塩川渉オフィシャルブログ「塩川渉の塩分多め」Powered by Ameba

塩川渉オフィシャルブログ「塩川渉の塩分多め」Powered by Ameba

再び帰って来ました。
なるべく書きます。
くだらない事でも許してください…


塩川渉へのお仕事の依頼は下記までお願い致します。

株式会社GFA 担当宛
  info@gfa.tokyo 
  http://www.gfa.tokyo/

☆ファンレターの宛先☆

〒151-0053
  東京都渋谷区代々木2-26-5 バロール代々木804 
  株式会社GFA 塩川渉 宛



**********************************************

☆塩川渉 最新情報☆


★ケータイ・スマホサイト『ビジュアルボーイ』
  スマホ:http://bit.ly/1QCbAd7 ガラケー:http://bit.ly/1QzCJ0G

★舞台『マーカライト・ブルー Crimson』
  2017年11月8日(水)~12日(日) 新宿村LIVE(新宿)
  


テーマ:
イケメン革命〜アリスと恋の魔法〜THE STAGE Episode 黒のエース フェンリル=ゴッドスピード 

全公演が終了しまして、公演中の寝不足と疲れからか翌日は泥のように寝ていたどうも僕です。



期間中の沢山の応援、差し入れ、お手紙等、ありがとうございました。


舞台へのコメントや感想等は、twitterのエゴサにて勝手に把握していますww



さて、今回の公演を振り返ってみましょ。



まず、赤のキング ランスロット=キングズレー という役。


実は、話を頂いた時は、実は違う配役だったんだけどね。ん?コレ言っていいのか??w 

いや、何の役か明記しないし大丈夫かww


そう。それで、暫くして、ランスロットになりました。と言われた時は、まさかの?!

と本人驚きよ。


だって、金髪なんだものww

生まれてこの方30年、金髪というものにしたことがないものでね。確かに、30代に突入する前に一度はしてみたいと思って言ってはいたけど、結局出来なかったから、興味はあったんだけど。

なにせ、自分の金髪像が全く想像付かなかったww


キャラ設定。

カリスマ×サディスト


とな。。


うん。カリスマ性。

あるある。。

え?ww

まぁ、カリスマ性なんてものは周囲が感じるものだから自負しちゃってたら困るわけだけどww


サディストってことに関しては、自分自身も今までやって来た役も含めて得意分野、と。


ビジュアルはさておき、大丈夫でしょ。と臨ませてもらったわけです。



いざ、ビジュアル撮影の時に、初めて金髪と、更に、衣装に身を包む。


初めて自分の金髪を目の当たりにした時は、違和感しかなかったよねww


衣装。

あれ?今回、確か、殺陣とダンスあるんですよね?と確認したww


このマント、どうやって解消するんだろーww

と。



ビジュアル撮影の時のオフショットはこんな感じだったな。
{F52C7CDA-0316-4760-8314-F4637C8EB2FB}


そして、原作ゲームに触れてみたのもこの辺り。


とりあえずは自分のルートでスタート。


ほうほう。
攻略していけば、キャラが優しくなっていくのか。と理解。

フルボイスゲームではないので、声に関してはイメージを付ける。


表情に関しては、ちょっと伏せ目気味?なのかな?と把握。



そして、臨んだ稽古初日。台本をもらって塩川は思いました。


「自分のルートとはえらい違うのね。」


と。


どうやら、フェンリルルートでは、基本的にランスロットは敵方になるわけで、主人公に対しての優しさが出てくるわけではないのか。と。


ほう。。。

塩川はゲームをソッと閉じましたw


ランスロットの細かい設定資料というものは頂いていたので。

「よし、設定を元に自分なりに構築しよう」


と考え。

台詞に関しては2日で頭に入れたので、あとは所作や表情、それと、対人への距離とかを考える。


今回、稽古では、なかなか全キャストの揃いがなかなか上手くいかず、序盤は抜き稽古が進行していったんだけど。

渉は考えた。


今回、座組みの中での年齢は、上から二番目の年長組。

まだ、細かいことは付いていなくても、若いキャストの子達に少しでも稽古時間を割いてあげたい。


その結果、自分のシーンの稽古は驚く程、直ぐに終わりますww

悪い意味ではなく、演出の大関さんからの信頼もあったのだと思うけど。

↑コレに関しては打ち上げで確認済みww



そして、あとは立ち回りなどの動きに関してだ。と思っていたら、何と!!


