こんにちは、大阪 堺市 西区

真カイロプラクティックのオダです。

 

今年予想されるスギとヒノキの花粉飛散量は平年の1.2倍で、昨年の4.4倍。関東での花粉のピークは、スギが3月上~中旬、ヒノキが3月終わり~4月上旬の見通し。

元の記事を読む
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170201-OYTET50024/?catname=news-kaisetsu_news_kenko-news#csidx5904ef20cd138858d44f445607ea720
Copyright © The Yomiuri Shimbun
今年予想されるスギとヒノキの花粉飛散量は平年の1.2倍で、昨年の4.4倍。関東での花粉のピークは、スギが3月上~中旬、ヒノキが3月終わり~4月上旬の見通し。

元の記事を読む
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170201-OYTET50024/?catname=news-kaisetsu_news_kenko-news#csidx5904ef20cd138858d44f445607ea720
Copyright © The Yomiuri Shimbun
今年予想されるスギとヒノキの花粉飛散量は平年の1.2倍で、昨年の4.4倍。関東での花粉のピークは、スギが3月上~中旬、ヒノキが3月終わり~4月上旬の見通し。

元の記事を読む
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170201-OYTET50024/?catname=news-kaisetsu_news_kenko-news#csidx86d61b26558adeab5c5f21fc2300bfd
Copyright © The Yomiuri Shimbun
今年予想されるスギとヒノキの花粉飛散量は平年の1.2倍で、昨年の4.4倍。関東での花粉のピークは、スギが3月上~中旬、ヒノキが3月終わり~4月上旬の見通し。

元の記事を読む
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170201-OYTET50024/?catname=news-kaisetsu_news_kenko-news#csidx86d61b26558adeab5c5f21fc2300bfd
Copyright © The Yomiuri Shimbun
今年予想されるスギとヒノキの花粉飛散量は平年の1.2倍で、昨年の4.4倍。関東での花粉のピークは、スギが3月上~中旬、ヒノキが3月終わり~4月上旬の見通し。

元の記事を読む
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170201-OYTET50024/?catname=news-kaisetsu_news_kenko-news#csidxd9d885d6b3d924287205aa7bf75768a
Copyright © The Yomiuri Shimbun

最近、野球やサッカーなどの国際試合などで、目の下にクマにして

仕事に行ってませんか?

 

クマにはタイプがあり、

青っぽく見えるクマは、 目の下の毛細血管 の血行不良が原因です。 

「睡眠不足=クマ」 ですが、他にもストレス・冷え性・運動不足・パソコン・貧血・喫煙など

 

青グマの予防・解消は、とにかく目元の血行を促進するに限ります。

目元に蒸しタオルを当ててホットパックをするのが目の疲れも解消してくれて効果的です。

 

あとは、目の下のマッサージも有効です。

ただし強くこすると皮膚を傷めてしまい逆効果なので、

マッサージ専用の化粧品を使いながらやさしく肌をマッサージしましょう。

 

 

もう一つのタイプは、 目の下に黒い影ができるクマ です。

目の下にくぼみができて影のせいで黒く見えるためです。

 

目の下にくぼみができる主な原因は加齢です。

まぶたの開閉を行う眼輪筋、眼球の周りにある靭帯や眼窩隔膜が衰えて

目の下の脂肪が垂れ下がり、 影が出来て黒く目立つようになります。

 

生まれつき目の下がくぼんでいる人や、表情筋をあまり使わない人、

おでこの筋肉や頭皮が硬くこっている人などがなりやすいです。

 

改善策は、頭部からおでこにある「前頭筋」がたるむと、

つながっている顔の皮膚や表情筋もたるみ、黒グマができやすくなってしまいます。

 

そこでブラッシングや頭皮のマッサージをすると、頭皮や頭部の筋肉が刺激され、

目の下のくまやたるみを引き上げる効果があります。

 

あと、なかなか難しいですが、 眼輪筋を鍛えるトレーニング です。

  1. 下まぶただけ引き上げて「まぶしい目つき」をする
  2. 目尻を指で引き上げて「つり目」にした状態で目をつぶってみる
  3. 上まぶたを指で眉毛まで引き上げたまま、リズミカルに下まぶただけを引き上げる
  4. 「アッカンベー」をしたまま、頬の筋肉を引き上げる

クマは体調や生活習慣の乱れも反映して起こっているので、

クマに気付いたらやはり根本的な原因を解決した上で

スッキリした目元を取り戻していきたいですね。

 

真カイロプラクティック

http://shin-chiro.net/

真整骨院

http://shin-t.com/

AD