OJT代行型研修の株式会社シンスター スタッフブログ

株式会社シンスターのスタッフが、ビジネスや人財育成に関して、日々考えていることを発信。


テーマ:

第3回目となるダイバーシティ勉強会。今回も沢山の企業の方にご参加いただきました。ありがとうございます!

 

第3回目の今回は、「キャリア形成を考える」をテーマとし、中でも女性のキャリア意識をどう高めるかを中心に勉強会を進めました。

 

会の始まりでは、シンスター講師の曽我(スキルパート担当)とエム・アイ・アソシエイツ講師の佐藤(キャリアパート担当)から、女性のキャリア形成を阻害する要因と、管理職に向けて意識を高めるための効果的なアプローチについて、解説をしました。

 

【解説をするシンスターの曽我講師】

 

特に、女性が「管理職になる」と聞いたときにイメージする、「周りはついてきてくれるのか?」「自分はできるのか?」「男性と同じように働かなければいけないのか?」等のネガティブなイメージを払しょくするためには、

 

・自分らしいキャリアジョンを描き、管理職を目指すことに自ら腹落ちする事

・ビジネススキルを高め、管理職に向けた実務成果と自信を積み上げる事

・上記の機会を会社・上司が提供し、実務でサポートし続けていく事


の3つが重要である事を両講師よりお話ししました。

 

その後、ミサワホーム株式会社の森下氏をゲストスピーカとしてお迎えし、ミサワホームのダイバーシティの取組みや、女性たちの意識の変革をするために行ってきた数々の施策についてお話しいただきました。

 

 

【ゲストスピーカーの森下氏】

 

 

森下氏はミサワホームがダイバーシティ推進を開始し軌道に乗せる間、実務担当者として、様々な施策の企画や運営に関わってきた方です。

 

ミサワホームは数年の間に様々な取組みを行っていますが、中でも2014年度から取り組んだ「女性社員向けキャリアアップ研修」は、女性管理職の登竜門として、すでに大きな効果を出し始めています

 

森下氏からは、この取組みを開始し軌道に乗せるまでの苦労話や、泥くさい裏舞台をお話し頂きました。

 

他の会社の裏舞台をここまで聞くことは普段ではありえないということもあり、参加者の皆さんはその話に吸い込まれるように聞き入っていたのですが、中でも、森下氏が推進のステップとして挙げられた、以下の3つには参加者の多くが頷いていました。
 

・第一段階=知識・情報(のインプット)

・第二段階=意識(の変化)

・第三段階=行動(具体的な施策)

 

初から何もかもをやろうとせずに、まずは「できることから地道にやる」大切さと、それが積み重なった時に花開く効果に共感されていた様子でした。

 

森下氏は、ダイバーシティ=女性活躍だけではない。ただし、女性の割合が大きいのでそこから取り組んでいるということを、社内に根気強く発信し続け、理解してもらうことの大切さと、女性が活躍できる場を積極的に社内で作っていくことの必要性もお話しくださいました。

 

終了後は現在も事務局として様々な施策を企画運営している小島氏にも御参加いただき、参加者とのQ&A、及び会社における女性の意識を高めるための施策についての意見交換を行いました。

 

 

 

【参加者との意見交換の様子】

 

 

参加者の皆様からは、

 

・ダイバーシティ推進は「できることから始めていくこと」「明確な正解はないから長く時間がかかる」ということが印象に残った。

 

・正直どのように行動すべきか全くわかっていない状態だったので、とても励みになった。

 

・やれることからまずは実践すること、多方面から巻き込んでいくこと、また、伝え方やメール文面など小さな工夫が重要であると再認識した。

 

・取組みはもちろん、熱意に非常に感心した。担当者の強い思いというのは大事だなと感じた

 

という前向きなコメントを頂くと同時に

・ぶら下がり系の女性社員をどうしたらいいか悩んでいる

・上司の巻き込み方が難しい・・

・予算に限りがあり、何を優先的に行うか判断が難しい

 

等、課題を感じているという声もあり、担当者として試行錯誤されている様子が伺えました。

 

女性のキャリア意識を高めていくためには、女性本人の気持ちはもちろんですが、それをサポートする会社・上司の協力も欠かすことはできません。

 

そして女性本人に関しても、気持ち面のサポートだけではなく、活躍するために必要な場の提供と、OJT・OFF-JTでのビジネススキルアップのための施策を提供していく必要性もあります。

 

自社にとって最適かつ優先度の高い課題をしっかりと見極めた上で、投資をしていくことが大切になのではないでしょうか?

 

今回、その具体的な施策の一つとして、ミサワホーム様に導入いただいている「女性管理職候補育成プログラム」のプログラム体験会を11月25日(金)15時~18時に開催します。


上司たちに知っておいてほしい事・サポートしてもらうべきことは何か?

 

女性たちに必要なエニアグラムやライフキャリアチャートを使ったキャリアデザインとは?

 

ビジネスの現場で同じ土俵で戦うために付けておくべきスキルとは?

 

ぜひ一度体験してみてください!詳細やお申し込みは以下のリンクから!

http://www.shinstar.co.jp/seminars/#20161125

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、シンスターの永田です。

 

研修用の教材作りを行っていると、日経新聞や企業のホームページ、経済誌などから様々な情報にふれる機会があります。先日も大分県の観光産業について情報収集していた時に知ったのですが、大分県の「おんせん県おおいた」というフレーズは、商標登録が認められているんだそうです。ご存知でしたか?

 

そもそも大分県では、数年前から海外からの観光客を増やそう!まずはPRだ!ということで、201210月に「おんせん県」で商標登録を出願したそうです。しかし、温泉が売りなのはなにも大分県に限った話ではなく(温泉の源泉数、湧出量はともに日本一らしいですが)、他県からの批判が相次ぎ結局商標登録は認められなかった。

 

私が担当者なら、他に何かいいネーミングはないものか・・・?と、「おんせん県」でPRすることをあきらめていたと思うのですが、大分県は違いました。「おんせん県」とPRすることをあきらめず、「おんせん県って言っちゃいましたけん」というキャッチフレーズのCM製作してオンエアしてしまったそうです。有名人は一切使わず地元の人に出演してもらい、16種類ものCMを作ったとか。こうした粘り強い取り組みの結果、最終的に、「おんせん県おおいた」という形で商標登録を認められた。すごいですね。

 

同県は、もともと8つの藩が統合されてできた背景から県としてまとまろうという意識が低く、地域間競争意識が強かったそうです。そういった背景から観光PRに対する取り組みも地域間でバラバラ、また行政と民間の動きもバラバラ。2010年のデータをみると、宿泊業で働いている人のウエイトが大きい(宿泊業に従事する人の割合は全国4位)にもかかわらず、県の観光業向け予算は全国最下位。宿泊施設の客室稼働率は57.9%と全国30位となっており、決して上手くいっているとはいえない状況だったようです。

 

しかし、20128月に、市町村、地域観光協会、旅館ホテル組合、観光事業者、NPO法人などが協力し、官民協働で温泉と食をPRすべく、「大分県ツーリズム戦略」を策定。「日本一のおんせん県 味力も満載」というキャッチフレーズを考案し、大分県が一体となってPRを行う取り組みが始まったそうです。

 

この「おんせん県おおいた」の発案者であり、中心になって取り組みを推進されたのが別府温泉ホテル白菊社長の西田氏。20127月に県内110の宿泊施設や観光施設、交通機関などを巻き込んで「おんせん県観光誘致協議会」を設立し、その初代会長としてぼやけていた大分県観光のイメージを「おんせん県」と定め、官民で連携して全国にアピールする取り組みを推進されたそうです。

 

大分県内でも、温泉が出る地域もあれば出ない地域もあります。また、温泉が出る地域の中でも、由布院・別府温泉といった全国的に有名な地域もあればそうではない地域もあります。そのため、県全体がまとまって「おんせん県」としてアピールしていくことに対して、温度差があったのではないかなと想像します。

 

加えて、前述したようなそもそもあまり一体感の無いお国柄の中で、大分県全体を巻き込み取り組みを推進していくことは非常に大変だったのではないかと想像します。しかし、自分達の地域に観光客が集まれば良いというわけではなく、「おんせん県」というフレーズをフックとして人々の関心を集め、認知度を高めることにより、大分県全体の経済活性化につなげられると、より広い視野で人々を説得し、まとめあげていったそうです。

 

実際、PRの動画を見てみると、「おんせん県おおいた」というキャッチフレーズのもと、豊後牛やかぼすなど、温泉に関係ないものもどんどんアピールしています。温泉を切り口に、大分県全体の魅力をアピールする形に仕立てあげた。だからこそ、大分県全体を巻き込んで推進していくことができたのでしょう。

