ゆうすけブログ転載

テーマ:
統合と分裂
今日からはシリーズで政治における「統合と分裂」問題について論じていきたいと思っています。(このフレーズ自体がギャグです、面白くないでしょうが)
まず、一昨年にクローズアップされたロシアとウクライナです。(ウクライナ紛争)
正直なところ私はこの両者が争う理由がまったく理解できませんでした。
ウクライナってロシアの一部の地方という認識すらしていたのです。
ロシアから見てウクライナは大都市キエフを中心にポーランド、ブルガリア、ルーマニア、トルコなどヨーロッパやバルカン半島、中東へと繋がる南への出口であり、クリミア半島にあるセバストポリ軍港などは帝政ロシア、ソビエト連邦時代から300年にわたって黒海艦隊が置かれており、地中海への進出口でした。
また肥沃でないロシア(モスクワ周辺)にくらべて地味豊かで農業生産の分野でも大穀倉地帯でもあります。
我が国に無理に例えるとロシアが東日本、ウクライナは西日本のような相互補完の関係にあるとさえ思っていました。

ところがウクライナの人口構成をあらためて調べてみるとロシア人60%、ウクライナ人25%、タタール人(イスラム教徒)15%という割合でした。
驚きなのはロシア人の概念は東洋人の私でもイメージできるように白人で目は紺碧のブルー、男は赤ら顔の大男で酒飲み、女は金髪のべっぴんさんのイメージでした。
(ナントカビッチ)とか(○○スキー)みたいな名前の人たち。
それがウクライナ人と言われたらちょっと区別がつかないなというのが正直な感想です。
宗教も同じギリシア正教で言語もロシア語、文字もキリル文字を使用と同じやないかいと言いたくなるのですが民族学的には別人種で歴史的にも(割愛しますが)違った経路をたどってきました。
ウクライナ中心を流れるドニエプル川の東側にはロシア人、西側にはウクライナ人が多く住んでいるためウクライナ共和国としては政情が安定していないところに持って親ロシア派のヤヌコビッチ大統領が2013年11月にそれまで合意形成されてきたEUへの加盟手続きを停止することを宣言して国内が大混乱に陥ったのです。
当然、親アメリカ、親ヨーロッパ派のウクライナ人は猛反発して騒然とした雰囲気になりました。
この辺りは合併協定を無視して市政を進める現高島市長の挙動と一脈通じるところがあります。
(レベル的にははるかに卑小ですが)

そこで大統領が住民投票を実施してロシア系の多いドニエプル川東部のウクライナ自治共和国を「ウクライナからの独立とロシアへの編入」と決めてしまったのです。
ロシア系の多い地方で煽って住民投票をすれば当然こうなるのは結果として見えています。
内戦に突入しました。
これも現高島市長が2015年春に実施した極めて政治的恣意性に満ちており、住民合意の上で合併に踏み切った「高島合併協定」を根底から否定した住民投票に手法が似ています、いや高島の方がウクライナより後出しですが。(ちなみに合併協定では今津の地に番地指定して庁舎の位置を明確に規定して各町村議会と当時の町村長が署名・捺印しています)
新市庁舎の位置変更条例が1年間で3度も議会で否決されたにも関わらず強引すぎる手法で「新旭町庁舎建設か今津庁舎か」を住民投票で無理に選ばせようとしたのです。
ドニエプル川ならぬ安曇川が高島市の中央を東西に流れていますがここから北を「川北」、南を「川南」と高島郡時代から呼んできました。
当時の郡として川北がマキノ町、今津町、新旭町であり、川南が安曇川町、高島町、朽木村という位置づけでした。
そこへ市長が川北の新旭町に突如ランドマーク代わりに新庁舎建設を言い出して住民投票を実施したものですから(それも議会の議決から実施まで1か月の猶予もない説明責任を果たさぬものだった)、背景を十分議論できない住民や単に庁舎の位置関係だけで判断せざるを得ない人々が投票を強いられることとなりました。
これもウクライナと同じケースで川北の今津町、マキノ町よりもその南の方が人口は多いので投票結果自体は新旭庁舎案が上回り市長は「民意を得た」と宣言して早速、高島市合併の憲法である合併条例を無視して予算編成の裁量権を大幅に逸脱しての建設に邁進しているところです。
前述したように市長も合併協定を無視してまで(新旭での)建設を進めるのは違法性を問われる可能性が高いことは認識していたようで平成26年に2度、平成27年に1度、市議会に条例変更の議案を提出しながら3度とも否決されての無理な執行を進めています。
そもそも現市長の前回での選挙公約は「市庁舎の建設停止・見直し」であったのに公約違反をしてまで新庁舎の建設にがむしゃらになるのはなぜなのでしょうか。

ウクライナでは今も住民投票が発端になって血が流れています。
私は首長たるもの安易に住民投票を実施することは反って地域民主主義を危うくするものだと批判してきました。
あらたな混乱を招き、しかも収拾がつかなくなるからです。(しかも法的裏付け、つまり強制力もありません)
最近では英国のEU離脱国民投票がいい例です。(悪い例ですが)
ウクライナの場合はもはやドニエプル川を境に親ロシア住民と親欧米住民に分割するしか内戦が収まりません。
国を分割するしか手がないところまで政治が介入するとこうなる事例です。
AD

内藤誼人先生の

テーマ:
鶴瓶さんの本を読み始めました。
人付き合いってそうすりゃいいのか~
って納得できる一冊です。
常に笑顔で優しく、こちらから挨拶をし、話しかける。
たったこれだけでも随分人間関係は変わると思います。
私はこれからジックリと読破しますが、
皆さんは、まずは先ほどの行動を今すぐにでも始めてみてください。



iPhoneからの投稿

青木仁志先生の

テーマ:
目標達成の技術
という本を
読み始めました
ところが
内容があまりに難し過ぎて
このおバカな頭では到底理解出来ません(´・ω・)
折角いい本に出会えたんだから
何か一つでも得るものが有れば
いいんだけどなあ~
徹底的に
何度も読み返すのが
理解する一番の
近道かもしれんね



iPhoneからの投稿

みなみけ

テーマ:
アニメみなみけ面白いー(´∀`)
千秋のバカヤロウ~が最高に面白い。
そしてカワイイ。
キタエリの内田もカワイイよね。
マコちゃんもカワイイ。
もう、みんなカワイイぞー!



iPhoneからの投稿

みなみけ

テーマ:
今年から第四期が始まったので

改めて一期から見直してるのですが

メチャメチャオモロイ!

なんで関西ではやってくれんかったんやー(´・ω・`)

こんなに面白いなら、もっと早く見ればよかったー!

みなみけ最高ー(´∀`)



iPhoneからの投稿