ソウル・サーフィン

小説「ソウル・サーフィン」の姉妹サイトです。


テーマ:
アメリカンのサーファーたちは、「リオネスクパ」と発音しているけど、これじゃ、メキシコに行って迷子になりかねない。

ミチョアカンのグッドなグーフィーは「リオネスパ」と地元の人は発音します。気をつけられたし。

このスポットは、サーフィン雑誌などでずいぶんと取り上げられてしまい、「シークレット」と呼ぶには、たいへんおこがましく、申し訳ありません。

まあ、シ-クレットというよりは、比較的無名なメキシコのブレイク、まあ、十五年前のシークレットというところでしょうか? (サーフ・キャンプ有り)

二十五年前に、パコロロ(伝説のメキシカン・サーファー)が波乗りをバリバリしていた頃は、あのメキシカン・パイプライン«プエルト・エスコンディード»だって、世界的には「シークレット」だったんですよね。

サーファーが旅をして、いろいろな場所に行くということは、良いことだけでもないと思います。サーフィンが起こしてしまった功罪。複雑な思いがあります。

さて、本題のリオ・ネスパに戻りましょう。

このグーフィーは河口近くでテイク・オフすると、普段でも、インサイドに向けてなかなか長めのライドが楽しめます。テイク・オフは簡単で、習いたての初級者がサーフィンの醍醐味を味わうのに絶好のブレイクだと思います。波乗りが好きでたまらなくなって、人生を棒に振ってしまうほどね。

ただ、このレフト・ハンダーの部分は、やっぱりどうしようもなく混んでしまい、ライドを目一杯楽しめるかというと、疑問が残ります。

そんな時は、河口の反対側へゴー。

河口の砂と玉石がガツンと押し上げたインテンスなレギューラーがありますよ。

波がでかくなって、ローカルもビジターも怖くて入れない日に、この河口でライドしてヒーローになりましょう。


«関連記事»
セミ・シークレット・スポット1
コスタリカのマイナーなポイント・ブレイクです。

イタリアの「サンドラ下」/シークレット3
F1で有名なモナコのそばで、サーフィンができるんです!


任天堂のゲーム・ウォッチに関する英文記事を書きました。もしよろしかったら、ご意見をお聞かせください。また、小説「完璧な時代」もよろしくお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Naotoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。