OJT代行型研修の株式会社シンスター スタッフブログ

株式会社シンスターのスタッフが、ビジネスや人財育成に関して、日々考えていることを発信。


テーマ:

4回開催した、ダイバーシティ勉強会も、今回で最終回となりました。何度も御参加下さった皆様にこの場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

最終回は、過去4回の勉強会のテーマを振り返ると同時に、来年度自社で取り組む予定・取り組んでみたい具体的な施策について意見交換を行いました。

 

過去4回の勉強会では以下のテーマを扱いました。簡単に振り返ってみましょう。

 

第1回 : 『ダイバーシティの阻害要因』~問題の全体像を理解して、効果を最大限に発揮する~

ダイバーシティ推進の阻害要因の中でも、女性活躍推進を阻害する要因についてメインに考えました。皆さんに行って頂いた簡易診断では、「上司に見せられない!」という声もあがったり・・・。

 

第2回 : 『インクルージョンとは何か』~経営者・管理者の意識をどのように変化させるか考える~

カリスマ経営者たちが、組織の在り方について、数十年前にすでにダイバーシティに近い考え方を語っていたという話に、多くの方が驚いていました。

 

第3回 : 『キャリア形成を考える』~女性のキャリア意識をどう高めるか?~

ミサワホーム様から当時の推進担当者の方々をゲストをお呼びし、自社の取組みを軌道に乗せるまでをお話しいただきました。「できることから地道にやる」大切さと、それが積み重なった時に花開く効果には多くの担当者がうなずき、励ましをもらいました。

 

スペシャル会:女性管理職候補育成プログラム体験会

勉強会の一つのイベントとして、ミサワホーム様で導入いただいた、女性管理職を育成するための研修プログラム一部を体験いただくセミナーを開催。キャリアデザインとスキルアップの両輪が必要な理由をプログラムを体験することで実感された方も多くいました。

 

第4回 : 上司に求められる、部下支援に必要な考え方とスキル』

2種類の上司の面談シーンのロールプレイでは思わず笑いが漏れることも。相手の意思や気持ちを重んじる「対話」の場を積極的に設けることの重要性を痛感した人も多くいました。

 

のように、半年以上に渡って開催してきた勉強会では、様々なテーマについて参加者の皆さんと共に考えてきました。最終回では、今までの勉強会を踏まえて、来年度に自社で取り組むこと、取組みたいと考えている事について、意見交換を行いました。

 

【意見交換をする参加者の方々】

 

意見交換では

・まずは「ダイバーシティは必要ない」と考えている層の意識を変えていきたい

・女性の数が少ないので、まずは社内のロールモデルとなる人材を育てたい

・管理職の育成のために、数名選抜して育てる事も検討していきたい

・他の会社の女性社員と交流させる機会を持ちたい

等・・・・

 

自社の方針や自身の思いを話すと共に、そのために「どんな取り組みを行うべきか」という具体的な施策について、自社の事例を紹介したり、過去の勉強会でA社がこんなことをしていたと活発な意見交換が行われました。

 

また最後にはシンスターから、こんなご提案をし、皆さんからも意見をいただきました。

 

・来年度の勉強会では、ゲストを呼び自社の事例紹介をしてもらい勉強する会を開催する!

・せっかく集まったネットワークを使い複数社合同でキャリア&スキルアップ研修を開催する!

 

全5回+プログラム体験会を通じて、皆勤賞の方もいれば、途中から参加して毎回通い続けて下さった方もいらっしゃり、トータルで40社近い方たちがご参加くださいました。

 

それぞれの課題は違えど、皆さんの共通の思いは「担当者として自社をより良い方向に進めたい」ということでした。

 

人手が足りない、予算がない、経営層の理解がない、現場の方がなかなか動いてくれない・・・沢山のジレンマを抱えながらも、「自分は何ができるだろう」と積極的に情報を吸収していく姿に、運営事務局としてもやりがいを感じた日々でした。

 

来年度の取り組みは、皆様の意見を取り入れて検討していますが、事例勉強会に参加してみたい!複数社の研修に参加してみたい!という企業の方はぜひご連絡ください。また過去の勉強会資料もご提供しております!

 

お問合せ先:info@shinstar.co.jp 

TEL: 03-5728-4246 (担当:井上)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、シンスターの永田です。

 

先日、全国地方銀行協会様から、地方銀行の人事研修部門の役職者を対象に、研修効果をテーマにした話をしてほしいとご依頼をいただき、弊社代表の井上浩二が『投資対効果を高めるための研修設計のポイント~研修の効果測定の考え方に準じて~』という講演を行いました。

 

その講演の中で、「研修効果を高める」ために、設計の際にどの様な仕掛けや工夫をしているのか、事例を交えてお話したのですが、中でも聴講者の皆さんに好評だった、某大手メーカーで行った論理思考研修の事例をご紹介したいと思います。

 

論理思考研修は多くの企業で導入されていますが、受講者の方たちが研修後に仕事で論理思考を使いこなしているか?というと、YESとは言い難いのではないでしょうか。皆さんの会社ではどうですか?

