社は玉差混在ですが、
今回紹介する業社は、私が宮崎と兵庫を購入した業社で、複数社とお付き合いしながら、まずは一定の信用と売上を伸ばしている業社ではあります。
※心配なら決算書もらってください。

また、ファイナンスはアプラスとの提携ローン、それ以外は公庫や、お付き合いのある銀行さんとなります。


セミナーは2箇所で来年1月に行います。

20区画しかありませんが、東京20名、大阪10名で、1/3が融資の審査落ちの可能性があるので、少し多め目の合計30名で募集します。

セミナー参加=本気度高いと判断されますので、もし20区画の枠からモレても、次の案件は回ってくるとは思います。


セミナーについての詳細は12月22日(日曜日)18:00にメルマガにて詳細をお伝えします。

メルマガ登録がまだの方はコチラ↓

たかが、こんな個人のブログですが、今回の情報はかなり熱いと自分でも絶賛なので、シオンを信用していただける方のみお越しください。

区画数が少なくてごめんなさい。。定員をゆうにオーバーするぐらい申し込みがあれば、業社に再度交渉します。。

AD

[PR]気になるキーワード