 

このようにして県内をまとめていった西田氏は、続いて県外へのアピールを強めていきます。西田氏は中でも「顔に見える活動」にこだわり、観光に携わる人たちが自ら顔を出し、街頭宣伝や旅行会社へのセールス活動といったリアルなプロモーションに力を入れることをモットーとしていました。

 

その一つとして、「メディアおおいたウィーク」と称してテレビCM・新聞広告など地元の人たちを数多く巻き込み、出演をしてもらうPR活動を実施。これは反響が大きく、5,600万円の事業費に対して、約20倍の117000万円もの宣伝効果を生み出したそうです。それが冒頭で紹介した「おんせん県って言っちゃいましたけん」のCMシリーズです。

 

また他にも、大阪府へ乗り込み、旅館・ホテル関係者、旅行代理店相手に情報発信会を行ったのですが、この時にも、大分県側は、観光業者に加えて大分県知事をはじめとする県内市町村の首長を全員巻き込んで大阪府へ乗り込んだそうです。その際には、大分県ご出身の大阪商工会議所会頭の方を上手く巻き込み、関西の経済人や旅行会社など約120人もの関係者に参加をいただき、大盛況に終わったそうです。

 

さらに、情報発信会で終わらずに、JR九州大分支店長や大分県の旅行代理店支店長も巻き込んで大阪・京都・兵庫・奈良の22県約20店の旅行代理店に赴き、地道なPR活動も行うなど、西田氏は、自分の持つリソースを最大限に活用して出来る限りの関係者を巻き込み、県外での認知度向上を進めていきました。

 

結果的に、大分県への観光客数が伸びたのはもちろん、別府・由布院といった観光名所だけが伸びているのではなく、当初の目論見通り、杵築市の城下町や日田市の屋形船など、今まで有名観光地に隠れていた地域でも観光客が伸びているとのことです。

 

シンスターでは、「一人の力だけでできることには限界がある」という考えのもと、巻き込み力というプログラムを提供しています。

 

この大分県の観光PRの発起人、西田さんは、必要な関係者をうまく巻き込み、そしてその際に自分一人で全員を巻き込もうとするのではなく、協力を得られそうな人の力を存分に活用し、大分県の観光事業のPRを成功させました。

 

これはたまたま西田氏が「人を巻き込む」術に優れていたからとも言えますが、巻き込みのスキルを体系的に学ぶことで、どんな方でも「うまくいく」可能性を高めることができるものなんです。

 

「おんせん県PRの取組み」のように、周囲を巻き込んでビジネスで成果を出せる人材を育てたい・・・そんなご相談、お待ちしています。

 

以上

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

9月10日(土)に、女性を対象とした【自分の「なりたい姿」を見つけよう】~仕事を楽しむために、今自分ができることは?新たな一歩を踏み出すきっかけを掴もう!~というセミナーを、大重塾と共に共催しました。

 

人生にも仕事にも山あり谷あり。仕事でもプライベートでも上手く行く時とそうでない時があるのは当然です。ですが、その浮き沈みを上手く利用して、プラスに変える事が出来る人と、その波に呑まれてしまう人がいるのはなぜなのか?上手くプラスに変えられる人ってただラッキーなだけ、ではないはず。

 

そんな思いから、今回は女性自身が「楽しんで仕事をするためのヒントを得る」セミナーを開催しました。

 

第一部は元JTB執行役員の坂本友里氏をメインパネラー、シンスターのマーケティング・事業推進室長の井上がサブパネラーとして登壇し、それぞれのキャリアを振り返りながら「楽しむ」ために工夫していることをお話ししました。

 

坂本氏は新卒からJTBでキャリアを着実に積み上げ、自身がロールモデルとなり数多くの女性たちを育ててきました。一方、井上はアクセンチュア⇒ハイアットホテルと転職の経験もあり、かつ常に社外に目を向けることで自身のステップアップを考えながら、子育てと仕事の両立を続けているという対照的なキャリアを積んできた二人。

 

二人の今までのキャリアを、その時々のモチベーションのアップダウンと共に振り返りながら、特に、モチベーションが下がった時、どのような工夫をしてその状況を乗り越え、「楽しみ」に変えてきたのかをお話ししました。

