2007-08-12 18:20:33

ダイエットとフィットネス

テーマ:医師会

心疾患保健への立証された方法 (8月12日付けアイビレッジ(米国NBC放送傘下)による記事による)                         

より良い健康への魔法の杖はないが、その目標に近づくことはできるかもしれない。ヘルシーな食事をとり、規則正しく運動をすれば、心疾患による死亡の危険は、より避けることができる。米国での死亡の上位は、心疾患であり、また、心疾患の主な危険因子は、第二型糖尿病である。

ハーバード大学公衆衛生部門の栄養学の主任教授である オルターウイレット博士は、次のような提言をした。慢性疾患の危険因子の最も広範囲な研究のひとつである 看護師による健康研究(NHS)第二回の主要な解析者の一員である。目を見張る ダイエットと期待される健康;と題する報告によると、それは、より良いライフスタイルの習慣が心疾患の80%と、糖尿病2型の90%を予防できると示唆している。

これらの予測は、1979年に初めて開始された オリジナルなNHS研究と、1989年に開始された NHS II 研究と、その他の数十の研究に基づいている。それらの研究の目的は、心疾患と糖尿病へのライフスタイルの効果に焦点を絞っている。 

米国心臓病学会の推定によると、米国人の7100万人が心疾患を患い、その内の240万人が毎年死亡している。これは、

米国の第一位の死亡原因を示している。そして、2000万人以上の糖尿病2型を疾患していると国立健康研究所が報じている。

オルターウイレット博士は、疾患の危険性をゆっくりと減少させることは可能で、しかも、かなり穏やかな変化であるが、保証している。 例えば、精製された穀物から玄麦のパンあるいはシリアルへ切り替えるならば、これらの疾患のかなりな部分を改善するひとつの方法であると提案している。かなり簡単な、実行可能な方法としては、繊維質の低いシリアルから、100%玄麦のシリアルへ、白色パンから玄麦へ、白色米やジャガイモから玄米や他の玄麦へ切り替えることだと述べている。

また、週に二回魚を食し、マグロ、タラ、サーモンを含む多様な魚から選択し、赤みの肉を最小限にして、脂肪分を除去して、

このような食事をすることを勧めている。喫煙者は心疾患の危険性を避ける為、禁煙しなければならない。

以下省略、詳細は原文をご参照下さい。

参考サイト エアロビック、フィットネス、マスターステップ、運動中、歩行中などの際も、12誘導心電図をモニターできる

ラブテック パソコン 心電計 デュナ はこちらです。

http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/remoterunning12ecgs/

http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/duna2/

http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/aerobicacc/

http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/labtech1/

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。