「ランスロットはソロ歌があります。」


なんやて?!!びっくりびっくり


渉は只々驚いた。


歌があるとは聞いていたが、まさかのソロだと?!


本来、自分の歌唱力をあまり信頼していない俺にとっては由々しき事態であった。。


歌唱指導が入り、先生からは全然問題ないとは言われたが、心配はあったよね。


そして、数日後。


他の赤の軍のメンツが、コーラスで入ってくれるとの朗報!!


今回の赤の軍のメンツには、歌唱力に関して信頼出来る、ゼロ役の薫太と、カイル役の田中彪がいるため、これは助かる!!

と喜んだものだww


そして、出来上がったのが

赤の軍による「強きものゆえ」という楽曲です。

劇中ではタイトルなんかは出ないからね^ ^


ランスロットというキャラクターに関してを劇中にて掘り下げる良いスパイスになっていたら、と、自分の拙い歌唱力ながら思います。



そして、立ち回り。


久々の、剣劇ができる!!

と息巻いたのを覚えてるw


ここ最近演じた役では、剣劇を出来なかったものでね。


勿論、西洋刀の扱いはあまり不慣れではないんだけど、喜ばしかった。


ランスロットらしく、高貴な魅せられる剣劇をやれればと、手数はそんなに多くはなかったけど、殺陣師さんとも相談しつつ、やらせてもらいました。


個人的にお気に入りは、背面受けからの、二人同時斬りかなww


実はあそこ、うっすら台詞言ってますww
BGMが大きいので、まず聞き取れないけどねww


そして、ダンスに関して。


あのマントで踊れるのかという懸念に関して。

もちろん、殺陣もなんだけど。

これは、マントの長さと装着法を調整することで解消したわけだけど、それにしても、ランスロットがキレッキレで踊ってたらどうなの?と思うところもあり、振り付けの先生とも話し、控えめに踊らせてもらいましたよww


マントの取り扱いに関して、多くの感想をもらってるけど、捌きに関しては慣れも勿論だけど、有効利用しないと効果も減るから使い所を色々と考えたものw


1公演だけ、マントよりも衣装の片側、長くなってる裾を踏んでよろめいたのはご愛嬌ww


稽古ではマントは付けられたんだけど、衣装はまだ着慣れてなかったってことでww



タイトルにもしてるけど、赤の軍の号令である「深紅の血統を讃えよ」

ポーズに関しては、ゲーム内でも決まっていたわけではなく、自分達で作る感じかな?って思ってて、稽古中、勝手に胸に拳を当てる型をやってたら正式採用されていたよねww

まぁでも、理にはかなってるはずww


「ハート」「血」とかね。


{E917347E-43CD-4C53-BE1A-ADD51104EFA0}


深紅の血統を讃えよ マイナーチェンジver. (笑)



今回、全く芝居的に遊びがない役だったからこそ、こういうことしたがるw


大楽では、シリウス役の真一に何も告げず、ソッとアドリブはかましたけどww


物語の主軸を崩さず、アドリブの扉を開けたら自分で閉めますww


後で聞いたら「お前は変わらないな、シリウス」というようなセリフがゲーム内にあるとかww


これには驚いたww




さて。まとめよう。


特に今回は、役柄への尊重と、座組みにおいての、立ち位置や、若い子たちへの配慮を考えた舞台だったかな。


体力よりも、心力を使ったと言える舞台だったと思う。


本当の意味で、キングらしさというものを求めて、それを考えた。

そんな1ヶ月間でした。


それじゃ。恋の魔法はここまで。


またいつか魔法にかかる時まで。



see you.




AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース