OJT代行型研修の株式会社シンスター スタッフブログ

株式会社シンスターのスタッフが、ビジネスや人財育成に関して、日々考えていることを発信。


テーマ:

9月10日(土)に、女性を対象とした【自分の「なりたい姿」を見つけよう】~仕事を楽しむために、今自分ができることは?新たな一歩を踏み出すきっかけを掴もう!~というセミナーを、大重塾と共に共催しました。

 

人生にも仕事にも山あり谷あり。仕事でもプライベートでも上手く行く時とそうでない時があるのは当然です。ですが、その浮き沈みを上手く利用して、プラスに変える事が出来る人と、その波に呑まれてしまう人がいるのはなぜなのか?上手くプラスに変えられる人ってただラッキーなだけ、ではないはず。

 

そんな思いから、今回は女性自身が「楽しんで仕事をするためのヒントを得る」セミナーを開催しました。

 

第一部は元JTB執行役員の坂本友里氏をメインパネラー、シンスターのマーケティング・事業推進室長の井上がサブパネラーとして登壇し、それぞれのキャリアを振り返りながら「楽しむ」ために工夫していることをお話ししました。

 

坂本氏は新卒からJTBでキャリアを着実に積み上げ、自身がロールモデルとなり数多くの女性たちを育ててきました。一方、井上はアクセンチュア⇒ハイアットホテルと転職の経験もあり、かつ常に社外に目を向けることで自身のステップアップを考えながら、子育てと仕事の両立を続けているという対照的なキャリアを積んできた二人。

 

二人の今までのキャリアを、その時々のモチベーションのアップダウンと共に振り返りながら、特に、モチベーションが下がった時、どのような工夫をしてその状況を乗り越え、「楽しみ」に変えてきたのかをお話ししました。

 

坂本氏のユーモアあふれる語り口、井上のパワフルな行動のエピソードに笑いが漏れながらも、パネラーの発言を一生懸命メモする姿が沢山見られました。

 

 

【坂本氏と井上の対照的なモチベーションバロメータ―】

 

 

参加者からは「パネラーのお話しが大変身近に感じられつつも、自分で道を切り開いてきたから現在に辿り着いているすごさや自信を感じた」「自分のこととして置き換え、とにかくアクションを起こしてみようと思った」「楽しみは人任せではなかなかやってこない。今後の人生でヒントになるキーワードをいただきました」等のコメントをいただきました。

 

第二部は「自分自身を知る」ためのワークを行いました。大重塾の峯講師がメインファシリテータとなり、シンスターの井上も参加者のワークをサポートしながら、じっくりと自分自身に向き合って頂きました。

 

自己分析ワークでは、自分の現状を整理して冷静に見つめ直すだけでなく、キャリアにおいて、自分でコントロール可能な内的要因と、自分ではどうにもならない外的要因を改めて整理することで、変化のために「自分で何かできること、難しい事」を分けて考えることができるようにもなります。

 

その後、事前課題として作成してきた、モチベーションバロメーターシートと自己分析の結果を組み合わせて、「自分のモチベーション」のアップダウンに自分の「強み」や「弱み」がどう生きてきたかを分析しました。

 

その結果をペアワークで他の参加者と共有をし、自分のキャリアストーリーと自分自身を人に語ること、またその内容に関して人からフィードバックをもらうことで、今まで見えてこなかった自分の「強み」や「良さ」に気づきを得ることができるようになります。

 

【ペアワークで自分の新たな発見も】

 

 

次のワークでは3年後の「仕事を楽しむ自分」をイメージしてもらいました。「楽しく仕事をする」自分の具体的な姿をイメージし、その実現のためには何が必要なのか?自分のどんな強みが活きて、克服すべき弱みは何か?等、今までのワークで出てきたことをベースに考えていきます。

 

第三部では、「3年後のイメージ実現のために今自分ができること」をテーマに、自分の思いや悩みをぶつけ合うグループディスカッションを行いました。パネラーもディスカッションのファシリテータとして参加して話を聞き、参加者同士でもお互いの経験を基にアドバイスし合ったり、それぞれの「楽しい」の軸の違いを再認識するなど、新たな発見があったようです。

 

最後は、今日の締めくくりとして、3年後の自分から今の自分に向けたメッセージの作成と、同じグループのメンバーでメッセージ交換を行いました。初対面でありながらも、3時間半の時間を共に過ごし、自分の本音をぶつけたことで、参加者同士の間にも自然と交流が生まれました。

 

 

もらったメッセージは辛い時の励みにします!とのコメントも】

 

 

「自分と同じような悩み、また違う悩みを持つ方々と集まり、業界を超えて話ができたことは大変有益だった」「向上心高い方々とお話しできたことは、とても刺激になった」「頑張っている仲間と情報交換できたのも有意義でした」と、セミナーを通じて新たな出会いもあり、それも一つのモチベーションアップにつながったようでした。

 

女性活躍推進の風が吹いている昨今、多くの企業で、経営陣・管理職の意識改革、全社的な啓蒙、女性管理職の育成機会を増やす等、様々な取り組みをしています。ダイバーシティや女性活躍の推進を全社的な戦略の一つとして取組む際には、適切なステップと施策が必要ですが、対象となる女性たちの気持ちを置いてけぼりにしないで欲しいと願ってやみません。

 

「キャリアアップする」と一言でいっても、管理職になることなのか?重要な仕事を任せられることなのか?経歴を高めることなのか?人によってその捉え方はまちまちで正解はありません。

 

ですが、その中で一番大事なコアとなるべき事は、女性本人が「仕事が楽しく、充実している」と感じることであり、その結果として社会や会社に貢献する、というサイクルが女性活躍推進の理想の形なのではないかと考えています。

 

今回のセミナーが、参加者の皆さんにとって「次の一歩を踏み出す」後押しになる事を願っています。シンスターはこれからも、「楽しみながら仕事をする」女性たちを一人でも多く増やすために活動を続けていきます!

 

セミナーの詳しい内容や、企業での導入のご検討をされる場合は、info@shinstar.co.jpまでお問い合わせください。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。シンスターの井上弘絵です。

 

先日、エム・アイ・アソシエイツと共催の勉強会、【会社を変えるダイバーシティの新たな一歩】の第2回目を開催しました。(勉強会第1回目の様子はこちらから)

 

今回はインクルージョン側に焦点を当て、「経営者・管理者の意識をどう変えるか?」をテーマに、レクチャーと参加者同士の意見交換を行いました。

 

第一部のレクチャーでは、エム・アイ・アソシエイツの松丘代表からインクルージョンの概念と、ダイバーシティを経営視点で問題として捉え、組織変革を促すことに関してお話ししました。

 

 

【エム・アイ・アソシエイツ松丘代表によるレクチャー】

 

 

さて、皆さん、この2つの言葉を読んでみてください。

 

◆人間には短所が沢山ある。その短所をあげつらって直すよりも、その人の長所を伸ばしてやることの方が、人間を成長させる。

 

◆はんぱな者どうしでも、お互いに認め合い、補いあって仲よくやっていけば、仕事はやっていけるものだ。

 

これらの言葉は、まさに今、社会で進められているダイバーシティの考え方に近いと思うのですが、この言葉を語ったのは、松下幸之助さんと本田宗一郎さんなのです。

 

実は、トップダウンで業務が遂行される管理型マネジメントが良しとなったのは成果主義が推奨されたここ20年の傾向であり、かつての日本企業は、多少は形は違えど、こういった個を活かす事を大切に考え、実際に組織的に取り組んできたという事実があるのです。

 

レクチャーの中で、かつてのカリスマ経営者が、今必要とされている組織の在り方について、数十年前にすでにその考え方を語っていたことは、参加者にとっても大きな驚きだったようです。

 

「ぜひこの社会的背景を経営陣や管理者の説得材料として使ってみたい!」「日本人にはこういった考え方は向かないからできないと思い込んでいたが実際に行われていたと聞いてできる!と思えるようになった」という声があがりました。

 

排他的な管理型マネジメントがもたらす組織への弊害や、今なぜインクルージョンが必要とされているのかについて、社会的な背景と経営的な視点から見る事で、企業のさらなる成長に繋がる経営戦略の一つとして、ダイバーシティの推進は欠かせない取組みであるということを、参加者の多くの方が再度認識したようです。

 

第2部では「あなたの会社の経営者・管理者の意識の現状は?またそれを変えるために取り組んでいること、取り組みたいことは?」をテーマに、シンスターの曽我講師とエム・アイ・アソシエイツの佐藤講師のファシリテーションの元、グループで意見交換を行って頂きました。

 

 

【ファシリテートするシンスターの曽我講師】

 

 

いくつかの成功事例の共有があり、「男性社会を変えるために管理者層一人ひとりに地道に説得の活動を続けている」「やる気のある女性社員と推進に理解がない管理者とを会わせて女性の訴えを直接聞いてもらっている」「教育ビデオではなく、ダイバーシティの考え方に沿っている、とある米国映画を上映したらとても効果があった」等、各社の試行錯誤の取組みには、多くの参加者の方から、ヒントを沢山もらった!とコメントを頂きました。

 

 

【意見交換する参加者の方たち】

 

 

また参加者の皆さんにダイバーシティの推進に関する簡易チェックにご協力いただいたのですが、以下のような結果となりました。

 

 

