78日「キセラ川西せせらぎ公園オープニングフェスタ」が開催され、私も来賓として出席し、ご挨拶をさせていただきました。

当日はお天気が心配でしたが梅雨の晴れ間となり、たくさんの来賓の皆様、関係者の皆様、そして主役である市民の皆様が参加され、盛大に執り行われました。特に第二部のオープニングセレモニーでは地元の保育所児童そして小学生の皆様による演技があり、元気で活気に溢れた賑わいのあるセレモニーでありました。本当に暑い中、ありがとうございました。

 

「キセラ川西」とは、平成10年に都市計画決定された、川西市中心部での<まちづくり>の愛称です。国内でも有数の先進的、モデル的な再開発事業であります。阪急電鉄「川西能勢口」駅から北へ約600mの好立地に、集客施設、公益施設、医療施設、住宅等の都市機能を集約させて、コンパクトなまちの形成を目指し、集客機能の高い街として、地域の活性化、人口増の起爆剤となることが期待されております。

その「キセラ川西」の地区内を南北に流れる「せせらぎ遊歩道」と共に、この地区の中心的な存在として位置づけられております「せせらぎ公園」が完成をいたしました。

市民が主役の、市民が成長させる、新しい魅力的な公共空間として育てていただき、すべての施設が完成したあとも、多くの人が集まってくる人気のエリアとして発展していくことを願っております。

 

最後に大塩川西市長をはじめ、多くの関係者の皆様のご尽力により「キセラ川西」の

まちづくりが着実に進展していることと、今回の式典に向けて準備を進められた多くの関係者の皆様に心より敬意を表します。