ソウル・サーフィン

小説「ソウル・サーフィン」の姉妹サイトです。


テーマ:
「どじん」という風に言うのは、差別なのだそうです。

どうしてなのかなあ?

そう呼ばれる人たちが、その言葉に誇りを持っていても、いけないのでしょうか?

土から生まれた人たち、そう考えてみれば、

なんか、様々な人種の中で、

いちばん古く、根本を押さえているような人たち、

ということになって、

これは決して軽蔑の気持ちを表した言葉じゃないと思うのですが、

いかがでしょうか?


ニューカレドニアには、イル・デ・パンという世界でも有数の美しさを誇る島がありますが、

その島から少し北東にいったところに、

ロイヤルティー(ロワイヨテ)諸島と呼ばれる三つの島のがあります。(その他に小さい島々があります)

いちばん北にあるのが、あの「天国にいちばん近い島」ウーベア島です。

いちばん南にあるのは、マレ島。そこの酋長には、日本人の血が流れています。

その真ん中にあるのが、リフ島。

そのリフ島で、土(つち)人と共に、八ヶ月、

彼らの、ワラで造った「竪穴式住居」で暮らしたことがあります。


その家族は、

「自分たちの祖先は、岩から生まれたのだ」

と、かたくなに信じていました。

この島の人がすべて、「岩」生まれというわけではなく、

家族、部族、ごとに、それぞれ先祖が決まっていて、

「さめ」から生まれた家族もいれば、

「こうもり」から生まれた部族もいました。

この島々に住むカナック人は、フランスから独立して、

こんな昔ながらの暮らしを守ろうとしましったが、

多勢に無勢、あえなく敗れ、

今は、「伝統文化保護区域」という名前をもらって、

フランス国内なのですが、フランスの法律は通用せず、

カナック人の法律が尊重されています。


スキューバ・ダイビングで知られるこの島では、

サーフィンがまだ一般的ではなく、

サーファー用のTシャツを着ている子供たちはたくさんいるのに、

ボードをもっているものはほとんどいません。

「サーフィンへの、あこがれ」

という気持ちの状態のまま、

それが巻き起こしてしまう負の連鎖反応には、

まだ無縁です。

島民の八割以上が失業者で、

フランス政府からの生活保護を得て、

何もせずに生きる

という老子の教えを、誰に教わることなく実践しています。

島民の平均寿命は、五十歳をちょっとこえたところです。

美しい島には、矛盾が一杯です。




にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

もしよろしければ、クリックのご協力をお願いします。


«関連記事»
「ハッピーでなければ、生きていることにならない」
何もむずしいことは、ないんです。老子の教えは、このセリフにつきちゃうんだから。どうですか、今、ハッピーですか?

ギリ諸島(ロンボク)の珊瑚礁で正法眼蔵(道元)
インドネシアのブック・エクスチェンジには、考えてもみなかった本との出会いがありました。美しい珊瑚礁に、人魚姫サマはたくさん泳いでいましたが、わたしは同伴者の手前、読書しかありませんでした。

ジェリー・ロペス/サーフする哲人
無知な千葉の映画少年は、彼がこんなに偉大な人物であることを知りませんでした。波に乗る思想家です。
映画ビッグ・ウェンズデーでは、サーフィンに革命をおこした男として、紹介されます。

日本で労働三ヶ月、そのあとは旅を九ヶ月。小説「ソウル・サーフィン」
ぜひ、こちらも、御覧ください。同サイトの小説「完璧な時代」には、老子とはまったく逆なバブルの生活が描かれています。

働かずに生きるサーフ仙人/アルガム・ベイ(スリランカ)
リフ島の人も、波乗りができれば良かったのに。

ドバイでレンガ積んで、世界をサーフ
ちょっとだけ働いて、あとは、グッド・ウェイブ。ロティ島で、6メートルの波にいどんでしまいそうになった愚かな僕を止めてくれたサーファーは、看護士で金を貯めてサーフィン。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Naotoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。