【フリーコメントからの抜粋】

・経営層はかなり支援してくれているが、それでは足りないくらい管理者層が頑固。

・総論は賛成だが、あまり関心がないように思える。

・会社の規模の割に推進部署が小さく、担当者が少ない。

・本業は別にあり、あくまでも「おまけ」的な位置づけなのでもっと全社的に本腰を入れて欲しい。

・推進には賛成でも、推進のために必要となる具体的な取組み(人事制度の変更等)には反対される。

・役員間で意識が違い、推進がしにくい。

・人事部まかせ。上の人から本気をだして推進してくれないとやりづらいと感じる。

 

 

組織の制度をどんなに整備しても、女性社員を含む対象層にどんなにモチベーションアップをしてもらい意識の変化を促しても、社員を率いる経営者や管理者の意識が変わらない限り、そこに真の変革はありません。

 

ローマならぬダイバーシティは1日にしてならず。これからも各社の地道な泥臭い取組み推進の様子を共有して行ける場を提供したいと思います。

 

次回の勉強会は11月9日(水)15時半~17時半@エム・アイ・アソシエイツにて開催します。テーマは「キャリア形成を考える~女性のキャリア意識をどう高めるか?」を予定しており、ミサワホーム様が3年に渡って取り組んでいる「女性社員向けキャリアップ研修」を事例としてご紹介したいと思います!

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆さん、こんにちは。コンサルタントの穂刈です。2016年7月にシンスターに入社してあっという間に1ヶ月が過ぎました。まだまだ勉強中の身ですが、お客様の価値向上に一日でも早く貢献できるように精一杯努めてまいります。

私は、今までIT業界でシステムエンジニアとして働き、その中でシステム構築の営業支援や開発、ITコンサルティングと様々な役割を経験してきました。

このようなキャリアから、なぜ「人材育成」を事業とするシンスターへ転職をしたのかというと、システムエンジニアとして働きながらも、人を育成することに対しての思いを持ち続けていたからです。

若手の頃、ある指導員の先輩がいて、その先輩は折に触れて、私に「何を楽しいと思っているのか?」「どんな時が楽しいのか?」を、色々な言葉で考えさせてくれました。ある日、「穂刈はシステムの話より、後輩の指導や育成、後輩が成長した話をするときが楽しそうだね。その人の良いところを俺に笑顔でいつも話してくれるよね」という言葉をもらい、自分が本当にやりたいことが何なのかに気付くきっかけになりました。

その結果、私は「やはり、自分は人の育成に関わっていくことに興味がある。より多くの人の育成や成長に関われる仕事に携わりたい」と考えるようになりました。

自分のそんな思いを会社に根気よく伝えていく中で、私は企画部署に異動し、部長を対象とした研修企画を担当することになりました。その研修では、部長層を集め、自社の経営課題を議論するワークショップを数か月かけて実施していきました。

その研修では、会社の未来を考えている人、事業が大好きな人、技術が大好きな人、次の人材を考える人・・・様々な部長達の思いを垣間見ることができ、その議論を通して先見性や深みのあるビジネスアイデアが生まれる瞬間を目の当たりにしました。

そこで私は、こんな風に人が熱く語り合い、お互いが議論を通して成長できる場を提供できる仕事に意義を感じました。

そして、「人の育成に関わる」ということを自分の軸にしていきたいと考えるようになり、シンスターに入社することになったのです。

シンスターには、この部長層の研修と同じ様に、自社のテーマを題材にして、ビジネスの知識を学んだり、討議をする、アクションラーニングという研修プログラムがあります。

そこは、今後の経営計画や新規の事業の検討をテーマに、会社の未来を考えて、熱く議論を交わしながら、研修と実務の両面から自らを成長させる場です。私はシンスターでも、このようなアクションラーニングの提供などを通じて、お客様の価値向上に貢献したいと思います。

余談になりますが、さきほどの指導員の先輩に、シンスターに入社することを伝えた日に「やっとその道に行くのか、似合っていると思うよ」と言われた日は忘れません。そして続けて、「他人の育成や成長に関わるためには、前提として自分自身がしっかりとした考え方を持ち、周りから一目置かれる存在になってこそ、初めて貢献できるのだと思うよ。まずは穂刈自身が成長し、その姿を僕らに見せてよ。楽しみにしてるから。」と言葉をかけてもらいました。私は、なんて幸せ者なのだと泣きました。

これから私はシンスターの一員として、お客様の支えとなり、顧客価値向上に貢献したいと思っております。なお、私は「人生楽笑」をモットーにしています。一人でも多くのお客様と一緒に楽しく笑って過ごせるように、精一杯皆様のサポートに努めていきたいと思いますのでどうぞ宜しくお願い致します。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。