 

坂本氏のユーモアあふれる語り口、井上のパワフルな行動のエピソードに笑いが漏れながらも、パネラーの発言を一生懸命メモする姿が沢山見られました。

 

 

【坂本氏と井上の対照的なモチベーションバロメータ―】

 

 

参加者からは「パネラーのお話しが大変身近に感じられつつも、自分で道を切り開いてきたから現在に辿り着いているすごさや自信を感じた」「自分のこととして置き換え、とにかくアクションを起こしてみようと思った」「楽しみは人任せではなかなかやってこない。今後の人生でヒントになるキーワードをいただきました」等のコメントをいただきました。

 

第二部は「自分自身を知る」ためのワークを行いました。大重塾の峯講師がメインファシリテータとなり、シンスターの井上も参加者のワークをサポートしながら、じっくりと自分自身に向き合って頂きました。

 

自己分析ワークでは、自分の現状を整理して冷静に見つめ直すだけでなく、キャリアにおいて、自分でコントロール可能な内的要因と、自分ではどうにもならない外的要因を改めて整理することで、変化のために「自分で何かできること、難しい事」を分けて考えることができるようにもなります。

 

その後、事前課題として作成してきた、モチベーションバロメーターシートと自己分析の結果を組み合わせて、「自分のモチベーション」のアップダウンに自分の「強み」や「弱み」がどう生きてきたかを分析しました。

 

その結果をペアワークで他の参加者と共有をし、自分のキャリアストーリーと自分自身を人に語ること、またその内容に関して人からフィードバックをもらうことで、今まで見えてこなかった自分の「強み」や「良さ」に気づきを得ることができるようになります。

 

【ペアワークで自分の新たな発見も】

 

 

次のワークでは3年後の「仕事を楽しむ自分」をイメージしてもらいました。「楽しく仕事をする」自分の具体的な姿をイメージし、その実現のためには何が必要なのか?自分のどんな強みが活きて、克服すべき弱みは何か?等、今までのワークで出てきたことをベースに考えていきます。

 

第三部では、「3年後のイメージ実現のために今自分ができること」をテーマに、自分の思いや悩みをぶつけ合うグループディスカッションを行いました。パネラーもディスカッションのファシリテータとして参加して話を聞き、参加者同士でもお互いの経験を基にアドバイスし合ったり、それぞれの「楽しい」の軸の違いを再認識するなど、新たな発見があったようです。

 

最後は、今日の締めくくりとして、3年後の自分から今の自分に向けたメッセージの作成と、同じグループのメンバーでメッセージ交換を行いました。初対面でありながらも、3時間半の時間を共に過ごし、自分の本音をぶつけたことで、参加者同士の間にも自然と交流が生まれました。

 

 

もらったメッセージは辛い時の励みにします!とのコメントも】

 

 

「自分と同じような悩み、また違う悩みを持つ方々と集まり、業界を超えて話ができたことは大変有益だった」「向上心高い方々とお話しできたことは、とても刺激になった」「頑張っている仲間と情報交換できたのも有意義でした」と、セミナーを通じて新たな出会いもあり、それも一つのモチベーションアップにつながったようでした。

 

女性活躍推進の風が吹いている昨今、多くの企業で、経営陣・管理職の意識改革、全社的な啓蒙、女性管理職の育成機会を増やす等、様々な取り組みをしています。ダイバーシティや女性活躍の推進を全社的な戦略の一つとして取組む際には、適切なステップと施策が必要ですが、対象となる女性たちの気持ちを置いてけぼりにしないで欲しいと願ってやみません。

 

「キャリアアップする」と一言でいっても、管理職になることなのか?重要な仕事を任せられることなのか?経歴を高めることなのか?人によってその捉え方はまちまちで正解はありません。

 

ですが、その中で一番大事なコアとなるべき事は、女性本人が「仕事が楽しく、充実している」と感じることであり、その結果として社会や会社に貢献する、というサイクルが女性活躍推進の理想の形なのではないかと考えています。

 

今回のセミナーが、参加者の皆さんにとって「次の一歩を踏み出す」後押しになる事を願っています。シンスターはこれからも、「楽しみながら仕事をする」女性たちを一人でも多く増やすために活動を続けていきます!

 

セミナーの詳しい内容や、企業での導入のご検討をされる場合は、info@shinstar.co.jpまでお問い合わせください。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。