ソーシャルメディア(facebook、Twitter、ブログ、LINE)を運用して新規集客するノウハウブログ

ソーシャルメディアを複合的に運用して、地域のお客様を集客する仕組みを構築するノウハウです。費用対効果が悪くなってしまったチラシやフリーペーパーなどの紙媒体を一部切り替えることで、集客効率化&コスト削減が実現できます。

ソーシャルメディア
SNS運用

私たち『株式会社新大陸』は長期的な経営・マーケティングパートナーとして、ソーシャルメディア(ブログやFacebook、twitter、LINE、YouTubeなど)を複合的に運用し、地域のお客様を新規に集客するお手伝いをしています。

今までの販促といったら、チラシやフリーペーパーなどの紙媒体が中心でしたが、今はお店ごとに自らメディアを運用し発信していく時代。興味のあるお客様に個別のメッセージを伝えられるソーシャルメディアでファンを開拓し、関係を深めていくのが、今後のお店の販促の在り方だと考えています。

新大陸ではこれまで、500店舗に対し、計9万人の集客/販売に成功しました。
費用対効果が悪くなってしまった紙媒体を一部ソーシャルメディアでの集客に切り替えることで、“コスト削減”&“効果的な集客”を実現します。

このブログではそんな私たちのソーシャルメディアを使った集客のノウハウを配信しています。

【会社概要/お問い合わせ】
■株式会社新大陸
本社:〒433-8121 静岡県浜松市中区萩丘3-2-1 2F
東京:〒107-0052 東京都港区赤坂8-2-16 4F
電話:053-472-1651 平日9:00~18:00


こんにちは、新大陸です。
前回はBtoB企業がエンドユーザー向けのメディアを立ち上げて商品・サービスの営業や集客に生かすという内容をお送りしました。

しかし、一言にメディアといっても実際にどういう内容のメディアを作れば良いのかとイメージがつかないという方もいらっしゃると思います。

そこで本日はエンドユーザー向けのメディアには何を掲載すれば良いのかというテーマでお話します。



・HOW TOコンテンツ

まずエンドユーザー向けのメディアに必要なのはHOWTO記事。例えば、食材をテーマにしたメディアは料理レシピ、機器をテーマにしたメディアについては細かい使い方などエンドユーザーが「これは使える!」というような内容を記事にしていきます。

このHOWTO記事は定量的なアクセスを集めることができるため、動画や画像をたくさん使いながら価値あるコンテンツに仕上げていきましょう。

・ニュースコンテンツ

次に必要なのがニュース記事。これは新たに登場した商品やサービス事例などの時事ネタを取り上げていく記事です。

ニュース記事は定量的なアクセスを獲得することこそ難しいですが、すぐに読者を集めることができるため、対象となる業界に関わるニュースはなるべく多く取り上げていけるよう心がけましょう。

・取材・特集コンテンツ

最後は人や企業に取材しながら制作する特集記事です。サイトのテーマについて面白い取り組みをしている企業や人を取材することで、読み物のように重厚なコンテンツを制作します。

あくまでも読者メリットを優先したネタの選定を行う必要がありますが、取材記事は企業とのファーストコンタクトの機会として活用できるという隠れたメリットもあります。

・まとめ

いかがでしたでしょうか?メディア運用には社内リソースの問題もありますが、クラウドソーシングをはじめとする外部委託を上手く活用することでローコストかつ安定したメディア運用を行うことができます。

自社メディアを一つ持つだけでもビジネスの可能性はグンと広がります。特にBtoB企業についてはBtoCに比べてライバルが少ないという傾向もありますから、ぜひエンドユーザー向けの自社メディアを立ち上げて営業や集客に活かしてみてください!

************************************

ソーシャルメディア(SNS)運用ならネット集客の新大陸

◆本社
静岡県浜松市中区萩丘3-2-1
TEL:053-472-1651
FAX:053-472-6235

◆東京オフィス
東京都台東区上野6-1-11 平岡ビル9F
TEL:03-6806-0562

ホームページ
http://shintairiku.jp/

公式ブログ
http://ameblo.jp/shintairiku1/

タンブラー
http://shintairiku.tumblr.com/

インスタグラム
https://instagram.com/shintairiku.co.ltd/

************************************"
いいね!(17)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
こんにちは、新大陸です。
経営者・担当者などリーチの母数が限られていることからBtoB企業のメディア運用は、BtoC企業に比べて少ない傾向にあるようです。

しかし、逆に考えればライバルの少ないBtoB企業こそ自社メディアを活用すべきチャンス。そこで本日は「BtoBのビジネスモデルに合う自社メディアづくり」というテーマでお話したいと思います。




・お客さんのお客さんを先に集めてしまう

商品・サービスを企業に売り込む上で考えなくてはならないのがお客さんのお客さん。エンドユーザーを視野に入れたマーケティング戦略はとても重要です。

例えば、食材を生産している企業は主に小売店への販売を一つのチャネルとしていますが、すでにエンドユーザーからの指示を集めている食材であれば小売店も取り扱いやすくなります。

