なるほど がってん 日本の歴史文化

「歴史を知り、歴史を生き、歴史を創る」
「文化を知り、文化を生き、文化を創る」
エッセンスをお伝えします。




テーマ:
この1年全く更新がないにも関らず、毎日アクセスを頂きまして、
訪問して下さるみなさま、本当にありがとうございます。

心より感謝申し上げます。

現在は”なるほどがってん”にテーマを集中して、ブログを移して、
なるほどがってん制作裏話ブログをほぼ毎日更新しております。
http://gattenpodcast.jugem.jp/

アメーバブログを始めたのが2009年1月
変わってないのは毎週木曜日に更新している”なるほどがってん”と
住まい位で、本当に全てがすっかり変わってしまいました。

もっと自由に、もっと豊かに、をテーマに情報発信を
してまいります。

よろしければ、是非お遊びにいらしてください。


「歴史を知り、歴史を生き、歴史を創る」正統を発信するポッドキャスト
なるほどがってんポッドキャスティング
http://naruhodogatten.cocolog-nifty.com/blog/

なるほどがってん制作裏話
http://gattenpodcast.jugem.jp/

ほぼ日更新中☆Facebook
https://www.facebook.com/kumikokugo
AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:
7月2日育鵬社より”現代の碩学”渡部昇一先生の新刊が発売されました!

タイトルは「歴史通は人間通」
http://www.ikuhosha.co.jp/public/introduction06842.html
       
有り難くも、大越編集長に送って頂いて一足早く読ませて頂きました。
大越さん、いつもいつも本当にありがとうございます!

渡部昇一先生の御本は数えられないくらい所有しており、ことあるごとに
繰り返し読んでおりますが、今回のこの本はそのエッセンスが詰まった
本だと思いました!

内容も、実に多岐にわたっております。
【第1部】  歴史の醍醐味
1  歴史の見方
2  リーダーの条件
3  歴史人物に学ぶ生き方
4  日本人とは何か
5  女性が活躍する国
6  日本人と土地
7  日本人のこころ
8  日本の神話と建国
9  明治維新から敗戦まで
10  東京裁判史観の克服
11  世界の中の道義国家・日本
12  進取の気性と独創力

【第2部】  人生の妙味
13  どう生きるか
14  運命の女神が微笑む生き方
15  知的生活のすすめ
16  人生を充実させるための仕事術
17  読書で耕す人生
18  充実した老後を生きるための知恵と工夫

渡部昇一著「歴史通は人間通」育鵬社
http://www.ikuhosha.co.jp/public/introduction06842.html


渡部昇一先生の御本を読むと、歴史と現在が繋がって
明確に「今なすべきこと」が見えてきます。
今が将来に繋がっていると教えてくれるのです。

何度読んでも「はっ」と気づかされるところが多々あり、
「本当にわかっていないなあ・・・・」と反省すること多々。
そんな時に鞄に入れて、時間があるときに読むのによい本です。

今年も前半が終わり、後半、そして来年に向けての反省と舵取りを
する上で役立ってくれそうです。

知的創造的生活を求められている方はいうまでもありませんが、
ご興味のある方は、ぜひお手にとってみてください。
歴史通は人間通/扶桑社
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、育鵬社の大越編集長が手がけた御本が届きました!

その名も「世界史の中の日本 本当は何がすごいのか』
http://www.ikuhosha.co.jp/public/introduction06829.html

世界史の中の日本 本当は何がすごいのか/扶桑社

¥1,470
Amazon.co.jp
      

はい、ミスターインテリジェンスこと田中英道先生の「本当は何がすごいのか」
シリーズの3冊目の御本でございます。


第1章の日本人の視点で世界史を語ろうに、以下のようにあります。
これまで数多くの世界史が書かれてきましたが、
それらは西洋人の見方で書かれた歴史でした。
いま、私たちは、そうした歴史と対照性をもつ歴史を、
日本人の見方によって著していかなければならない
時代にきていると思います。
戦後70年が経とうとする今日、本書では日本人の立場と
視点で、世界史の中の日本について述べてみたいと思います。
(本文より一部抜粋)


なんと、この本の特筆すべきは、
『世界史と日本史を重ね合わせて、それを文化の視点から語られている』
というところにあります。

そして、その対比の材料と視点が実に面白いのです!
・イスラム教のコーランと十七条の憲法
・四大文明と縄文文明。
この2つって、比較して良いものだったのですね!

この2つを比較対照にあげた方を私は存じません。
比較していいんだあ!と目から鱗がばっさばっさと落ちました。

それ以外にも、
◇ギリシア神話と日本の神話はこんなに違う!
◇都市の誕生は戦争がはじまったことを意味している!
◇なぜ仁徳天皇陵は始皇帝陵やピラミッドよりも大きいのか?
◇中国の美術は日本の美術とどう違う?
◇負け知らずのモンゴルを破ったのは日本の組織力だった!
◇コロンブスは黄金の国・ジパングをめざしていた!
◇美術には「歴史の証拠」が残されている!
◇ヨーロッパ型資本主義と日本型資本主義はこんなに違う!
◇フランス革命、アメリカ独立と明治維新はこんなに違う!
◇日本の歴史の特長はその「一貫性」にある!
など、興味関心がもてるものばかりが収められています。

しかも、誰が読んでも解るようなやわらく読みやすい文章で、まとめ
あげられて
いるのが有り難い。大越編集長の努力と苦心の賜物です!
本当にいい書籍を創って頂いて、ありがとうございました!

個人的には、ミケランジェロの「最後の審判」からキリスト教の本質がわかる、
で放心状態に。すごいことを「あっさりと」言ってのけておられるのです。
田中先生と出逢えたことに心から感謝しました。


この本に異論・評論される方がいらしたら、ぜひこれを超える著作を
書いてから
言って頂きたい!と言える位の良書です。

ご興味をお持ちの方といわず、日本人なら必携したい本です。
ぜひお手にとって見て下さいませ。

世界史の中の日本 本当は何がすごいのか/扶桑社

¥1,470
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。