 

受講者からすると、学んでいること自体は面白いし、論理思考が仕事で重要であるということも理解できるものの、いざ仕事で使おうとしても、どのようなシーンで、具体的にどう活用すればいいのかイメージが持てず、結局研修で学んだ事を仕事で十分に活かせていない、というのが現実のようです。

 

そこで某大手メーカーでは、この「仕事におけるどのようなシーンで論理思考を活用するか?」を受講者の皆さんに理解していただくために、一般的な論理思考研修とは一味違う、次のような演習を取り入れてみました。

 

まず、講師が受講者の上司役となり、自社の業績に対する課題やそれを解決するための業務指示を5分程話し、受講者の皆さんは、その話のポイントを紙に自由にまとめます。

 

その話は、事務局から事前に共有いただいた社内資料や実際にあった話をベースにシンスターが作成したものなので、受講者の皆さんにしてみれば、話も理解しやすく、日常の業務の感覚で簡単にできるはずの演習でした。

 

ですが、いざ講師が解説を始めて自分のメモを見てみると・・・・・自分が普段から関心を持っていることや、自分の業務に直接関係してきそうなことしかメモを取れておらず、上司の本来の意図や、押さえておくべきポイントを正しく捉えられていないという方がほとんど。受講者の皆さんも自分のメモの出来にガッカリされていました。

 

演習の最後には、講師から論理思考のツールを使ってポイントをまとめる方法と、この演習での使用例を提示し、「相手の話をもらすことなく、正確にまとめる」ための論理思考ツールの効果的な活用方法を皆さんに理解いただきました。

 

研修後、多くの受講者から、人の話を聞く際に「ツールを使うようになった」「ポイントを正しく押さえられるようになった」という声があったと聞いています。

 

単なる1つの演習であっても、

・受講者の仕事を題材にする、或いは仕事上よくあるシーンを再現した演習に取り組んでもらう

・自分流ではダメなことを理解してもらうきっかけを作る

等、小さな仕掛けをいくつも行うことで、「なるほど、こう使えるんだ!」と腹落ちしてスキルを学ぶことが可能になります。

 

今回の講演では、この様な事例をいくつか紹介しながら、『投資対効果を高めるための研修設計のポイント』をお話しさせていただきました。聴講者の皆様からも、設計の際に気を付けるべきポイントや、効果を高めるためには様々なアプローチ方法があると知り参考になった、という声を多くいただきました。

 

講演内容の中の一部となりますが、先述の事例を含む「効果の高い研修の設計のポイント」について、レポートも執筆しましたので、そちらもぜひご参照ください。

 

実務での効果を最大化するための研修設計のポイント

 

効果の高い研修をいかに作り出すか。人材育成担当の皆様にとっては、常に頭を悩まされているテーマの一つではないかと思います。シンスターでは様々な企業で、「腹落ち」してスキルを学んで頂くための仕掛けを作り続けています。ぜひお気軽にご相談ください!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
シンスターの井上です。

2月ももう半ば・・花粉が辛い季節になってきました。もうすぐすると春になりますね!

さてさて、皆様、4月に迎える新入社員の方の受け入れ準備は万端ですか?まだそこまで手が回らない・・・どこの会社にお願いするか悩み中・・・

そんな皆様にぜひ検討いただきたいのが、新入社員研修で受講者が感じるこんな悩みを払しょくし、「ビジネス経験のない新入社員が論理思考を腹落ちして学ぶ」ためにシンスターが開発したこのプログラムです。





「失敗エピソードから学ぶ、アニキ伝授の論理思考」
~上司の意図はどこにある?1年目で必ず押さえておきたい
論理思考を半日でガッチリマスター~
http://www.shinstar.co.jp/teikyo/brandnew_logical.html

今年度、より多くの皆様に弊社のプログラムを体験頂くために、この半日間の論理思考研修を特別価格の5万円で提供させていただきます!(今年度のみです!!!)

論理思考で最も大切な「イシューの特定」と、イシューに対する「論点を押さえる」という2つのポイントを、新入社員の「アニキ」的存在の若手講師が半日間でしっかりとマスター。

いざ部署に配属された際に「上司や先輩が話していることの意図や真意を正確に把握して、正しく行動」する、という新入社員にとって最も重要となるミッションをスムーズにこなせる力をつけることで自信を持ってスタートダッシュを切ることが可能になります。

シンスターが送りこむ「アニキ」の存在と、「こう使うのか!」と思わず納得するリアリティ満載の演習で、ビジネスで使うための論理思考を腹落ちしながら学ばせてみてはいかがでしょうか?

2~3年の若手社員の研修としてもご利用いただけます!
詳しい資料を御希望の方はお問合せください!
info@shinstar.co.jp



 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。