このようにエンドユーザーから一定の評価を集めるてしまうことで、他社との差別化が明確になり値下げ競争に巻き込まれることなく営業することができます。

BtoBの集客用メディアといえばターゲットへの直接的な情報発信とイメージして懸念してしまいがちですが、視点を変えてエンドユーザー向けのメディアを立ち上げることで、自社の営業活動を有利に進めることができるようになります。

・メディアをリアルな営業にも使えるツールに

BtoB企業がエンドユーザー向けのメディアを立ち上げることで営業ツールとしても活用することができます。例えば、もっとも敷居が高いとされる新規営業のためのファーストコンタクト。

エンドユーザーを囲い込んだメディアを運用していれば、メディアへの記事掲載による取材・インタビューという切り口から最初の接点を設けることができます。また、さらにメディア自体のマネタイズを図っていくことでより有効活用することができますね。

・まとめ

BtoB企業にとってエンドユーザーとの接点を確立するのであればインターネットという場を活用しない手はありません。

ビジネスの対象となる業種が多岐にわたる場合、企業によってはメディアを活用した集客が難しいケースもありますが、その場合は最も受注が見込める業種のメディアを立ち上げるというのも一つの方法です。

初期の立ち上げや運用の手間こそかかりますが、メディアは一度立ち上げて軌道に乗ってしまえば他社との差別化にもなる強力な営業ツールになります。

BtoBの商品・サービスを扱っている企業は「エンドユーザーを集客する」という視点で自社メディアを立ち上げてみてはいかがでしょうか?

************************************

ソーシャルメディア(SNS)運用ならネット集客の新大陸

◆本社
静岡県浜松市中区萩丘3-2-1
TEL:053-472-1651
FAX:053-472-6235

◆東京オフィス
東京都台東区上野6-1-11 平岡ビル9F
TEL:03-6806-0562

ホームページ
http://shintairiku.jp/

公式ブログ
http://ameblo.jp/shintairiku1/

タンブラー
http://shintairiku.tumblr.com/

インスタグラム
https://instagram.com/shintairiku.co.ltd/

************************************"
いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
こんにちは、新大陸です。
前回は良質な自社メディアの運用にはマーケティング担当者の編集力が必須というお話をお送りしましたが、本日は編集力を身につけるためのトレーニングというテーマでお話してみたいと思います。



・まずは1からコンテンツを作ってみる

編集という仕事をする上では、ライターとしてコンテンツ制作を経験してみることが大切です。1から生み出す作業を経験することで原稿を作る上で苦労する点や課題を見つけることができます。

また、編集としてコンテンツをブラッシュアップする際、ライターとのコミュニケーションもスムーズになるため、まずはライターを経験してみるのは良いトレーニングになります。

・あらゆるメディアの記事を読み、自分なりに添削してみる

ニュースや目に付いた記事に対して「記事の意図は何か」という視点を持って読むことで、情報を多面的に捉えることができるようになります。

そして、ニュースになっている事象を自分なりに解釈して添削をいれていくことで編集作業の練習をすることもできます。

特に有名なメディアに掲載されている記事はライターや編集の方のスキルも高いため、普段と視点を変えて情報収集するだけで気づかされる点は多いと思います。

編集力を養うには、一目見た文章をすぐに信じ込まずに「まず疑う」という癖が必要になります。

普段目にしているニュースや記事も視点を変えてみれば新たな発見が多いため、編集力を身につけたいという方には、他メディアの記事添削はおすすめです。

・真面目なことを面白く、面白いことを真面目にしてみる

メディアに掲載するコンテンツは読者が見ていて「楽しい」もしくは「思わず頷く」ような内容に近づける必要があります。

そのためには、真面目な話をかみ砕いて面白くする、面白い話を深堀りして納得感を演出するなど多面的に構成していく必要があります。

発想や企画力は当人が持っているパーソナリティーに依存する場合もあります。

しかし、ソーシャルメディアなどをチェックしていると人気コンテンツの傾向を読み取ることができるので、「読者はなぜその記事に反応したのか」という視点を持って分析していくと一つのネタを多面的に捉えることができるようになります。

・まとめ
コンテンツマーケティングを仕掛けていくために求められる編集力。

一朝一夕で身につくものではありませんが、これから自社メディアを発展させていきたいとお考えの方は、ぜひ編集力スキルを身につけられるようチャレンジしてみてください。

************************************

ソーシャルメディア(SNS)運用ならネット集客の新大陸

◆本社
静岡県浜松市中区萩丘3-2-1
TEL:053-472-1651
FAX:053-472-6235

◆東京オフィス
東京都台東区上野6-1-11 平岡ビル9F
TEL:03-6806-0562

ホームページ
http://shintairiku.jp/

公式ブログ
http://ameblo.jp/shintairiku1/

タンブラー
http://shintairiku.tumblr.com/

インスタグラム
https://instagram.com/shintairiku.co.ltd/

************************************"
いいね!(12)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)